キャリアウーマンも結婚したい!仕事と結婚を両立する方法

「キャリアウーマンだと結婚できないの?」

一般的にキャリアウーマンは結婚できないと言われていますが、女性だって仕事も結婚も両立したいですよね?女性の人生にとって「キャリア」と「結婚」は非常に大きなテーマ。 結婚願望が強い女性は迷わず結婚を選びますが、キャリア志向の強い女性はキャリアも結婚もどちらも捨てきれず非常に悩むポイントです。結婚だけならまだしも、子供がほしいとなるとより両立が厳しくなるでしょう。

それでは、キャリアを取りたい女性は結婚を諦めて、結婚を取りたい人はキャリアを諦めなければいけないのでしょうか?できることならどちらも諦めたくありませんよね?

今回は、キャリアウーマンが結婚できないと言われる理由から、結婚する方法、仕事と結婚の両立法についてお伝えします。

キャリアか結婚の選択で迷われている方は、是非本記事をご一読ください。

なぜキャリアウーマンは結婚できないと言われているのか

そもそも、なぜキャリアウーマンは結婚できないと言われているのでしょうか?

キャリア志向の強い働く女性が結婚できないと言われているのは、仕事以外への興味の小ささにあると言えます。どうしても仕事と結婚を並べてしまうと仕事の優先順位が勝ってしまい結婚への興味がおろそかになりがちとなるのです。結婚願望が強い女性は、自分に合った素敵な男性を手に入れるために、ファッションやお化粧、話し方など女性らしさの雰囲気作りに余念がありません。いわば結婚は、そんな結婚願望が強い女性との奪い合いとなるわけですが、そんな現状だからこそ仕事への興味が強いキャリアウーマンはどうしても出遅れてしまい結婚できない傾向にあるのです。

それでは結婚願望が強い女性とキャリアウーマンとでは何が違うのでしょうか?結婚できないと言われる理由は以下です。

キャリアウーマンと結婚願望が強い女性との違い

服装の違い

ビジネスといえばスーツが基本ですが、女性の場合、スーツ以外でも仕事用の服装となるとフォーマルに近いコーディネートになりがちです。仕事中はもちろん、フォーマルな格好でOKなのですが、キャリアウーマンの場合は平日だけでなく土日などの休日にもそのような格好をしてしまっている傾向があります。フォーマルな格好も綺麗ではありますが、男性からするとお堅く見られがち。気が強そうな女性と見られることもあり、無意識に男性からアタックしづらい状況になっている場合があります。

しかし結婚願望の強い女性は、そうではありません。平日に女子らしい格好ができない分、休日では目一杯女子らしいコーディネートをします。そこで男性に女の子らしさを感じてもらいゲットするのです。

 

話し方の違い

キャリア志向の強い女性は、普段使用する言葉や話し方が堅くなりがち。「仕事ができる!」と周囲からの尊敬を集めますが、尊敬は尊敬、一度尊敬されてしまうと恋愛に発展しづらくなってしまいます。また、ビジネスで使用するような言葉や話し方は感情を感じさせず、どこか冷たい壁のようなものを感じさせるため男性からすると、とっつきづらい対象と見られてしまい嫌厭されてしまうこともあるのです。

 

結婚するための努力が違う

結婚願望が強い女性は、細かなところまで女性らしさを追求し、女性らしさを最大限にアピールします。例えば、ちょっとした女性らしいしぐさを意識して行ってみたり、家庭らしさを出すために料理教室に参加してみたり、普段マメにお弁当を作ってみたりなど全てあげたらきりがないですが、このような+αの努力を惜しみません。結婚願望が強い女性は、合コンや婚活パーティーにただ参加するだけではなく、普段から「女性らしさ」に磨きをかけているのです。仕事が一番になってしまう女性は結婚するための努力が、結婚一番の女性に比べて劣るため結婚ができないと言われます。

 

自分以上の男性を狙ってしまいがち

キャリアを築いてきた女性は、自分のキャリアと同等かもしくはそれ以上のキャリアをもっている男性を狙いがちです。希望の相手を絞り明確にすることは決して悪くないのですが、もちろん顔や能力、年収のハードルをあげればあげるほど、その条件を満たす男性の母数は少なくなります。「いい男がいない」という言葉が口癖になっているようでしたら、改めて自分を見つめ直してみましょう。男性としても自分以下の女性を求めることはありません。

 

キャリアウーマンが結婚するにはどうすればいいのか

それでは、どうすればキャリアウーマンでも結婚できるようになれるのでしょうか?「キャリアウーマンは結婚できない」と言われていたとしても、本気で求めればキャリアウーマン含め年齢関係なく誰でも結婚が可能です。以下より、キャリアウーマンが結婚するため取り組みたいこと見て行きましょう。

キャリアウーマンが結婚するために取り組みたいこと

女性らしさを追求する

やはり男性が女性に求めるものは「女性らしさ」。男性をゲットするには、女性らしさは欠かせません。かといって過剰に女性らしさをアピールするのも男性から不自然がられて引かれてしまいます。ポイントは意識しない自然な女性らしさ。具体的に例をあげることは難しいですが、普段スカートではなくパンツスタイルが多いのであれば、スカートを履いてみたり、お堅いビジネス用のメイクではなく、可愛らしさを入れたメイクをしてみたりなど、ちょっとしたことを変えるだけでも十分女性らしさを出すことは可能です。

 

男性への可能性を広げてみる

結婚相手の理想像は誰にもあるかと思いますが、前にも書きました通り、結婚相手に求める条件が良くなればなるほど、母数が減り可能性を狭めることになります。円満な結婚で忘れていけないのが好きな相手と結婚すること。婚活をしていると多くの方が本来の目的を見失い、いつの間にか「幸せな結婚」ではなく「とにかく結婚すること」に目的にすり替わってしまうという現象がおこります。婚活期間が長期間になればなるほど、焦りや疲れから目的が変わり結婚自体が目的になってしまいがち。合わない男性を無理やり好きと思い込み結婚しても、長くつづかず離婚の原因となってしまうので、そうならないように今一度「自分は何のために婚活をしているのか?」ということを改め、本当に好きな男性を探すためにも条件を限局的なものにせず、男性への可能性を広げてみましょう。

 

キャリアと結婚は両立することはできるのか

キャリアと結婚はどうしても別々に考えがちで、キャリアを取るなら結婚と子供は諦めて…、結婚と子供を取るならキャリアを諦めて…と考える女性が多い傾向にあります。しかし、実はキャリアと結婚、そして子育ては両立可能なのです。

当然、独身の頃と全く変わらず働けることは稀で、子供ができると両立の難易度も上がりますが、それらは職場や家族の協力を得ることで可能となります。旦那さんとの育児の分担はもちろん、職場スタッフの協力による仕事量の軽減等により難しい子育てとの両立も可能になるのです。

それでは、具体的にどうすれば両立できるようになるのか見て行きましょう。

キャリアと結婚を両立する方法

出世をすると両立しやすくなる

出世をすると、誰もができる仕事から特定の人しかできない仕事を担当することとなるため、キャリアを築いた人には高い価値が出てきます。すると会社からは価値のある特別な社員と認識され変わりがいない人間として位置付けられるため、会社の制度である産休・育休を取った後でも会社からは戻ってきてほしい人間として見られます。しかし逆に、成果がでていない出世しない人が権利ばかりを主張し制度を使えば良い目で見られないのは想像できます。

このようにまず、出世することを第一に考えれば、やりがいも得られてプライベートとのバランスも取りやすくなるのです。したがってキャリアか結婚どちらか優先順位を決め、低い方を諦めるのではなく、両方バランス良くこなそうと思えば、どちらも手に入れることが可能なのです。

 

キャリアウーマンでも結婚と子育てを諦める必要なし

結婚・子育てのためにキャリアを捨て諦める、逆にキャリアのために結婚・子育てを諦める女性は少なくありません。しかし今や時代が変わり女性進出が可能な社会へ。かつて結婚したら女性は家に入らなくてはいけないという文化は古く、どちらか一方を諦めなければ手に入れることができなかったキャリアと結婚も、キャリアを築くことによって両方をバランス良くこなすことが可能になります。もし、キャリアを取るか結婚・子育てを取るかで迷っているのでしたら、どちらも取る方向で人生設計してみてはいかがでしょうか。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。