FXとは?基本からまとめた初心者でも安全に始められるFX入門

「FXってなんなの?」投資の方法としてFXの名前を良く耳にしますが、複雑ですぐには理解しづらいですし、知らない人からすると未知でしかないためよくわかりませんよね?

FXは少額な資金でも始めることができて、さらには短期間で大きく稼ぐことが可能なことから多くの人に人気の投資方法です。しかし、短期間で大きく稼ぐことができる反面、その分当然リスクも伴うため知識なしで飛び込むのは大変危険な行為と言えます。少額で始めるにしても大切なお金ですのでできれば成功させたいですよね?まずはその第一歩としてFXについての正しい基礎知識から学んでいきましょう。

今回は、FXとは?という基本的な部分から、FXにまつわる噂とその真実、実際に始めるまでの流れ、初心者が騙されやすいFX詐欺についてお伝えします。

FXとは?

FX(外国為替証拠金取引)とは、世界各国で流通している各通貨の価値の違いを利用して利益を出す金融商品です。

日本円を外国通貨に変える取引を“外国為替取引”と言いますが、通貨の為替相場は常に変動しているため通貨を別の通貨に交換する際、購入時と売却時で差額がでます。この差額によって出る利益を「為替差益」というのですが、FXではこの為替差益を積極的に狙って取引をする金融商品です。

数ある金融商品・投資案件の中でも、FX特有の特徴とも言えるのが“レバレッジ取引”。レバレッジ取引を簡単に説明すれば、少ない資金で大きな金額を動かせる、つまり「テコの原理」をつかったような取引ができ、少ない資金でも大きな利益をだすことが可能になります。

しかしレバレッジをかけられる分、同時にリスクもあがり、さらには短期・中期的な為替変動の予測が困難なことから、一部ではFXは投資ではなくギャンブル性の高い、どちらかといえば“投機”の部類に入ると言われています。

それではさらに詳しく、以下よりFXで利益がでる仕組みや、FXという金融商品のメリットとリスクについて見ていきましょう。

FXで利益がでる仕組み

「FXでは世界各国にそれぞれ流通している相場変動によって生じる通貨間の差額で利益を出す」と前述しましたが、実はFXで得られる利益は為替差益だけではありません。もう一つ得られる利益として「スワップポイント(金利差調整分)」という交換通貨国2カ国間に生じる金利差を利益として得ることができる仕組みがFXにはあるのですが、それぞれ2種類の利益をわかりやすいよう以下にて例をあげてそれぞれ解説します。

為替差益が得られる

為替差益は非常に単純で、投資の基本である「安く買って高く売る」ことから得られる利益であり、FXでは売りから入ることもできるため「高く売って、安く買い戻す」ことでも利益を得ることができます。つまり購入したなんらかの外貨が、購入時の価格より値上がりした場合、そして売りに出した外貨が、売った時点よりも下落したときに買い戻すことにより、それら差額で利益をあげていきます。

実際に米ドル/日本円で例をあげてみてみましょう。米ドル/円相場が円安に動く際、つまり1ドル=100円が、これから円安の1ドル=120円に変動する際、1ドル=100円の時点で買って円安に動いた時点、1ドル=120円の時に売れば20円の利益がでることとなります。逆もしかりでFXでは購入時と売却時の差額で利益をだすことができます。

 

スワップポイント(金利差調整分)が得られる

簡単に前述しましたが、スワップポイント(金利差調整分)は交換通貨国2カ国間に生じる金利差から得られる利益のことです。金利は変動するためタイミングによって金利差も変動するのですが、仮に日本の金利が0.1%、アメリカ(米国)の金利が1.5%の状況で低金利である日本円を売って、高金利である米ドルを買った場合、その2カ国間で生じる金利差が1.4%となり、FXでは取引に応じてこの1.4%が金利差調整分として得ることができます。

しかし、前述の例とは逆に高金利な通貨を売って低金利な通貨を購入してしまうと、金利差分を支払わなければならなくなるため損失となりマイナスになります。相場が急変した際も、プラスであったはずのスワップポイントがマイナスに転じてしまうこともあるため注意が必要です。

 

FXのメリットとは

それでは数ある投資・金融商品の中からFXを選ぶことによって得られるメリットとは何があるのでしょうか?

資金効率が良いため短期間で大きく稼ぐことが狙える

前述でも簡単にお伝えしましたが、FXには「レバレッジ」という少額の資金で大きな金額を動かせる仕組みがあり、そのレバレッジを利用することによって効率よく資金を増やすことが可能なため数ある投資の中でも比較的短期間で大きく稼ぐことが可能です。

少額の資金で大きな金額を動かせる理由は、FX自体が外国為替証拠金取引というように、証拠金取引であるから。FXでは、売買の際に売買の代金を渡して決済するのではなく、売買時の差額のみを受け渡し決済が成立、このような取引を“差金決済”というのですが、差金決済では万が一取引で損失が出た場合でも決済ができるように一定額のお金を預けておく必要があり、この一定額のお金のことを証拠金と言います。

つまり、証拠金を使った取引を証拠金取引というのですが、基本的に証拠金は取引金額よりも小さいため結果的に少額で大きな金額を取引することとなるのです。少額資金で大きな金額を動かし取引を行える効果を「レバレッジ効果」というのですが、100万円の資金で1000万円の取引を行った場合、レバレッジ10倍ということができます。

FXでは開設する取引口座によってかけられるレバレッジが異なるのですが、これまで国内では25倍のレバレッジが最大でしたが2018年より金融庁より規制が強化され最大10倍レバレッジに引き下げるという案が出ており、国内業者での取引はあまり魅力を感じることができないものになりそうです。

一方でFXは国内だけでなく海外業者も利用することができます。海外では日本の法規制が当てはまらず、開設する口座によってはレバレッジ数百倍のものもあるため、レバレッジをかけた取引を望むのであれば海外業者が魅力的と言えるでしょう。

レバレッジをかけて取引をすると運用効率が非常に大きく上がるため短期間で大きく稼ぐことが可能と成ります。

 

取引可能な時間が長い

株取引の場合は、株式市場がオープンしている平日の9時から15時間でしか取引ができないため、サラリーマンの方は副業として非常に取引がしづらいのですが、FXの場合、つまり取引が行われる為替市場は平日24時間、厳密に言えば月曜午前6時〜土曜午前6時まで取引が可能であるため、取引可能な時間が長く平日会社に勤めている方でも問題なく取引ができます。

 

高騰・下落時どちらでも利益を出すことができる

前述でも簡単にお伝えしましたが、FXでは「買い」から入ることも「売り」から入ることもできるため、購入・売却のタイミングを間違えなければ通貨が高騰、逆に暴落しても利益を狙うことが可能です。「安く買って高く売る」「高く売って、安く買い戻す」取引を始めて間もない頃は市場の動きを予測立てるのに苦労しますが、慣れて経験を積めば精度の高い読みができるようになるため、多くの局面で利益をだすことが可能となります。

 

為替手数料が安い

通常、円をドルに変えたり、ドルをポンドに変えたりと他国の通貨に両替をする際には為替手数料というものが発生します。この為替手数料は一律で決まっているわけでなく、両替する銀行や機関等によって料金が異なるのですが、FXと同じ外貨を使った金融商品である外貨預金の場合では、1通貨あたりの為替手数料が1円から4円(ネット銀行の場合は0.1円等様々、また両替通貨の組み合わせによって変わります)と比較的高いのですが、FXの場合は大手銀行の100分の1以下である0.01円、さらに安いものでは0.003円と為替手数料が圧倒的に安いのもFXで得られるメリットの一つです。

 

FXに潜むリスクとは

FXにメリットがある反面、FXにはどのようなリスクが潜んでいるのでしょうか?リスクもきちんと把握しておきましょう。

為替変動リスクがある

為替相場の動きは、数ある相場の中でも比較的短期間または短時間で大きく変動することもあるため、状況によっては自分が予想した値動きと全く違う動きをして大きな損失を被ることもあります。FXでは、短期間または短時間で大きく利益をだすことができる反面、大きな損失もでてしまう可能性があるということは理解しておきましょう。

 

金利変動リスクがある

前述のスワップポイントでもお伝えしましたように、FXでは金利差益が得られる一方で、各国の金融政策の結果によっては「金利差損」となることもあります。FXでは金利変動によるリスクもあるということを把握しておいてください。

 

レバレッジリスクがある

FXでは、レバレッジをかけて少額の資金でも大きな資金を動かすことができ、短期間で大きく利益をだすことが可能ですが、一方でレバレッジを大きくかけている場合は、損失も大きくなります。レバレッジを最大でかけていると少しの為替変動でも命取りとなることもあるので、レバレッジには良い面も悪い面もあることを理解しておきましょう。

 

流動性リスクがある

流動性リスクとは売りたいのに売れない、買いたいのに買えないという取引相手がみつからず取引が成立しない状況をいいます。米ドルやユーロなど世界的にみても流通量の多い通貨であれば流動性のリスク高くないですが、豪ドルや南アフリカランドなど流通量の少ないマイナー通貨の場合は流動性のリスクが高く、また流通量の少ない通貨は経済状況の影響を非常に受けやすいということができます。

売りたいときに売れないということは決済ができないということでもあるため大きな損失に繋がることも予想できます。

 

FXにまつわるネガティブな噂と真実

投資全般に言えることかもしれませんが、その中でも特にFXにはネガティブな噂が多いと言えるでしょう。それらネガティブな噂は実際のところどうなのでしょうか?

FXの噂と真実

FXはギャンブルなのか?

FXは一般的にギャンブル性の高い金融商品と言われていますが、実際はそうではありません。FXをまともに行うには過去の為替レートデータや、為替に影響のある経済ニュースの収集等、様々な情報をまとめ分析し、その結果に基づいて売買を行うため、完全に運任せで行うようなギャンブルとは異なります。

しかし、FXや為替の知識を持たず、「チャートが右肩あがりだから買い」「ちょっと停滞ぎみで下がりそうだから売り」のように何の根拠も持たずにポジションを持つような取引をするのは当然ギャンブルとなるでしょう。

きちんと知識をもって、しっかりとした情報収集の元で取引を行えば他の投資となんら変わりはないので、成功させたいのであれば運任せでおこなわず正しい情報をもってしてFXに臨みましょう。

 

FXは詐欺が横行している?

FXに限らず投資案件に詐欺は付きものですが、それらの中でもFX関連の詐欺は非常に多いと言えるでしょう。詐欺の手法は多岐に渡りますが、「勝率100%のFX予想を情報配信するサービス」や「資金を募って高利率な運用益をだすサービス」、「資金を預けていた先が集めた資金を持ち逃げ」などあの手この手で消費者の儲けたい欲につけ入り資金をだまし取る詐欺が巷では横行していますので、FXであっても、うまい話はそうそうない、あったとしても信頼できる人間からの情報にしか手を出さないよう、注意しましょう。

 

FXをはじめるには?

それでは実際にFXを始めるにはどうすればいいのでしょうか?実際にFXの取引を行うまでの流れを見ていきましょう。

FXの始め方

Step1. 利用するFX業者を決める

FXを始めるにあたって必須なのがFX業者にて取引口座を開設することです。日本国内にはDMM FXやSBI FXトレード、GMOクリック証券や外為オンラインといった他にも多数のFX業者が存在しますが、どこで開設してもいいというわけではありません。FX業者を選ぶ際は以下の条件を元に業者を選びましょう。


【FX業者を選ぶ条件】

①取引ツールの使いやすさや優れた機能性があるか

②サービスが充実しているか

③サポート体制がしっかりしている

④レバレッジ、取引手数料、資産保全が基準に達していること


FX取引には、テクニカルチャート等、その他業者が提供するツールやサービスがいくつかありますので、それらが機能性に優れ、なおかつ自分にとって使いやすいことであることが大切です。また取引が活発に行われる平日24時間は常に何かトラブルがあっても対応してくれるようサポート体制がしっかりしていることも需要です。

そして、今では法規制で決められていたり、サービスとして当たり前となっていますが、レバレッジの最大倍率、取引手数料無料、資産の保全がなされているか等、業者として最低限の基準に達しているかも条件に入れ選びましょう。

 

Step2. 決めたFX業者で口座を開設する

前項の条件にて口座を開設する業者が決まったら、その業者の口座開設手順に沿って口座を開設しましょう。基本的に口座開設手続きには、指定された本人確認書類、マイナンバー確認書類等が必要です。口座開設の流れはFX業者によって多少異なりますが、一般的には以下です。


【口座開設の流れ】

①FX業者のサイトから口座開設ページにアクセスし、口座開設を申し込む。

②指定された本人確認書類を郵送もしくはメール等で送付する。

③口座開設審査。

④審査通過後、FX業者よりユーザーIDとパスワードが送られてくる。

⑤アカウントページにログインして取引口座へ入金し取引準備完了。


 

Step3. 取引開始

口座開設完了したら取引を開始することができます。取引準備ができると今すぐ取引をして稼ぎたいと思われるかもしれませんが、いきなり取引の望むのは無謀です。実際に資金を使って取引する前にデモトレードというシステムがあるので、そちらで取引の練習をしましょう。そこで取引の感覚をつかめてから取引を行うことをお勧めします。

 

FX詐欺には注意を

いかがでしたでしょうか?FXを始めるにあたり多くの方は稼ぎたい気持ちでいっぱいだと思いますが、前述でもお伝えしましたように、FXの世界では稼ぎたい初心者を狙った詐欺が横行しています。実際に勝率の高いFX自動売買プログラム等も販売されており、まともなものも当然存在するのですが、簡単に稼げる等の甘い言葉で消費者を誘惑しお金を騙しとる悪徳業者も未だに存在しますので甘い言葉に騙されないよう注意しましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。