会社の辞め方は?トラブルなく退職するための綺麗な退職術

会社の辞め方を間違えてしまうと、これまで積み上げてきた信用が一気に崩れてしまいます。「終わりよければ全て良し」とも言われるように会社勤務の終わりである退職も重要です。

退職時は何かとトラブルも多いので、綺麗に辞められるよう、今回は、会社の正しい辞め方とトラブルない会社の辞め方についてお伝えします。

会社をトラブルなく辞めたい、会社を辞めたいけど辞められないという方は、ぜひ本記事をご一読ください。

正しい会社の辞め方とは

正しい会社の辞め方は意外と知らないものです。退職を申し出るのは3ヶ月前でいいという方もいれば、半年前からの申し出が必要という方もいるため、退職の方法は人それぞれの意見があります。しかし、実はビジネスマナーとして退職のルールは定められています。その一般的なルールに完全に従う必要はないのですが、正しく退職するには常識を知った上で自身が在籍する企業での退職方法を知り、仕事の状況も考慮し物事を進める必要があるのです。

以下では、会社を辞める前に確認しておかなければならないポイントと会社の辞め方とその流れをセクションごとに詳しくお伝えしていますので、退職に行動を移す前にイメージをしておきましょう。

会社を辞める前に確認しておくこと

就業規則の退職規定を必ず事前に確認しておく

就業規則がきちんとある会社であれば、そのほとんどに退職に関する規定が明記されているはずです。この退職に関する規定は会社によって様々ですが、多くは「自己都合退職は予定日の一ヶ月以上前に申し出ること」と規定されているのではないでしょうか?それに伴い退職願や退職届などの提出書類の必要性も記載されていると思います。

本来、民法では「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」と記載されているため、退職の2週間前に退職する旨を会社に通知すれば退職できるはずであり、当然法的には就業規則よりも民法が優先されるため問題ないはずなのですが、現実的にはそうはいかず、トラブルになるため多くの会社では就業規則を優先させられます。

それでも現実的には前述にてお伝えしたような理由で退職日を引き延ばされることがあります。前項でお伝えした内容は、そのためのリスクヘッジでありますが、退職準備をするなかで会社側が強く出てくる理由を潰していったほうがより確実に退職できますので、就業規則に明記されている退職規定は最低限遵守した上で、退職を申し出るようにしましょう。

 

正しい会社の辞め方

Step1. 退職日を決める【退職日3ヶ月以上前】

まず初めに、退職日を自分の中で決めてしまいましょう。ここで決める退職日が円満退職のゴール(目標)となります。退職はゴールからさかのぼって計画的に行うことで、スムーズに物事を進めることができるため、会社に迷惑がかからないよう、また自身が余裕をもって準備をするためにも、退職日の設定は3ヶ月以上先にします。

退職には非常に大きなストレスが伴うため、期限がなければ、辞めたいと思いつつもダラダラと日々を過ごしてしまいます。このような日常から抜け出すためにも、退職日を決めてしまうというのは非常に有効です。

 

Step2. 退職意思を伝える(退職願の提出)【退職日3ヶ月以上前】

退職日が決まれば退職の意思を直属の上司に伝えます。企業によっては伝えるだけでなく、退職願という形で提出を求められる場合もあるため、就業規則をきちんと確認し、必要であれば退職願を提出し退職意思を伝えましょう。

 

Step3. 退職届の提出【退職日1ヶ月前(要就業規則確認)】

退職日の1ヶ月前になったら退職届を会社に提出します。なお、企業の就業規則によって提出時期が異なる場合があるため、事前に必ず確認しておきましょう。退職届を提出したら、職場の人たちに報告やお礼をします。円満退職に向けての引き継ぎ等をサポートしてもらいながら準備を進めていきましょう。

 

Step4. 業務の引き継ぎ・取引先等への挨拶【退職日2週間〜1ヶ月前程度から準備】

退職届けを提出したら、退職日までに業務の引き継ぎや、お世話になった取引先へ挨拶をします。業務量や回らなければいけない取引先の数によって期間がそれぞれ異なってきますので、余裕をもって計画的に開始しましょう。

 

Step5. 返却物・受取物【退職日当日】

退職日当日は、これまで会社から借りていたパソコンや携帯、その他返却の必要性がある返却物を返し、さらに受け取る必要のあるものを受け取りましょう。

一般的な返却物は、健康保険被保険者証・社員証(社章)・制服・パソコン・携帯・その他事務用品などで、受取物は、雇用保険被保険者証・離職票・源泉徴収票・年金手帳などです。

返却物や受取物が一つでも抜けてしまうと、退職後に改めて返却または取得しないといけなく、非常に面倒ですので忘れずに完了させましょう。

大切なのは余裕をもって退職をすることです。急で慌ただしい退職は、必ず周囲を巻き込み迷惑をかけ、トラブルの原因になるので、退職日までに十分な期間をとって余裕のある退職を心がけましょう。

 

トラブルなく会社を辞めるには

これまでも簡単にお伝えしてきましたが、会社を辞める際には数々のトラブルが起こる可能性が高く、中にはまったく想定していなかったトラブルが発生することもあります。そのようなトラブルに振り回されないためにも、事前にどんなトラブルが起こりうるのかを事前に把握し注意することをおすすめします。

以下は、人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパン株式会社が、サイトを利用しているコンサルタント153名に円満退職についてアンケートを行った際、退職時・退職後にトラブルになる理由で多いものをまとめたグラフです。

[出典:エン・ジャパン「退職時・退職後にトラブルになる理由」]

このグラフを見ると、退職時には様々なトラブルがあることがわかりますが、その中でも圧倒的に「企業からの強引な引き止め」と「自分の業務の後任が決まらない」というトラブルが多いことがわかります。

この二つのトラブルがひどくなると、決意した退職がうまくいかず結局退職できなかったり、せっかく決まった転職先の内定が取り消しになったりと、とても悲惨な結果になることもあるようです。

それら退職トラブルを回避するにはどうすればいいのでしょうか?

トラブルのない退職を実現するためのポイント

どのような理由で引き止められそうかをあらかじめ想定しておく

すんなりと辞めさせてもれえなさそうな会社に勤めている場合は、どのような理由で辞めさせてもらえなさそうかあらかじめ予想をすることができます。人手不足でギリギリの人数で仕事を回しているような職場であれば、人手不足を理由に止められそうですし、これまで自分がしていた仕事が特殊なもので他のスタッフにできないことであれば、引継ぎ・部下教育を理由に引き止められるでしょう。

会社側の言い分を聞かずに無理矢理退職することも可能ですが、退職時の印象を悪くしてしまうと、転職先に自身の不利益な情報を流されたり、さらにひどい職場の場合は退職日までに執拗な嫌がらせをしてきたりという事例もありますので、無理矢理退職するのではなく、引き止められる理由をあらかじめ想定し、その理由をカバーしてから退社を切り出したほうが確実かつ好印象な退職が可能となります。

まずは自分の場合、「どのような理由で引き止められそうか?」を想定しましょう。

 

強固な退職意思をもつ

トラブルに振り回されないためには、前述のようにトラブルを事前に想定し、事前にカバーをした上で計画的に退職を進めることです。そしてこれらを実現するためにも、退職に対する強い意志が不可欠と言えるでしょう。会社に引き止められても止まらない、どのような状況になっても振り回されない意志が退職には必要です。中々辞められそうにない会社に所属している場合は、特に強い退職意志が必要でしょう。

退職を失敗する多くの方には、共通して退職意志が弱い傾向にあります。意志が弱いために会社に言いくるめられ引き止められたり、意志が弱いため自分よりも周囲の迷惑を考えてしまうのです。仕事の責任は社員が取らされても、自分の人生の責任を会社は取ってくれません。仕事は人生にとって非常に重要な要素なので、会社の都合でトラブルに振り回されないためにも退職意志を強く持ち、現状から抜け出しましょう。

 

「退職させてください」を中々切り出せない場合は

退職のハードルはトラブルだけでなく、そもそも退職を申し出ること自体が高いハードルです。ましてや、人手が足りない、忙しいといった職場ではなおさら言いづらいでしょう。言い出せないのは、単に勇気がないだけが原因ではありません。なぜ、勇気を出して言えないのか?その原因をしり対処すれば、言い出せるようになりますので、会社を辞めたいにもかかわらず退職が言い出せない方は、ぜひ以下を参考にしてください。

退職が言い出せない原因

退職を申し出ることができないのは自分の中で不安を膨らませてしまうから

退職が言い出せない原因はたった一つで「退職を伝えた後がどうなるか明確にわからないため不安を大きく想像しまうから」です。人は考えすぎてしまうと悪い方に考える癖があるため時間の経過と共に不安が大きくなり余計に勇気を出すことが難しくなります。

深く考えない性格の方は行動を起こすことに抵抗がないようですが、逆に考えすぎてしまう方は、見えない先をネガティブに考えてしまい行動を起こすことができません。退職を伝えるには、考えすぎる癖を直すというのも一つの手段ではありますが、無意識にしてしまうことを直すのは相当な時間がかかるので、直してから退職をするのは現実的ではありません。

 

伝えづらい退職が申し出られるようになる方法

「退職を伝えた後どうなるのか?」を明確にイメージする

退職を言い出せるようになる方法は、「見えない未来を明確すること」です。例えると、初めての土地で目的地までたどり着くには迷わないように、時間に間に合うようになど多少の不安が付きまといます。しかし二回目に同じ場所を目指す時、一回目の情報と経験があるため不安は一切ありません。これと同じで、退職を伝えた後どうなるのか?を明確に予測・想像できれば不安は生まれず言い出すことができるのです。

退職を上司や先輩に伝えると、退職を引きとめてきたり、退職理由や転職先の情報などを細かく聞いてきたり、嫌味を言ってきたり、職場での反応が冷たくなったりします。当然、人間関係の良好な職場や余裕のある職場、上司や先輩との関係性によっては転職を応援してくれたりもしますが、そもそも言い出しづらい雰囲気をかもしだしている職場ではネガティブな反応を見せてくる場合がほとんどでしょう。

在職している職場の上司や先輩がどのような人間で、これまでどういう関係性で仕事をしてきたかを考慮した上で、退職を申し出ることによってどのような反応をしてくるかを明確にイメージしてみましょう。イメージしてそれを覚悟し転職を進めれば、強固な意思の元、退職の旨を伝えることができるようになります。

 

退職は周囲を気にしすぎないことも重要

いかがでしたでしょうか?以上が会社の辞め方についてです。穏便に退職を進めるには退職のマナーを守り、職場に残る社員に迷惑をかけず快く見送ってもらえるのが理想ですが、社員側にそのような気持ちがあったとしても、会社側の反応や対応によってはそうも言っていられない場合もあります。

仕事のストレスによって精神が正常でなくなったり、パワハラやセクハラ、職場いじめを受けている場合は早急に退職しましょう。真面目な性格が強い責任感を生み、それが返って自分を苦しめているのであれば、周囲の迷惑などを気にせずとにかく行動することが重要です。自分にとっての良い未来を考え、それに向けて前向きな退職を成功させてください。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。