仕事でのコミュニケーションが苦手?人間関係の重要性と楽になる方法

「仕事でのコミュニケーションが苦手で毎日が憂鬱…。」

人付き合いが苦手だと毎日の出勤がストレスですよね?仕事をする上でいつの時代も悩みの種となるコミュニケーションですが、職場にはコミュニケーションに悩まず仕事に楽しく取り組む人もいれば、その反面必ずといっていいほどコミュニケーションが苦手で職場での人間関係に苦しむ人も存在します。コミュニケーションをとらなくても仕事ができれば何も問題ないですが、組織となり複数の人が働く職場ではそういうわけにはいきません。

さらに近年ではコミュニケーション能力を評価に加える企業も増えているため、コミュニケーションが苦手な人にとっては余計に憂鬱ですし可能であれば克服しコミュニケーションでいちいち悩みたくないものです。

コミュニケーションが苦手な人でも克服し楽しく仕事することは可能なのでしょうか?

今回は、仕事におけるコミュニケーションの重要性や、苦手な方のための克服法についてお伝えします。

日々の職場におけるコミュニケーションで悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

なぜ仕事でのコミュニケーションは必要なのか

コミュニケーションをとるのが得意な人が正しく、コミュニケーションをとるのが苦手な人が間違っているということはまったくありませんが、会社に勤めて仕事をする以上コミュニケーションは非常に重要です。会社は一人で回っているわけではなく、多くの社員がそれぞれ与えられた役割を確実にこなし、互いに協力することで稼動し会社としてお金を稼ぎ、社員一人一人の給料に反映されるため、コミュニケーションがとれない社員が存在すれば会社は正常に稼動せず職場の社員や、その会社に仕事を頼んでいるクライアントにも迷惑がかかることにもなりかねないのです。

会社の規模が大きければ同じ役割を与えられている社員は複数名いるため、一人がコミュニケーションをとれなくてもさほど大きく問題にはなりませんが、会社規模が小さければ小さいほど一人の社員にのしかかる責任は大きくなるため、コミュニケーションは非常に重要なものとなります。では具体的に会社でのコミュニケーションはなぜ重要なのでしょうか。

仕事におけるコミュニケーションの重要性

「報・連・相」を円滑にして仕事が効率化する

会社という組織内でのコミュニケーションの基本は、報告・連絡・相談のいわゆる「報・連・相(ホウ・レン・ソウ)」です。これは会社員として、また社会人として非常に基本的な能力であり同時に重要なコミュニケーションの一つ。

「報告」は与えられている仕事の進捗状況などを知らせ、「連絡」は仕事の達成に必要な業務連絡、「相談」は仕事で自己解決できない問題が発生した時に相談することであり、報告・連絡・相談を徹底することによって誰が何を担当し、それがどの程度まで進み、問題が起きていたりしていないか?ということを上司や周囲の同僚が把握します。

これらの「報・連・相」でコミュニケーションを密にとることによって業務指示や引き継ぎなどが的確に行え、万が一問題が発生しても速やかに対処しさらなる問題の発展を防ぐことが可能になるため「報・連・相」はコミュニケーションの重要性を判断する大きな要素と言えるのです。

 

日々のストレスが緩和される

コミュニケーションが密にとれている職場の雰囲気は和気藹々としており仕事でありながら楽しくもありますが、逆にコミュニケーションがとれない職場の場合は緊張に包まれ職場にいるだけでストレスが溜まります。これは職場全体だけでなく個人にもいえることで、職場の社員とコミュニケーションがとれていなければいつまでも出勤に緊張し、同僚に仕事を手伝ってもらうのも楽ではありません。緊張はストレスに直結するため、コミュニケーションがとれず常に緊張していればストレスは溜まる一方、場合によっては精神疾患を患うこともあるのです。このように日常のストレスを緩和するためにもコミュニケーションは重要と言えます。

 

能力向上・達成感が実感でき喜びにつながる

米国マサチューセッツ工科大学教授であるダニエル・キム氏が提唱した『組織の成功循環モデル』。これは、お互いに尊重し一緒に考える「関係の質」、気づきがある・面白い「思考の質」、自分で考え自発的に行動する「行動の質」、成果が得られる「結果の質」など4つの質から構成されこれら一連によってお互いの信頼関係が高まりさらに関係の質が向上するという組織の成功パターンサイクルです。この理論は前提にコミュニケーションが取れる必要があるのですが、職場で密なコミュニケーションを取ることができればお互いに問題の共有ができ一緒に考え、成功したときの喜びを分かち合えることができることによって得られる達成感、その過程で得られる能力向上などのメリットがあることを表しています。

このようにコミュニケーションを取ることは仕事のためだけでなく我々に多くのものを与えてくれる非常に重要なものなのです。

仕事でコミュニケーションをとれないことによるデメリット

コミュニケーションが会社にとっても社員個人にとっても重要であることがわかりました。それゆえコミュニケーションをとれないことは様々なデメリットにつながるのです。以下では、仕事でコミュニケーションを取れないことで発生するデメリットについてお伝えしていますので、克服に向けてどのようなデメリットがあるのか今一度整理してみましょう。

仕事の能力が上がらないため成長しづらい

社会人であり会社員である以上能力を向上させ成長することが求められます。知識をつけるなどは一人でも可能ですが、知識と現実は異なり本などで得た知識をそのまま現実に反映させようとしてもうまくいきません。うまくいかすには経験が必要であり経験を正しく能力に変えるには上司や先輩からの的確な指摘・指導が欠かせないのです。自分の不完全な部分を人に指摘してもらい素直に受け入れ改善することによって人は初めて成長することができるのですが、職場でのコミュニケーションを拒めば上司や先輩からの指摘や指導が少なくなり、なおかつわからないことがあっても聞きづらくなるため、なかなか聞けずそのまま溜め込んでしまうなど成長から遠のいてしまいます。

このような状態が続けば、職場の同期と能力的格差が生じてしまい立場が変わってくるため負い目を感じずにはいられなくなるでしょう。

 

問題が起きても助けてもらいづらい

普段からコミュニケーションを密にとっていないと、仕事で問題が発生しても周囲からの助けもらいづらいというデメリットがあります。人は親しい間柄でないと物事を頼みづらいもの。普段からコミュニケーションをとらないと周囲に助けを求めづらく協力が得られないのです。

 

出勤が憂鬱になる

職場の人とコミュニケーションをとっていなければ職場の雰囲気に馴染めないため出勤のたびに緊張し、出勤が憂鬱になるというデメリットがあります。そのため職場にいづらさを強く感じてしまうため仕事が長続きしない傾向にあります。職場でのコミュニケーションは働きやすい職場の雰囲気を作るため最終的には自分のためになるのです。

 

仕事でのコミュニケーションが苦手な人でも克服できるのか?

コミュニケーションが苦手な方でも適切な方法を行えば、周囲の人とコミュニケーションが徐々に取れるようになっていきます。しかしそれには「何故いまの自分は周囲とコミュニケーションが取れていないのか?」というコミュニケーションがとれていない要因を把握する必要があるので、コミュニケーションが苦手な方の共通点からコミュニケーションが取れるようになる方法を見て行きましょう。

コミュニケーションが苦手な人の共通点

プライドが高い

コミュニケーションを取るのが苦手な人の共通点の一つとして挙げられるのが「プライドが高い」ということです。プライドが高いと言われると、威張っていて嫌なイメージを思い浮かべてしまいますがそうではありません。ここで言うプライドの高さというのはプライドが高いゆえに自分を出せていないということ。「本当の自分を出すのが怖い」「意見を言ったら否定されそうで怖い」「失敗したら馬鹿にされそうだから失敗しても人に言えない」など、これらの感情はプライドが高いゆえに沸き起こります。コミュニケーションが苦手な方は心の奥底に本人でも気づいていない高いプライドを持っていることが多いのです。

 

何を話していいのかわからない

コミュニケーションが苦手な方は、人に話すとき会話の内容を考えすぎてしまい最終的に何を話せばいいかわからなくなってしまうという傾向にあります。もちろん人に失礼を与えないようにするため発言に気をつけるのは大切なことですが、考えすぎては会話が弾まないばかりか人間関係に壁を作ってしまう要因にもなりかねません。何を話していいかわからないという方は、もともと個性としてコミュニケーションが嫌いという方もいますが、過去何かしらのトラブルによってそれがトラウマとなり話せなくなるということもあるのです。

私の過去の経験では、社会人一年目のとき何気なく発した言葉によって相手が不快感を覚え怒鳴られるということがあり、それ以来話す内容を考えすぎるようになってしまいコミュニケーションをとるのに非常に気を使い苦手になるということがありました。今では克服しましたがコミュニケーションが苦手な方には、このような過去に起きた何らかのトラブルによって「何を話していいかわからない」という共通点もあるのです。

 

他人を信用していない

周囲の人を信用していないというのも、コミュニケーションが苦手な人の共通点です。この場合も過去なんらかの原因によっておこるもので裏切られた経験などがあると人を信用せず、会話をすると相手を探るような質問をしたり、逆に質問されるのが探れていると感じてしまい無意識に会話が途切れるような返答をしたりなど他人を信用していないことによって結果的にコミュニケーションが苦手になります。

 

仕事でコミュニケーションが取れるようになる方法

聞き上手になる

コミュニケーションを克服する一つの手段として「聞き上手になる」という方法があります。何を話していいかがわからないのであれば、自らが話すのではなく相手の話を聞いてあげましょう。しかし相手が話すのを聞いているだけでは会話は続きません。聞き上手になるには質問を投げかけること。適切なタイミングで適切な質問を投げかけることができれば会話は自然と広がり、口下手でも聞き上手という印象で周囲から好印象に見られるのです。

聞き上手になるための適切な質問とはYESかNOで終わらない質問。どちらか一方で答えることができてしまう質問は、そこで会話を終わらせてしまいます。逆もしかりで相手が特に適切な質問などと考えていない場合は、YESかNOではなく+αを意識して返答するように心かけてみましょう。特にNOで返答してしまうと相手は否定されたと感じてしまうため余計に会話が発展しづらくなってしまいます。

質問の内容や返答の内容はなんでもかまいません。どんなにくだらないことでどうでもいいと思えることでも、とにかく会話をしようとする意思が相手に伝わることが大切なのです。

 

相手との共通点を見つける

人と信頼関係を築く上で手っ取り早いのが自分と相手の共通点を見つけるということです。出身地や現在住んでいるまたは過去住んでいたエリア、誕生日や誕生月、好きなミュージシャン、趣味など探そうと思えばほとんどの人に共通点を見つけることができます。共通点が見つかれば自然と心の壁がとれ共通点を皮切りに様々な会話が広がり、自然なコミュニケーションが取れるようになるのです。慣れてくれば意識しなくてもできるようになりますが、慣れないうちはどんなくだらない共通点でもいいのでアンテナを張りその共通点を元に会話を広げてみましょう。

 

色んな経験を心がける

この方法は前項の「共通点を見つける」に関係しますが、趣味でも遊びでもジャンル関係なく多くの経験をしておくことは色んな人との会話で共通の話題を見つけるきっかけになりやすいので結果的にコミュニケーション能力の向上にも繋がります。コミュニケーション能力を向上させたいのでしたら積極的に外に出て様々な経験をしてみましょう。

 

職場との相性が合わないということもあるのでその場合は転職も

以上仕事でのコミュニケーションが苦手な方へのコミュニケーション能力の向上法などを解説してきましたが、どんなに頑張ってもダメな場合があります。それは職場との相性が自分に全く合わないということ。人と人とに相性があるように職場と社員にも相性というものが存在します。そのような場合、改善をすることが無理というわけではないですが非常に困難で、時間と労力が相当かかり、なおかつ我慢することが多くなるのです。これでは改善されるよりも早くストレスによって身体や精神が壊れてしまうので努力する意味がありません。

もし「前の職場では問題なかったのに、今の職場では人間関係が辛い」と感じるのであれば相性の悪さを疑ってみてはいかがでしょうか。相性が悪ければ転職し環境を変えれば今抱えている悩みはきっと解決するはずです。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。