仕事で失敗したら?二度と失敗しないための対処法と立直り方

「仕事で失敗してしまった…。」

仕事で失敗すると落ち込みますよね?落ち込んでいるときの気分は決して良いものとは言えないためすぐにでも立ち直りたいところですし、二度と失敗はしたくないものです。どうすれば低迷した気分から立ち直り、二度と失敗しないようにすることができるのでしょうか?

今回は、落ち込んだ気分の立ち直りと、二度と失敗しないための対処法についてお伝えします。

仕事で失敗をしてお悩みの方は、是非本稿をご一読ください。

仕事で失敗して落ち込んでしまったら

仕事で失敗した人に理解しておいてほしいこと

失敗をしない人間はいない

仕事で失敗するのは当たり前で「成功に失敗はつきもの」と言われるほどです。仕事で失敗をしたときは「自分だけが失敗している」、「こんなに失敗している自分はダメだ」と思いがちですが、失敗をしているのはあなただけではありません。世の中に絶対は存在しないと言われますが、失敗したことがない人間は絶対にいないと言えるでしょう。仕事に失敗したあなたを怒鳴った上司や、仕事ができる同僚も必ず失敗を経験しているのです。

しかし、上司や仕事がデキる同僚が落ち込んでいるところは、ほとんど見たことがないのではないでしょうか。それは、仕事がデキる人間は失敗しないのではなく、失敗後のフォローが上手なため失敗していないように見えるだけなのです。

 

仕事がデキる人間は失敗してもフォローが上手

前述しました通り、失敗したことがない人間は絶対に存在しないと断言できるくらいですので、もちろん上司や仕事がデキる同僚も例外ではありません。実は彼らは失敗していたとしても、その後のフォローがとても上手くできているため、失敗を周囲に気づかせていないだけなのです。彼らは失敗を失敗のまま放置しません。一度失敗したとしても、そこから「なぜ失敗したのか?」を思考し次の成功に繋げます。そもそもそのような思考が癖ついているため、失敗を失敗と捉えていません。人によって失敗と捉え諦めることでも、そこから「なぜ上手くいかなかったのか」「どうすれば成功するのか」を考え、成功にまで持っていくのです。結果的に成功で終われば、過程の失敗は検証材料にすぎません。

 

周囲と比較しネガティブに考える癖がついているから落ち込む

仕事で失敗をして落ち込んでしまうのは、人と比べネガティブな方向に考える癖がついてしまっているからと言えます。「他の同僚は失敗していないのに自分だけ…」「自分には能力がないのかな…」このように落ち込んでしまう人は、周囲の人間と比較して劣等感を感じ、そこから思考の癖によりネガティブに考えてしまっているため、失敗をしたり怒られたりした際にマイナス方向に思考が向かってしまうのです。仮に周囲に比較する人間がいなければ、比較対象がいないため劣等感が生まれることはありません。

また、これらのことに関連して失敗や怒られたことに囚われ、いつまでも考え続けてしまうことも落ち込む要因です。「どうすれば気分の落ち込みから脱することができるのか」「失敗を忘れるにはどうすればいいのか」これらを考えれば考えるほど失敗に囚われてしまうため、落ち込んでしまい失敗を引きずるのです。

 

仕事の失敗から立直るには

仕事の失敗で落ち込んでしまった場合の立直り方

立ち直るきかっけは失敗を認めること

落ち込んでいる状態から立ち直るには、「失敗を忘れる」のではなくて「失敗を認める」ことが大切です。失敗を忘れようと考え続けても意味はなく、それこそ失敗を忘れてしまっては同じ失敗を繰り返します。それでは失敗のたびに怒られ落ち込むことになってしまい、いつまでたっても苦しみから解放されることはありません。このように考えてしまうのは、心の底で自分が失敗したことを認めていないからだと言えます。

しかし失敗を認めることができれば、次のステップに進むことができるため、気持ちが切り替わり、落ち込むということはなくなるのです。

 

失敗を省みる

失敗を認めるには、失敗したという事実を全て受け止め「どうすれば次は失敗しないようになれるか」と思考することです。これまでを省みるのも大切ですが、省みるのは「なぜ失敗したのか」と原因を探る程度にとどめ、そこから次はどうすれば失敗しないかを導き出します。これが失敗の認め方であり、本来の反省の仕方なのです。反省するとはただ落ち込むだけでなく、自分の行動を振り返り至らなかった点を改め、意識し改善しようと取組むことなため、きちんとした反省ができれば、失敗を認めることができ、なおかつ落ち込むことはなくなります。

 

二度と仕事で失敗しないためにはどうすればいいのか

辛い思いをしないためにも、仕事で二度と失敗しないためにするにはどうすればいいのでしょうか?適正に対処するには、正しく原因を把握し、その原因に対してアプローチすることであるため、そもそもなぜ失敗をしてしまうのか、その原因を考えそれに対して対処する必要があります。

何もないところからいきなり原因を見つけるのは困難なため、以下では仕事で失敗を繰り返す人の特徴からお伝えします。上司や仕事がデキる同僚、全ての人間が失敗を経験しているとはいえ失敗を繰り返す人には共通の特徴が存在するのです。以下特徴を参考に「なぜ自分は失敗するのか」自分にとっての原因を考え、失敗しやすい人の特徴ごとにお伝えしてます対処の参考にしてください。

仕事で失敗しやすい人の特徴別対処法

反省ができていない

前述しましたように、失敗を繰り返すということは正しい反省ができていない証拠です。これは失敗して落ち込む方にも共通する特徴ですが、これらのことから落ち込んでいる状態の時は反省できていないと捉えることもできるでしょう。本来の反省ができていれば失敗を何度も繰り返すことはありません。反省していると思っていても、失敗をしている事実がある以上反省できていることにはならないのです。まずは反省ができていないっことから認めましょう。

 

他人や環境のせいにする

失敗をする人は、失敗を他人や環境のせいにする癖があります。「失敗したのは、同僚が資料を忘れたせい」「大切なプレゼンに遅刻してしまったのは電車が遅れてしまったせい」など、確かに中には理不尽な事象によって自分に影響がでる場合もありますが、これらは全てあらかじめ予想できていなかった自分のせいです。過程でどんなに理不尽なことが起きたとしても相対する人間には関係なく、忘れたや遅れたという結果のみの印象が残ります。大切な仕事なら特に、もしものことを考えてバックアップを準備しておきましょう。

 

そもそも準備不足

仕事は8割が準備で、2割が本番と言われるほど準備が大切です。どこまで想定して事前に準備ができているかが本番の出来を大きく左右します。仕事がデキる人間は、本番に向けて200%準備しますし、逆にできない人間は最低限しか準備しないため、もしもの際に対応できないのです。本番の直前に焦って準備するのでは十分な準備はできないため、仕事で失敗しないためにも日頃から体制を整えて十二分な準備をし本番に臨むよう心掛けましょう。

 

仕事の失敗の先には成長がある

くどいようですが、仕事の失敗は誰にでもあることですし、初めから完璧にこなせる人は存在しません。人は失敗し、その後失敗をどう捉えるかによって成長する,しないが変わるのです。失敗し悩んで落ち込みやすい人は過去ではなく先の未来に目を向けましょう。人は悩むことによってのみ成長することができるため、悩むということは成長するチャンスです。逆に言うと悩まなければ人は成長できません。悩んで落ち込んでしまう人から見ると、悩まない人が羨ましく見えますが、本当に悩まない人は成長できない人と捉えることもできるのです。悩んで落ち込んでいるということは成長するかしないかの岐路に立たされているという証拠なので、辛いですがネガティブにとらえず将来を見てポジティブに考える癖をつけるよう意識してみましょう。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。