CAREER

仕事を辞める理由は何が妥当?穏便に辞められる退職理由

仕事を辞める理由は、円満退職実現のためには非常に重要なポイントです。しかし、本来の退職理由といえば現状の不満が主なため、「給料や福利厚生が良くないから」「職場の人間関係が良くないから」「残業が多いから」など本音で伝えるとネガティブな印象になりがちで円満退職が遠のいてしまいます。

今回は退職の理由で悲惨な退職とならないよう穏便な退職ができる理由についてお伝えします。

仕事を辞める際、本当の理由は言うべきか?

仕事を辞める理由といっても多種多様でありますが、本音の退職理由は多くがネガティブな理由です。

・給料が安い

・福利厚生が充実していない

・職場の人間関係が良くない

・残業が多い

・会社の将来が不安

・思うような評価が得られない

・社風が合わない

・出張や転勤が多くプライベートが安定しない

このような理由を包み隠さず直接伝えて問題がないのであればいいのですが、現実はそうもいかず、ポジティブに聞こえる建前の理由が必要となります。

本当の理由が、ポジティブな理由であれば本当の理由をそのまま伝えるべきですが、ネガティブな理由の場合は、退職の引き止めや退職トラブルのきっかけになりがちなので、本当の理由は言うべきでないということが言えます。

何事もなく退職をすすめるためにも、好印象をもたれる妥当な退職理由、そして上手な退職の伝え方で円満退職を目指しましょう。

妥当な仕事を辞める理由とは?

それでは、好印象を持たれる「妥当な仕事を辞める理由」とはどのような理由でしょうか?

以下にて詳しくみていきましょう。

好印象を持たれる退職理由

キャリアアップしたい

キャリアアップの形にも様々ありますが、「仕事の幅を広げたい」や「仕事の専門性を高めたい」など、自己を高めたいという理由は、退職・転職で非常に使いやすい理由と言えるでしょう。向上心が感じられる前向きな理由は相手に好印象を与えつつも引き止めづらさを感じさせます。

ただし、退職を伝える際にキャリアプランを聞かれることもありますので、質問されてもしっかりと答えられるように具体的なキャリアプランも併せて準備しておきましょう。

自分の実力を別の環境で試してみたい

これまで培ってきた知識や経験を、他の企業など、これまでと違った環境でどこまで通用するのか試してみたいという理由も、ポジティブな理由であり好印象を与えます。しかし、この理由は仕事を真面目に頑張ってきた方に限ります。普段の働き方により職場の人間から「実力がたりない」などの印象を持たれてしまっている場合は、試す実力がないと判断されてしまい退職の引き止めを受ける可能性が高まります。

逃げの退職・転職での退職理由にはおすすめできませんが、ある程度の実力がある自信があるのであれば退職理由を活用してみましょう。

○○の分野に強く興味があり挑戦してみたい

これまでと違った異業種や異職種への転職も前向きな退職理由の一つです。適当に取り繕うための目的では使用できませんが、今の仕事内容が嫌な際には有効な退職理由です。他にやってみたい、チャレンジしてみたい仕事があるのでしたら、しっかりと転職先の仕事や企業を調べた上で、退職を伝えてみましょう。

プライベートの事情で退職したい

結婚や夫または奥さんの転勤、家族の病気など、プライベートの事情による退職理由のすべてがポジティブというわけではありませんが、プライベート事情での退職は会社にとって引き止めづらいものです。結婚をする予定もないのに結婚を理由に使ってしまっては、お祝いを企画されたりと大きなことに発展してしまい後悔することになりかねませんので、完全な嘘をつくことはおすすめしません。

穏便に仕事を辞めるには

穏便に仕事を辞めるには前章にてお伝えしたような退職理由自体も重要ですが、退職理由と合わせて伝え方や退職の仕方も大切です。円満退社を実現させるために以下の点も意識しましょう。

円満退職を実現するためのポイント

退職意思を伝える順番は直属の上司から

退職意思は必ず直属の上司から伝えるようにしましょう。意外にも、同僚や相談のしやすい先輩に先に伝えてから上司に伝えるという方が多いようです。しかし、この順番では周囲から上司に退職の情報が漏れてしまうこともあり、後から知った上司は不快な感情を抱いてしまいます。すると退職の際の印象が悪くなってしまい円満退職が遠のく原因になりますので、一番はじめに直属の上司から伝え、その次に先輩や同僚または他部署の上司に伝えるよう意識しましょう。

上司には相談のような話し方で伝える

直属の上司に伝える際、「相談したいことがあるのですが、少しお時間いただけませんか?」というような相談をもちかける伝え方をすることにより退職が伝えやすくなります。退職に関して上司から意見されることもありますが、一方的に退職を告げては印象を悪くしかねませんので、穏便に退職を進めるためにも相談をするような話し方で退職意思を伝えるよう意識しましょう。

現状の不平不満は伝えない

退職意思を伝える際、現状の不満について聞かれることもありますが、質問されるがまま正直に応えてしまうと解決案を提示されてしまい退職を引き止められかねません。魅力的な条件を提示されるかもしれませんが、その条件を本当に実現してくれるかどうか保証ありませんので鵜呑みにしすぎないようにしましょう。引き止めが面倒であるなら、初めから不平不満は伝えないことです。

また、伝えてしまうことにより印象が悪くなることにもつながりますので不平不満を伝えないようにしましょう。

退職意思は繁忙期以外に伝える

退職意思は伝える時期によっても結果が変わってきます。繁忙期に伝えると周りを見ていないと判断され良い印象を抱かれません。忙しすぎる場合は、伝える機会すらもらえない場合もありますので、確実に伝え、そして悪い印象にしないためにも、できる限り繁忙期以外の閑散期に伝えるようしましょう。

できれば3ヶ月前以前には伝える

退職意思は出来れば余裕をもって3ヶ月前には伝えるようにしましょう。企業の規模や担当の職種によっては人員欠如の穴埋めが難しい場合があります。場合によっては新規で雇用する必要もありますので、退職ギリギリではなく余裕をもった退職を心がけましょう。

仕事は最後まで丁寧に、引き継ぎは計画的に

辞めるからといって仕事が雑になる方がいるようですが、終わりよければ全て良しとも言われるように最後の印象がその人の印象になりがちです。これまで丁寧な仕事を心がけていても最後が雑であればよく思われなくなってしまうので、円満に見送ってもらうためにも仕事は最後まで丁寧に、そしてバタバタしないように引き継ぎは計画的に行うように意識しましょう。

自分にばかり意識が向かないように

退職となると、転職先を探して退職を伝えて…など自分の事ばかりに意識が向いてしまいがちですが、円満退職をするにはスムーズにトラブルなく退職できるよう周囲への気配りが重要です。気にしなければいけないことが多く非常に大変ではありますが、丁寧に事を運べば運ぶほど好印象となりますので、自分の事ばかりにならないよう周囲への気配りも忘れずに意識しましょう。

エルラボ編集部

投稿者の記事一覧

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、START UP[起業], CAREER CHANGE[転職], MONEY[人生に関するお金], MARRIAGE[結婚・子育て], AFTER LIFE[老後設計]というカテゴリを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。

関連記事

  1. ヘッドハンティング転職でも失敗する!?失敗の理由と注意点
  2. 儲かる仕事5選!資格不要な本当に儲かる仕事とは?
  3. 転職か起業で迷う人は起業すべき!そのワケと理想的な実現法
  4. 人と関わらない仕事とは?対人関係なしでも稼げる仕事
  5. やりたくない仕事のストレスに悩んだら実践すべき向き合い方
  6. 自己PRで「協調性」はNG?採用担当に響く協調性の使い方
  7. 職場でいじめられたら?いじめの相談先といじめをなくす方法
  8. 仕事の理不尽でストレス爆発!!効果的仕返しと5つの相談先

おすすめ記事

キックボクシングと遺伝子検査で社会を健康にしたい|今野顕彰

大学までは野球一筋。野球があるのが当たり前だった昔からキックボクシングをやっていたというわけではな…

おすすめ記事

  1. キックボクシングと遺伝子検査で社会を健康にしたい|今野顕彰
  2. ふるさと納税ワンストップ特例でトラブル?本当にあった話
  3. 同僚が嫌い!転職せず今の職場でできちゃう5つの対処法

カテゴリー

PAGE TOP