職務経歴書の職務要約はどう書く?経歴ごとの正しい書き方

職務経歴書の職務要約欄は、企業が志望者を採用するための根拠になり得る重要な項目です。

しかし、経歴によってはまとめるのが難しい場合があったりと、せっかくの経歴を十分にアピールできなかったと後悔することも少なくありません。忙しい採用担当者に効率良くアピールするためには、どのような職務要約を作成すれば採用担当者の目を引くことができるのでしょうか。

今回は、採用につながる職務要約の書き方についてお伝えします。

転職活動中でこれから応募書類を作成される方、職務経歴書の職務要約の書き方で困っている方は、ぜひ本記事をご一読ください。

職務経歴書「職務要約」の基本と例文

職務経歴書の職務要約欄には、あなたが「これまでどんな仕事をしてきたのか」「どういう強みがあるのか」「なぜこの会社に応募したのか」などを簡単に短文でまとめたものを記入します。

応募人数が多いなどの理由で採用担当者が忙しい場合は、一人一人の職務経歴書を隅々までチェックする時間はありません。そのために読み手にとってストレスなくわかりやすくアピールするために職務要約(経歴概略)の項目を設けます。興味をもってその他項目にも細かく目を通してもらえるために欠かせない項目であるため、職務経歴書の中で一番重要な項目といっても過言ではないでしょう。

職務要約(経歴概略)はわかりやすくなければ意味がないため、職務経歴書の書き方の種類である、編年体式・逆編年体式・キャリア式など、どの形式であっても一番上に配置し、すぐ理解できるよう前述の要素を手短にまとめて作成する必要があります。

職務要約の基本的な書き方

職務要約は、その名の通り職務経歴書の主要な部分を300文字程度で簡潔にまとめる必要があります。職務経歴書の主要な部分とは、①職務経歴,②自己PR, ③会社貢献の3つで、これらの情報を含めることによって、採用側は「これまでどんな仕事をしてきたのか」「どういう強みがあるのか」「なぜこの会社に応募したのか」「今後どのように会社に利益をもたらしてくれるのか」という点の判断材料とするのです。

職務要約は、職務経歴書の先頭に配置するものではありますが、職務経歴書の主要項目のまとめであるため、他の項目を埋めてから最後に作成するのがおすすめです。それでは職務要約を構成する①〜③をより深堀してみていきましょう。

①職務経歴

職務要約の始めは、職務経歴から始めます。

職務経歴の項目では、これまで経験してきた企業や、配属された部署、その部署で担当した業務やプロジェクト、それらの実績などを具体的にまとめていきますが、職務要約に含める職務経歴は葉面的な情報のみの簡潔な短文で構いません。「何を、どれくらい、どのようにしてやってきたのか」を次の“自己PR”につながるよう明確にわかりやすくまとめましょう。

 

②自己PR

職務経歴が書けたら、その流れで自己PRをまとめます。

自己PRの項目では、応募先企業にこれまでの経験で築いた特に注目してほしい点をまとめてアピールし、応募先企業に売り込むことを目的としますが、職務要約での自己PRは、これまでの経験から実績を抜き出し数字等を活用し、より根拠のある実績をアピールします。

 

③会社貢献

会社貢献では、これまでの流れで書いてきた経験や実績から、「入社後どのように会社に利益をもたらすか」をまとめます。採用担当者に売り込むように「自分を採用しなければならない理由」を述べ、職務要約の結びとしましょう。

 

職務要約の例

それでは、どのような職務要約を作成すればいいか、より具体的に理解するためにも職務要約の例を確認していきましょう。各所に前項での①〜③の要素が入っていることがわかるように番号がふってありますので、職務要約作成の際の参考にしてください。

経歴に応じた職務要約を作成するには

職務経歴を作成する方の中には、転職回数の多い方や、正社員ではなくフリーターとして働かれてきた方、これまでの経験にない未経験業職種へ転職される方など様々な状況があるかと思います。

それら状況によって職務要約を作成する際、「どこまで経歴を書く必要があるのか?」、「アルバイトは職務経歴として認められるのか?」、「これまでの経験が一見活かせないような業種に転職する場合は、どの経験を職務要約にピックアップすればいいのか?」などの疑問をもたれる方が多いので、状況別の職務要約の書き方を以下にてお伝えします。

経歴状況に応じた職務要約の書き方

転職回数が多い場合は最もアピールとなる経歴を抜粋する

基本的に、職務経歴書の職務要約に含める内容にはこれまでの経歴内容すべてを含めますが、転職回数が多い場合は情報がまとまらずわかりづらくなってしまうため、全ては含めずこれまでの経歴で応募先企業にとって最もアピールとなる経歴を抜粋して書くのがポイントです。

また、一社の経験だけでなく、これまでの転職がキャリアアップ等一貫性のあるものであれば、転職回数を有利にアピールすることができますので、長文になりすぎない程度でまとめ、アピールしてください。

 

これまでフリーターだった場合はアルバイトの経歴を書く

正社員歴がある場合は、アルバイト等の経歴は記入する必要はありませんが、経歴がアルバイトのみであれば、アルバイトによる職務経歴を記入しましょう。

アルバイトでも長期間同じ企業で携わった業務や、アルバイトでも責任者ともなれば社員と遜色ない働きをしている場合もあるでしょう。アルバイトだからと恥じずに、アピールできる点を明確にして要約としてまとめ文章に練り込みましょう。

 

未経験業職種へ転職する場合は社会人力をアピールする

未経験業種への転職で、これまでの経験や実績が転職先企業に関係なさそうな場合は、業務以外の点でアピールしましょう。社会人としてあって当然かもしれませんが、組織にとって協調性や、個人の努力等は必要不可欠であり、当たり前な能力に思えても意外とそれらを備えている人は多くありません。

また、応募企業に関係のない実績であっても、「実績を出した」という粘り強さという事実が十分な実績となります。もし、何かしらで実績を残しているのであればアピール材料として職務要約に練り込みましょう。

 

採用につながる職務要約作成ポイント

採用につながる職務要約とは、職務経歴書の要点をまとめると共に、企業の採用担当が求めるポイントを狙って的をえたアピールをしている職務要約です。企業の採用担当が求めるポイントとは、前述にてお伝えした通り①職務経歴②経験・実績(PR③会社貢献、この3点です。

そして①〜③の中でも特に②経験・実績(PR)が採用の目に止まるポイント。数字を用いて、そして客観的な評価を実績に練り込むことによって、実績に根拠が生まれ採用担当者の気を惹きます。

「5年間で新規開拓したA.企業は約300社であり、年間1億円以上の売上に貢献し、全国営業成績500名中、常に10位以内に入っておりB.毎年表彰される機会をいただいておりました。」

上記例では、Aが数字を用いた実績の具体化、Bが客観的な評価となります。

 

職務経歴書の職務要約は書類選考の要

いかがでしたでしょうか?くどいようですが、職務経歴書の中でも職務要約は書類選考において非常に重要であることがご理解いただけたかと思います。採用担当者に、提出した書類を最後まで目を通してもらうためにも、そのつなぎとなる職務要約は非常に重要で、書類選考の要ともなるので、たかが書類と思わずしっかりと注力し作成しましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。