「仕事を辞めたい」が言えない…伝えた後の反応と上手な伝え方

「仕事を辞めたいけど言えない…。」

仕事の立場や状況、上司の人柄などによっては退職を伝えづらいことってありますよね?自身が置かれている状況によっては、退職を伝えること自体に非常に勇気が必要で言い出すことは容易ではありませんが、どうすれば問題なく退職することができるのでしょうか。

今回は、退職を言い出せない原因から、伝えた後の周囲の反応、トラブルが起きない上手な伝え方についお伝えします。

退職をなかなか言い出せなくて毎日がストレスで困っているという方は是非ご一読ください。

「仕事を辞めたい」が言えないのはなぜか

会社に退職を伝えるのは非常に勇気が必要なことです。上司との人間関係が悪い理由で退職をしたい場合は、上司に怒られる気がするからなかなか言い出せない、職場の人間関係が良好な場合は、同僚が気になってなかなか言い出せない、人手不足だから辞められない、など自身が置かれている状況によって言い出しづらさの度合いも変わってきます。

どうすれば仕事を辞めたいが言えないという状況を改善することができるのでしょうか?今一度、言い出せない原因を見直し、そこからどうすれば改善できるのかを見て行きましょう。

「仕事を辞めたい」が言えない原因と改善策

退職を言い出せないのは余計に考えすぎるから

仕事を辞めたい、そして言い出せない理由は人により様々ですが、退職の旨をなかなか伝えられない原因はたった一つ、それは「退職を伝えた後がどうなるか明確にわからないため不安を大きく想像しまうから」です。人は考えすぎてしまうと悪い方に考える癖があるため時間の経過と共に不安が大きくなり余計に勇気を出すことが難しくなります。

深く考えない性格の方は、退職を言い出す際勇気は必要なものの、行動を起こすことが可能ですが、逆に考えすぎてしまう方は、見えない先をネガティブに考えてしまい行動を起こすことができません。退職を伝えるには、考えすぎる癖を直すというのも一つの手段ではありますが、無意識にしてしまうことを直すのは相当な時間がかかるので、直してから退職をするのは現実的ではありません。それではどのようにすれば退職の旨を伝えることができるようになるのでしょうか?

 

退職を言い出せるようになるには未来を明確に想像すること

退職を言い出せるようになるには、見えないことで不安であった「退職を伝えたらどうなるかわからない」という不明確な未来を明確にすることです。例えると、初めての土地で目的地までたどり着くには「迷わないように…」「時間に間に合うように…」など多少の不安が付きまといます。しかし二回目に同じ場所を目指す時、一回目の情報と経験があるため不安は一切ありません。

退職を言い出せないのもこれと同じで退職を伝えた後どうなるのか?を明確に予測・想像できれば不安は生まれず言い出すことができるのです。

それでは退職を会社に伝えると上司や同僚はどのような反応をとるのでしょうか?次章で退職を伝えた後の上司や同僚の反応を見ていきましょう。

 

「仕事を辞めたい」を伝えると周囲はどのような反応をするのか

退職を伝えた際の上司や同僚の反応は1つではありませんが、いくつかのパターンに分けることができます。反応パターンは現在自分が置かれている状況によって予測することができますので分析してみましょう。

「仕事を辞めたい」を伝えた後の上司や同僚の反応

退職を引き止めてくる

退職を伝えた後の代表的な反応として、なだめられ退職を引き止めてくるというものがあります。このような反応は、あなたという人間を必要としているから引き止めてくると思われがちですが実はそうと一概には言いづらく、上司が自分の立場を守るために退職を引き止める場合等もありますが、それ以外にも事業運営や企業の経営に影響がでるなど、会社にとってあなたの存在が本当に必要な場合、上司が部下に対して「この理由で退職してしまうと本人のためにならない」と本人のためを思って引き止める場合もあり、自身の置かれている状況によって退職を引き止めてくる口実は変わってきます。

 

退職理由や転職先などを事細かく聞いてくる

退職の意思を告げると多くの場合、退職理由や転職先の情報を事細かく聞いてきます。

・退職もしくは転職理由

・退職もしくは転職を考え初めた時期

・現状の不満

・転職先の情報

・転職先の会社に決めた理由

これらの情報を細かく聞いてくると思いますが、そもそもこれらの情報を聞いてくる理由は退職引き止めのきっかけを探しするためです。質問され答える中で退職意思を強く表示することができれば上司もそのことを悟り強く引き止めてくることはなくなるでしょう。

 

嫌味を言ってくる

今ではこのようなことは減りましたが、それでもゼロではありません。器の小さい上司の場合は残念ながら以下のような嫌味を言ってくることもあります。

・ただでさえ人手不足で忙しいのに、辞めてもらっては困る

・転職先の会社は大したことない

・転職したら苦労するだけだ

・いままでお前に費やした時間が無駄になった

・退職するのはいいけど、いままでの顧客は置いていけ

など、このようなことを退職時に言ってくる上司も残念ながら一部存在するので、普段から器の小ささが表面に出ている上司の元で働いている場合は覚悟しておきましょう。嫌なことを言われたところで退職してしまえば関係を絶つことができます。気にせず聞き流すのがポイントです。

 

周囲の反応が冷たく感じる

会社に退職を伝えた途端、周囲の反応が冷たくなることを感じます。これは仕方のないことで、上司は退職者の退職理由を知っていても、職場の人間は退職者の退職理由を知らないことが多いため、繊細な問題と捉え退職者に対して気を使います。さらに退職者本人が退職することで起こる周囲への仕事の影響などから本人からも申し訳ない感情・雰囲気が出るため周囲はより気を使います。これらによって退職を告げた後は冷たく感じるのです。

冷たい雰囲気の中で仕事をするのもなかなか厳しいため、これを考慮して退職時期を迷惑がかからない程度に早めたり、最後一ヶ月は有給を使うなどの工夫をするのも一つの手段です。

 

応援してくれる

本当に良い職場は、上司・同僚に限らずあなたの退職や転職後の動きを心から応援してくれます。もし退職を言い出せない理由が、「上司や同僚との人間関係が良すぎて…」というものでしたら、応援してくれることがほとんどです。この場合、転職理由が夢あるものだとより応援されやすくなります。「給料が安いから」という転職理由よりも、「○○を実現したいから」などの転職理由の方が共感も呼びやすくなおかつ、自分の軸にもなるためブレない退職・転職が可能になるでしょう。全力で応援してもらえ、円満退社を実現するために自己分析をしっかりと行っておきましょう。

 

どんな状況であってもトラブルなく退職には

「仕事を辞めたい」が言えない原因や、伝えた後の周囲の反応を解説してきましたが、やはり一番大切なのは、トラブルのない円満退社を伝えるための「退職の伝え方」です。退職の伝え方ひとつで、上司の反応や退職者に対する印象は大きく変わります。正しい退職の伝え方を理解し、問題がおこらない円満退社を目指しましょう。

トラブルない退職の伝え方

繁忙期以外に伝える

人手不足になりがちな繁忙期に、退職を切り出すのはおすすめしません。この時期は誰もが気を張っているため、退職を切り出したとしても、上司から悪い印象を受けるかもしくは相手にされない可能性があり、この時期に伝えても良いことはないのです。

一般的に年末の12月末もしくは年度末の3月末に合わせて退職すると、引き継ぎもスムーズに行われやすく、なおかつ世間的に退職者が増える時期のため、求人も募りやすくなり会社とって迷惑がかかりにくくなります。このことを見据えて繁忙期以外の閑散期に退職の意思を伝えましょう。

 

就業規則を事前にしっかり確認しておく

在籍している会社の就業規則をまずは把握しておく必要があります。就業規則には「退職希望日の○週間前(もしくは○ヶ月前)までに退職願いの提出をする」など提出日に関する記載があるため、トラブルにならないスムーズな退職を実現するためにも事前に確認し把握しておきましょう。

一般的な退職の流れは以下ですが、会社によっては異なりますので以下は参考程度にとどめ詳しくは在籍企業の就業規則を必ずご確認ください。

Step1. 退職を決意

Step2. 退職意思を上司に伝え、退職希望日を口頭または退職届で伝える

Step3. 了承を得たら上司と退職日を決める

Step4. 退職日が決まったら退職届を提出する

Step5. 返却物・引継ぎを退職日までに済ませ退職

 

退職理由は個人都合で退職する

いかなる退職理由であったとしても退職理由は個人都合にしておきましょう。仮に退職理由を会社側の問題や不満にした場合、それを口実に引き止められてしまう可能性があり面倒になります。さらに退職時に会社の不平不満を言うことで会社からの印象が悪くなると、退職後に必要な書類やりとりに関する連絡などが取りづらくなるため、会社側に問題があり退職する場合も、悔しいですが、そこは堪えて個人都合(一身上の都合により〜)にして、最後の最後で印象を悪くすることは避けましょう。

 

就業規則を遵守した上で必要書類を提出

自身の中で退職日が決まったら、就業規則を守った上で退職願・退職届・辞表を提出しましょう。立場や役職により提出するものが変わってくるため以下を確認して自分に合ったもの提出してください。以下は退職願・退職届・辞表の違いをまとめたものですので改めて確認しておきましょう。

種類 役割
退職願 退職願とは、退職の意思を会社に伝えるための書類であり、一般的に退職届の前に提出するもの。

就業規則によっては、書類ではなく口頭での意思表示も可能で、一度提出して気が変わったら取り消すことができる。

退職届 退職届とは、退職が確定した際に会社に対して提出する書類。会社の規定によって退職届のフォーマットが指定されている場合があるので事前の確認が必要。
辞表 辞表とは、企業の経営者や取締役など会社と雇用関係がない人が役職を辞めるために提出する書類。また公務員の退職においても使用される。一般会社員が提出する必要はない。

 

「仕事を辞めたい」が言えない人でも確実に伝えることができる方法

原因や伝え方がわかっても、なかなか勇気が出ないという方もいると思います。そのような方は転職先を先に決めてしまいましょう。実際に転職先を決めてしまい、転職日を転職先企業に伝えてしまえば退職しない訳にいかなくなります。期限を設けないといつまでたっても退職できないので期限を決めることによって退職を言い出す勇気を得ましょう。

さらに在職中に転職先を決めるのは転職活動上でも非常に良いことです。退職してから転職活動をすると、いつ転職先が決まるかわからないため、経済面の関係上長引けば長引くほど焦りが生じ満足な転職が難しくなります。これらのことから在職中に転職先を決めてしまうことは自分にとって都合の良いことと言えます。

 

納得し意思を固めることにより「仕事を辞めたい」が言えるようになる

以上が、「仕事を辞めたい」が言えない場合の原因と、伝えることができるようになる方法です。この記事を読まれた方はある程度退職意思が固まっているかと思いますが、これを機に改めてよく考えてみてください。どんな優柔不断な人間でも強く退職が決まっていればいいだせるはずです。言い出す勇気がでないということは自分自身が完全に納得していないということ。納得した上で退職・転職しなければ後悔することもあるので是非改めてみてください。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。