楽な仕事に就きたい!本当に楽な仕事Top3と各仕事の現実

「楽な仕事に就きたい!」

楽でそれなりに稼げる仕事があったら是非就きたいですよね?しかし、楽かどうかの判断は実際に働いてみないとわかりません。本当に楽な仕事とはどのような仕事で、それらは実際どうなのでしょうか?ストレスなく働くためにも可能であれば自分に合った自分にとって本当に楽な仕事に就きたいものです。

今回は、本当に楽な仕事Top3と、自分にとって本当に楽だと思える仕事の見つけ方についてお伝えします。

楽な仕事に就きたい、または楽な仕事を探しているけどわからないという方は、是非本記事をご一読ください。

本当に楽な仕事とは

一般的に楽な仕事と言われている仕事は数多く存在しますが、それらの楽と言われる仕事は実際どうなのでしょうか?ちなみに仕事にはそれぞれ難易度があるため、他の仕事と比較して楽であるかないかという何となくの分類はできますが、分類したところで楽な仕事にも必ずといっていいほど嫌なポイントというのが存在するものです。

このような点から、一部では「楽な仕事など存在しない」と言われているのですが、楽だと思うポイント、嫌だと思うポイントは人それぞれ異なり、その組み合わせによっては自分にとって本当に楽と思える仕事に就けることもあるため一概には否定できません。

とにかく、楽だと思って、または楽だと聞いて仕事についたにもかかわらず「全然楽じゃないじゃないか!」と後悔はしたくないものです。そうならないためにも、一般的に楽だと言われている仕事の、楽だと思う点、逆に基本楽ではあるけどこんな所が嫌だ、という点を以下にてまとめましたので楽な仕事の参考にしてください。

本当に楽な仕事Top3

清掃作業員

  • 清掃作業員の仕事内容

楽な仕事として様々なところで紹介されている清掃作業員(清掃スタッフ)は、その名の通り清掃が主な仕事の職業です。

清掃作業員は商業施設や駅、ビルやマンションなどで見かけることが多く、見たことがないという方はいないと思います。基本的にゴミを集めたり、各所を磨いたりというイメージがありますが、そもそも清掃作業員には公務員として働くものと、一般企業に属して働くものがあるということをご存知でしょうか。

公務員である清掃作業員と、民間企業に属しての清掃作業員では仕事の内容が異なり、公務員の場合は、ゴミや生ごみの処理、産業廃棄物の処理、し尿処理、動物の死体、道路歩道の清掃。民間企業の場合は、マンション・アパート・ビルなどの室内クリーニング、建物外壁の清掃などが一般的です。

これだけ見ても内容が大きくことなることがわかります。さらに特殊なものとなると、病院などの医療機関の清掃や、腐敗物撤去と消臭・消毒、害虫駆除や遺品整理・回収などもあり、清掃の難易度が上がり特殊であればあるほど給料は高額となる傾向にあります。

また基本的には資格がいらない仕事ではありますが、国家資格として「ビルクリーニング技能士」という資格も存在し、企業によっては資格によって優遇もしてくれるので資格によるキャリアアップも目指すことができます。

  • 清掃作業員が楽な仕事と言われるポイント

清掃作業員が楽だと言われるポイントはいくつかありますが、一番はマイペースで働け、なおかう接客対応をすることとがないため、対人コミュニケーションが苦手な方は小ストレスで働くことができるでしょう。また他にも就職のしやすさや、出勤調整のしやすさ、業務自体は単純作業でありながらも、工場でのライン作業とのような淡々とした仕事ではないため、単純作業である辛さが感じづらいなどがあります。

まとめますと、その他の仕事と比較すると精神的な負荷が少なくストレスが溜まりにくいというのが、清掃作業員が楽な仕事と言われる所以でしょう。

  • 清掃作業員の現実

前項でご紹介しましたように、清掃作業員には楽だと言われるメリットがたくさんありましたが、現実的にはとても大変な仕事です。たしかに精神的には楽なため、対人コミュニケーションが苦手な方には適正があるかもしれませんが、特殊な清掃でない限り給料が非常に安く、清掃用具は重いため肉体的な疲労が非常にたまります。

また清掃内容によっては、一般的にやりたがらないような処理も行わなければならないため、経験を重ねれば慣れはしますが、なれるまでの抵抗が辛いポイントです。

 

警備員

  • 警備員の仕事内容

“警備員”ときいてどのような仕事を思い浮かべるでしょうか。施設を巡回する警備員、道路工事現場で通行者を誘導する警備員、同じ“警備員”でも、その業務内容は大きくことなり、実は警備員は大きく4つに分けられます。

一つは前述しました住宅やビル、その他ショッピングセンターや商業施設などを警備する施設警備(1号警備)、二つ目は工事現場やイベント会場などで通行者やイベント参加者がスムーズに、そして危険がないように移動してもらえるよう誘導をする交通誘導警備(雑踏警備,2号警備)、三つ目は移動の際に襲撃リスクが伴う現金や貴金属などを輸送する輸送警備(3号警備)、四つ目はボディーガードといて広く知られている依頼者に付き添い身辺を警護する身辺警備(4号警備)です。

これら4種類の警備は、同じ警備の仕事であっても伴うリスクや業務が大きく異なるため全く違う別の仕事といってもいいでしょう。おそらく楽な仕事としてイメージされる警備の仕事は、施設警備もしくは交通誘導警備の二つではないでしょうか。

  • 警備員が楽な仕事と言われるポイント

前述しましたように、警備の種類によっては業務内容やリスクが異なるため一概には言えませんが、こちらでは、楽な仕事としてイメージされる施設警備員または交通誘導警備員に的を絞って解説します。

警備員が楽だと言われるのは、それなりに日給を稼げる上に待機時間が多く、待機の際も自由に過ごせることが理由でしょう。厳しさは職場によっても異なりますが、待機中はテレビを見たり本を読んだりできる職場も多く存在します。

常にフル稼働していることがないという点が、警備員の仕事が楽だと言われる最大のポイントでしょう。忙しく働きたくない方は、だらけていいというわけではありませんが比較的ゆったりと仕事をすることができますので相性がいいかもしれません。

  • 警備員の現実

すべての警備職に共通するといっていい苦労ポイントは、その勤務時間の長さです。警備員の仕事は、その現場にいることが前提の仕事なので、業務が早く終わったから早く帰れるというものではありません。待機として座れることもありますが、業務内容によっては立ちっぱなしということもザラにありますので、慣れるまでは疲れがたまるでしょう。

また、警備会社に属して働く場合は、警備員を現地に派遣するような形になりますので、場所を転々とすることもあります。そして常に仕事量が安定しているわけでなく、時期によって多い少ないと上下がありますので収入が安定しないことも珍しくはありません。

忙しく働きたい方や収入不安が強い方は、ストレスが強くかかる可能性があるので自身の適正を考えて判断する必要がありそうです。

 

ビルメンテナンス設備管理員

  • ビルメンテナンスの仕事内容

“ビルメンテナンス”と聞いて仕事内容がピンとくる方はそんなに多くないのではないでしょうか。ビルメンテナンスも楽な仕事として紹介される代表的な仕事の一つです。ビルメンテンスの仕事は、一般利用者からは見えないビル施設運営に携わる仕事なので、ピンとこなくても無理はありません。

細かい業務内容は属するビルによって異なりますが、一般的には電気・ガス・水道などのメーター記録管理業務や、その他空調や設備などの保守管理、ビルそのものや設備等に不具合があれば、その修繕や修繕のための業者手配などが主な業務内容です。ビルによっては警備・清掃を兼務するところもありますが、基本的には前述しました業務を行います。

  • ビルメンテナンスが楽な仕事だと言われるポイント

ビルメンテナンスの仕事が楽だと言われるポイントは、特殊なスキルが必要なく、なおかつ対人コミュニケーションの機会が少ないため苦手な方でも問題なくできる点だと言われています。またトラブル等があれば対応のため忙しくなるのは当然ですが、業務がないときはゆっくりすることも可能なので、始終忙しくしていたくないという方は楽な仕事だと思えるかもしれません。

  • ビルメンテナンスの現実

前項での楽なポイントでお伝えしました内容と矛盾するようですが、「特殊なスキルが必要なく、対人コミュニケーションが苦手な方でも問題なくできる」というのはひと昔前の話で、今では一概にそう言えなくなってきてしまいました。

というのも、時代とともに新しいビルが増える中、ビルメンテナンスの仕事需要もあるにはあるのですが、ビルに導入される設備が最新のものであれば、メンテンスをするのに電気工事士やボイラー技師の資格が必要であったり、対人コミュニケーションがないと思いきや、ビルによってはビル運営関係者や、ビルに入っている企業とのコミュニケーションが必要だったりと、かつての楽なイメージとは少し違いが出てきています。

そのためひと昔前の「暇で楽な仕事」というイメージを持って就職すると、想像とのギャップにより、すぐに辞めたくなってしまうかもしれません。

 

自分にとって本当に楽な仕事とは“自分の適正”に合った仕事

これまでお伝えしてきました内容を見ていただくと、一般的に楽な仕事と言われている職業でもそれぞれに異なる性質があるため、向き不向きがあることがわかります。人によっては清掃員がとても楽な仕事と感じる人もいれば、同じ職場で同じ業務をさせても逆に辛いと答える人もいるのです。これはすべての仕事にいえることであり、逆にいえば一般的に難易度が高いといわれている仕事であっても自分の向き不向きに合った仕事、つまり自分の特性に合った適正な仕事を見つけることができれば、楽な仕事と思い楽しく働くことができるのです。

「自分の特性に合った適正な仕事」を見つけるには、まず“自分を知る”ことから始めなければなりません。当たり前ですが、自分の特性を知らないと、自分の特性に何が合っているのかなどわかるはずがなく、自分をわかっているからこそ合ったものがわかります。

楽な仕事への仕事選びを成功させたいのであれば、本当の自分、つまり自分の特性、何が自分には向いていて何が自分には向いていないのかを第一に見極めて、その特性にあった適正のある“適職”に就くのが、自分にとってストレスフリーでなおかつ楽しめる仕事を見つけることができる成功方法なのです。

 

自分の適正を見極めて本当に楽な仕事を見つけるには

それでは、自分の適正に合った本当に楽な仕事を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?その第一歩は、自分の適正が何なのかを見極めるところから始まります。自分の適正を正しく把握した上で、さらに過去の経験から得意不得意を考えれば、それら条件を満たす仕事が自分にとっての本当に楽な仕事と言えるでしょう。以下では、楽な仕事に就くために必要な、自分の適正と得意不得意の見つけ方をお伝えしていますので是非参考にしてください。

本当に楽な仕事に就くための方法

自分の適正を見極める

自分の特性を見極め、その特性に合った適正のあるふさわしい仕事を見つけるには、まず“自分を知る”ことから始めます。これまで経験してきたことの中から、うまくいったことやうまくいかなかったこと、経験した中で嫌だと感じたこと、そしてこれから挑戦してみたいこと、そして単純に、自分の長所や短所、好きなことや嫌いなこと、やりたいことやしたくないことなどを紙に書き出し、目に見える形にしてこれまでの経験と頭の中を整理した上で、それらの情報から自分の得意不得意、好き嫌いの傾向などの特性を見極めます。

得意不得意や長所短所が直感的に分かる方はそのまま書き出していただいて結構ですが、もしそれがわからないようでしたら、これまでの経験から①仕事の上達スピードはどうだったか, ②仕事から得られる満足感や達成感はどうだったか,③仕事に対する成長意欲はどうだったか, ④仕事の時間以外の行動習慣に仕事に関連するものがあったか,を思い出して向き不向きを考えてみてください。

 

これまでの経験から自分の傾向を考え仕事選びの条件を明確にする

自分の適正がはっきりしたら、その適正を前提にさらに明確にしていくため、これまでの自分の経験から自分の傾向を考えていきます。

上達スピードが速く、成長意欲もあって、達成感も満足感もあり、プライベートでも仕事関連のニュースを自然に見ていたというのがあれば、それは明らかにその仕事、またはそれに似たような仕事が好きですし、どれかが欠けており、なおかつもう二度とやりたくないと思うのであれば、それに似たような仕事も関連してやりたい仕事ではないでしょう。

また、職業単位でなく業務単位で考えるのも大事です。「事務作業は楽しかったけど営業は嫌だった…。」「いろんな人と話せるのは楽しかったけど、デスクワークが本当に苦手だった…。」というようなことがあれば得意なことを伸ばせる職業が、上達スピードが速く、成長するので意欲も湧き、成長できるので達成感や満足感もあり、成長すると興味がわくので暇さえあれば仕事のことを考えている、という状態になりやすいため、心から楽しめる可能性が高い仕事と言えます。

以下表は自分のこれまでの経験から特性を視覚化するためのシートです。空欄を埋めていけば、自分の得意不得意やこれからやりたい仕事の傾向が見えてきますので、是非お役立てください。

これら自分の傾向が明確になったら、それらを仕事選びの条件として、その条件に該当する仕事を選べば自分にとっての楽な仕事選びが完了します。

 

自分をきちんと知ることが楽な仕事選び成功の鍵

これまでもお伝えしてきましたが、本当の意味での楽な仕事、つまり自分にとっての楽な仕事に就くには自分を知ることです。自分を知り、自分に合った仕事を選ぶことで、楽な仕事に就くことができ、楽しく働くことができます。

そこまで求めていない、ほどほどで働ければいいという方でも、適正のある仕事をした方がストレスの蓄積具合が圧倒的に違い、いい結果しかでないので是非前向きに実践してみてください。

仕事は1日の大半の時間を費やすものであり、人生の大半を費やすものです。もし仕事に対して何かしらの悩みがあるのでしたら、これを機に仕事に対して真剣に考えてみてください。あなたの人生にとって必ず良い結果が訪れるでしょう。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。