積立投資におすすめの商品とは?失敗しない積立投資の教科書

積立投資におすすめの投資商品とはどのような商品でしょうか?

投資は、投資対象商品と投資手法の組み合わせによって結果が大きくかわってきます。より効率よく積立投資での資産運用を成功させるためにも、今回は、少ない負担感で気軽に投資を始められる方法である積立投資について、「積立投資」とは何か、メリットやデメリットは何か、注意点はという基礎的な部分から、積立投資に適しているおすすめの投資商品

、積立投資の始め方についてお伝えします。

積立投資に興味がある、これから積立投資を検討しているという方は、ぜひ本記事をご一読ください。

積立投資とは

銀行での積立預金をイメージしていただけるとわかりやすいかと思いますが、積立投資とは、少額の資金を複数回に分けて投資し、投資資産を積み上げて殖やしていく方法です。この積立投資の一般的な考え方は、投資商品を「一定金額で量(口数)を買う」手法と言えます。

もう少し詳しく説明します。金融商品は通常マーケットにおける価格変動によって日々値段が変わりますが、この積立投資では商品購入時点での値段は気にせず、例えば毎月一定金額(少額)で同じ商品を反復継続して購入するといった手法をとります。

これによって、その商品価格が高いときは購入できる量(口数)が減り、逆に商品価格が下がったときには逆に購入できる量(口数)が増える、ことになり、価格に関係なく一定量(口数)を購入していくよりも、結果として購入平均単価が低くなる=投資のリスクを低下させることが可能となります。この手法は別名、ドルコスト平均法とも言われています。

※ドルコスト平均法具体例

例えば、上のグラフのような価格変動がある株式を、各時点(A~E)で1万円ずつ購入した場合と、それぞれ100株ずつ購入した場合とを比較すると、結果として毎回同じ額で購入した方が、より多くの株式数を少ない資金(投資額)で購入できたことになります。(注:価格の変動状況によっては必ずしも同じ結果になるものではありません)

 

積立投資のメリットとデメリット

前章では積立投資の概要について説明しましたが、積立投資にはメリットのみならずデメリットも存在します。そのメリットを最大限に活かせるようにするためにも、両者を良く理解しておきましょう。

積立投資のメリット

少額投資が可能

まず少額で投資を開始し、無理なく続けることができるのが積立投資の魅力です。100万円や1000万円などのまとまった投資金額を用意することは難しくても、毎月数百円ずつや数千円、1万円程度であれば準備することができる、という方は多いのではないでしょうか。投資を始める際のハードルの低さは積立投資の大きなメリットといえるのではないでしょう。

 

資産形成がしやすい

前項に関連しますが、積立投資は一般的に毎月一定額を少額で投資するため、資金捻出のハードルが通常の投資と比べ大きく下がります。また、積立作業を指定口座からの自動引落しなどで自動化してしまえば、投資の手間も軽減し資産形成のハードルも下がるため、積立継続を意識しなくても、気が付けばまとまった資産が形成できているということもあるのです。

 

精神的負担が少ない

一般的に投資に精神的な負担はつきもので、特に一度にまとまった金額を投資すると、どうしても相場の動きが気になり、ちょっとした価格変動で一喜一憂するなど精神的な負担が大きくなり疲労が蓄積します。しかし積立投資をしていれば、前述のドルコスト平均法の効果もあり、一時的な値下がりが気にならなくなるのです。また、前項で解説しましたように投資信託などでは積立を口座振替などで自動的に行うサービスもありますので、投資に関して神経質にならずに資産運用をすることができます。

投資初心者で投資に不慣れであればあるほど、感じる精神的負荷は大きなものとなり、それが理由で投資を辞めてしまう人も少なくないため、積立投資による精神的負担の小ささは初心者にとって大きなメリットとも言えるでしょう。

 

時間的な分散投資が可能

投資では、リスクを極力小さくするために色々な商品(銘柄)に分散することが基本ですが、いくつもの商品に分散して投資をするためにはある程度まとまった資金も必要になってきます。

一方、分散投資には投資対象(商品)の分散のみならず、投資のタイミング(時間)による分散という考え方があります。投資する時期を分散させることによって、購入金額を平均化させることができ、一度に高値を掴んでしまう可能性を減らすことができるのです。この方法が上述したドル・コスト平均法です。積立投資ではこの時間による分散投資により投資リスクを平準化、低減させる効果があります。

 

複利効果が得られる

複利効果とは、運用することで得られた利益を再び投資し運用することにより、利息が利息を生んで利益が大きくなる効果のことです。複利効果は長期運用であればあるほど大きくなるのですが、積立投資は基本的に長期投資となるため、この複利効果もメリットとして享受できます。

 

積立投資のデメリット

手数料が割高

株や投資信託など、何かしらの金融商品を購入する際には一般的に販売手数料やその他保有に必要な手数料がかかります。基本的には金融商品の売買時に手数料がかかってくるのですが、積立投資は購入する回数が分散されることから、単純に販売手数料を支払う回数が増えてしまい、結果として支払う手数料が割高になる可能性があります。

 

商品価格の推移状況によっては一括購入よりも不利になることも…

積立投資では、時間を分散して一定額を投資することにより、一時的な高値で商品を掴むリスクを軽減できることはメリットに記載しましたが、裏を返せば、安い値段で買える機会をも逃してしまう可能性があるということになります。このように価格の推移状況によってはこの積立投資は常に有利な投資であるとは言えないのです。以下にて、利益がでる、損失がでてしまうパータンとは、どういう状況なのかより詳しく見て行きましょう。

  • 利益がでるパターン

例えば、上図のように、仮に株価が右肩上がりで推移していった場合を考えると、もしAのポイントでまとまった金額で一括購入していれば、積立投資で期間を分散して購入するよりも結果としては最終利益が高くなる可能性があります。

  • 損失が出てしまうパターン

一方、投資対象商品がパターン2のような価格推移をした場合、Aのポイントで一括購入していればEのポイントで売却をしても損益はゼロですみますが、同じ期間に積立投資をしてEのポイントで売却をした場合、結果としては損失が出てしまいます。

 

以上のことから、積立投資は短期で利益を最大限に確定していく手法ではなく、長期で安定的にリスクを抑えながら資産形成していくための手法と捉えましょう。

 

 積立投資におすすめ商品とは

積立投資のメリットとデメリットが理解できましたら、次は具体的に積立投資を検討してみましょう。積立投資は投資の一手法でしかないため実際に投資をするには、まず積立投資の投資対象商品を決めなければなりません。積立投資に適した商品とは何があるでしょうか?以下積立投資に相性のいいおすすめの商品をご紹介します。

積立投資と相性のいいおすすめ金融商品

投資信託

積立投資で資産形成をするにあたって、最もオススメの商品は投資信託です。投資信託にも色々な商品がありますが、中でも筆者がオススメするがインデックス型という経済指標に連動している投資信託(インデックスファンド)です。

こちらをオススメする理由は、①自動積立投資に対応している,②商品の分散投資が可能,③100円単位での少額積立も可能,④手数料が低い又はかからない,など、初心者にはぴったりの対象商品と言えます。

 

ETF(上場投資信託)

ETFとは「上場投資信託」の略称で、投資信託が市場に上場しているものです。インデックス型の投資信託と同じく経済指標に連動していることから、安定性があります。また、上場していることから株のように自由に売買ができることが特徴です。

一方、自動積立の制度がないので定期的に自分で購入する必要がある、投資信託より手数料が高い場合が多いなど、投資信託と比べると少し不利な点も見られます。

 

金(ゴールド)

積立投資では、実物資産である金(銀、プラチナ等)を投資対象とすることも可能です。

こちらのメリットには、①自動積立が可能、②少額から(1,000円程度より~)積立が可能、③実物資産であるため長期的な価値の保存が可能(市場価値が激減しづらい)、④モノであるためインフレに強い、等が考えられます。

一方、デメリットとして、金等の実物資産では、利息や分配金といったインカムゲインを得ることができません。そのため、どちらかというとローリスクローリターンの比較的貯蓄に近い性質を持っていると言えます。

 

その他の商品

暗号通貨

暗号通貨(仮想通貨)の代表としてビットコインは聞いたことがある方も多いはずです。2017年は仮想通貨元年と呼ばれましたが、近年で急激に注目が集まりました。日本では初期の段階でビットコインの横領事件などがありネガティブなイメージが付いてしまっていますが、暗号通貨に使われている技術はまさに革新的なものであり、これからの世界に革命をもたらすと言われています。

暗号通貨はビットコイン以外にもいくつも種類がありますが、どの通貨も価値が上昇しており、暗号通貨で大きな利益を出した人も増えているようです。価格変動も激しく投資対象としておすすめできる状態ではありませんが、筆者はその可能性に魅力を感じて定期的に購入しています。興味がある方はドルコスト平均法を活用して暗号通貨の積立投資を始めてみてもいいかもしれません。

 

積立投資を実際に始めるには

積立投資に対する理解やその投資対象商品のイメージが出来たら、いよいよ実際に積立投資を開始してみましょう。こちらでは積立投資を実際に始められるよう具体的な手順をお伝えします。

積立投資開始への5ステップ

Step1積立金額を決める

まずは積立をする金額から決めましょう。実際に積立を始めるにしても月々いくらが妥当なのかは、家族構成や生活スタイルによっても異なります。例を挙げるとすれば、20代なら3万円、30代なら5万円、40代以上であれば7万円程度を目安とすることで、60歳時点で1000万円超の資産形成が可能となります。これらの金額はあくまで目安であり、前述しましたように人によって家族構成や生活スタイル、収入額は異なりますので自分にあった無理しない金額を設定しましょう。

 

Step2証券口座を開設する

積立投資を始めるには、証券口座の開設が必要です。証券口座とは、いわば銀行口座の証券版であり、証券会社にて開設することが可能です。証券会社というとテレビCMなどでお馴染みの野村證券や大和証券など、大手の証券会社の方が安心と考える方が多いのですが、圧倒的に無店舗型のオンライン証券(ネット証券)をおすすめします。オンライン証券とはインターネット上で展開する証券会社の総称のことで、店舗型や大手に比べ売買手数料が安く、管理がしやすいなど取引上の利便性が非常に高いことから、投資家には人気で当たり前に利用されています。

大手証券の場合は、人件費や店舗の維持費などに莫大な費用をかけているため、どうしてもそのコストが利用者の手数料に上乗せされてしまいます。ネットが主流となっている時代に、同じサービスを提供されるのであれば、そのような無駄な手数料を払う必要はないでしょう。

更に、オンライン証券では購入時手数料が安い以上に、手数料が一律無料の商品が多かったり、最低投資金額が低かったりと、積立投資には断然有利な条件が揃っています。昨今はオンライン証券も数多くありますが、SBI証券や楽天証券などが無難です。

 

Step3投資銘柄を選ぶ

証券口座を開設することができたら、何で積立投資をするか?という部分でもある投資銘柄を選びます。投資銘柄には複数あり、投資信託の銘柄にも種類がありますが、オススメは経済指標に連動した運用成績を目指すインデックス型の投資信託です。証券会社の口座開設後、マイページにログインし、取り扱い投資信託一覧からインデックスファンドを選んでください。

 

Step4. 積立設定をする

積立の手法には自分で定期的に商品を購入する方法と、自動で投資資金を積立してくれる自動購入(積立)というものがあります。ご自身で定期的に購入す場合は特に自動設定する必要はありませんが、定期的な購入行動が面倒だと思う方は、自動購入(積立)を設定してください。設定方法は各銘柄の購入ページにある積立投資という購入方法を選び、毎月の積立金額と引落日を設定するだけで完了です。

自分で定期購入する場合では、なんだかんだお金を使ってしまったり、積立忘れてしまったりと結局積立投資ができない場合もあるため、積立投資を成功させ大きく確かな利益を出すためにも毎月自動で指定口座から引き落とされ、商品を購入し積立てくれる自動購入(積立)がおすすめです。

 

Step5. 投資信託を購入する

自動積立の設定が完了すれば特に自分ですることはなく、Step4で設定した引落日を待つだけで購入を自動で行ってくれます。毎月決まった日に指定の銀行口座や証券口座から引き落されますのでと、口座の残高不足には注意しましょう。指定口座先を給料受取口座に設定し、引落日を給料日の翌日等に設定すれば残高不足での購入不可を避けることができます。

途中で投資資金を用意することが難しくなったときは、一度設定した後でも積立金額を減額することや、積立自体を一時中断するなどの変更も可能ですので、まずは気軽に始めてみてください。

 

積立投資でも情報収集や運用管理は積極的に

以上、積立投資について解説しました。上述のとおり、積立投資は比較的気軽に始められ、日々の値動きに踊らされることなく(精神的にも)安定して資産形成を可能とする非常に有効な方法と言えます。しかしながら、これは一度仕組みを設定すれば永久に放置していても安心というわけではありません

投資した個別商品や相場全体(経済全体)の流れを見て、どこで自分が資産を現金化したいのか、等といった大まかな計画、すなわち利益確定と損切りのタイミングを決めておくことはとても重要です。

積立投資が万能ではないことを頭に入れつつ、定期的に自分の運用状況を見直すことは徹底してください。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。