仕事のミスをなくすには?対策してもミスをする人の為の対策

「仕事のミス対策をしているけどミスを繰返してしまう…。」

仕事でミスを繰り返してしまうと仕事が怖くなりますよね?

・きちんと理解しているつもりなのにミスをした

・何度も確認したのにミスをした

・もうミスをしないために対策をしたのにも関わらずミスをした

など反省して十分気をつけているにも関わらず仕事でミスを繰り返してしまうと精神的にダメージが蓄積され、それは真面目で責任感が強い性格であればあるほど落ち込み自分を責めてしまいます。これでは仕事が好きでも精神的に辛くなり成果を出せる能力がっても発揮できません。

どうすれば繰返してしまう仕事のミスをなくすことができるのでしょうか?

今回は、仕事のミス対策をしてもミスを繰返してしまう方へ、その原因と更なる対策についてお伝えします。

日頃から仕事でミスをされる方、色々対策を試したけどそれでも繰返してしまう方は、是非本記事をご一読ください。

なぜ仕事のミス対策をしてもミスを繰返してしまうのか

なぜ仕事のミス対策をしてもミスを繰返してしまうのでしょうか?

結論からお話しますと、それは「自分がミスをする原因がわかっていないから」です。

そもそも、一般的な仕事のミスの対策といえば

・常に整理整頓しておく

・メモを活用する

・理解できるまで確認する

・報告、連絡、相談を徹底する

・ミスをきちんと反省する

などですが、これらを試しても効果が得られないという方は、正しいやり方でミス対策を実践できていないか、もしくはミスの原因と対策がミスマッチだからという2つのパターンが考えられます。いずれのパターンにせよ、自分がミスをする原因が明確にわかっていないことからおこることであり、原因を明確にすることができればマッチするミス対策を選べ効果を得ることができ、また、原因と対策法が仮に合っていたとしたら対策のやり方が間違っていたということが明確になりますので、まずはミスの原因をはっきりさせることから始めましょう。

以下は、仕事でミスを繰返してしまう原因を明確にする方法ですので以下を参考に考えてみてください。

仕事でミスを繰返す原因の明確にする方法

原因は頭でなんとなく考えるだけでは明確にすることはできません。ただ頭で考えただけでは、原因がわかったつもりになってしまい、それに伴い解決・改善する手段にも悪影響がでてしまうので、きちんと方法にしたがって明確にする必要があります。仕事でミスをする原因が明確にわかっていない方は以下の方法で明確化してください。

達成しなければならない基準と現状の差を明確にする

まずは、達成しなければならない基準、つまり①どうなっていればミスではなく成功と言えるのかという点と、現状②どのようなシーンでどのようなミスを犯すのかという点をそれぞれ考え、①と②の差を明確にします。

 

現状と基準を比較し「自分には何が足りていないのか」を明確にする

前述しました①と②の差が明確になったら、明確になった差から「基準に達するには何が足りていないのか」を明確にしましょう。この不足している点が仕事でミスをする原因なわけですが、原因が一つである場合もあれば、いくつかの要因が重なっている場合もありますので、様々な角度から不足している点を考えましょう。わかりづらい場合は、仕事でミスを犯さない先輩や上司と比較して考えると、よりスムーズに明確にすることができます。

 

原因が明確になったら、できる人に確認してみる

前項で明確になった原因は、あくまで主観的な考えから導き出した答えにすぎません。そのため自分は合っていると思っても間違えている可能性があります。そもそも、意識・無意識的関係なく「自分は正しい」と思って行動した結果ミスが起こっているわけですから、もしかしたら上記にて明確にした内容も間違っている可能性があるというわけです。自分一人で考えても答えはでないので、答え合わせのつもりでミスをしない、仕事ができる先輩や上司に確認してみましょう。

そうすることにより客観的意見を取り入れることができるので、正否がわかり仕事のミスの原因がより明確で確実なものとなります。

 

どうすれば繰返す仕事のミスをなくすことができるのか

仕事でミスを犯してしまう原因が明確になったら、その原因を改善することができる最適な手段を選択し、正しい方法で実践していきます。

最適な手段とは、最初の方で簡単に触れました数ある対策法の中から、仕事のミスの原因を解決し得るものを選んでいただくのですが、特に重要なのは「手段に正しく取り組む」という点です。前述しましたように、最適なミス対策をしても、そのやり方が間違っていたら全く意味がありません。正しい方法で繰返す仕事のミスをなくしていきましょう。

以下では、仕事のミスがなかなかなくならない人のために、ミスをなくすための方法手順をご紹介しています。ただ、方法をなんとなく試すだけではなくなりませんので、以下手順に従い、確実に仕事のミスをなくしていきましょう。

仕事でミスを繰返す人に実践してほしいミスを確実になくす方法手順

Step1. ミスの原因を明確にする

はじめに、前述にてお伝えしましたように「なぜ自分は仕事でミスをするのか?」というミスを犯してしまう原因を明確にしましょう。明確化の方法は前述しました通りです。方法にしたがい明確にしてみてください。

 

Step2. 最適な手段を選択する

ミスを犯す原因が明確になったら、それを解決・改善できるであろう最適な手段を選択します。仕事の内容やミスを犯す原因により手段が変わってくるため、一概には言えませんが、例えば「毎回ある物事を忘れてしまう」というミスであれば、「メモ書きを目のつく場所に貼っておく」というのもいいですし、商品の区別がつかずお客様に間違った商品を渡してしまうのであれば、それが起こらないよう在庫の仕方をよりわかりやすくなるよう工夫し、その案を提案してみるなど状況にあった最適な手段を選択してください。

手段は型にはめて考えるだけではなく、柔軟な発想も必要になります。会社やお店の方法が自分に合わないのであれば、お金がからない、またはかかっても少額ですむようでしたら、職場にとっても改善は望ましいことですのでどんどん提案して最適な手段を選択してみてください。

 

Step3. 選択した手段を正しく行い一定期間継続してみる

最適な手段がわかったら、その手段を正しい行い方で一定期間(1ヶ月程度)実践します。このとき多くの方が正しいやり方で実践せず自己流にアレンジして行ってしまい、その結果、望んだものが手に入らないということが多くあるのですが、自己流にアレンジするのは手段が習慣となり身についた後です。まずは対策法(手段)の本質を理解し自分の中に落とし込んだ上で、さらにやりやすいよう自己流にアレンジしましょう。

 

Step4. 以前と何か変わった良点・悪点を評価する

選択した手段を正しく一定期間実践することができたら、これまでの行動を振り返ってみましょう。対策を始めたころと、しばらく実践した今では何が変わっているでしょうか?どんなささいなことでも構いませんので、まずは良くなった点からみていき、その後にまだ基準に達していない悪かった点やできなかった点を確認していきましょう。

 

Step5. 悪点を意識し正しく一定期間継続し定着させる

上記振り返りにより悪点が明確になったら、次はその悪点を特に意識し一定期間継続します。一定期間継続したら、再び振り返り前項同樣に良点・悪点を確認し明確にしていきましょう。

この流れを繰り返すことにより、対策を始める前は10ダメだったことが、5良くなり、意識改善し5ダメだったことが3良くなり、残り2ダメだったことがすべて良くなり、最終的には望んだ基準に達し仕事のミスがなくなります。

面倒に感じるかもしれませんが、ミスが多い人はたくさんのことを一度に意識しすぎる傾向もあり、それは注意力散漫とも言えます。問題を明確にし、整理することで一つずつに集中して意識を向けることが可能になります。そして一定期間継続することで、最初の方は強く意識をしないとできなかったことが、だんだん慣れてきて後半では無意識に行うことができるようになるのです。

“二兎追う者は一兎をも得ず”ということわざがあるように、複数の物事を一度にやろうと思うことは、結果的になにもできず中途半端なところで終わってしまいミスとなるので、できなければ頭の中を整理して一つずつゆっくりと慣らしていき、最終的にできるようになるというところを目指しましょう。

 

仕事のミスによる不安や落ち込みも更なるミスを呼ぶ原因

仕事でミスを連発してしまうと、ミスしてしまうことを怖がり、自分に自信がなくなり落ち込んでしまいます。これは正常な反応なので決して悪いことではないのですが、それでも落ち込んでいるときは辛いものです。そして落ち込めば落ち込むほど仕事のミスが怖くなり、ミスを怖がるあまり苦手意識が強くなりすぎて更なるミスをしてしまいます。

このような負のスパイラルから抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか?

仕事のミスへの不安と落ち込みを断ち切る方法

失敗を認め成功体験を積み重ねる

負のスパイラルから抜け出すには、当然ですが落ち込んだ状態から立ち直ることです。落ち込んでいる状態から立ち直るには、「失敗を忘れる」のではなくて「失敗を認める」ことが大切で、失敗を認めながらも改善し、少しづつ成功体験を重ねていくことです。落ち込んでいるときは、落ち込むストレスから無意識に失敗を忘れようとするのですが、これを考え続けても意味はなく、それこそ失敗を忘れてしまっては同じ失敗を繰り返すので、いつまでたっても苦しみから解放されることはありません。このように考えてしまうのは、心の底で自分が失敗したことを認めていないからだと言えます。

失敗を認めるには失敗したという事実を全て受け止め「どうすれば次は失敗しないようになれるか」と思考し実践することです。これまでを省みるのも大切ですが、省みるのは「なぜ失敗したのか」と原因を探る程度にとどめ、そこから次はどうすれば失敗しないかを導き出します。これが失敗の認め方であり、本来の反省の仕方です。反省するとはただ落ち込むだけでなく、自分の行動を振り返り至らなかった点を改め、意識し改善しようと取組むことであるため、きちんとした反省ができれば、失敗を認めることができ、さらに対策を実践し、少しづつでも成功体験を積み重ねて、最後に自分を肯定することができれば、落ち込むことはなくなり不安や落ち込みといった負のスパイラルから抜けだすことができます。

 

少しくらいの適当さが逆に仕事のミスを減らすことも

仕事のミスに悩む方に共通する性格は、真面目で責任感が強いということです。このような性格であるために、仕事のミスで悩み、その落ち込みが長期化し立ち直りまで時間がかかります。その間にも仕事はこなさなければならないので、真面目であればあるほど自分を責めてしまいストレスがたまることでしょう。

真面目で責任感が強いのは非常に良いことで、その性格を嫌う必要はまったくありませんが、自分を救うためにも少しくらいの適当さを受け入れ、柔軟になることを意識してみてください。そうすれば精神的な影響での仕事のミスはなくなるでしょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。