外貨MMFとは?スッキリわかる一番やさしい外貨MMF入門

「外貨MMFってなに?」

数ある投資案件の中でも、比較的ローリスク/ミドルリターンと言われている外貨MMFですが、株や外貨預金などの他の投資案件に比べてあまり聞いたことがないという方は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな外貨MMFについて、外貨MMFとは?という基礎的な部分から、外貨MMFのメリット/デメリットやリスク、そして実際に外貨MMFで運用する場合の選び方、初心者でも失敗しない適切な購入タイミング、リスクヘッジ法までをお伝えします。

外貨MMFがなんなのかイマイチわからない、外貨MMFに興味があるという方は、ぜひ本記事をご一読ください。

外貨MMFとは

外貨MMFとは、外貨建ての投資信託のことを指します。外貨MMFの“MMF”は「マネー・マーケット・ファンド」を略したものであり、ファンドという言葉が入っていることからもわかるように投資信託を意味します。つまり、日本円を外貨に交換して、その外貨を投じて比較的安全性の高い外国の国債や社債を購入し、運用をするというのが外貨MMFなのです。

外貨MMFは、安全性の高い債券を投資対象とするため、投資信託の中でも比較的ローリスクで、なおかつ外貨建てという理由もあり、外貨普通預金よりも金利が高く、為替手数料が安いという特徴があります。

他にも、投資信託であるがゆえに、少額から投資ができたり、投資家本人の投資知識・経験が浅くても運用を専門で行っているファンドマネージャーが投資先を選び運用を行なってくれるので、初心者でも取組みやすいといった特徴も持ち合わせています。以上のことから、外貨MMFはローリスク/ミドルリターンの投資とも言われており、金融商品の中でも人気の高い商品と言われています。

 

外貨MMFにはどのようなメリット/デメリットがあるのか

前項でお伝えしましたように、外貨MMFには魅力を感じられるポイントが多々あります。しかし、その一方でデメリットも存在するので、メリット/デメリット両方を確認していきましょう。特にいいところばかりが目立つ投資では、メリットよりもデメリットを十二分に理解し考慮した上で取り組んだほうが失敗しづらくなります。メリットが目立つことによって期待度が自然と上がり、場合によっては「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまうこともあるため、お金を投じてしまう前に必ず後悔しないようデメリットもきちんと理解しておきましょう。

外貨MMFのメリット

外貨普通預金よりも金利が高い場合が多い

外貨MMFの金利は外貨普通預金と外貨定期預金の中間程度であることが多いことから、外貨普通預金よりも金利が高いことがほとんどです。さらに、外貨MMFは投資信託であるため運用期間中に受け取る分配金を、元本に加えることができるため、分配金を元本に加えて運用すれば複利効果も期待できると、数ある金融商品の中でも高い利回りを期待することができるのが外貨MMF最大のメリットと言えるでしょう。

 

外貨定期預金とは異なり好きなときに解約できる

外貨MMFは、好きなときに購入できて好きなときに解約ができます。外貨普通預金であれば同じように預金を自由に引き出すことができるため不便はありませんが、金利が外貨MMFよりも劣る傾向にあり、だからといって金利の高い外貨定期預金にすると基本的に満期が訪れるまでは解約できません。

しかし、外貨MMFの場合であれば、外貨普通預金よりも高い金利を狙うことができ、なおかつ好きなときに解約できるため、外貨定期預金と外貨普通預金それぞれの良点をバランス良く兼ね合わせた点が、外貨MMFの魅力かつメリットと言えるでしょう。

 

少額から投資ができる

外貨MMFは投資信託であるため、外貨MMFは少額から始めることができます。取り扱い金融機関によって、スタートできる金額は異なりますが、金融機関によっては数百円からスタートすることもできますので、まとまった資金を準備するのが困難な方、または投資慣れしていない初心者の方などには小リスクで投資運用が可能なのでメリットと言えるでしょう。

 

安全性が高い

「外貨MMFとは」の解説でも簡単に触れましたが、外貨MMFは外国の安全性の高い国債や社債などの債券で運用されます。しかし、安全性の高い外国の債券などとは具体的にどのようなものなのでしょうか。実際には、債券以外にも投資をすることがあり、なおかつ外貨MMFを取り扱っている金融機関によっても投資対象が異なります。以下では主な外貨MMFの投資対象を解説させていただきます。より細かな説明を見たいという方は、金融機関が作成している目論見書(運用会社や金融商品の説明書)に詳細が記載されていますので、そちらも合わせてご確認ください。

  • 短期債券

格付けの高い国の国債や、企業が発行する社債などの債券で、短期(1年程度)で満期がくるような債券を外貨MMFでは多く対象として扱います。外貨MMFでは格付けされ、その中でも格付け位置が高いもの、つまり評価され信用性が高いものを対象としていることから安全性が高いと言われています。

  • 固定利付債

固定利付債は確定利付債とも呼ばれており、あらかじめ定められた一定の利子を、発行時の契約に基づいて定期的に支払い、満期のタイミングに額面金額で償還金を支払う債券のことを指します。基本的に償還を迎えるまで購入時の利率は一定であり変化しません。

  • コマーシャル・ペーパー(CP)

コマーシャル・ペーパー(CP)とは、企業が短い期間で資金調達をするために発行する、無担保の約束手形のことです。基本的には社債と変わりませんが、満期までの期間が非常に短く、通常の社債(1年以上)とは異なり30日以内で償還を迎える場合が多いというのが特徴です。

  • 譲渡性預金(CD)

譲渡性預金(CD)とは定期預金の一種であり、第三者への譲渡が可能な定期預金のことを指します。第三者への譲渡が可能ということは、つまり預金の権利を第三者に譲り渡す(売買)ことができるということです。預金の権利を譲渡することによって売却者は預金以上の金額が手に入り、購入者は預金と預金につく利息を得ることができます。外貨MMFではこの譲渡性預金に投資をするため、売却側・購入側のどちらにもなります。

 

プロに投資運用を委託するので初心者でも高精度な運用ができる

こちらも投資信託ならでわのメリットです。投資信託では、投資信託を購入し申し込むことによって、運用のプロであるファンドマネージャーが投資家の代わりに投資運用を行ってくれます。そのため、投資運用の知識や経験がない投資家でも、それなりに精度の高い投資運用が可能になるのです。

しかし、このようなメリットがある故に、購入後放置する方が多いのですが、投資信託といえどその精度は100%でないため、放置せずにしっかりと情報収集や管理をし続けることは重要です。

 

外貨MMFのデメリット

為替手数料がかかる

外貨MMFは為替手数料が必要です。為替手数料とは、外貨の両替時に発生する手数料のことで、外貨建ての金融商品を利用する際には基本的に必要となります。したがって、外貨MMFを含める、その他外貨建て商品である外貨預金やFX(外国為替証拠金取引)でも基本的にかかってくるコストとなります。

ただし、外貨建て金融商品の種類によって為替手数料の大きさは違い、外貨預金は比較的高く逆にFXは非常に安い、そして外貨MMFは外貨預金とFXの中間ほどの為替手数料です。対象通貨や金融機関によっても手数料は異なりますので、選ぶ際は為替手数料の大小に注意した金融機関選びが必要となってきます。

 

為替手数料以外の手数料が発生する

外貨MMFでのコストは為替手数料のみと言っているところがほとんどですが、実際は外貨MMFは投資信託なので信託費用である信託報酬や保管費用、管理報酬手数料などが発生します。しかし、これら手数料はあらかじめ差し引かれた状態で利回りが決定しているため、別途請求されるわけではありません。

 

外貨MMFにはどのような危険が潜んでいるのか

表には必ず裏が存在するように、一見どんなに優れて見える投資商品にも必ずリスクが存在します。前述しましたデメリット同様、良点が多ければ多いほど悪点であるデメリットやリスクは目立ちにくくなるので、特にリスクは注意して確認することが必要です。また、証券会社などの金融商品を販売する機関は、当然ですが売れるようにするためにリスクを目立ちにくく宣伝しますので、メリットやリターンだけに意識を捉われて資金を投じないよう十二分に注意しましょう。

以下では、外貨MMFに潜むリスクについてお伝えしていますので、しっかりと確認してください。

外貨MMFに潜むリスク

為替変動による差損リスク

外貨MMFは外貨建て金融商品なので為替の変動によって影響を受け、良い方向に動けば為替差によって利益を出すこともできますが、悪い方向に為替が変動して場合は為替差によって損失、つまり為替差損がでてしまうというリスクがあります。

投資の基本は安く買って高く売りその差額で利益を得るのですが、タイミング間違えてしまえば、安く買ったつもりが高く買ってしまったということもあり予測とは反対に損をしてしまうこともあるのです。外貨MMFだけでなく外貨建て金融商品すべてに為替リスクは伴いますので注意が必要です。

 

元本割れリスク

為替変動リスクの範疇ではありますが、為替変動によって出た為替差損により場合によっては元本割れしてしまうこともあります。元本割れしそうな場合は、外貨MMFのメリットである自由度を活用して解約しすることで元本割れを防ぐこともできます。

また、投資信託であることから元本保証と誤解されている方も多いのですが、外貨MMFは元本保証されていませんし、そもそも投資信託自体が元本は保証されていませんので、外貨MMFには元本割れしてしまうリスクがあるということも理解しておきましょう。

 

外貨MMFで失敗しないためには

多くのメリット、そして外貨MMFに潜むデメリットやリスクがそれぞれありましたが、外貨MMFを始める場合、失敗しないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

失敗しないためには、外貨MMFの選び方がポイントとなってきます。他にも購入タイミング等も重要ですが、タイミングは後ほど改めてお伝えしますので、こちらでは選び方を中心にみていきましょう。

多くの金融機関で外貨MMFを申し込むことができますが、取り扱っていればどこでもいいというわけではありません。外貨MMFと一言でいっても、①どの通貨を対象とするか、また②どこの金融機関を利用すればいいか、によって必要な手数料や得られる利益は大きく変わってきますので、失敗しないためにも以下ポイントを押さえて選びましょう。

外貨MMFで失敗しないための商品選びのポイント

為替手数料が安い

これまでも何度か触れてきましたが、外貨MMFは外貨建て金融商品の一つなので、円を外貨に交換する、外貨を円に交換する際、為替手数料がコストとしてかかります。為替手数料は一律ではなく通貨や金融機関によって変わり、同じ通貨でも金融機関を変えるだけで手数料が1/2になったりするため、できる限り手数料の安い金融機関を選ぶのが理想です。

 

利回りが良い

為替手数料同様に、通貨や金融機関によって利回りも異なります。同じ通貨でも、金融機関を変えればより高い利回りを狙うことができ、それによってより大きな利益を狙うことができるため、利回りの良さも選ぶ際のチェックポイントに入れましょう。

 

取扱い通貨が多い

金融機関によって、取扱い通貨の種類数も異なります。あらかじめ投資をしたい通貨が決まっており、将来的にも他の通貨へ投資するつもりはないと心に決めているのであれば関係ありませんが、一般的には投資をしていると他の通貨での取引にも興味が湧いてくるもので、外貨MMFへの要領がわかって慣れてくれば、より金利の高い通貨にも投資をしてみたくなるでしょう。そのような場合にも対応できるよう、取扱い通貨の種類が多い金融機関をあらかじめ選んでおくのがいいでしょう。

 

最低開始金額が低い

最低開始金額とは、買い付けができる最低金額のことを指しますが、この最低開始金額も金融機関によって異なります。特に少額から始めたいという希望がなければ全く気にする必要はないのですが、投資自体が初心者でお金を投じるのに不安がある方はより少額から投資ができる機関を選びましょう。一般的な最低開始金額は1万円以上としているところが多いですが、中にはさらに細かく1,000円程度から開始できるところもありますので、資金に余裕がない、まずは少額から始めたいという方は、最低開始金額が低い金融機関を選ぶことをお勧めします。

 

外貨MMFはいつ購入しても変わらないのか?

外貨MMFは、基本的に日本円を外国通貨に交換して行う投資なため、為替変動により結果に大きな差がでます。為替変動により生まれた差額で利益がでることを為替差益といい、逆に為替変動によって生じた差額によって出る損失を為替差損と言いますが、外貨MMFで為替差損を出さずに、為替差益を出すためには購入するタイミングが非常に重要となってきます。それではどのようなタイミングで外貨MMFを購入するのが損をしないベストなタイミングと言えるのでしょうか?

外貨MMFで損をしないベストな購入タイミング

円高のタイミングが外貨MMF購入時

外貨MMFは“円高”のタイミングで購入するのがお得な購入タイミング、つまり日本円に対して外国の通貨が安くなったタイミングです。投資の基本は安く買って高く売るというものなので、外国通貨を購入した時点での価格よりも、売った時点での外国通貨の価格が円高に流れていれば、流れた分だけ損をし、逆に円安に流れていれば円安に動いた分利益がでます。円安・円高というとわかりづらいので円-ドルの関係でもう少し詳しく解説します。

円高とはつまり外国通貨に対して円の価値が高くなることを指します。したがって円高になればドル安となるのが必然です。逆に円安とは外国通貨に対して円の価値が安くなることを指すので円安となればドル高となります。

外貨MMFを始めるタイミングは円高のタイミングがベストとお伝えしましたが、言いかえればドル安のタイミングが良いということです。投資運用の基本は安く買って高く売ることですから、外貨MMFで為替差益を出すのであれば、ドルが安い円高のタイミングで購入し、ドルが高くなった時点、つまり円安のタイミングで売る必要があります。1ドル=80円の時にドルを購入し、1ドル=120円の時に売却することができれば、日本円で40円の利益が生まれることになります。

しかし、考え方がわかっても厳密にどのタイミングが最適なのかの判断は投資運用のプロでも難しいものです。1ドル=80円を円高と判断し購入したら、数ヶ月後にさらに円高が進み1ドル=60円になったとしたら損失を出すことになります。この円高・円安の幅はこれまでの為替相場の動きや対象通貨を扱う国の動向を見れば大方の予想を付けることはできますが、初心者には難しいためそれなりの知識や経験が必要になります。

もちろん外貨MMFでの投資や運用は運用のプロが行ってくれますが、外貨MMF自体を購入するタイミングは、個人的な判断が必要となります。過去の為替推移を見ていればなんとなく円高・円安の基準が自分の中でできてきますので、投資を始める前に簡単な判断くらいはできるよう慣れるまでは経済番組の情報や経済アナリスト(経済評論家)の解説などを参考に知識や経験を付けるのが望ましいでしょう。

 

ローリスクと言われていてもリスクヘッジを忘れずに

以上が外貨MMFとは?という基礎的な部分と、損をしないための選び方やリスクヘッジ法です。くどいようですが、いかなる投資にもリスクがゼロというものは存在しません。メリットやリターンの多い投資商品にも必ずリスクは存在し、場合によっては資金をすべて失ってしまうことも可能性がゼロではないのです。

資金をすべて失ってしまうことは投資において最大のリスクとも言えますので、そうならないためにもどんな投資案件でもリスクヘッジは必ず行うようにしましょう。リスクヘッジは失敗するリスクを軽減するばかりか、場合によっては手堅く大きな利益をもたらしてくれることもあるので、投資の基本であり成功のポイントでもあります。

繰り返しますが、どんなにローリスクと言われていても、リスクヘッジだけは忘れずに徹底するようにし、安全で安心な投資により資産を形成していきましょう。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。