職場で孤立してしまう…パターン別の原因と職場孤立の対処法

「職場で孤立してしまう…。」

職場で孤立してしまうと毎日の出勤が億劫になり、通勤が非常にストレスですよね?職場にすぐ馴染んで周囲の人と仲良くなれる人がいる一方で、どうして孤立してしまうのでしょうか?職場で孤立してしまうと同僚に仕事を頼みづらくなったり、常に気を使ったり、他にも楽しそうな職場での会話が聞こえてくると孤独感が強まり良い気分にならないなどストレスに繋がりやすくなります。

一度職場で孤立してしまった後でも改善することは可能なのでしょうか?

今回は、職場孤立のパターン別原因から現状を改善する対処法について解説します。

どの職場でもきまって孤立してしまう、現状孤立して困っているという方は、是非本記事をご一読ください。

なぜ職場で孤立してしまうのか

なぜ職場で孤立してしまうのでしょうか?

職場で孤立する人は、嫌われているパターンと嫌われているわけではなく壁を感じられているという2つのパターンに大別することができます。それぞれのパターンにはそれぞれに応じた要因があり、要因のいずれかまたは複数に該当していると、職場で孤立する傾向にあるのですが、どちらのパターンに該当しても要因は周囲にあるのではなく自分にあることがほとんどです。以下は職場で孤立する人のパターン別に分けた原因ですので、以下のような特徴に該当していないか確認をしてみましょう。

周囲から嫌われて孤立してしまうパターン

職場で孤立してしまう理由の一つに周囲から嫌われるというものがあります。嫌われてしまう理由はいくつかありまるため、挙げればきりがないですが、嫌われやすい人には以下のような特徴がありますので、以下特徴が該当していないか確認してみてください。

否定的な受け答えをしてしまう

周囲の人から嫌われる共通の一因として、否定的な受け答えをするというのがあります。これは敢えてやっている場合もあれば、否定的な言葉が染み付いて無意識で行ってしまう場合もあり、無意識で行っている場合は「なぜ人に嫌われるのか」という原因を自覚しづらいため改善に苦労します。

「いや、違います」「嫌です」「無理です」「でも○○ですよね」などの言葉を普段よく使用している場合は要注意。相手の意見や、話を真っ向から否定するような受け答えは、当然相手に不快感を与え相手にとってしゃべることがデメリットとなります。普段無意識のうちに前述した、または前述以外の否定的な受け答えをしていないか意識してみてください。

 

空気を読まない発言をしてしまう

空気が読めないことは、様々な人が関わる職場において大きな問題です。「空気を読む」つまり、その場の雰囲気を察知して状況を的確に推測するというものですが、目に見えない不明確なものであるにもかかわらず、日本社会では出来て当然という意識があるため空気が読めないと嫌われる傾向になります。これは意識的に行っている人もいますがそのような人はごく一部で、ほとんどが無意識に読めないという人です。

空気が読めない人の特徴として、主に「真面目すぎる」「自我が強い」「冗談が通じない」「常識に欠けている」「話に割り込む」「話の節を折る」「タイミングが悪い」などが挙げられますが、どれも空気が読めないことで起こる弊害であり、これらによって周囲は迷惑を感じています。前述しました特徴に当てはまっていないか確認してみましょう。

 

自分の否を認めない

職場から嫌われる人は、仕事でのトラブルやミスを認めず、環境やタイミング、自分以外のせいに責任転嫁しようと言い訳をしてしまう傾向にあります。「タイミングが悪かった」「誰がやっても同じだった」「避けられないことだった」「○○が邪魔をしたせいで」などの言葉を普段から使用していませんか?事実はどうあれ、これらの言葉は相手にとっては言い訳としか捉えられず、言い訳をする人間というレッテルを貼られ周囲から嫌われます。言い訳も意識的にではなく無意識的に行ってしまう人が多いため、自分がミスをした時の対応はどうだろうか?という点を振り返って確認してみましょう。

 

コミュニケーションが苦手で孤立するパターン

職場で孤立してしまうもう一つの要因として、コミュニケーションが苦手で孤立してしまうということがあります。このパターンは特に周囲から嫌われているというわけではありません。嫌われているわけではなく、コミュニケーション下手による心の壁が孤立を生んでいる傾向にあります。コミュニケーションが苦手で孤立してしまう方は以下のような特徴がありますので、自分に該当していないか確認してみてください。

丁寧すぎて一歩踏み出した会話ができない

コミュニケーションが苦手な人の特徴の一つに、言葉使いが丁寧すぎるというものがあります。普段嫌われるまたは怒られる、余計なことを言ってしまうことを恐れて丁寧語を崩さないことを意識して話していませんか?またはこれまで意識してきたことによって崩せずにいませんか?

先輩や上司に対してはもちろん丁寧語等で接する必要がありますが、コミュニケーションが苦手な方は同僚や年下の部下・後輩にも丁寧語を崩しません。それにより相手にも見えない心の壁を察知されてしまい一歩踏み出した会話ができないため、場合によっては周囲から「あまり関わってほしくないのかな?」と思われてしまい職場で孤立してしまうのです。過剰な丁寧語になっていないか振り返ってみましょう。

 

空気を読みすぎてしまう

嫌われてしまう人の原因の中に「空気が読めない」というものがありましたが、空気を読みすぎるというのも逆効果で、空気を読みすぎるとコミュニケーションがどんどん取れなくなるということも起きてきます。空気を読みすぎるのは「過剰同調性」とも呼ばれ、子供時代からストレスが多いとこのような傾向に陥りやすいとのことです。職場で空気を読みすぎると、自分がストレスにさらされるだけでなく、自己主張ができなくなったり発言ができなくなることから、周囲に自分を隠しているとみられてしまい話しかけられなくなってしまいます。

 

真面目すぎる

真面目なのは一見良いように思えますが、真面目も過剰となれば問題がでてきます。真面目すぎることで融通がきかなくなり、嫌われるまでには至りませんが、真面目すぎることが仇となり返って周囲から扱いづらくみられてしまうのです。また、真面目すぎると自分だけではなく周囲に対してもイライラしてしまう傾向にあるので、余計にとっつきづらく思われてしまうでしょう。真面目すぎる人には完璧主義な方が多いため、日頃から「○○するべき」「○○でなければならない」という言葉や考え方をしていないか意識してみましょう。

 

なぜ職場に馴染めるのか

職場で孤立してしまう人がいる一方で、すぐ職場に馴染める人もおり、すぐに職場に馴染める人にも共通した特徴が存在します。

以下は職場に馴染みやすい人に共通する特徴ですが、極端に言えば以下共通特徴を実践することができれば職場に馴染むことができるでしょう。しかしコミュニケーションが苦手な人にとって、以下特徴を実践するのは難しいと思いますので、こちらでは参考程度にとどめていただいてかまいません。

職場ですぐに馴染める人の特徴

挨拶がきちんとできる

すべてのコミュニケーションが挨拶から始まるのと同様に、職場でのコミュニケーションも挨拶から始まります。しかし、基本的である挨拶も職場に長くいればいるほど、または社会経験年数が長くなればなるほど良い加減になり、おろそかになりがちです。しかし職場に馴染みやすい人は挨拶をおろそかにしません。当たり前を愚直にこなすからこそ印象が良くなり職場に馴染みやすくなるのです。

 

笑顔が作れる

挨拶と同じくらい笑顔も大切です。笑顔は相手にとって穏やかで安心感ある印象を与えます。逆に、笑顔ではなくしかめっ面では相手に緊張感が伝わってしまうでしょう。これは真顔でも同様です。人の真顔は、どちらかといえばネガティブに見えてしまうもので、周囲に対してあまり良い印象を与えません。仕事に集中しているときは真顔でも良いですが挨拶時の笑顔は大切です。職場に馴染みやすい人は挨拶と同時に笑顔を作り、周囲に好印象を与えています。

 

穏やかな雰囲気で接しやすい空気を出している

挨拶や笑顔を作ることにより、職場に馴染みやすい人は常に穏やかな空気をまとっています。穏やかな空気をまとっていれば、自然に周囲から話しかけてもらえすぐに仲良くなることができます。穏やかな空気をまとうには、元気な挨拶や笑顔など日頃からの所作の積み重ねが影響してくるので、職場に馴染みやすい人はその所作が自然にできているといえます。

 

一歩踏み込んだ冗談が言える

職場に馴染みやすい人の特徴として、関係の程度を的確に読み一歩踏み込んだ冗談を言えるといのもあります。失礼に当たらない一歩踏み込んだ冗談は心の壁をなくし人間関係を良好にします。ただし、これは人間関係の程度を的確に読めるスキルが必要です。多くの人はこれを感覚で行っていますが、空気を読むのが苦手な方は無理にこれを行うと失礼にあたる可能性もあり、場合によっては逆効果となります。

 

会話の受け流し方がうまい

職場に馴染みやすく周囲から好かれる人は、会話の受け流し方がうまいという特徴もあります。コミュニケーションが苦手な方は上司や先輩の面倒臭い冗談や会話に対して、あからさまに嫌な顔を見せたり嫌な雰囲気を無意識に出してしまいますが、職場に馴染みやすい人はどんな会話に対しても面倒くさそうな一面を見せず笑顔で対応し上手に会話を受け流します。

 

 職場で孤立しないために理解したい良好な人間関係の構築要素

職場孤立の改善法を解説する前に、良好な人間関係を築く要素なのかを解説します。以下要素は、職場で孤立しないための基礎となる部分であり、コミュニケーションの基本でもあるので、職場で孤立しない人間関係を築くためにも以下要素を理解しておきましょう。

良好な人間関係を築くための5要素

ちょうどいい距離感

職場コミュニケーションの基本は、相手とのちょうどいい距離感です。ここで解説する距離感とは物質的な体と体の距離感ではなく、心と心の距離感。つまり踏み込み過ぎて面倒くさがられず、離れすぎて興味を持たれないということにならない適度な距離感です。ちょうどいい距離感を保つことができれば職場で孤立することはありませんし、孤立しない上に面倒臭い人間関係に発展しないという職場の人間関係を実現することができます。

これとは逆に距離感を適度に保つことができなければ、人間関係のバランスは崩れ職場で面倒くさがられ嫌われる、または興味を持たれず孤立してしまいます。ちょうどいい距離感という言葉自体、非常に抽象的な表現ではありますが付かず離れずの適度な距離感が職場での人間関係を良好に保つのです。

 

顔を合わせた回数

職場で孤立しない良好な人間関係を保つには顔を合わせる回数も重要です。相手に好感や好意を抱いてもらうには、接触時間よりも接触回数を増やした方が距離が縮まるという対人関係における法則があります。これはザイオン効果(単純接触効果)と呼ばれ、営業で顧客との信頼関係を築く際や恋愛で相手と親しくなりたい際によく使われます。

職場でも同様に接触回数、つまり職場の人間と顔を合わせた回数によって人間関係の距離が変わってくるため、オフィスの作りなどの理由によって顔を合わせない傾向にあるのであれば、無理にでも職場で顔を合わせることが孤立しないためのポイントにもなってきます。

 

同じ空間にいる時間

前項にて、接触時間よりも接触回数と解説しましたが、接触時間を増やした方がより効果は高まります。配送や営業など外回り業務が多い会社では、職場の他の人間と関わる時間が極端に少ないため距離を縮める社員が少ない傾向にあります。業務の事情により他の社員と接触時間が少なければ少ないほど他の社員との壁が生まれ差がついていくのは当然なので、人間関係を良好に保ち孤立しないためには同じ空間にいる時間の長さも大切です。

 

相手の話をよく聞く

コミュニケーションが苦手な人は、よく喋る人を羨ましがる傾向にありますが、コミュニケーションを良好にするにはよく喋るのではなく「よく人の話を聞く」というのが最も重要な要素となります。全員がそうというわけではありませんが、よく喋る人の場合は相手の話を飲み込んでしまう傾向があるため場合によっては嫌われてしまうこともあるのです。しかし、人の話をよく聞くことができれば、喋り下手でも「話をよく聞いてくれる人」という印象が周りにつき、こちらから話しかけなくても周囲から話かけてもらえるようになります。

 

職場で孤立している辛い現状を改善するには

それでは、どうすれば職場で孤立している辛い現状を完全することができるのでしょうか?

職場孤立の現状を変えるには、①今の職場に身をおいたまま改善するやり方と、②周囲の環境を変えることによって改善する方法の2つがあり、経済的に余裕がないし仕事が好きなので会社を変えたくないという方は①を、仕事や職場を変えてもいいからとにかくできるだけ早く現状を変えたいという方は②を選択し行動してください。

ちなみに筆者の経験では、一度印象がついてしまった職場で印象を変えるよりも、転職して一からやり直した方が簡単で時間もストレスもかかりませんでした。ですが、これはあくまで筆者の経験によるものですので参考程度にとどめておいてください。

それでは以下にて職場孤立の辛い現状を改善できる対処を見て行きましょう。

①今の職場で改善できる対処法

必要最低限以上のコミュニケーションをとる

周囲の環境を変えずに今の職場のまま状況を改善するのであれば、必要最低限以上は周囲とのコミュニケーションをとりましょう。そして孤立している状態からコミュニケーションを取れるようになるには、勇気を出してこちらから声をかけなければなりません。コミュニケーションが苦手な場合、いきなりコミュニケーションを取るのはハードルが高いと思いますので、前項で解説しました挨拶や笑顔など簡単なものから徐々に慣れていき距離を縮めていきましょう。

 

穏やかな空気感をだす

職場に馴染みやすい人で解説しましたように、人から話かけてもらうには穏やかな空気感をまとうことが効果的です。まとう空気感を作るには挨拶や笑顔はもちろん、それ以外にも柔らかい言葉使いやお礼の仕方、謝り方など好感を持たれる所作を身につける必要があります。職場で周囲から好感を持たれている人がいるのであれば、その人を参考に所作を学び、緊張した暗い空気では柔らかで穏やかな空気感を出せるよう意識しましょう。

 

イベントには適度に参加する

会社のイベントは面倒臭いという声が増え社会全体で飲み会などのイベントが減少傾向にありますが、それでもやはり本業務とは関係ないイベントでは社員同士の信頼関係が深まります。そもそも会社も社員同士の信頼関係を深めるためにイベントを企画するので、参加が面倒かもしれませんがイベントには適度に参加するようにしましょう。全てのイベントに参加する必要はありませんが、2回に1回は参加し、参加しないにしても参加したい意欲をみせることが重要です。適度に参加することができれば誘われないということはなくなります。

 

②周囲の環境を変えることで改善する対処法

相性の良い職場に転職をする

転職をして職場関係を変えることにより現状を一新することができます。同じ環境で一度ついてしまった印象を覆すよりも、新しい環境で一から周囲に印象付ける方が時間はかかりません。

また、個人個人に相性があるように個人と職場にも相性が存在します。職場との相性が悪ければ改善しようと努力しても難しい場合があるので、その際は転職が有効です。まったく改善をすることが無理というわけではないですが、非常に困難で時間と労力が相当かかり、なおかつ我慢することが多くなりがちなので大きなストレスが溜まります。これでは改善されるよりも早くストレスによって身体や精神が壊れてしまうので努力する意味がありません。

もし、今の仕事に執着がないのでしたら転職し職場環境をかえることを検討してみましょう。

 

起業をする

転職以外に起業も一つの選択肢です。社会人には組織向きの人間と起業家向きの人間が存在します。組織に合わないという感じがあれば会社員に固執せず起業家として生きる道も検討してみてください。経済的な安定を求めるのであれば、勤めながらも自分のビジネスを安定させることができる「週末起業」という方法も存在します。

在職期間中に、終業後の時間や週末の休みを利用して独自のビジネスを立ち上げ、収益が安定してから独立をするという方法をとれば経済的に安定した安全な起業が可能となるのです。

起業家としの適正があるのであれば職場で溜まった組織特有のストレスが嘘のようになくなりますので、いきなり「起業なんて無理だ」と考えず、選択肢の一つとして視野に入れこれからの道を検討してみましょう。

 

無理のしすぎは禁物、まずは簡単なコミュニケーションから

人間関係を重視する人が社会には圧倒的に多いため、周囲と無理にでもコミュニケーションをとらなければならないという空気が世の中には流れていますが、特にそれを気にする必要はありません。周囲とコミュニケーションをとりたいにもかかわらず孤立してしまうという現状は大変ストレスが溜まり辛いので、頑張って改善してもいいかと思いますが、中には本当にコミュニケーションが嫌いな方もいます。

会社によっては人間関係自体が評価に繋がることもあるため、無理やりコミュニケーションをとらなければならないというケースもあるかもしれませんが、本当にコミュニケーションが嫌いなのであれば無理をして周囲と関わる必要はありません。むしろ無理をして周囲とコミュニケーションを取ろうとすればするほど、人間関係は複雑化しより面倒なものとなるので、素直に自分を受け入れ周囲を気にせず仕事に集中しましょう。

ただし過剰にコミュニケーションを拒むのは業務に差し支えが出るため、仕事に影響がでない最低限のコミュニケーション程度にとどめておきましょう。

 

仕事の悩みをカンタンに解決するなら

現状の悩みを解決する手段の一つに、転職をするという選択肢もあります。いままでやりたいと思っていた仕事、自分の個性とピッタリ合う仕事、職場の良好な人間関係、働きがいのある雇用条件など、転職には人生を充実させるための魅力が満載です。

以下は、数百種類存在する転職サービスの中でも特におすすめの転職サービスですので、これから転職を検討されている方、転職サービス選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

転職サービス名 総合評価 サービス特徴 公式ページ
DODA ★★★★★
  • 取扱求人数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
DODA公式ページへ
ビズリーチ ★★★★☆
  • 9万5000件以上のハイクラス求人
  • スカウト機能あり
  • キャリアアップ転職に強い
ビズリーチ 公式ページへ
パソナキャリア ★★★★☆
  • 求人数4万件以上
  • 25万人分の転職ノウハウ
  • 転職後年収アップ率67%以上
パソナキャリア 公式ページへ

上表にまとめた転職サービスは一般的に多くの方に当てはまるおすすめですが、転職を120%満足いくものにするには、自分の状況にあった最適な転職サービスを選ぶ必要があります。以下記事では、状況別に転職サイト、転職エージェントサービスをまとめてご紹介していますので、転職成功率を上げたい方はぜひ以下記事もご参照ください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。