退職理由を面接で質問されたら?正しい伝え方と回答例

「退職理由を面接で質問されたら何と答えればいいのだろう?」

本来、退職理由は給料が悪い, 残業が多い, 人間関係がよくなかったなどネガティブであることが多いため、そのまま答えると志望先企業に悪印象で伝わってしまいます。ポジティブな理由しかない転職であれば直接伝えて問題はありませんが、退職理由がネガティブな理由の場合は、どうすれば採用側にポジティブな印象でアピールすることができるのでしょうか?

今回は、面接で退職理由を答える場合の正しいルールと、本当の理由がネガティブな理由であった場合の解答例、退職理由で企業が注目する点から導き出す合格率アップのポイントについてお伝えします。

本記事の内容を元に、退職理由を準備し面接で答えていただければ、採用側にポジティブなイメージを与えることができますので是非参考にしてください。

退職理由を面接で質問されたら

冒頭でもお伝えしましたように、転職理由がネガティブな理由では採用側に悪い印象を与えかねません。ネガティブな理由をそのまま伝えてしまうと「うちに入社しても、また同じことを言ってすぐに辞めてしまうのではないか?」と思われ、採用される率が大幅に下がってしまいます。そうならないためにも、以下、退職理由を面接で応える場合の正しいルールを意識して、退職理由を応えるようにしましょう。

退職理由を面接で答える際に守るべき5つのルール

ルール1. 前向きな理由で応える

実際の退職理由が、「給料が安いから」「上司との相性が悪かったから」「職場の人間関係が悪かったから」などの後ろ向き理由であっても、退職理由は「○○に挑戦したかったから」「御社にて○○に携わりたかったから」などの前向きな理由に換えて応えましょう。

後ろ向きな理由のままで応えると前述のように「入社しても文句ばかり言うのでは?」「不満を言ってすぐに辞めてしまうのでは?」と採用側が不信感を抱いてしまいます。そうなっては採用への距離が遠のいてしまいますので、好印象を与え、なおかつ入社意欲をアピールするためにも、前向きな理由で応えるようにしましょう。

 

ルール2. 否定・批判的な言葉は使わない

ルール1.と内容が重なる部分もありますが、前向きな内容で退職理由を応えるということは、当然否定・批判的な言葉を使ってはいけません。前職に関する否定や批判、業界に対する否定や批判、その他すべてにおいて否定・批判的な言葉を使うと、何かあった際に他人や環境のせいにする人間として見られるため採用側の眼には悪印象に映ります。従って、否定・批判的な言葉は一切使用しないで退職理由を応えるように意識しましょう。

 

ルール3. 嘘はつかない

退職理由に限らず全ての物事に当てはまりますが、応募書類作成段階、そして面接時に嘘をついても、質疑応答を重ねていく過程で、採用側に嘘がばれますので、嘘は最初からつかないようにしましょう。

後ろ向きな退職理由を前向きに言い換えることに対して「嘘をついている」と感じる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、前向きに言い換える際も事実に基づいた理由であることが前提です。嘘をついてしまうと、面接での応えにつじつまが合わなくなり、仮に採用されて入社できたとしても、入社後に嘘が原因でトラブルになることもありますので、嘘はつかずに事実に基づいた内容で退職理由を応えるようにしましょう。

 

ルール4. 具体的に応える

退職理由はできる限り具体的に応えましょう。ルール1.で前述しましたのは、前向きな理由の例であるため、簡潔かつ抽象的に書いていますが、実際に退職理由を応えるときは、前向きな退職理由をさらに深堀しより具体的に応える必要があります。

「なぜ挑戦したいと思ったのか」「どのように携わりたいのか」「携わってどうなりたいのか」など、より具体的な理由も併せて応えることができれば、採用側も自社にマッチする人材なのかどうかを評価することができますので、具体的に退職理由を応えるようにしましょう。

 

ルール5. 志望動機と併せて応える

退職理由を前向きな内容に変換する際に、志望動機を併せて考え、各項目を連動させると退職理由・志望動機共に説得力が増し、好印象にアピールすることができます。退職理由と志望動機は表裏一体、本来、ネガティブな退職理由をポジティブに変換するだけでなく、入社意欲を強くアピールすることができますので前向きな理由に変換する際には志望動機と併せて応えるようにしましょう。

 

実際に退職理由を面接で答えるには

それでは、具体的にどのように退職理由を前向きに変換して、退職理由を面接で応えればいいのでしょうか?よくある本当の退職理由別に、変換例を挙げていきますので、例を参考に自分用の退職理由を考えてみてください。

退職理由を面接で答える際の状況別回答例

よくある退職理由①:「給料が安かった…。」

「給料が安かった…。」だけでなく、雇用条件に関する不服不満からの退職理由は、退職理由の中でも圧倒数を締めます。そのため、雇用条件を現状より良くする目的での転職が非常に多いのが事実です。しかし、面接にて「給料が安かったから」とストレートに応えてしまっては、「給料が良ければどこでもいいのか」と悪い印象を与えかねません。このような場合は、給料が安かったという事実は伝えつつも、志望動機と絡め合わせて退職理由を考えましょう。

退職理由の回答例

前職では、業務内容や職場の環境に満足していましたが、成果を出していたにもかかわらず在籍していた6年間、昇給が一度もありませんでした。そのため仕事に対するモチベーションを維持することが困難でしたが、御社は実力主義ということもあり、これまでに培った知識と経験を活かせると思い転職を決意しました。

 

よくある退職理由②:「評価に不満があった…。」

「あんなに頑張ったのに評価してもらえなかった…。」など評価制度への不満をストレートに伝えてしまうと「評価されるだけの実力がないのでは?」と実力不足の悪い印象で受け取られてしまいます。このような場合は、入社後に焦点を当て、評価をしてもらえるよう努力することを退職理由と合わせて応えましょう。

退職理由の回答例

前職では、頑張りが評価に直結しない年功序列制度だったということもあり、成果を出しても評価にまったく繁栄されなかったため、モチベーションを保つのが非常に困難でした。御社では実力・能力主義の評価制度であると伺っており、これまでの経験やスキルを十二分に発揮したいと思い転職を決めました。

 

よくある退職理由③:「残業が多くて辛かった…。」

「残業が多くて辛かった…。」「休日出勤が多くて…。」これらも退職理由に非常に多い理由です。確かに残業が多いと嫌ですし、辞めたくなる気持ちは誰しもが抱きますが、ほとんどの企業では残業があるため、残業が嫌で退職したと応えてしまうと「頑張って仕事してもらえないかも…。」という印象に受け取られかねません。このような場合は、入社後の働き方について、効率的かつ効果的に働くことをアピールしてみましょう。

退職理由の回答例

前回の職場では、残業が当たり前な社風であったため、ほぼ全ての社員がサービス残業を行っており、土日出勤もあたり前のようにありましたが、残業時間を過ごしていると通常の業務時間での私語が多いところが目立ちました。残業や土日出勤自体はまったく問題ありませんが、より効率的・効果的に業務をこなしたいと思い、それを実現できる環境を探していた中で御社の求人を見かけましたので、転職を決意しました。

 

よくある退職理由④:「職場の人間関係が嫌で…。」

職場での悩みで圧倒的割合を占めるのが「人間関係」ということもあり、退職理由でも「職場の人間関係が嫌で…。」というのは少なくありません。非常に一般的な不満であっても、伝え方によっては「この人に問題があるのでは?」と思われかねませんので、人間関係が退職理由の場合は、組織としてチームとして仲間と一丸となり仕事がしたいという協調性を退職理由に含めて伝えてみましょう。

退職理由の回答例

前職は、個人の売り上げを競う社風ということもあり、仕事も個人で行うことが中心で、職場の人間とはほとんどコミュニケーションをとることができませんでした。個人で競うこと自体は、個々人の結果に繋がりやすいので否定はしませんが、私自身、前々職の経験からチーム一丸となって成果をだすことを得意としていますので、それを再び活かしたいと思い、発揮できる環境である御社が求人募集していることを知り転職を決意しました。

 

よくある退職理由⑤:「会社と業界の将来が不安になった…。」

一つの会社や同じ業界にしばらく勤めていると、会社の将来や業界の未来を漠然と見据えることができるようになります。勢いのある会社や業界であれば未来は明るいかもしれませんが、そうでない場合は衰退が目に見えることもあるでしょう。先を読んで行動するのはとてもいいことですが、伝え方によって企業は、「会社の経営が不調になったらすぐに辞めてしまうのでは?」という印象を受けかねません。そうならないためにも、将来に不安を抱いて気づいた結果、転職先企業でどう働いていくのか?を明確に応えられるようにしましょう。

退職理由の回答例

前職の業界は衰退傾向にあり、勤めていた会社も業績不振に陥り支社の閉鎖、人員削減の流れで会社都合により退職しました。私個人の力では会社全体の業績回復に影響を与えることができず心残りでしたが、これまで培ってきた経験や知識を御社にて120%発揮し売り上げに貢献したいと思い、応募しました。

 

退職理由で企業はなにをみているのか

応募書類に含まれる項目や面接での質問は、全て意味があり採用側がそれぞれにて志望者が自社にマッチする人材であるかを見極めるために存在します。それでは、企業が退職理由を質問してくるのにはどのような意図があるのでしょうか?採用側の意図を把握し、それに向けて退職理由を整理し準備することにより、より好印象を与えることができますので合格率を大きく上げることができます。

退職理由で企業が注目してくるポイント

採用側は「自社にマッチする人材か」を見ている

採用側は退職理由にて、志望者が「自社にマッチする人材か」という点を見極めます。「なぜ前企業を辞めて自社を志望するのか?」退職の理由によっては採用してもすぐに辞めてしまう可能性もあり、短期で辞められてしまうと採用にかかるコストが無駄になり、退職までにかけた教育コストも無駄になってしまうため、採用側は退職理由で「自社にマッチする人材か」を見極めるのです。

そのため、自社にマッチする人材であることをアピールするためにも、前述しましたように志望動機と併せて退職理由を考え、入社後にフォーカスした内容を退職理由に含めましょう。

 

採用側は「志望者の人柄」を見ている

「自社にマッチする人材か」というポイントと併せて、退職理由にて採用側は「志望者の人柄」を見ています。面接での会話のやり取りで、今回の転職は前向きな転職なのか、それとも後ろ向きな転職なのかを聞き出し、見極め、さらにそこから志望者の人柄を感じ、自社の社風に溶け込める人材かを判断するのです。

人柄を好印象にアピールするためにも、前向きな退職理由に変換することは欠かせません。

 

退職理由を面接で応える場合に嘘をつくと見抜かれるので注意

いかがでしたでしょうか?これまでもお伝えしてきましたように、退職理由は前向きな理由で応えることが印象を悪くしない最大のポイントです。しかし、本当の退職理由のほとんどが後ろ向きな理由であることは明白な事実。だからといって退職理由で嘘をつくことは、すぐに見抜かれてしまう自爆行為と同じなので嘘はつかないよう注意しましょう。

正直な理由かつ、前向きにそして具体的に応えることができれば、ネガティブに捉えられやすい退職理由も、好印象に伝わりますので、是非これまでお伝えしてきました内容を実践し万全の態勢で面接に臨んでください。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。