人生はお金?幸せな人生を送るために必要な金額と実現方法

「人生はお金が大切なの?」

誰しもが人生に一度は考えるといっても過言ではないこのテーマ。幸せになるにはお金が大切幸せはお金では買えないなどお金に対する価値観は人によって異なりますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、人生におけるお金の重要性と、幸せな人生を送るために必要な金額、幸せを実現する方法についてお伝えします。

人生はお金なのか、そうでないのか。また、人生を幸せなものにするにはどうすればいいのか迷っている方は是非本記事をご一読ください。

人生はお金?人生におけるお金の重要性とは

人生を生きる上でお金は幸福度の指標として用いられることがあります。確かに、年収が高い人ほど幸福度が高いという研究データもありますが、様々な人の意見をまとめると「お金=幸せ」というわけではなさそうです。

お金がないと生きていけない現代の貨幣経済社会において、お金は非常に重要なものであることは間違いありません。しかし「人生でお金は最も大切なもの」というのに対し賛否両論あるのも事実です。

一見どうでもよさそうに思えるテーマですが、このテーマに対する自分なりの納得できる答えを持つことにより、充実した幸せな人生をつかむきっかけを手に入れることができるので真剣に考えて損はありません。以下は筆者がこれまでの経験により出したお金に対する捉え方・考え方ですので参考にしてください。

人生はお金?人生の幸せに対する考え方

人生の幸せはお金だけでは成り立たない

人生はお金?というテーマを考えるにあたって、筆者はまずお金で手に入れることができることと、そうでないことを考えました。お金があると生活の基本である「衣・食・住」を高水準で手に入れることができ、趣味などにお金を十分使えるようになるため人生を充実させてくれることは間違いありません。

しかし、世の中すべてのものをお金で買えるかといえばそうではなく、お金があっても家族や友人がいなければ寂しいだけですし、お金があっても不健康であったならお金を使って得られる楽しみも十分に満喫することができません。時間がなくても同じようなことが言え、これらをまとめると、人生を幸せに生きる重要な要素として「お金」以外に「時間」「健康」「友達」「家族」をあげることができます。

 

「人生=お金」ではなく「人生=バランス」

「人生はお金」というように、人は一つのテーマに対して優劣をつけたがり1番を決めようとしますが、前項にてお伝えした「お金・時間・健康・友達・家族」の五大要素は人生における幸せを作りあげるために必要な要素であるため、この五つのどれか一つでも欠けてしまうと幸福度は大きく下がり、幸せな人生とは到底言えなくなってしまいます。

全てのバランスを保つことが人生の幸せを形成するにおいて最も重要なのではないかということです。

しかし、そうは言ったものの五大要素の中でもお金が他要素に与える影響は他と比べると大きなものです。バランスを保つのにはお金は非常に有効で「人生はお金」という言葉には、「お金があればバランスを保つことが可能になる」という意味が込められています。したがって「お金が最も大切」と言葉のまま捉え、お金だけに焦点をあてるのではなく「バランスを保つためにはお金も重要」と捉えることが人生の幸福にとって最も重要なことと言えます。

 

幸せな人生にお金はいくら必要なのか?

よく「人の一生に必要な金額はいくら?」ということで、状況別に一生涯で必要な金額を算出したデータが数多く存在し、そこには2億〜3億円というデータが書かれていますがこれはあくまで一般的なもの。個々人で個性が異なるように当然送りたい人生も人によって違うので、それを実現するに必要な金額も変わってくるのです。

そのため、自分自身に応じた幸せな人生をおくるための金額を計算するには、自分はどんな人生を手に入れ過ごしたいかを明確にする必要があります。

以下では、幸せな人生を送るために必要な金額を計算するまでの流れをお伝えしていますので参考にしてください。

幸せな人生に必要な金額を計算するための方法

まずはゴール(目標)を決める

まずは目指すべきゴール(目標)を決めましょう。

人は実現できる手段を第一に求めがちですが、ゴール(目標)が明確に決まっていなければ正しい手段を決めることは到底できません。旅行に例えると、旅行に行くときはまず国や地域(目的地)から決め、これが決まったら次は目的地に行くための手段を決めます。国外なら飛行機、国内なら電車もしくは自動車など目的地に適した手段が存在するのです。手段を第一に求めるということは、交通手段をまず自動車と決め、蓋をあけてみたら目的地はハワイだったというようなもので不適切な手段ではいつまでたっても目的地に到着することはできません。

人生もこれに似ていて、人生の叶えたいゴール(目標)を先に決めないと、それを達成する手段が明確にならないため、いつまでも達成できないのです。以下の条件をもとに自分のゴールを明確にしてみてください。

思考の制限枠を外して考える

人はやりたいことを考える際、無意識に「こんな人生は無理だ」「非現実的で理想だから無理だ」と思考に制限をかけてしまいます。しかし、制限をかけてしまっては制限内での目標しか持てず制限内でしか実現できなくなってしまうため、達成しても理想とは程遠い人生の仕上がりになり自分を肯定することが難しくなってしまうのです。

理想のほとんどは思考の制限枠外に存在します。それらを目標として設定し実現するためにも思考の制限枠を外して、純粋な理想から目標を定めましょう。

具体的にできる部分はより具体的となるよう書き出す

目標は具体的であればあるほど達成しやすくなり、達成したときの喜びも大きなものとなります。改めて後述しますが、達成したい理想を具体的にできるのであれば金額もわかり、より具体的に必要な金額を求めることができるので、わかる部分は具体化して書き出しましょう。

目標設定期間を2~5年後に設定する

目標を達成するまでの期間は、長すぎてもモチベーションを維持できませんし、短すぎても達成が非現実的なものとなってしまうので、それらを考慮すると2~5年後を目標達成の期限に設定しましょう。

 

ゴール(目標)を達成するために必要な金額を算出する

ゴール(目標)が決まったら次はそれを現実のものとするために必要な月々の金額(月収)を算出します。前述しましたが、ここではできるだけ具体的に金額をイメージしたほうが達成しやすくなるので調べてわかることは細かく調査し算出してみましょう。以下は、金額を算出するために具体化した方がいいものの例ですので、具体化の参考にしてください。

住居 : 東京都港区にある〇〇マンション12Fの△号室に住みたい  → 月家賃35万円

被服 : 毎月それなりに服を買いたい              → 月10万円

食費 : 週末は高級フレンチを食べたい             → 月10万円

娯楽 : 年に4回は海外旅行に行きたい             → 年100万円

投資 : 収入の一部を資産運用に回したい            → 月10万円

貯蓄 : 収入の一部を貯金しておきたい             → 月20万円    etc…

 

幸せな人生を実現するには

前章では、自分にとっての幸せな人生(ゴール・目標)を送るために必要な金額を算出把握していただきました。最後はそれを基にどうすればゴール(目標)を達成できるのかという手段を考えましょう。

「現在の働き方や生活を継続していれば目標を達成できる」という方は実現手段をすでに行っているということになります。

しかし一方で、このままでは到底目標を達成することはできないという方は、将来的に目標達成を見込める働き方に変える必要があるということです。人によって目標が違うため手段も目標の数だけ異なります。どのような手段をとれば自分の幸せな人生を実現できるのか具体的に詰めていきましょう。

以下は幸せな人生を実現するための具体例です。目標設定から金額の算出、そしてそれを達成するための行動計画を立てる際の参考にしてください。

例) 時間にとらわれず自由な生活を送りたい

ある人の叶えたい理想に、時間にとらわれない自由な生活を送りたいという目標があったとします。これらを実現するにはどうすればいいのかを見ていきましょう。

時間にとらわれない自由な生活とは具体的にどういう生活かを考える

まず、大切なのは抽象的な目標をより具体的な形に昇華することです。時間にとらわれない自由な生活とは何か?を考えていきましょう。人によって様々かと思いますが、ここではよりイメージしやすいよう例として挙げてみます。

【時間にとらわれない自由な生活】

・東京を中心に月に1回は旅行できる生活を送りたい  → 月20万円

・東京では渋谷区の○○タワー30F△号室に住みたい  → 月35万円

・好きなものを好きなだけ食べたい         → 月15万円

・おしゃれを楽しみたい              → 月15万円

・趣味のトレーニングとゴルフを楽しみたい     → 月10万円

・十分な貯金をしたい               → 月20万円

・仕事はどこにいてもできるような仕事が理想    →      ―     合計約115万円

 

月額約115万円の収入を実現させるにはどうすればいいかを考える

次は前項月間の収入である約115万円をどうすれば実現することができるかを考えましょう。

実はお金を稼ぐ手段はたくさんあり、多くの手段をほとんどの人が選択できます。月間115万円を稼ぐには給料が115万円以上の会社に勤めるというもの一つの手段ですし、会社員としての月給が30万円であるなら、残り85万円を副収入で得るということもありです。会社員を辞めてしまい独立起業にて、月間約115万円を稼ぐという方法もあるでしょう。どこにいてもできるような仕事ということであればフリーランスとしてパソコンを使った仕事で稼ぐという選択もできます。

設定した目標が大きな金額規模であればあるほど達成までの難易度は上がりますが、実現不可能ということは絶対にありませんので、目標から手段を逆算し自分に無理のない適正な働き方で、楽しみながら目標を実現させることが実現のために大切です。

 

人生とお金、そして自分に向き合い幸せな人生を

以上が人生におけるお金の重要性と、幸せな人生を送るために必要な金額、幸せを実現する方法でした。「人生はお金」この言葉だけ聞くと嫌に聞こえますが、お金は決して汚いものではありません。お金は感謝による対価なため人に与える感謝が大きければ大きいほど返ってくる対価の額も大きくなります。

また幸せな人生を送るにあたりお金だけにとらわれすぎないよう、「お金・時間・健康・友達・家族」それぞれのバランスを保ち、自分にしっかりと向き合い自身にとっての幸せな人生を掴み取りましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。