CAREER

転職エージェントが使えない時に試すべき状況別4つの対処法

「転職エージェントが使えない」という意見は多々ありますが、それでも自力での転職より理想の職場と出会える確率は高くなるため出来ることなら上手に使いたいものです。しかし、どのような人間が担当につくかは、基本的にはわからないもので、わかったときにはすでに遅く、転職がうまく進まなくなってしまいます。それでは、転職エージェントに登録して、使えないエージェントが担当になってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

今回は、転職エージェント担当者が使えなかった場合の対処についてお伝えします。

転職エージェントの上手な使い方を理解すれば、使えなかった場合のデメリットを抑えることができ、なおかつメリットを最大限享受できるようになりますので、ぜひ本記事を参考にしてください。

転職エージェントが使えない場合でもサービスは利用すべきか

転職の方法は大きく分けると「サービスを利用しない自分で行う転職」と「サービスを利用する転職」に二分できます。昨今、転職エージェントサービスによる支援サービスを利用した転職が浸透しつつ一般的となっていますが、一方で「担当者からほとんど連絡をもらえない」「提案してくる求人が希望条件とは違うものばかり」「とにかく数を受けさせられる」など転職エージェントへの悪評も目立ちます。

このように、担当についた転職エージェントが質の悪い担当だった場合、転職失敗となる恐れもあるためエージェントサービスを利用すべきなのかどうなのかどうか迷いますが、それでも転職を成功させるためには転職エージェントを利用すべきだと断言できます。

その理由は、サービスを利用したときとしていないときの収集できる情報量の差が圧倒的に違ってくるからです。取得できる求人情報が多ければ多いほど、理想に近い職場に出会える確率は当然上がり、転職前の職場内部の情報を取得すればするほど、転職後のミスマッチによる転職失敗のリスクは減ります。

転職エージェントが抱える求人情報はネットで公開されていない非公開求人が主で、なおかつ、真面目に運営しているエージェントは求人を出している企業の内部情報を細かく把握しているため、職場の雰囲気や人間関係等を転職前により具体的にイメージすることができます。

転職成功の要とも言える事前の情報収集の精度が自分での転職とでは天と地の差であり、なおかつ対策をすれば転職エージェントを上手に使うことも可能なので、仮に担当となったエージェントが使えない担当だったとしても、転職エージェント利用すべきだと言えるでしょう。

実際に担当エージェントが使えなかったらどうすればいいのか

それでは、担当となった転職エージェントが実際に使えなかった場合どうすればいいのでしょうか?使えないと感じるパターンによって対策は変わってきますので状況別にお伝えします。

担当エージェントが使えなかった場合状況別4つの対処法

求職者の希望に合わない求人ばかり紹介してくる

転職エージェントに登録をすると、担当となる転職エージェントと面談をして、その際にどのような転職を希望しているのかヒアリングが行われ、基本的にはヒアリング時に取得した情報を元に求職者に対して求人を紹介するのですが、転職エージェントの中には希望した求人と関係ないような求人ばかりを提案してくる人がいます。

このような紹介をしてくる転職エージェントの中には、ヒアリングによる求職者の経歴等の情報から「希望とは違うかもしれないけどおすすめの求人」というような形で提案をしてくる人もいますが、一方で「早く転職成立をさせたいがためにとにかく勧める」というエージェントも存在します。

前者であれ後者であれ、希望にそぐわない求人を提案してくるわけですが、当然提案されたからといって勧められるがまま応募する必要はありません。情報は情報として受け取れば可能性が広がるため無駄にはなりませんが、自分が提示する転職希望条件に対し強い意思を持ち、エージェントの営業トークに乗せられないようにすれば、希望に合わない求人を紹介されても関係なくなり、なおかつ徐々に希望に見合う求人の提案精度が高まってくるでしょう。

求人応募を急かしてくる

転職エージェントは、求職者と企業をマッチングさせることにより企業から報酬を受けとっています。基本的には成果報酬となるため、転職が成立しないと転職エージェントは報酬がもらえないという現実が裏側にあるのですが、このような報酬形態であるがゆえに求職者のための求人紹介というよりも、エージェントの報酬のための求人紹介となり、求人応募を執拗に急かしてくるという担当者が存在します。

このようなエージェントが担当になってしまった場合も冷静に対処をしましょう。応募を急かしてくる行為は、裏を返せば転職を早く成立させてくれるということです。当然、自分の希望ではない求人に応募する必要はまったくありませんが、希望の条件が見つかればすぐにでも転職するという旨を伝え、より確実に希望にあった求人を紹介してもらうようにしましょう。

求人を紹介してもらえない

転職エージェントサービスに登録したのに、全く、またはほとんど求人を紹介してもらえないということがあります。一見、求人を提案してこない転職エージェントが使えないようにも思えるのですが、このような場合は求職者に問題がある場合がほとんどです。

・転職市場価値が低いため受け入れ先がない

・社会人として何かしらの問題がある

・本人の能力や経歴と希望している条件が見合わない

・登録している転職エージェントサービスが合っていない

上記のような場合、転職エージェントは求人を紹介したくてもできないという状況になり、求職者は求人を紹介してもらえなくなります。このような場合は、自身の市場価値を上げるよう努力するか自身の状況にあった転職エージェントサービスを利用しましょう。

市場価値を上げるには、すでに勤めている企業でキャリアを積んで年収額を上げるか、資格を取得して需要を高めるという手段があります。また、転職エージェントサービスは各サービスによって強みが異なるので、強みと状況にあったサービスに登録をしましょう。極端な例を挙げると、サービスとのミスマッチは一般のサラリーマンが医師専門の転職エージェントに登録をして求人を紹介してもらえないようなものです。サービスによってはエグゼクティブ特化型、ハイクラス求人、専門特化型など様々なので自分の転職目的と市場価値状況にあった適正なサービスを選択し利用してください。

担当者の態度が横柄で人間的な相性が非常に悪く感じる

転職エージェントの中には、態度が横柄でそもそもの人間性に問題があるという人も残念ながら存在します。そのような人が担当についてしまった場合は、担当を変更してもらうか、または他社のサービスを利用するなどして次に進みましょう。

また、このような事態に対応するためにも利用する転職サービスは複数併用がおすすめです。サービスを複数併用することでデメリットをカバーするだけでなく、より自分の理想に近い求人に出会える可能性が高まるというメリットもあります。登録利用におすすめなサービスは後述しますが、各サービスの強み弱みを相互で補完し、より良い転職活動にするためにも最低3サービス以上の併用をおすすめします。

使える担当に出会える転職エージェントサービスとは

転職エージェントは、サービスの質も大切ですが最も重要なのはそのサービスを求職者に直接提供する担当者の質です。しかし、これまでもお伝えしてきましたように転職エージェントの質は残念ながら一定ではありません。良いエージェントも存在する一方で悪いエージェントも存在しますが、転職エージェントサービスの中には、エージェントの育成やその他顧客との相性を考慮したものも存在するので、こちらでは使えないエージェントが担当となる確率の少ないサービスをご紹介します。

使える担当に出会えるおすすめのエージェントサービス

サービス名 エージェントの質 特徴
JACリクルートメント 4.8
  • 転職コンサルの提案が好評
  • 利用者満足度93%
  • 幅位広い年代に対応
ワークポート 4.2
  • コンサルによるマンツーマンアドバイス
  • 求職者へのヒアリングが定評
  • 各業界に特化したサポート
パソナキャリア 3.9
  • 25万人分以上の転職ノウハウ
  • 転職者年収アップ率67%以上
  • 取扱求人数40,000件以上

JACリクルートメント

JACリクルートメント」は、東証一部上場企業である株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する転職エージェントサービスです。数ある転職サービスの中でも、転職コンサルタント(担当エージェント)の評判が良く、利用者満足度が93%以上と利用者から非常に高い評価を獲得しています。

また、「JACリクルートメント」は転職コンサルタントの質が良いだけでなく、取扱求人のレベルも高く、大手企業からの求人や中小ベンチャー、幅広い年代に対応した求人など多数の求人を取り扱っており、広く情報収集ができるというのも魅力的なポイントです。

ワークポート

ワークポート」は、株式会社ワークポートが運営する総合型転職サービスです。「ワークポート」では、サービスの強みとしてIT・インターネット業界特化を謳っていますが、数多い求人取扱数が幅広く各業界を網羅しているため総合的に利用できます。

マンツーマンで行われる転職コンサルタントのヒアリング・提案が定評で、各業界に特化したサポートにより求職者の状況を考慮した最適なキャリアビジョン・プランをアドバイスしてくれます。

ワークポート」では情報収集と業界特化型のサポートで安心して転職活動を行うことができます。

パソナキャリア

パソナキャリア」は、人材関連事業を中心に展開する株式会社パソナ運営の転職求人情報サイトで、サイト上で公開求人を検索することも可能ですが、登録をすることで専任のキャリアアドバイザーが転職活動を親身にサポートしてくれます。

パソナキャリア」の取扱求人数は4万件以上で、中には大手企業も多数あり転職後の年収アップ率が高いことが評判のサービスです。キャリアアドバイザーによる親身なサポートと情報量を兼ね備えたバランス型の良いサービスだといえます。

転職サービスは複数登録がおすすめ

これまでもお伝えしてきましたが、転職サイトや転職エージェントは、ぞれぞれに強みや弱みがあるため自分の転職目的や状況にあったものを主に選び、副として主サービスの弱みを補う形で他社サービスを併用されることをおすすめします。最低でも3サービス以上が望ましいでしょう。

以下は、前述にてご紹介しました「JACリクルートメント」「ワークポート」「パソナキャリア」の公式ページURLです。サービス登録の参考にしてください。

JACリクルートメント:http://www.jac-recruitment.jp

ワークポート:https://www.workport.co.jp

パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

エルラボ編集部

投稿者の記事一覧

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、START UP[起業], CAREER CHANGE[転職], MONEY[人生に関するお金], MARRIAGE[結婚・子育て], AFTER LIFE[老後設計]というカテゴリを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。

関連記事

  1. 内定辞退の理由は?状況に応じた例文と穏便に辞退するマナー
  2. 仕事に集中できない原因と集中力低下が改善する○○とは?!
  3. 看護師転職は転職サイトを使うべき?転職サービスの選び方
  4. 管理職は残業代なし?残業代の真実と未払い分を取り戻す方法
  5. 安定した仕事とは?安定した仕事5選と就職のポイント
  6. 会社を辞めさせてくれない…どんな状況でも確実に辞める方法
  7. 仕事の向き不向きを見極めるには?判断基準と見極め方
  8. 仕事のミスをなくすには?対策してもミスをする人の為の対策

おすすめ記事

新興国投資はリスク管理が最重要!効率的な安全投資を実現する方法

日本国内における投資人口が増加するに従い、比較的高収益を得られる投資対象として新興国への投資が広く注…

おすすめ記事

  1. 新興国投資はリスク管理が最重要!効率的な安全投資を実現する方法
  2. キックボクシングと遺伝子検査で社会を健康にしたい|今野顕彰
  3. ふるさと納税ワンストップ特例でトラブル?本当にあった話

カテゴリー

PAGE TOP