仕事の理不尽でストレス爆発!!効果的仕返しと5つの相談先

上司からの理不尽な注意や指示、職場での理不尽な業務・システムなど仕事には到底納得できないような理不尽が多く存在し、ストレスが溜まります。「この理不尽がなくなりさえすれば、どんなに仕事が楽になるか…」と感じている方は多いのではないでしょうか。

そもそも仕事で理不尽を働く人間は、どうして理不尽なことを言うのでしょうか?また、言われた理不尽に対してこちらは我慢しなければならないのでしょうか?

今回は、なぜ理不尽なことを言ってくるのか?という理不尽への疑問から、理不尽を言われた際の対処、溜まったストレスの解消法、理不尽がおこらないよう無くす方法などを徹底解説します。

日々の仕事の理不尽でストレスが溜まりに溜まっている方の参考になれば幸いです。

なぜ仕事で理不尽なことを言ってくるのか

仕事をしている中で誰しも一度は職場での理不尽を経験したことがあるのではないでしょうか。理不尽なことが起こると非常に深いでイライラしたり悲しくなったりと、精神に大きな悪影響を及ぼすためできるだけ理不尽な事柄に遭遇したくありませんし、避けたいものです。

しかしその理不尽は、ほとんどが上司や先輩など目上の人から飛んできます。部下や同僚からの理不尽は、反論できたり避けたりとある程度コントロールすることができるため、そこまで大きなストレスになりませんが、上司や先輩など相手が目上な場合はそういうわけにもいきません。仕事では必ずというほど理不尽なことを言ってくる人がいますが、なぜその人は理不尽なことを言ってくるのでしょうか。理不尽なことを言う人に共通する特徴から、なぜ理不尽なことを言ってくるのかその理由を見ていきましょう。

仕事で理不尽なことを言う人に共通する特徴

プライドが高い

理不尽なことを言う人には共通してプライドが高いということがいえるでしょう。そのプライドがいい方向に働けばいいですが、高すぎるプライドは仕事にとって邪魔であり、周囲に対して迷惑を与えます。プライドが高い人には、「自分の間違いを認められない」や「固定概念が強く価値観の押し付けが激しい」「臨機応変な対応が苦手なため融通がきかない」などの特徴が見られ、理不尽な人を見ているとこれらの要素が当てはまります。理不尽なことを言ってくる人はプライドが高すぎるがゆえに、自分の考えの押し付け、また間違っていたと心のどこかで感じていても性格ゆえに引くに引けなく結果的に周囲に対して理不尽を働いてしまうということが言えるでしょう。

 

周囲の意見を聞き入れない

周囲の意見を聞き入れないというのもプライドの高さから来ている部分もあるかと思いますが、理不尽を言ってくる人は、自分が正しいと思っている傾向にあるため、他人の意見に聞く耳を持ちません。固定概念が強すぎるがゆえに、自らが考え自らが行ってきたことでないと正しいと思えないのです。そのため間違いを犯したことに対して、周囲から意見やアドバイスがあったとしても聞いていないか、聞いたふりをするだけで、周囲の意見を聞き入れません。

また、理不尽を言う人にアドバイスや意見をすると、本人は口答えされたと受けとってしまい、こちらが正しいことを言っていても聞き入れてもらえないばかりか怒鳴りつけてくる場合もあります。

 

無理な仕事を押し付けてくる

無理な仕事を押し付けてくるというのは、理不尽を言う人の特徴として最も共感高いのではないでしょうか。理不尽を言ってくる相手が上司であれば、こちらの仕事状況を全く理解せず、無理な仕事を押し付けてくるというのは良くある話であり被害者も多く存在します。例えば完成までに1週間かかる仕事を3日で仕上げろと言ってきたり、1週間後の○○日までに仕上げてといって仕事を渡してきたにも関わらず、納期までまだ数日あるのに急に「明日までに提出して」といってきたり。こちらが反論しても「早めに仕事を終わらせていないお前が悪い」や「こういう仕事なんだから我慢しろ」など聞く耳もたず全ての非をこちらに被せてきます。

仕事での理不尽で、無理な仕事を押し付けてくる例はかなり多く存在しますが、ここまで行ってしまうとプライドが高い云々だけではなく、マネジメント能力が大きく欠けているとも言えるでしょう。

 

仕事で理不尽なことを言う理由

前項にて理不尽なことを言ってくる人の共通点を解説しましたが、前述したものはほんの一部で代表的なもの。他にもまだ多くの特徴があるため細かく挙げればきりがありません。それはそうと理不尽なことを言ってくる人は、なぜ理不尽なことをこちらにしてくるのでしょうか。理不尽な人の心理から、理不尽をしてくる理由を考えていきましょう。

自分にしか興味がない

理不尽な人の特徴に関連してですが、理不尽な人には自己中心的な面が見られる傾向にあります。自己中心的とはつまり相手への配慮ができないこと。そのため相手の状況を考えずに自分中心で物事を考えるため、相手がいかにいっぱいいっぱいな状況でも関係なく、自分がしてほしいから仕事をふったり指示を出したりします。

自分さえよければそれでいいのが自己中心的な人の考え方であるため、本人は周囲に迷惑をかけているなんて思っていませんし、本人からすると理不尽を言っているつもりなんて毛頭ないのです。理不尽な人の中でも、自分にしか興味がない自己中心的タイプな人が周囲にいると、自覚がない、気づけないということから当人が変わってくれることはまず期待できないので、周囲にとって非常に危険と言えます。

 

ストレス解消

前項にて前述しました自覚がないタイプの反面、ストレスを発散するためにあえて理不尽なことを周囲に対して行うという自覚タイプの理不尽も存在します。 自覚タイプは自分に溜まったストレスを解消するために理不尽なことを行っているため、自分が理不尽なことを行っていることを当然理解していますし、何より理不尽を言われた側の困っている顔をみるのが楽しくて仕方ありません。

これは予測にすぎませんが、相手に対して理不尽を行い困った顔を見るのが好きなタイプは、会社でも嫌われている存在なのではないでしょうか。おそらく嫌われていることも本人は自覚しているでしょうから、その嫌われていることで蓄積されるストレスを理不尽で解消しているのではないかと思われます。

これを行ってくる人間が上司であれば、反論が難しいことから余計にこちらのストレスが溜まるので、困らせるのが好きな上司が近くにいるのであれば、できれば近づきたくはないものです。

 

仕事の理不尽は受け入れなければならないのか?

プライベートで受けるような理不尽な事柄は容易に反論することができますが、仕事で起こった理不尽の場合はそう簡単にいきません。前項での解説の通り、理不尽を言ってくる相手は上司や先輩であることが多く、それこそサービス業であればお客様より理不尽なクレームがくる可能性も十分にあり得ます。相手がいかに理不尽で、明らかに間違ったことを言ってきたとしても仕事での理不尽は反論せず受け入れなければならないのでしょうか。

仕事の理不尽に対する対応

状況によってすべき対応は様々

仕事での理不尽は、お客様から受ける理不尽、上司や先輩から受ける理不尽、または職場環境による理不尽などが主であり、基本的にそれらの理不尽は我慢しなければならない、というのが世間一般的な対応です。お客様のクレームが明らかにおかしくてもこちらが謝らなければならない、上司の命令は絶対だからどんな状況でも仕事を受けなければならないなどが一般的ですが、我慢しなければならない理不尽は、理不尽の程度によります。

例えば、理不尽なクレームをつけてきたお客様の場合、こちらが謝罪して済むような軽い内容のもの、または一見理不尽なことに思えても、お客様の立場からみると理不尽でないもの等であれば、丁寧な謝罪をするのがいいでしょう。

しかしお客様が、わざとクレームを言うタイプであり、それによって他のお客様に迷惑がかかるおそれがあるような状況でしたら、その理不尽を受ける必要はありません。場合によっては出入り禁止対応や、迷惑行為として警察への引き渡し対応などが望ましいでしょう。

また、理不尽の相手が上司や先輩であった場合も、理不尽の程度に合わせた対応が必要です。軽いものであれば受けたほうが余計なストレスになりませんが、あまりにも程度がきつくこちらが精神的に参ってしまうというような状況であれば、パワハラなどのハラスメント行為に該当する場合もあるので、社内での相談や外部専門機関への相談が望ましいでしょう。相談先の詳細については後述します。

したがって理不尽は全て受けなければならないというのではなく、程度や状況に合わせて臨機応変な対応を取ることが全てにおいて良いと言えるのではないでしょうか。

 

仕事で理不尽な人が近くにいて困っているときは

それでは、前項で解説しました内容を踏まえた上で、仕事で理不尽を言われてしまった際にとるべき対応を解説していきます。仕事での理不尽で回避したいのは、真っ向からぶつかって(反論して)言い争いが起こり収拾がつかなくなること。その事態にまで発展してしまっては余計に面倒くさくなり、余計にストレスが溜まってしまうので、そうならないためにもその場をおさめる対応を知っておきましょう。

仕事で理不尽な人が近くにいるときの対処法

受け流して理不尽を回避する

前項にて理不尽への対応は程度に合わせて臨機応変にとお伝えしましたが、それでも多くの方は理不尽に対して不快な思いをしても指摘できないのではないでしょうか。そのような方は、理不尽を受け流して回避し、できる限り受けるストレスを少なくしてみてください。ここでの受け流すとは決して無視をするというわけではありません。一旦理不尽を受けつつも、心の内に溜めないよう、そのまま流すというイメージで以下を実践すると、ストレス少なく理不尽を受けながせるようになります。

 

理不尽の存在を認める

一見矛盾しているかのようですが、理不尽に対して不快に感じたりストレスを感じたりするというのは、心の中で理不尽の存在を認めていないからこそ起こる反応です。確かに理不尽の存在など、迷惑でしかないので認めないのは当たり前。しかし現実的には理不尽が世の中から消えることはありませんし、理不尽があるからこそ生まれるものも存在します。

そのため理不尽を頭から否定し敵視するのではなく、「理不尽の存在は仕方ない、人間だから理不尽があって当然だ」と理不尽の存在を認めてみてください。すると理不尽に対して余裕を持てるようになるため、理不尽なことがおきてもストレス少なく対応ができるようになります。

 

同僚と結託して抗議する

前述しました「理不尽を受け流す」というのは、あくまで理不尽の程度が低い受け流したほうが早くストレスが軽い場合の対応法で、主にお客様からのクレームなど継続ではなく単発して起こる理不尽に対する対応です。しかし職場では理不尽が単発でというわけにはいかず、ひどい場合は上司や先輩から毎日のように理不尽な指示や要求がくるといった継続的な理不尽であることが多く、そんな中で働いているとストレスが溜まって仕方がありません。

理不尽に対して強く抗議したいところですが、相手の立場上一人で抗議というのも大変勇気がいることです。しかし同僚と結託して抗議をすれば一人だけがターゲットにされることもなく、なおかつ複数で抗議をした方が意見も聞き入れてもらいやすくなるため心強く抗議するこができます。「一緒に抗議してくれる人なんていないだろう」と初めから諦めず、理不尽上司や先輩に迷惑を感じている人は必ず他にもいるので、駄目元でも同僚を誘ってみてください。

 

証拠を残しておき理不尽を言えない状態にする

理不尽の多くが、以前言っていたことと内容がまったく違うことを、納期などの直前に急に言ってくる場合です。そのような場合は、言った言わないの水掛け論となり大抵立場が下のものが折れる、つまり理不尽を言われた側が折れることとなるため結果的に悔しい思いをすることとなります。もしこのような場合があまりにも続くようでしたら、相手の発言をレコーダーなどで記録し、証拠を残しておくようにしましょう。

さすがに理不尽な相手も証拠が残っていては、どうすることもできません。一度証拠を残して提示すれば、相手もこれに懲りて理不尽を言ってくることはなくなるでしょう。

 

仕事で理不尽をはたらく人に仕返しするには

前項で解説しました内容は、仕事での理不尽に対する大人な対応の仕方でした。この方法では確かにその場はおさまるのですが、それはあくまでこちらが自分の感情を抑えたから。感情を抑えるということはストレスが溜まるため精神衛生上あまりよくありません。理不尽なお客様程度でしたらそこまで頻度は多くないことが予測できるので、過剰なストレスは溜まりませんが、同じ職場内にいる上司や先輩などから毎日のような理不尽なことを言われつづけたら、いくら大人の対応をとっていたとしても、我慢に限界がきます。

だからといって一般的な食べるや寝るなどのいわゆるストレス解消法を試しても、仕事に行けば理不尽が待っているため、結局変わりません。そこで過剰にストレスが溜まらないよう仕事での理不尽によるストレスを発散する仕事で仕返し法をご紹介します。

仕事の理不尽によるストレスを解消するための効果的仕返し法

無視する

無視をするという対応は、多くの方が行っているストレス解消の仕返し法でもあります。理不尽を言ってくる人は、意識的にまたは無意識的に理不尽を行っているに関係なく、「この人対応してくれる」という理由で理不尽を行ってきます。そのため断れない人がターゲットにされやすいのですが、そのような場合は無視をして相手に悟らせる方法が覿面です。無視をすると理不尽を行なってくることがなくなるばかりか、相手が困るのでちょうどいい仕返しになり、同時にストレス解消にもなります。

 

上司に悪く報告して評価を下げてもらう

これは仕返しというか、酷すぎる理不尽への然るべき対応と捉えることもできますが、理不尽を行ってくる人が上司であり、もしその上司にも上司が存在するのでしたら、その上司に現状の理不尽を報告し評価を下げるような対応を取ってもらいましょう。理不尽を行う人は時にずる賢く、部下には厳しくあたりますが、上司には媚を売るという傾向にあります。そのような状況だと上司の評価が上がってしまい悔しい思いをする一方になってしまいますし、なにより上司が常に上にいるため、出世して追い抜こうと思ってもなかなか追い抜けず上司の理不尽な支配から抜け出せません。

そのような状況では一向に現状が改善されないので、理不尽上司にさらに上の常時が存在するのであれば、報告し理不尽を辞めてもらい、なおかつ評価を下げてもらいましょう。

 

理不尽を上回る速さで仕事をし仕事で見返す

もし理不尽を楽しんでいる人が理不尽な仕事を押し付けてきたら、実力をもって理不尽を上回る速さで仕事をこなし相手を見返してみるものスッキリするかもしれません。困った姿を見るのが楽しみな理不尽人間にとってこれは非常に屈辱的でしょう。またこの場合は仕事で驚異的なパフォーマンスを見せることができることから評価が上がる可能性もあり、そうなればより強く相手を見返すことができるようになります。

理不尽な仕事を対応すること自体は大変ですが、達成したのち非常にスッキリし結果的に自分のためになるため仕返し法の中でもおすすめの方法です。

 

仕事の理不尽を無くすには

これまで解説してきました内容は、その場しのぎにすぎません。そのため元凶がなくならない限りは定期的に理不尽な出来事が訪れることになるのですが、気持ちよく働くために理不尽の元凶を無くすにはどうすればいいのでしょうか。元凶が上司や先輩だった場合、会社を辞めてもらうという権限もないためそういうわけにもいかないので大変難しいところです。それではこちらはずっと理不尽に耐え続けなければいけないのでしょうか。

仕事の理不尽を根本からなくす方法

外部専門機関への相談

理不尽がもはやパワハラなどハラスメントの域に達しているようでしたら、自分の身を守るためにも第三者に相談しましょう。社内に相談窓口が設置されているのでしたらそちらを利用してもいいですが、社内で報告した場合、相談したことが上司の耳に入りさらなる二次被害に発展することも考えられます。またそもそも社内に相談できる先がないのでしたら、外部の労働相談窓口を利用しましょう。

近年ではパワハラなど、企業内でのハラスメント関連問題が社会で表面化してきているため、それに伴い相談窓口も増えてきています。社内に対策として労働相談窓口を設置する企業も過去に比べ増加していますが、設置まで至っているのは大企業が中心で中小企業ではまだまだ少ないのが現状。社内に設置されていたとしても、前述しましたように相談したことが上司の耳に入る可能性がないとは言えないためリスクを伴います。

このような状態にあるハラスメント被害者を救うため自治体やその他機関では、労働相談窓口を設けてアドバイスや解決サポートを行っています。以下はその相談先専門機関なので、問い合わせのご参考にしてください。

相談窓口 概要
総合労働相談コーナー

(各都道府県労働局または労働基準監督署内)

解雇、雇止め、配置転換、賃金引き下げ、いじめ、嫌がらせ、パワハラなどのあらゆる分野の労働問題を対象とした相談窓口。
中央労働委員会 当事者間での労働問題解決が困難な場合に、各都道府県の労働委員会にて労働問題専門家によるトラブル解決サポートを受けられる。
法テラス 労働問題でのトラブル等の解決に役立つ法制度等の案内窓口。
みんなの人権110番

(全国共通人権相談ダイヤル)

差別や虐待、パワハラなどの様々な人権問題の相談を受け付ける窓口。
かいけつサポート

(労働関係紛争)

労働関係紛争を扱うカウンセラー協会や社労士事務所等の案内窓口。

上表などの機関にハラスメントを受けていると客観的に判断できる動画記録や音声記録などの証拠を提示すれば、匿名で指導・注意を入れることもでき、よほどの悪質なものの場合は訴えることも可能となります。

 

我慢のしすぎには注意を

仕事や職場にも必ずといっていいほどストレスはありますが、ストレスには耐えられるストレスと耐えられないストレスというのが存在し、その種類によってこちらが受けるダメージは大きく異なってきます。この大きく分けた2種類のストレスのうち、仕事での理不尽は多くの方にとって耐えられないストレスであるといえるでしょう。

しかし日本人の性格上、仕事の理不尽に対して我慢をされる方が多いですが、我慢をしすぎるとうつ病などの精神疾患に陥ってしまうので、我慢のしすぎには注意が必要です。

仕事は我慢するものではなく楽しむもの。もちろん多少の我慢は必要かもしれませんが、過剰な我慢は身を滅ぼすため元も子もありません。現状、職場で起きている理不尽があまりにもひどいようでしたら、場合によってはハラスメント行為に当てはまることもあるため、仕事の理不尽が過剰でしたら労働基準監督署への相談も検討してください。

そこまででなく個人的な理不尽があるようでしたら、上司のさらに上の上司に相談するなどして何かしらの対策を行いましょう。とにかく我慢のしすぎには注意。理不尽に負けてしまわないよう適度なストレス発散と対策を試してみてください。

 

仕事の悩みをカンタンに解決するなら

現状の悩みを解決する手段の一つに、転職をするという選択肢もあります。いままでやりたいと思っていた仕事、自分の個性とピッタリ合う仕事、職場の良好な人間関係、働きがいのある雇用条件など、転職には人生を充実させるための魅力が満載です。

以下は、数百種類存在する転職サービスの中でも特におすすめの転職サービスですので、これから転職を検討されている方、転職サービス選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

転職サービス名 総合評価 サービス特徴 公式ページ
DODA ★★★★★
  • 取扱求人数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
DODA公式ページへ
ビズリーチ ★★★★☆
  • 9万5000件以上のハイクラス求人
  • スカウト機能あり
  • キャリアアップ転職に強い
ビズリーチ 公式ページへ
パソナキャリア ★★★★☆
  • 求人数4万件以上
  • 25万人分の転職ノウハウ
  • 転職後年収アップ率67%以上
パソナキャリア 公式ページへ

上表にまとめた転職サービスは一般的に多くの方に当てはまるおすすめですが、転職を120%満足いくものにするには、自分の状況にあった最適な転職サービスを選ぶ必要があります。以下記事では、状況別に転職サイト、転職エージェントサービスをまとめてご紹介していますので、転職成功率を上げたい方はぜひ以下記事もご参照ください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。