志望動機の書き出しで採用担当を魅了するには?【例文付き】

「志望動機の書き出しはどうすればいい?」転職の志望動機があっても伝わるように書くのは悩みますよね?

志望動機は、履歴書や職務経歴書などの応募書類の中でも、特に採用側に注目される項目の一つです。志望動機の項目だけが合否を左右するということはありませんが、志望動機の書き方や内容によって、書類選考と面接で採用担当者に与える印象に、それなりの影響を与えることは間違いありません。したがって志望動機に気持ちを込めて作成することは、採用に大きくプラスになると言えるでしょう。では、どのような書き出しであれば採用担当の目を引く志望動機ができるのでしょうか?

今回は、志望動機の正しい書き出しを例文付きでお伝えした上で、採用されやすくなる志望動機作成のポイントについてお伝えします。

本記事の内容を元に志望動機を作成していただければ、合格率がアップする志望動機が作成できますので、是非ご一読ください。

志望動機の書き出しを考えるにあたって

志望動機の書き出しには、統一しなければならない決まりがあるというわけではありませんが、書類選考を通過し、その後の面接にて好印象を与え採用につなげるには、それなりに整った文章であるかつ、採用側にストレートに伝わる構成でなければ、せっかくの熱い想いも伝わりません。200〜300文字程度の短い文章の中で、それらを表現するには、採用側が志望者に対して問いたい「なぜ当社じゃないとダメなのか?」について明確に答えることです。

その問いに答えるには、①「企業が求める人材」をしっかりと理解しそれを踏まえた上での志望理由②これまでの経験から応募企業へ貢献できること、そして③その会社でないと達成できない将来のキャリアビジョン、これら①〜③の項目を含めて構成し、根拠と強い意志を採用担当者に伝えるのがベストと言えます。

それでは具体的にどのような志望動機であれば採用担当者を魅了できるのかを見ていきましょう。

採用担当者を魅了する志望動機の作り方

①志望動機の書き出しは「企業が求める人材」に応えることから

採用担当者を魅了する志望動機を作成するにあたって、志望動機の書き出しは「企業が求める人材」を理解しそれを含めた志望理由からはじめます。

ここでの「企業が求める人材」とは、 “積極性”や“柔軟性”を持ちつつも“コミュニケーション能力”に問題のない人材を前提とした「応募先企業のことが好き」「応募先企業に利益をもたらす人材」である人材のことです。

特に書き出しの部分では、「応募先企業のことが好き」を含めて書き出しとし志望理由とします。同業他社ではなくどうしても応募先企業でないとダメな理由を、応募先企業の取り扱う商品やサービス、コンセプトを書き出しとし、②応募企業へ貢献できること, そして③その会社で達成できるキャリアビジョンへ繋がるよう志望動機の書き出しを作成していきましょう。

以下は、志望動機の書き出し例ですので、志望動機作成の参考にしてください。

志望動機の書き出し例

これまで営業職に従事してきたことから、以前より貴社サービスに興味があり、サービスコンセプトに基づいた製品を実際に利用させていただき、貴社「お客様第一主義」理念を肌で感じることができ大変感動するとともに共感しました為に、貴社を志望しました。

 

志望動機の書き出しを書いたら、応募企業へ貢献できること

志望動機の書き出しの流れからそのまま続けて、志望先企業が「自分を採用すべき理由」を書いていきます。これまで経験し培ってきた知識やスキルを自分の強みとし、それらを活かして応募企業に貢献できることをより具体的に文章化していきましょう。

企業は採用人材に対し、「売上アップ」「コスト削減」「新規ヒット商品開発」等の期待をしています。それらに貢献できることを、自分の経験してきた強み(客観的に評価された実績)を根拠として文章化しましょう。

 

最後に志望先企業でしか達成できない将来のキャリアビジョンで締める

志望動機の最後は、その会社でないと達成できない将来のキャリアビジョンで締めます。キャリアビジョンとは、仕事において、将来自分がなりたい姿のことを指しますが、ここでは5年後の仕事におけるその企業だからこそ達成できる自分の理想像を文章化します。

キャリアビジョンで想像する将来は3年後や10年後という場合もありますが、短すぎず長すぎない、設定した目標が現時的に考えて達成できる5年がいいでしょう。キャリアビジョンには、貢献意欲と成長意欲を見せるために少し高い目標設定を行い、さらには現時点での自分にとって改善しなければいけないポイント等を含めるのもいいでしょう。

自分が応募先企業にとって採用するメリットが将来に渡ってあるという投資意欲を掻き立てるようなキャリアビジョンを作成してください。

 

志望動機全体の例

それでは、これまでの構成すべてを含めた志望動機全体の例を見ていきましょう。以下は、前述の書き出し例に合わせた例文です。あくまで例であるため内容は変わるかと思いますが、自分にとっての志望動機構成の参考にしてください。

これまで営業職に従事してきたことから、以前より貴社サービスに興味があり、サービスコンセプトに基づいた製品を実際に利用させていただき、貴社「お客様第一主義」理念を肌で感じることができ大変感動するとともに共感しました為に、貴社を志望しました。

培ってきました営業経験から、お客様に最大限応えることのできる営業に自信があり、徹底したヒアリングを常に心掛け お客様からも喜んでいただけ、前職での営業成績は常に全国10位以内で毎年表彰される機会をいただいており、これらの経験を活かし、貴社にて短期間で営業戦力となれるようさらに精進し、売上アップに貢献したいと考えております。

 

志望動機が複数あり、書き出しに困った場合は

応募書類を作成されている方の中には、志望動機が複数あるがゆえに、志望動機の書き出しに困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

志望動機が複数あるのはとても良いことですが、数が多い場合それらをただ並べても、まとまりのない文章となってしまい、せっかくの動機が採用側に伝わりません。そのため志望動機が複数ある場合は、複数ある志望動機に効果的に好印象を与えられるものから優先順位をつけ、優先度が最も高いものを書き出しに含めましょう。

あまりにも多い場合は、複数を一つに絞って手短に記入するのもありですが、2~3個程度でしたら書き出しに優先度1位のものを記入した後に、2個目〜3個目を記入し文章の締めである結びへとつなげましょう。

 

志望動機でさらに採用担当を魅了するためのポイント

これまでも度々お伝えしてきましたが、志望動機の書き出しは採用担当の目を引くために重要です。より説得力を出し入社後の利益に直結しそうなイメージを採用側に与えるためにも、書き出しや、それに合わせて含める内容がある程度固まったら、応募する職種に合わせた合格率を上げる志望動機作成のポイントを意識して、志望動機を作成しましょう。以下にて、職種別に特化した合格できる志望動機の作成ポイントをお伝えします。ご自身の応募先企業に当てはまる職種をチェックし、作成の参考にしてください。

職種別に特化した志望動機作成のポイント

営業職の場合

これまでも営業職を経験し、そしてこれからも営業職として応募するのであれば、応募先企業の営業戦略を理解した上で、これまで営業職で培ってきた知識や経験そして実績を数字として具体的に落とし込みアピールしましょう。取扱い商品・サービス・戦略・マーケティングが近ければ近いほど、過去の経験を強くアピールできます。しかし、多くの場合は、それらが変わることがほとんどなので、これまでの経験を応募先企業の事業に絡み合わせてアピールしましょう。

まったくの営業未経験で実績がなくても、コミュニケーションスキルなどでアピールすることが可能です。応募先企業に働く意欲と成長意欲を感じさせるようアピールしてみてください。

 

販売・サービスの場合

販売・サービス職、つまり接客業務が主であるかと思いますが、販売・サービス職の場合は、応募先のブランドや販売方針などを理解した上で、これまでの経験で培った接客スキルをアピールしましょう。また、過去に店舗責任者を経験しているのであれば、職戦力アピールもできますので、必ず志望動機に含めて作成しましょう。

 

経理の場合

経理や経理事務に転職する場合は、即戦力として働けた方が、採用が有利に進みますので即戦力をアピールするためにも、これまでの経験や実務から得た知識などをアピール材料として最大限志望動機に練り込みましょう。

未経験の場合は、これまでの経験というよりも、取得している資格(簿記関連)やPCスキル、社内業務を円滑にこなすために必要なコミュニケーションスキルをアピールしましょう。経理は専門知識が必要な職種であるため、資格を取得しておくか、間に合わなければ取得予定である旨を書き、成長意欲も同時にアピールしてください。

 

事務・アシスタントの場合

事務・アシスタント職では、これまで経験してきた経験業務を中心にアピールしましょう。経験した業務に契約書の作成等、専門的なものがあれば即戦力とみられ、より効果的にアピールが可能です。また、企業の募集要項をきちんと満たしていることも内容に含めましょう。

経験業務以外のことも率先してチャレンジするような、成長意欲をみせることによって、より有利になりますので、成長し応募先企業に貢献する姿勢を見せましょう。

 

技術職の場合

技術職の場合は、その技術があることは前提であり、技術に加えて、組織の一員として適応できるコミュニケーションスキルをアピールしましょう。技術職業界では、職人気質な方が多い傾向から、中には組織に向かいない方も多く存在します。しかし、技術職に限定せず、企業に勤めるということは、周囲と協力することが必要なので組織に適応できることが必要不可欠なのです。したがって他では普通であっても技術職業界では、コミュニケーションスキルは重宝されますので、しっかりとアピールしましょう。

 

医療系専門職の場合

医療系専門職に転職する際は、知識やスキルがあることは大前提であるため、採用側(医療機関側)は応募者に対して業務は問題なくできる前提でみてきます。そのため医療系専門職の志望動機では、数ある医療機関の中から「なぜ、うちを志望するのか」という具体的で説得力のある理由が求められます。例えば、小規模な医療機関から大規模な医療機関に転職するのであれば、「より幅広い経験がしたい」、逆に大規模な医療機関から小規模な医療機関に転職するのであれば、「患者様一人一人と密なコミュニケーションをとりたい」等、状況にあった志望理由を具体的にアピールしましょう。

 

志望動機の書き出しは採用担当を魅了するための重要部分

履歴書や職務経歴書などの応募書類の中でも、採用担当者に非常に注目されるポイントです。2014年に楽天リサーチ株式会社が人事など採用業務経験者300人を対象に行った「中途採用の応募書類で重視する点のうち、最も重視する点」というネット調査では、職務経験(業務経験)34.3%(1位)についで志望動機・志望理由が19.0%(2位)という集計結果が出ています。志望動機は、自身を最大限アピールできるポイントでもあり、自己PR以上に目に付くポイントでもあるため特に意識して作成しましょう。

さらに志望動機の書き出しともなると、採用担当者に志望動機を読ませるための興味付けとして非常に重要なセクションとなりますので手を抜かずにしっかりと作成してください。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。