30代の転職で未経験は難しい?失敗しないために必要なこと

「30代の転職で未経験への転職は難しい?」

転職は年齢を重ねれば重ねるほど難しいと言われていますが、30代となっての未経験転職は難しすぎて厳しいのでしょうか?しかし、難しいといってもやりたいことへの挑戦を諦めるのは後悔につながるため諦めたくはありません。では、どうすれば30代でも未経験への転職を楽しむことができるようになるのでしょうか?

今回は、30代の未経験転職で失敗しないために必ず抑えておきたい必要なことについてお伝えします。

30代でこれから未経験業界・業種への転職を考えているという方は、ぜひ本記事をご一読ください.

実は転職に年齢はそこまで関係ない

冒頭でも述べたように、ひと昔前の日本企業の中途採用基準には年齢を含める企業が多く存在しました。しかし時代の変化とともに今では中途採用基準の項目に年齢を含める企業は非常に少なくなりつつあります。求人情報・転職サイトの「DODA(デューダ)」が中途採用担当者1,000人に行った「中途採用で重視するポイント」では「第一印象」や「誠実さ・素直さ」「身だしなみ」など社会人として基礎的な部分を重視されることがわかります。

[引用:DODA『「中途採用」の実態調査』]

 

年齢よりも能力が重要

中途採用で重視されるのは社会人としての基礎的な能力。未経験ではなく専門職の募集でしたらスキルは欠かせませんが、未経験の場合はもちろんスキルは関係ありません。システムエンジニアなど常に人手不足の業界では、優秀な人材の採用が難しいことから未経験で採用し企業で人材を育成するというケースも増えてきています。

今の日本は能力主義。女性の場合は30歳を超えた求人数が減りますが、男性の場合は特に制限を意識する必要はありません。女性の場合も鈍足ではありますが女性の社会進出がしやすい世の中に変化しており女性の雇用に対して企業の意識が変わってきているのは事実です。基礎的な社会人としての能力があり学ぶ意欲があるのであれば30代での未経験業界への転職は問題なく可能なのです。

 

30代の未経験転職が失敗するのは「自分の意識」

転職で一番気になるのが転職後の収入。30代でも転職自体は問題なく可能ですが、未経験では当然収入が低くなります。しかし転職者の意識としては、新卒から勤めてきた30代の社員と同等の収入が得られると思っていることが多く、この意識と収入が低くなるという現実にギャップが生じ「転職に失敗した」と感じるのです。未経験の転職で収入が下がらないのは相当稀な例で基本的には新卒並みの給料水準になることを覚悟しなければいけません。

 

現在ではなく将来を見据えた転職を

年齢関係なく未経験業界への転職で大切なのは「今現在ではなく将来を見据える」ということです。今現在の年収が500万円、転職直後の年収が300万円だったとしても10年後に大きな違いがあれば一時的に収入が下がっても転職する価値は十二分にあります。今の仕事は10年後も同じ給料のままかもしれません。かたや転職すれば年収1,000万円を超える可能性がでてくるかもしれないのです。意識を今現在ではなく将来に向けることができれば未経験業界への転職は大きな自己投資となります。もし今の職場に将来性を感じない、なおかつ今の仕事では楽しめず継続が困難であれば、未経験で収入が低くなってもチャレンジする価値はあるのではないでしょうか。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。