独身女性のマンション購入はあり?失敗しない購入ノウハウ

最近では独身女性でもマンションの購入や購入検討をする方が増えて来ているようですが、実際のところ「賃貸」と「購入」ではどちらが良いのでしょうか。マンションの購入は金額が大変大きくなるため慎重に検討したいところです。

本記事では、独身女性がご自身の住まいとしてのマンションを購入するべきか否かについて考えながら、適正な購入タイミングやリスク、失敗しない物件選びについてお伝えします。

マンションの購入を検討されている方は、是非本記事をご一読ください。

独身女性がマンション購入を判断する上で重要視すべき考え方

独身女性にとっては、「家を買う」といった発想はなかなか持てない方が多いというのが実態だと思いますが、ご自身の将来を考える上で、「住まい」について真剣に考えることは大変重要です。

一昔前では、女性がマンションを購入するのは、40代以降で結婚を諦めでから、といった考え方も多かったようですが、最近では特に20代などの早い段階から、結婚とは関係なく、「老後のためにマンションを購入したい」とか、「経済的に自立するために資産としてもマンションが欲しい」といった意見も少しずつ増えています。

これは、長年続いてきたデフレ経済の影響や年金問題によって、将来に不安を抱える方が増えていることや、逆に低利で住宅ローンが組めるなどにより、昔に比べてマンション購入のハードルが低くなっている、といった諸々の事情があるように思えます。

女性にとって「家を買うこと=結婚を諦めること」、というイメージが強かったのは過去のこと。特に女性は結婚によって、生活スタイルが大きく変化することも多いと思いますが、「購入」か「賃貸」かについては、将来のライフスタイルの変化やご自身の嗜好性を考慮した上で、ご自身が将来にわたって無理のない自然体でいられるような選択をすることが重要だと思います。

 

独身女性のマンション購入は正しい?購入か賃貸どちらがベストか

購入か賃貸かを判断するための基準

家賃と購入どちらが得か

金銭的な負担にのみ焦点をあてて賃貸と購入を比較する場合、結果は居住年数によって大きく異なります。

一般的には、単に家賃を払い続けるくらいなら、自分の家を買った方が良い、ということを良く聞きますが、実際のところでは、住宅ローンの借入期間(35年間)を居住年数として考えた場合、現在の金利水準(住宅ローン金利=年約2%)であれば、ほぼ同じグレードのマンションでは、金銭的な負担においてはそれほど大きな差はありません。

これは、単なるローン返済額と賃料の比較ではなく、賃貸の場合は2年毎の更新費用、購入の場合は修繕費や管理費の積立金に加え、固定資産税などの不動産を所有していること自体にかかってくる税金なども含めて考えた結果です。

意外に見落とされがちではありますが、購入の場合、月々のローン返済以外にもコストがかかることには注意が必要です。

 

老後の家賃負担か借金による精神的負担どちらをとるか

上の例では居住年数を35年として考えていますが、ただ実際にはそれ以上の期間で住居が必要になるケースが殆どだと思います。

この場合、賃貸のケースでは、仕事を定年退職した後もずっと家賃を支払い続けなくてはならないという老後の住居費負担が残ります。一方、購入の場合では、ローン返済中に病気などによって収入が減少してしまった場合でも、借金を返済していかなければならないという精神的な負担があるでしょう。

 

ずっと同じ住居に住み続けることはどうか

若い頃に住みやすい住居が、歳をとってからも住みやすいとは限りません。仕事で忙しいときは、なるべく都心に近くて便利な場所が良いでしょうし、歳をとってからは、近隣も静かで環境が良く、平坦な道路や病院の近さも気になるかもしれません。

「マンションを買ったとしても、状況に応じて売れば良い」という売ることを前提に購入する、という考え方も当然ありますが、ローン残高やその時点での価格水準、その地域におけるマンション需要と供給の問題など、売ることを前提にした場合は色々と予測できないことも多いのが実態です。

一方、賃貸であれば、身動きは自由にとれるため、環境の変化に対応しやすいという側面はあると思われます。従前は、歳をとってから賃貸物件を借りるのは非常に難しいから買っておくべき、という主張もありましたが、この点については、今後人口減少に加えて、高齢化が進む日本において、住宅は余剰傾向に向かうことから、あまり心配しなくても良いでしょう。

 

購入よりも賃貸の方が向いている人

「賃貸」と「購入」にはそれぞれメリットやデメリットがありますが、そもそも最初から「賃貸」の方が向いている方も中にはいらっしゃいます。次の内容に該当するような方は無理に購入を検討する必要はないでしょう。

実家をもらえる予定の人

一人っ子などで、実家をもらえる予定がハッキリしているような場合は、将来の住宅の心配をする必要はないことから、こういう方は、自宅を購入するのにお金を遣うよりも、むしろ将来の住環境を快適にするための、リフォーム費用や老後生活費を貯金しておくことをオススメします。

 

勤務先で家賃補助や住宅の提供を受けられる人

勤務先の福利厚生や給料の一環で、普通に賃貸するよりもかなり低く家賃を抑えることが出来るような制度がある場合は、そのメリットを利用しない手はありません。

このような制度がある場合は、大抵購入してしまったらメリットを享受できないのが常ですから、是非積極的に制度活用し、その分余裕資金を貯蓄に廻すのが良いでしょう。

この場合、賃貸期間中に出来る限り貯金をし、定年間際に借入金をせずに自宅を購入し、老後の住居費負担をなくすことが出来れば理想的です。(このためには、貯蓄も計画的に行う必要があります)

 

購入・賃貸のメリット/デメリットまとめ

以上、色々な角度から「賃貸」と「購入」を見てきましたが、それぞれのメリット、デメリットを簡単に整理すると以下のとおりです。

  賃貸 持ち家(購入)
メリット ・環境の変化に応じた住み替えが容易

・住宅ローンの負担リスクはなし

・経済情勢や自然災害による資産価値への影響なし

・老後の住居(資産)を確保可能

・ローン返済は資産形成に寄与

・リフォーム等の自由度が高い

・同等の物件であれば家賃よりもローン返済の負担が小さい(場合がある)

デメリット ・老後も住居費が継続的に必要

・支払家賃は資産形成に繋がらない

・間取り等の自由度は低い

 

・収入減の場合もローン負担あり

・経済情勢によって資産価値が変動(下落)

・地震などのリスクによる資産の毀損リスク

・住替えには時間と労力がかかる

 

独身女性がマンションを購入するならいつが最適か

独身女性がマンションを購入するにあたって最適なタイミングはあるのでしょうか?ここは意見が分かれるところではあると思いますが、筆者個人としては、あまりここは深く考えなくて良いポイントではないかと思っています。

もちろん、年収の水準やライフイベントなどの予定など考慮すべき点はいくつもあると思いますが、これらは基本的には買うか否か、の判断基準であり、購入のタイミングを計るものではないと考えるからです。

購入するということを決めたら、ご自身が良い(と信じられる)物件が出てきたときが絶好の買いのタイミングであると思います。

 

独身女性のマンション購入に伴うリスクとは?

独身女性がマンションを購入する際のリスクとは何でしょうか?特にライフイベントによって収入が変わりやすい女性にとっては「ローン返済」が最大のリスクと言えるでしょう。

一旦金融機関からローンを受けると、長期に渡って毎月返済義務が生じます。一方、女性には、結婚や出産などのライフイベントによって、生活スタイル、働き方、収入なども大きく変化する可能性があり、長期での返済計画を立てるのがなかなか難しいというのも実態です。

但し、これらのリスクについては、実は賃貸において家賃の支払いが続く以上は殆ど同じ状況とも考えられるため、資産になるマンション購入を検討するにあたっては、「無理はしない」「物件選びを間違えない」という点さえ心がければそれほど心配する必要はないかもしれません。

 

独身女性が購入してはいけないマンションとは

マンションを購入すると決めた際に、まず始めることは物件探しですが、女性目線でマンションを購入するにあたっては、どのような物件を選ぶべきでしょうか?ここでは実際の失敗例に基づく「購入してはいけない物件」を紹介します。

独身女性のマンション購入失敗例

ついつい予算オーバーの物件を購入していた

マンション購入にあたっては、いくつもの物件を比較検討して選んでいくと思います。が、これが逆に、金銭感覚を麻痺させる要因の一つにもなります。

いくつか比較していくうちに、ついつい、この位の差なら・・・と、条件(グレード)が良いもの=金額の高いもの、を選んでしまい、いつの間にか当初の予算を大幅に超えた物件を買っていた、ということは良くある話です。

予算がある以上、ある程度の妥協も必要になるのは当たり前です。何を優先させるのかをハッキリさせて、「つい気が大きくなって」しまわないように注意しましょう。「月々の支払いでは1万円しか変わりませんよ」などという業者さんの口車にのらず、支払い総額や当初考えていた無理のない予算の範囲を超えないことが大切です。

 

新築プレミアムの高い物件を購入してしまった

女性がマンションを購入する際に筆者が絶対的にオススメしているのが中古物件です。これにはいくつか理由がありますが、一番の理由は、新築物件には価格に「新築であること」というプレミアムがついている=値段が高い、ということにつきます。特に日本人は「新品」にこだわる傾向にありますが、その「新品」というだけで、数百万円~数千万円(一般的に物件価値の2~3割程度)も値段が高くなっているのが実態です。

女性の場合、結婚や出産、転職や気分転換などで、一生その場所に住むといったことは男性以上に考えにくい、というのが本音ではないでしょうか。その際、どうしても、購入したマンションは、「売却する」「賃貸する」の選択肢が出てきますが、この時、「中古マンション」と「新築マンション」を比べると次のことが言えます。

  • 中古マンションは新築に比して値下がりのスピードが遅い

売却した場合でも、ローン残高>売却価格、となりにくいのが中古マンションの特徴でもあります。

  • 必ずしも、新築であるから賃貸しやすいわけではない

あなたが購入する物件(すなわち独身者向け物件)を借りる人は、一般的に利便性を重視する人が多いということが言えます。

  • 新築であるから高く売れるわけではない

あなたが購入した物件を売却するときは、既に新築ではありません。中古の物件は築年数だけが価格に反映されるものではありませんので、築年数が浅いからといって高く売れるわけではありません。

  • 総合的に考えると中古物件がオススメ

どうせ思い切って買うのだから新築がいい!と、多くの方が考えるところかもしれませせんが、経済的合理性、将来のリスクを考えると、筆者はやはり中古物件をオススメします。

 

物件購入時に想定していなかった事実が後で分かった

マンション購入にあたっては、価格だけでなく、立地や間取りなど、あらゆる角度から調査・研究して決断をしている方が殆どだと思います。しかしながら、実際には買ってから気づいた、分かったことによって、こんなはずではなかった…と後悔している方も少なくありません。

次にあげるのは、実際に先輩購入者が、マンション購入前に気づけなかった(思いつかなかった)という、代表的な事例を紹介します。

  • 維持費(管理費、修繕費、税金)が高かった

実際にマンションを購入すると、月々の支払いはローンの返済だけではありません。マンションには共用部などもあることから、修繕費や管理費など、そのマンション毎に色々と入居者の負担(維持費)が取り決められていることが殆どです。

この維持費は、一般的には世帯数の多いマンションよりも少ないマンションの方が高い傾向があったり、築年数が上がるにつれて少しずつ上昇するような仕組みとしているマンションが多いようです。

マンション購入にあたっては、ローンの支払いの他、これらの維持費も毎月の負担として計上するべき費用となりますので、購入価格が全く同じであっても選ぶマンションによって月々の負担が大きく変わる可能性があることは覚えておきましょう。

  • 大規模修繕の費用を見込んでいなかった

マンションは大抵築15~20年くらいの間に大規模な修繕を行うのが一般的です。このため、マンションでは通常管理組合が、修繕計画に基づいて①で説明した、修繕費、管理費などの維持費を日々積み立てています。

しかしながら、中古でマンションを購入した場合や、日々の修繕積立で大規模修繕費を賄えない場合、入居者が合意に基づいて自身のマンションの価値を維持するために、追加でお金を出し合うといったことも実際は行われています。

マンション購入にあたっては、このような将来の修繕の計画や今後自身が追加で負担する可能性の有無、金額などについてもある程度把握した上で、購入決定をされることをオススメします。購入価格は安かったけど、数年後にはそれと同じ程度の修繕費を求められた、なんてことであれば、購入のときにもっと良い選択肢が出来たのに、と後悔しかねません。

  • 住環境が悪かった

こちらは意外と思われるかもしれませんが、入居してみて初めて住環境が悪いということに気づくことも少なくないようです。独身の方がマンションを購入するにあたって最も重視する点の一つに「利便性」があげられますが、この利便性を追求しすぎたあまり、実際に住んでみると夜遅くまで騒がしい、飲食店の臭いがキツイ、など、購入前には気づかなかった住環境に気づき後悔する方もいるようです。

マンション購入にあたっては立地が全て、といっても過言ではないと筆者は考えていますが、それでも利便性と住環境のバランスは大変大事です。

また、街は昼の顔と夜の顔とが全く違ったりすることもありますので、購入したいマンションが出てきた場合、曜日と日付、時間(昼、夜)を変えて、何度か周辺の環境を確認しておくことは大事だと思います。

  • 銀行ローンの条件は銀行毎に全く違う

こちらも良く見落とされがちな話ですが、多くの方は「銀行なんてサービス内容はどこも同じでしょ」と、信じているように思われます。確かに預金の利率などに関してはそれも間違っていないかもしれませんが、ローン商品の条件にいたっては、実は各行で相当違いがあるというのが実態です。

例えば、銀行によっては金利条件も変わってきます。金利が1%違えば、元本が大きいため支払い総額は数百万円も違ってきてしまいます。また最近では、ローンの期間中に失業したり病気になったりで収入が途絶えたときに備え、ローン返済が一時的に休止できたり、ローン事態の支払いが免除になったりする商品も出ています。

このマイナス金利の中、住宅ローンは各銀行にとっても是非売り出したい商品の一つですから、各行様々な工夫を凝らした独自の商品設計をしています。マンションの支払総額だけでなく、万が一の際のリスクも軽減できる可能性がありますので、マンション選びと同じくらい慎重に時間をかけてローン商品は調査をすることが重要です、

 

年収500万円でマンションを購入するなら?

一般的には、無理なく長期間ローン返済を続けるためには、返済比率(収入に対するローンの返済割合)を年収(税込)の「25%以内」に抑えておくことが理想と言われています。目安としては、「年収の5~6倍以内」と考えておけば良いでしょう。

例えば、年収500万円の方の場合、その6倍というと3000万円となりますが、このあたりを金額の上限として返済計画を立てることをオススメします。なお、不動産を購入するにあたっては、必ず「諸費用」というものが発生します。これは仲介手数料や、登記費用、銀行からローンをする際の費用等ですが、通常物件価格の5~6%はかかりますので、購入計画をたてる場合はこの金額も考慮しておきましょう。

(上限額が3000万円という場合は、物件価格は大体2830万円位までとなります。)

この水準であれば、頭金の有無にもよりますが、35年ローンによって月々の支払いは8~10万円の範囲での負担ですむことになり、恐らく一人暮らしの家賃の範囲で無理なく購入できるものと思われます。(金利1~2%程度を前提)

 

独身女性のマンション購入で失敗しないための物件選び

ここでは、筆者自身が実際に独身女性のお客様にオススメしているマンションの選び方についてご紹介します。一言でいえば、「資産価値が高い(下がりにくい)中古物件」となりますが、それでは「中古」とはどの程度のものが良いでしょうか?また「資産価値」は何で決まるのでしょうか?

失敗しない物件の選び方

築5~7年程度の中古物件から選ぶ

筆者が購入をオススメする中古物件は、厳格なルールはないのですが、大体築年数が5~7年目の物件が多いように思います。これは、この位の築年数であれば、新築時のプレミア価格が丁度こなれてきて実際の資産価値と価格が見合ってくる頃合である一方で、築15~20年目に行われる大規模修繕まではある程度期間があるという理由からです。

上述したとおり、これは個体差があるため絶対的な条件にはなりませんが、一つの目安、考え方として頭に留めておくのが良いでしょう。

 

絶対的に便利な立地であること

独身女性がマンションを購入するにあたって絶対に譲ってはならない点の一つに、この「絶対的な利便性・立地」があげられます。これは、駅近、都心へのアクセス、生活施設(お店や銀行、郵便局等)が近い、といったものです。

これは前述のとおり、生活環境と相反する場合もあるので注意が必要ですが、ご自身が住めなくなった場合に賃貸に出したり、売却する場合は、やはり独身の方が中心とした入居者となりますので、最も重要なポイントであると言えるでしょう。

ファミリー層が求める、「緑豊かな、自然に囲まれた静かな環境」といったものは、響きは良いですが、独身層には求められにくい要件ですので、やはり利便性の高い立地にあるマンションを第一に選ぶべきです。

 

管理がしっかりしている物件であるかどうかも重要

ここでいう管理とは、管理組合と外部の管理会社がきちんと連携した上でマンション運営がなされているかどうか、という話です。

新築の際は同じように見えるきれいなマンションであっても、この管理がしっかりされているか否かでマンションの老朽化のスピードは全く変わってきます。従って、この「管理」の良し悪しによって、マンションの価値に大きな差が出てくるのです。

修繕費や管理費がきちんと計画どおりに積み立てされているか、そもそも修繕計画自体が実態にそぐわないものではないか、など、ご自身では良く分からないことであっても、仲介会社の方にしっかりとこの点は確認してもらうことによって、資産価値の下がりやすい物件を回避することも可能だと思いますので、マンションにおける「管理」の重要性は是非認識しておくと良いでしょう。

 

独身女性のマンション購入では無理をしないこと

以上、独身女性がマンションを購入すべきか否か、また、購入するとしたらどのような物件を選ぶべきか、という内容で解説してきましたが、あらためて、マンションは買うにせよ借りるにせよ、日々の生活の中で無理や背伸びをしても長続きはしません。

自分らしく楽しく生きるために、肩肘や見栄を張らずに、自然体で、かつ将来の変化にも対応できるような柔軟性の高いライフスタイルを日々構築しておくことがベストといえるでしょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。