生涯独身の女性は正直どうなの?生涯独身に必要な覚悟とお金

「生涯独身の女性って正直どうなの?」

生涯独身を貫く女性の現実って気になりますよね?そこに後悔はないのか、本当に幸せなのか、先の人生を考えるにあたり現実を知っておきたいところです。

今回は、生涯独身を貫く女性の現実と独身を貫いた場合に必要なお金についてお伝えします。

これから先の人生を独身で過ごすかどうか迷っている方は、是非本記事をご一読ください。

生涯独身の女性はどれくらいるのか

生涯独身の女性は日本にどれくらいいるのでしょうか?

既婚女性と比較すると少ないような気もしますが、女性の社会進出が当たり前な近年、女性と男性の収入に大きな格差がないため今までのような結婚で得られる経済的メリットがなくなってきました。そのため「結婚しない」という選択肢が一昔前よりも一般的となり、結婚せず生涯独身で暮らしたいという女性も増えつつあります。実際に国立社会保障・人口問題研究所が『国政調査報告』より算出した「50歳時の未婚割合」のデータでは1990年代と比べて未婚率は約3倍以上と2000年に入ってから急激に増加いているのが現状です。

[グラフは国立社会保障・人口問題研究所が国勢調査報告より算出したデータを元にエルラボが作成]

しかし、増えているといってもまだまだ少数。そのため、情報が少なく「本当に幸せなのか?」「お金は大丈夫なのか?」「生涯独身を貫くとどれくらいのお金が必要なのか?」などが気になります。

女性の生涯独身生活は実際のところ幸せなのでしょうか?次章より見て行きましょう。

 

生涯独身女性の現実はどうなのか

生涯独身を貫く女性の実際はどうなのでしょうか?

・結婚したいけどできないから独身でいる

・結婚したいけど、やりたいことがあるから結婚しない

・結婚したくないけど世間体があるからしなくてはダメ?

・結婚したくないし子供も欲しくないから絶対に結婚しない

そもそも、これらのように生涯独身で生きていくかどうか迷っている人には様々なタイプの考え方があると思います。

最初から結婚をする気など全くなく生涯独身を心に強く掲げていれば、覚悟はできているかと思いますが、「結婚したいのにできない」や「結婚したくないけど世間体が…」という方は、将来どのように生きて行こうか迷いがあると思いますが、どんな形であれ本人にとって『幸せな人生』といえるなら独身も悪くありません。そうなると気になるのは「生涯独身での女性は幸せなのかどうか」というポイントです。

以下より、生涯独身を貫く女性の声を見て行きましょう。

生涯独身を貫く女性の声

私は時間をかけています、

【投稿者】

ありんこ

【本文】

結婚以外の恋愛は普通に経験しています。結婚という制度にとらわれたくなかったのです。愛する人と家庭を築いていくことはとっても素敵なことだと思います。結婚ていいものだと思いますよ。かと言って、私は今までの自分の生き方を後悔していない。自由で楽しくて、恵まれてきたと思います。

[YOMIURI ONLINE:発言小町:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0330/707203.htm]

 

私は幸せ

【投稿者】

アラフィフ

【本文】

人並みに結婚を夢見たこともあったけど、私は結婚しなくて良かったと思っています。
なぜなら私は私が一番大事で、誰かのため・・・夫や子供のために時間をさいたり生活リズムを合わせたり、それを一生なんてできないと、同僚や友人、親戚を見て悟ったからです。

[YOMIURI ONLINE:発言小町:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0330/707203.htm]

 

結婚していないほうが幸せ

【投稿者】

ほみ

【本文】
私は離婚経験者ですが、一人のほうが数倍幸せかと思っています。
結婚している人を見るとかわいそうになってきます。
これからは一人の人が増えていく時代なので楽しくなると思いますよ♪

[YOMIURI ONLINE:発言小町:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0330/707203.htm]

 

不幸せ

【投稿者】

独り者

【本文】

強がっていますが、独り者の人生は不幸です。
自由だとか、暮らしが楽だとか理由をつけて強がってますが、結婚しても自由に裕福な生活を送っている人も多いです。結局どれだけいい人と巡り会えるかです。

[YOMIURI ONLINE:発言小町:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0330/707203.htm]

このように人により幸せの定義や価値観が異なるため賛否両論ありますが、幸せという意見のほうが多くありました。日本に根付いている「結婚=幸せ」「独身=不幸せ」という固定概念はもはや古いようです。

 

生涯独身女性を貫くためにはいくら必要なのか

生涯独身で暮らすのに心配なのは、やはりお金のこと。当然ですが日々の生活費やライフイベントによる出費、老後の生活資金は全て自分で準備しなければなりません。生涯独身で生活するにはどれくらいの費用が必要になるのでしょうか?

生涯独身に必要な金額

生涯独身女性に必要な金額は1億6500万円

日本女性の平均寿命は約85歳。85歳まで生きると仮定し、現時点の年齢が30歳とした場合の生涯必要金額は総額1億6500万円。(→リクルート とらばーゆ情報

これは月々の生活費を20万円とし、病気やけがに備えた保険、親の介護や葬儀費用などのライフイベント費、さらには老後の生活費(20年分)などを合わせた額です。億を超えると不可能な金額に思えてしますが収入と年数を計算すると不可能でないことがわかります。

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代 354万円 374万円 324万円
30代 467万円 501万円 390万円
40代 564万円 616万円 425万円
50代 701万円 744万円 461万円

 [出典:DODA『平均年収ランキング2016』]

求人・転職サイトDODAのエージェントサービス登録会員27万人のデータを元に算出した女性の平均年収は30代「324万円」、40代「425万円」、50代「461万円」という結果が出ています。ここで算出された金額を元に30歳から65歳の収入を計算すると、約1億5200万円(60代以降の年収を496万円と仮定)となります。さらにここから20年分の年金を加味すれば1億6500万円を超えることができます。年金に関しては様々な意見がありますが、年金をまったく期待しないのであれば老後の生活資金(65歳以降)4,800万円を貯金または投資などで蓄えることができれば年金がゼロでもそれなりの生活をすることができます。

 

老後の生活が生涯独身で大変なポイント

生涯独身生活でポイントとなるのは65歳以降の老後です。労働収入や年金が見込めるのであれば貯金する必要もないですが、やはり年齢を重ねると労働による収入は期待できず、年金も保証されないため収入がない20年間に不安はつきまといます。この不安を安心に変えるには前項での老後20年間に必要な4,800万円を、今の30歳から貯める必要があり、それには年間約138万円を捻出しなければいけないのですが現実的にかなり厳しい金額です。

貯金ができないのであれば、投資による資産運用も選択肢の一つとして検討してみてください。一攫千金を狙うようなギャンブル的な投資は、下手をすれば元本が減ってしまう可能性があるのでおすすめできませんが、元本が減らないことを金融機関が約束しているような金融商品(定期預金や外貨預金、その他)もあるため投資初心者であればそちらを利用してみるのもおすすめです。

 

生涯独身の女性でいることに世間体は関係ない

日本では「結婚=幸せ」の固定概念が深く根付いているため、結婚をしないと世間の目が気になるという声もありますが、それはもはや古い考え方。独身であろうが結婚してようが、本人が後悔なく幸せと感じるならそれでいいのです。ただ一人で生きていくにはそれなりの覚悟が必要。取り返しがつかない年齢になったとき後悔しないように、しっかりと準備を整え将来に臨みましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。