未経験転職を成功させたいなら必ず知っておくべき成功の鍵

「未経験職への転職を成功させたい、でも不安…。」

未経験分野への転職は、成功すればやりたいことやキャリアビジョンが実現されるためハッピーとなりますが、失敗すれば、毎日が苦痛で、しかもこれまでのキャリアを失うこととなるため最悪です。未経験転職は、一般的な同業同職種への転職とは違い、転職成功率は大きく下がります。そんな未経験分野への転職は、どうすれば成功させることができるのでしょうか?

今回は、未経験分野への転職を成功させるためのキーポイントについてお伝えします。

未経験分野に転職をしたいけど不安があり踏み出せない、未経験転職を成功させたいという方は是非本記事をご一読ください。

未経験分野への転職は可能なのか?

そもそも、これまでの経験と全く異なる業界・職種への転職は可能なのでしょうか?転職サイトなどで求人を検索すると「未経験歓迎」の文字をよく見かけますが、これらは決して嘘ではないため、志望先の企業がまったくの未経験業種・未経験職種であっても転職することは可能です。むしろ、未経験への転職は募集をかけている企業が未経験前提で求人を出しているため、通常の転職よりも入社ハードルが下がる傾向にあるため転職がしやすくなります。

しかし、転職をするという行為自体が達成されるのと、転職が成功することは話が違います。志望先の企業に転職が完了しても、転職後になんらかの理由によって後悔してしまっては転職成功とは言えないのです。一般的に、未経験転職が失敗しやすいと言われている理由は、未経験転職では一般的な同業・同職種転職よりも「後悔しやすいから」と言えるのです。未経験分野への転職は、転職前に華美なイメージを抱きがちですが、現実は厳しく、転職前に抱くイメージ通りにいくことはほぼありません。

それでは、未経験への転職で後悔せず成功させるにはどうすればいいのでしょうか?

 

未経験転職を成功させるためには

前章にて、未経験転職が失敗しやすいと言われる多くの原因は、転職前に抱く転職後のイメージと、実際に転職した後の現実にギャップがあるからとお伝えしました。そのため、未経験転職を成功させるには、転職前と転職後のギャップをできる限り小さくすることが重要です。理想と現実のギャップが小さければ小さいほど、現実に納得でき、転職に満足できて転職後の仕事が順調となります。しかし、ギャップが大きければ転職後も後悔に悩まされてしまうため、仕事どころではなくなり楽しみなはずだった仕事がストレスの日々となるでしょう。

後悔する毎日ほど、悲惨な日々はありません。転職という社会的責任が伴う行為は、そう簡単に取り消すことができないため、悲惨な結果にならないためにも十分な準備が必要です。

それでは、以下にて未経験分野への転職を成功させるための方法を見て行きましょう。

未経験転職を成功させるための方法

転職の目的を明確にしておく

未経験分野への転職を成功させるにあたり、まず一番初めに自身の転職目的を明確にしておきましょう。「なぜリスクの高い未経験分野へわざわざ転職する必要があるのか?」などリスクをとってでも転職をする最大の目的は何なのかを今一度整理し、明確にしてください。転職の目的は、自分では明確になっているつもりかもしれませんが、意外と漠然としている方が非常に多いです。

「これまでは営業だったけど、SE(システムエンジニア)になりたいから転職をする!」くらいに明確になっていればいいですが、「今働いている業界の将来が不安だから、他の業界に転職したい」といったゴールが不明確な理由だけで転職してしまっては、転職後も同じ壁にぶつかり後悔することとなります。

よく、「隣の芝は青く見える」といいますが、実際に隣の芝に入ってみるとそうでもないということがほとんどで、そうなっては後悔につながってしまうため、前述のように明確な目的や目標がないのであれば、これまで積み上げてきたキャリアを捨ててでも達成したいという明確な転職目的・目標を持つようにしましょう。

 

転職後の雇用条件について優先順位を決めておく

未経験分野に転職をすると、必ずといっていいほど転職前よりも雇用条件が悪くなります。企業にとって異職者や業職未経験者を雇うということは、新卒を雇うようなものであるため、いくら転職者の年齢が30歳・40歳で、前職時代にキャリアを積み重ねてきても、転職先の未経験企業ではどうしても仕事をこなす能力が低くなることから、転職先では新卒並みに収入が下がってしまうこともあるのです。

この雇用条件の劣化が、転職後の後悔につながる大きな要因ともなるので、雇用条件にあらかじめ優先順位を決めておき、「ここまでなら許容できる」という範囲を明確にもっておきましょう。

 

転職後も揺るがない覚悟を決める

目的と雇用条件の優先順位を明確にすることができたら、転職後にどんなことがあっても揺るがない覚悟を決めましょう。「抱いていたイメージと違った」と後悔しないよう、「転職後の仕事ができるなら、どんなことでも耐えられる」くらいの覚悟ができていれば後悔することはありません。

未経験転職のすべてが精神論とは言いませんが、理想と現実のギャップは、他者のせいではなく自身が原因で生まれることがほとんどなので、ギャップがあることは前提で、条件が悪くなることは前提で覚悟を決めてから転職をしましょう。

絶対的な目的・目標が決まれば、自然に覚悟も決まるものです。

 

バランスのとれた転職を実現させる

これまで、目的・目標・雇用条件・覚悟などお伝えしてきましたが、転職含め何事も最後はバランスです。目的や目標を優先しすぎても、それを達成するまでの道のりである条件が悪ければ持ちませんし、逆に条件が良すぎても目的や目標が達成できないのであれば意味がありません。覚悟を決めても、相当意思が強くなければ決めたつもりになっていて、いざ転職をしたらやっぱり後悔してしまうということも十分にあり得ます。これらは転職してみないと実感できないことですが、成功条件のバランスのとれた転職を実現することができれば、理想に近い転職を実現させることができるのです。

どれか一つに偏らず、それぞれの成功条件を意識し、バランスのとれた転職を実現させましょう。

 

未経験転職をする前に知っておくべきこと

これまでお伝えしてきました内容は、未経験分野への転職全般に言えることですが、実は未経験転職と一言でいっても未経験転職には①業種未経験, ②職種未経験, ③業職種未経験,という3つのパターンが存在します。一見すべて同じように思えますが、それぞれの転職における特性は実は大きく異なり、パターンによって動き方ががらりと変わるため、転職前に、自分の未経験転職はどのパターンに当てはまるのかを見極めた上で、各パターンにあった動き方をする必要があります。それでは、各パターンにはどのような特性があり、どのように動けばいいのかを見ていきましょう。

各未経験転職の特性と動き方

「業種未経験」ではこれまでのキャリアを十分にアピールできる

「業種未経験」とは、転職先の業界は初めてだけど職種は経験したことがあるということです。例えば、不動産業界で営業をしていた人が、IT業界の営業に転職した場合これに該当します。業界が変わるため、これまでのノウハウが通用しない部分も当然一部あるのですが、業種未経験の転職は、これまえで築いてきた知識や経験を活かせる場合がほとんどなため、これまでのキャリアを十分にアピールすることで、雇用条件そのままもしくは良くなって転職をすることも可能となります。業種未経験の転職は、未経験転職といっても、一般的な転職に近い特性があると言えるでしょう。

 

「職種未経験」では経験を元に新しい職種で何を提供できるかが提案できる

「職種未経験」とは、業種未経験とは真逆のパターンで職種は初めてだけど業界は経験済みという場合のことを指します。不動産業界で事務職をしていた人が、不動産業界の営業職に転職した場合、職種未経験の転職に該当します。このような場合は、業種未経験の転職ほど過去のキャリアを活かすことは難しいですが、これまで自分が経験してきたことによって、今後どのような価値を提供できるかをアピールしましょう。職種という特定の限られたカテゴリーであっても、他職種の経験が活きることも十分にあり得ます。これからとは違った経験が生み出すソリューションもありますので、自分の過去の知識・経験で何を提供できるのかを、志望先の企業にアピールすることによって、通常の未経験転職よりも好条件の転職が可能となります。

 

「業職種未経験」では一から出直す覚悟を

最後は、業界・職種ともに未経験というパターンです。不動産業界で営業として働いていた人が、IT業界に移り、プログラマーやシステムエンジニアとして働くようになるというのがこの場合です。

業界も職種も全て未経験となるため、一から出直す必要があります。一から出直すということは、企業にとっても新卒採用と変わらないため、新卒に近い条件となることが多く、年齢によっては大きく条件が下がるため相応の覚悟が必要となります。

しかし、マネジメント経験があるなど、場合によっては志望先企業が注目する経験が転職者の中にあることもあり、何が引っかかり好条件での転職に繋がるかわからないので、業職種未経験とはいっても最初から全てを諦めずに、これまでの経験は全力でアピールするようにしましょう。

 

未経験への転職は最高の自己投資となる

いかがでしたでしょうか?未経験への転職はリスクもありますが、最高の自己投資ともなり得ます。未経験業職種への転職で念頭に置いて欲しいのは現在よりも将来に目を向けるということ。今現在の年収が500万円、転職直後の年収が300万円で年収が200万円下がり、生活が苦しくなったとしても、10年後に大きな違いがあれば一時的に収入が下がっても転職する価値はあります。もし現在勤めている職場や業界の将来に希望を感じられないのでしたら、覚悟して踏み込んだ未経験業職種への転職は人生における最高の自己投資となるでしょう。目先の給料ではなく長期的な目線をもち、たとえ一時期条件が悪くなったとしても素晴らしい未来を期待できるのであれば覚悟を決めて挑戦する価値は十二分にあるのではないでしょうか。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。