40代の転職って成功するの?企業のホンネと成功への3要素

「40代で転職って成功できるの?」

一般的に40代に突入してからの転職は厳しいと言われていますが、実態はどうなのでしょうか?

今回は、40代転職者に対する企業のホンネと、40代だからこそ転職を成功させることができる必ず抑えておくべき3つの成功要素についてお伝えします。

40代で転職を考えている方、転職したいけど年齢が不安要素で一歩踏み出せないという方は、是非本記事をご一読ください。

なぜ40代に突入してからの転職は厳しいと言われるのか

40代転職者に対する企業のホンネ

「扱いづらい」が最大の理由

40代の転職が厳しいと言われる最大の理由は、採用側から見た転職者が「扱いづらい」ためです。40代ともなると社会経験が豊富で仕事の知識や経験もあることから即戦力になるという見方もできるのですが、近年の管理職者の低年齢化により、転職者よりも採用側の年齢の方が若くなるため、悔しいですが扱いづらいと思われるのは自然なことなのです。

また、40代では経験豊富ゆえに仕事の手法が確立されており柔軟性に欠ける傾向があります。このような点も扱いづらいと思われる理由の一つでしょう。

 

将来性に期待できない

企業が社員を採用する際に期待するポイントの一つとして即戦力以外に「将来性」が挙げられます。40代は今までの経験値もあるため、20代や30代と比較すると柔軟性や吸収力といった点で将来性に劣ることは否定できません。社会人として社会経験は重要な要素ですが柔軟性や吸収力といった将来性と、若い世代の扱いやすさ等を総合的に考慮すると、どうしても若年世代の転職の方が有利になってしまうのです。

 

40代の転職を成功させるには

これまで40代転職の厳しさについてお伝えしてきましたが、40代の転職成功が不可能かというと決してそうではありません。40代は40代ならではの魅力があるため、それを活かした転職が成功のポイントとなります。以下3要素は、40代転職を成功させる重要な要素で、これらの要素を念頭に置き転職活動に臨めば成功率はググッとアップすると思いますので、転職を成功させるためにも必ず抑えておきましょう。

40代の転職を成功させるための3要素

今までの経験が活かせる職場選び

40代の転職を成功させる大きな要素の一つとして「今までの経験が活かせる職場選び」が挙げられます。転職成功の定義は人により様々ですが、「収入額を落とさないこと」はほとんどの方に共通するのではないでしょうか?当然ですが、収入額を落とさないためには転職先の企業にとって即戦力となる必要があるので、今まで十分に蓄えた知識や経験を活かせる職場を選ぶのが転職成功の要素となります。

しかし、中には今まで十分我慢してきたから、やりたいことをやるために異業職種の未経験分野に転職しようと考える方もいます。もちろん40代だからといって未経験分野への転職が不可能というわけではありません。この場合、覚悟しておいて欲しいのは、ほとんどの場合、収入額が落ちるということです。企業側からすると年齢がいくつであれ未経験であれば新卒となんら変わりません。したがって、悪い場合は新卒並みの収入額になる可能性も十分ありますので、この可能性も考慮して転職活動をしましょう。

稀に未経験の異業職種でも収入額が落ちない場合もあります。それは、どの業職種でも必要な能力を携えていること。例えばマーケティングに秀でた能力があり、それにより圧倒的な結果を出してきた場合は、その能力を買われて転職することも可能になるのです。自分の能力に絶対的な自信があれば後者のような能力ありきの転職をするのもいいでしょう。

 

組織を成長させるマネジメント力

40代の転職者に求められる能力は、ずばり「マネジメント力」です。基礎的な社会経験や仕事の知識・経験はあって当然で、さらに若手社員を指導・教育、職場やチームの人間関係調整など組織の人間をまとめて成長させるマネジメント力が求められます。このマネジメント力をアピールするには、管理職者の経験があることが前提条件。しかし、ただ管理職者であればいいというわけではなく管理職者として何を成し遂げたのかという実績が重要になり、それをアピールすることによって転職先の企業にとって必要な人材と認識されるのです。

 

在職中に転職活動を完了させる

転職を成功させる最も重量な要素として挙げられるのが在職中に転職活動を完了させることです。

転職希望者の中には「退職後に転職活動をしたほうが集中できるし、急な面接にも対応できチャンスを逃さないため成功率があがるのでは?」と考え、今の会社を辞めてから転職活動をする方がいますが、それは大きな間違いで、40代の転職活動は、転職者と企業側の意図がずれていることが多いため、若い世代の転職よりも長い期間を必要とします。

したがって、今の会社を退職してしまうと収入はなくなり貯金を切り崩しての活動となるため、転職期間が長引けば長引くほど精神的にも焦りがうまれ転職先を妥協し成功ならず、ということになりかねません。どんなに能力があり、自信があったとしても評価するのは自分ではなく企業であるため、いつ転職が完了するかの保証はどこにもないので、通常業務をこなしながらの転職は大変ですが、在職中の転職活動をお勧めします。

一般的に言われている転職活動期間の平均は2~3ヶ月ですが、年齢を積み重ねれば重ねるほど長期間を要する傾向にあり、40代ともなると半年間〜1年間は覚悟しておいて損はないでしょう。

 

40代転職を成功させる安心の転職活動手順

40代の転職を成功させる要素がわかれば、あとは具体的にどう動くか?を決めるだけですが、転職活動は頭で思っているよりも難しいものです。時間も限られていますし、在職中の転職活動も何かと体力が必要なので、しっかりと転職計画を立てて安心な転職活動に臨みましょう。転職活動の主な流れは以下になります。

上図は一般的な転職の流れになりますが、40代の転職活動は少し異なる箇所もありますので、その辺を含めて解説します。

Step1. 転職活動前準備

まず、企業へ応募する前に転職活動前準備として、転職の成功率を上げるための自己分析や転職の目的、活動の計画等を明確にします。転職失敗の大きな要因は、転職そのものができないのではなく、転職前と転職後のギャップにあり、転職前に思い描いていたイメージと転職後の現実の差が大きければ大きいほど転職に失敗したと思うようになるのです。このギャップをなくすためにも、転職活動を始める前に、今の自分を知り、転職の目的をはっきりさせる必要があります。以下にてより詳しく解説します。

  • 自己分析による市場価値の把握

若年層転職の場合、自己分析は本当の自分を探し履歴書・職務経歴書・面接のための準備として行いますが、40代転職の場合は、「自分の市場価値を知ること」を最大の目的とし行います。転職市場において個人の価値は変化し続けているため正確な転職市場価値を把握することは転職成功へ繋がります。自分の能力や実績を明確にし、求人の応募条件・資格に当てはめたり、転職エージェントによる客観的な評価をもとに把握したりして、自分の転職市場価値を確認してみましょう。

  • 満足な転職を実現するために転職目的を明確化

転職を視野に入れている時点で、転職の目的はなんとなく決まっているかもしれませんが、目的をより明確化することによって転職活動のブレを防ぎ、妥協しない納得できる転職を実現します。転職先の情報収集にも役立ちますので明確にしておきましょう。

  • ブレのない転職活動を行うための転職計画

転職目的と併せて、さらにブレない転職活動を実現させるために、転職活動開始から完了までのスケジュール計画を立てましょう。短期間で目的の企業に転職完了することができればいいですが、そうでない場合がほとんど。前述しました通り40代の転職では時間が必要なため期間が長引けば長引くほど妥協の方向に向かいます。そうなっては思い切って転職する意味がなくなりますので満足のいく転職を実現させるためにも転職のスケジュール計画を立てましょう。

  • 転職成功率を上げるための情報収集

自己分析や目的などが明確になったら、転職先企業の候補や詳細の情報収集を行います。転職の目的や、希望の収入・条件に該当する転職先の情報を収集しましょう。

 

Step2. 応募・必要書類作成

転職希望先がいくつか決まったら、転職先ごとに必要書類を作成し実際に応募をします。この時1社1社応募を行う必要はなく、短期間で転職を完了されることができる複数応募という形をとるといいでしょう。しかし、いくら複数同時に応募をするからといって、どの企業にも同じ書類を提出してはいけません。企業の業界や職種によって採用のポイント等が異なりますので、面倒ではありますが、必要書類は1社1社に併せたものを作成し提出しましょう。

 

Step3. 面接

応募が完了し、書類選考を通過することができれば面接です。面接では、自己紹介と経歴説明→転職理由と志望動機説明→入社後の働き方→条件説明もしくは交渉→質疑応答という流れが一般的になります。これまでの情報収集や応募条件、面接会話のなかで転職先企業が何を求めているのかを見極め意図が一致するようでしたら最大限のアピールをしましょう。

 

Step4. 内定・引継ぎ・退職

面接を経て無事に内定を獲得することができたら、内定先企業に対して転職するか否かの意思を伝えます。その流れで入社日を決め、入社日が決まれば退職日を決めます。退職日が決まれば在職中の職場の人間に退職を報告し引継ぎをきちんと済ませ円満退社を目指しましょう。

 

40代の転職を成功させるためにも転職市場価値の把握を

40代ともなると企業から求められるものは厳しくなり転職のハードルが上がります。さらに年代的にも家庭を持っている方が多い為、適当に転職をして収入を落とすわけにもいきません。そこで重要なのが自分の市場価値。市場価値とは社会の評価であり、会社の評価ではないため、市場価値次第では転職により収入があがることもあれば、逆に下がることもあるのです。転職市場価値を把握せずに転職するのは賭け事と同じようなもの。自分に自信があろうがなかろうが関係なく、40代転職を成功させるためにも、自分の市場価値を正確に把握し、より確実な転職を行いましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。