仕事が怖い…不安等の精神的苦痛の改善法と負担が少ない職業

「仕事が怖い…不安だ…。」

仕事でミスを犯して上司に怒られ、それ以来仕事に行くのが怖い…、今の仕事でなかなか結果を出せないから、プレッシャーで毎日が不安…。このように、ストレス社会と言われる現代では、何かしらが原因で、仕事に対して強い恐怖心や不安を抱いている方が非常に多く、うつ病に続いて「社会不安障害(社交不安障害-SAD-)」と言われる精神疾患もメジャーになってきました。症状の程度によっては「通勤電車に乗れない」や「一人で会社に行くのが怖いのでは母親に同伴で出社してもらう」等、それら以外にも重度になると入院にまで至ることもあり、軽度・重度含め社会不安障害の潜在的な患者数は日本に300万人以上存在すると言われています。

そんな仕事のストレスを人に相談しても「仕事なんて皆嫌だから」と言われることがほとんど。相談するとかえって自分が甘えているだけなのか?という気持ちになり余計にストレスが増します。仕事に対する恐怖や不安はどうすれば解消されるのでしょうか?

今回は、仕事に対する恐怖や不安の改善法と精神的負担の少ない仕事についてお伝えします。

仕事に怖さや不安を感じている、強いストレスを感じているという方は、ぜひ本稿をご一読ください。

なぜ仕事に「怖い」や「不安」といった感情を抱くのか

仕事に対して恐怖や不安を抱く要因の多くは人間関係と言われています。しかし、人間関係と一言でまとめても広義で、結局原因がはっきりしませんが、仕事への恐怖や不安を辿って行くと、多くの場合最終的に対人に関係する事象が原因で仕事に恐怖や不安を感じるようになるようです。それでは、具体的にどのような事象が引き金になり、仕事に強い恐怖や不安を抱いているのでしょうか。

仕事に強いストレスを抱く原因

職場環境からくる強いストレス

静かで気が張っているような職場環境や、逆に明るい環境、どちらの職場環境がいいということはありませんが、職場の雰囲気やその他環境によって仕事に不安や過度な緊張を覚え怖いと思うことがあります。職場の雰囲気は、同僚というよりも職場を納めている責任者によって変わるため、相性が悪いと職場を好きになることがなかなかできません。

また、静かで張り詰めたような雰囲気の中で、仕事のミスを怒鳴られるなどをされると、余計に仕事がトラウマとなり、怖いという印象が根付き毎日の出勤に対して過度な緊張をするようになってしまいます。これらの職場環境からくる恐怖や不安も、元をたどれば職場を構成する人間との関係と言えるでしょう。

 

業務内容が原因の場合も

業務内容が細かく常に気を使うようなものであったり、難しく理解しづらい内容である場合は仕事の失敗を恐れてしまいます。また恐怖や不安がある、恐怖や不安までいかなかったとしても、人見知りをするような方や人に話しかけるのが苦手な方などコミュニケーションが苦手な方は失敗することで怒られる、理解できていないけど人に質問できないなどを考えてしまい不安にとらわれてしまうのです。

仕事に対して怖いや不安といった感情の多くは失敗を恐れる心理に繋がります。また失敗は怖さや不安のきっかけでもあったでしょう。仕事のミスで上司にこっぴどく怒られたことにより仕事に対して過度に緊張するようになり、心が疲れて出社時間が近づくと逃げ出したくなるというのは仕事に恐怖や不安を感じるきっかけとして非常に多いパターンです。

 

仕事の恐怖や不安を克服するには

人生の大半を費やす仕事ですから、日々恐怖や不安を感じ我慢しながら出勤するのはこの上なく苦痛です。できるなら他の人と同じようにストレスを感じないよう、また全く感じないまで行かなくても恐怖や不安が今よりも和らげば救われます。仕事への恐怖や不安は病院に通院し治療することでも対処は可能ですが、程度によっては自分で対処することも可能です。何をどうすれば仕事への恐怖や不安は和らぐのでしょうか。

仕事への恐怖や不安を解消し克服する方法

仕事から一旦離れる

仕事に恐怖や不安を感じるなど、精神的に大きな負担がかかっており日々ストレスが溜まっている場合は、一度仕事から離れてみることをお勧めします。退職でなく有給でもいいです。仕事に対して精神的な負担を感じている場合は、原因から遠のくことで磨り減った精神を回復することができます。土日の短い休みだけでは休まらないため、仕事が始まることを忘れられるくらいの長期休暇をとってみましょう。

 

上司とコミュニケーションを取る

職場の上司と仲良くすることができれば、職場に通うのが断然楽になる可能性があります。前述しました通り、職場の雰囲気を作っているのは上司の存在です。上司と仲良くなることができれば、職場の雰囲気も今よりは多少楽に感じるでしょう。また、上司が苦手でという方もこの方法は有効な場合があります。苦手という印象から自分の中で苦手意識を過剰に膨らませている場合もあり、きちんと話してみると実はいい人だったということもあるのです。仲良くなる方法は様々で、1対1で飲みに行ってもいいですし、飲みが苦手な方はランチでもいいでしょう。それ以外にも普段の挨拶や雑談でも仲良くなることは可能です。勇気がいることではありますが、試してみる価値はあります。

 

職場環境を変える

人それぞれに相性があるように、職場に対しても相性が存在します。これまでお話しましたように、上司と仲良くなるなどして職場環境に適応することも可能ですが、仕事に対して抱いている恐怖心や不安の大きさによっては困難な場合もあるでしょう。そのような時は、ガラッと職場環境を変えてみましょう。いわゆる転職ですが、職場の人間や環境,仕事内容が変わることによって、仕事への不安などが一気になくなることもあるのです。

 

病院を受診する

状況によっては病院の受診をおすすめします。病院を受診することで、専門医師の元カウンセリングや薬療法、認知行動療法などの適切な治療を受けることができます。しかし、このような精神的な障害の場合は改善しようとする本人の意思と努力も必要不可欠なので、医師に全て任せておけば治るというものでもありません。医師の指導の元、改善を意識し時間をかけ確実に治していきましょう。

 

仕事に恐怖や不安を感じる人でもできる仕事とは

仕事に対する恐怖や不安の改善ではありませんが、嫌悪感を感じる対象からとことん離れるというのも一つの対処法です。そもそも、あるきっかけにより恐怖や不安を感じるようになった人もいれば、生まれつきそのような感情に陥いりやすい人もいるため、全てが改善されるわけでもなく、状況や人によって何がベストか?は異なります。

また仕事をしてお金を稼がなければいけない以上、職場内または職場外でのコミュニケーションは不可欠なため、コミュニケーションが全く必要ない仕事というのは存在しません。しかし業務の特性上、その他の仕事よりも比較的コミュニケーション量が少なく、対面でコミュニケーションをとる必要がほとんどない仕事というのが存在します。それでは具体的にどのような仕事だとコミュニケーションが少なくて済み、恐怖心や不安を忘れることができるのでしょうか。

精神的負担の少ない仕事

工場作業

工場での作業は社外の人とコミュニケーションをとることがほとんどないため、人間関係による精神的負担は比較的少なく済みます。しかし工場内でのコミュニケーションが存在するため、全く人との関わりを断つということできません。ですが数ある職業の中でも事務職や接客とは異質でコミュニケーションの質も変わるため、さらに仕事中は自分の与えられた持ち場を徹底し没頭するのみなため、いわゆるオフィスでの仕事よりは精神的負担は少なくなるでしょう。

 

プログラマー

システム開発などの一翼を担うプログラマーもコミュニケーションが少なくて済む職業です。さらに職場によっては自宅勤務も可能であるため、連絡はメールまたは電話で、他者との直コミュニケーションを全くとらないということも可能になります。このような特徴からコミュニケーションが苦手な方が非常に多い職業でもあるのですが、逆にコミュニケーション不足による精神的ストレスが発生し、うつになることが多い職業でもあります。

 

ネットビジネス

プログラマーと属性が似ていますが、自分のパソコン一台でできるネットビジネスもおすすめです。物販やアフィリエイト、ユーチューバーなど今では数多くのネットビジネスが存在し、世間的にも認知度が広がりつつある職業です。顧客とメールのやりとりなどインターネットを通じて人とのコミュニケーションは多少必要ですが、全てが自分のペースででき、さらにはプログラマーより特別なスキルも必要ないため誰でも可能です。ただし、売上がまとまるまである程度の時間を要しますので、まずは週末起業のように固定給を会社からもらいながら、プライベートの時間で作業をし、売上が安定してきたら会社を辞めるという順番がおすすめです。

 

逃げ出したい気持ちは甘えではない

いかがでしたでしょうか?仕事への恐怖や不安から逃げ出したいという気持ちが芽生えますが、その気持ちは決して甘えではありません。そもそも、仕事に恐怖や不安を好きで抱えているわけではないですし、本当は逃げたくないからこそ苦しんでいます。簡単に克服できるならいいですがそういうわけにもいきません。このような仕事への恐怖や不安などは目に見えず明確に測れないため、客観的に判断することが難しく、だからこそ周囲の人に理解してもらえない傾向にあります。したがって周囲の人間から「みんな仕事が嫌なのは同じ、逃げるというのは甘えなんじゃない?」と言われがちですが、気にしないでおきましょう。

一度恐怖や不安を覚えてしまっては克服するのに時間がかかりますが、恐怖心や不安をコントロールし徐々に抑えることは可能です。緊張場面の前に深呼吸をしたりなど、自分にとって何でリラックスできるか色々試して、恐怖や不安のコントロールを試みてみましょう。コントロールが可能になれば、いつの間にか恐怖や不安がなくなることもあります。

 

仕事の悩みをカンタンに解決するなら

現状の悩みを解決する手段の一つに、転職をするという選択肢もあります。いままでやりたいと思っていた仕事、自分の個性とピッタリ合う仕事、職場の良好な人間関係、働きがいのある雇用条件など、転職には人生を充実させるための魅力が満載です。

以下は、数百種類存在する転職サービスの中でも特におすすめの転職サービスですので、これから転職を検討されている方、転職サービス選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

転職サービス名 総合評価 サービス特徴 公式ページ
DODA ★★★★★
  • 取扱求人数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
DODA公式ページへ
ビズリーチ ★★★★☆
  • 9万5000件以上のハイクラス求人
  • スカウト機能あり
  • キャリアアップ転職に強い
ビズリーチ 公式ページへ
パソナキャリア ★★★★☆
  • 求人数4万件以上
  • 25万人分の転職ノウハウ
  • 転職後年収アップ率67%以上
パソナキャリア 公式ページへ

上表にまとめた転職サービスは一般的に多くの方に当てはまるおすすめですが、転職を120%満足いくものにするには、自分の状況にあった最適な転職サービスを選ぶ必要があります。以下記事では、状況別に転職サイト、転職エージェントサービスをまとめてご紹介していますので、転職成功率を上げたい方はぜひ以下記事もご参照ください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。