職場の人間関係がストレス?ストレスフリーで働ける改善策【事例別】

「職場の人間関係がストレスでもう嫌!!」職場にはいろいろな人がいて関わるので必要以上に気をつかったりと何かとストレスがたまりますよね?

ストレスが渦巻く現代社会。忙しく働く社会人にとって余計なストレスは仕事の妨げでしかありません。そんな中、仕事で感じているストレスの原因は「人間関係」と答える人が最も多く、様々な機関が統計をとっても常に上位をマークしています。これだけ多くの人が悩んでいる人間関係ですが、このストレスに対抗する情報は世の中にあふれているのにもかかわらず、ストレスを感じている人は一向に減りません。人生の多くの時間を費やす仕事ですから、できる限りストレスフリーにしたいものです。

それでは、どうすれば職場でストレスフリーに働くことができるのでしょうか?

今回は、実際に職場での人間関係にストレスを感じていた人の経験談別に原因を分析し、そのストレスの原因からストレスフリーになる為の改善策をお伝えします。

職場の人間関係でストレスを感じた人の例から問題を分析し改善

職場で感じる人間関係のストレスの源や体験・経験は、職場や人などの環境によって様々ありますが、それらを見ていくと、いくつかのパターンに大別することができます。それぞれ大別した経験談を元に、なぜこのような状況に陥っているのかを考えることにより、職場の人間関係によるストレスを改善する糸口が見えてきます。

職場の人間関係によるストレスのケース別分析・改善策

職場で孤立してしまう

Case. 第一印象を良くしようと頑張ったのに孤立してしまう…。

現在営業職で週の半分をオフィス外で過ごしている。前職も営業職で仕事は順調だったが、職場になじめず転職した。今回は職場に馴染むために印象を良くしたつもりだったが、なぜかまた孤立してしまった。営業職ゆえに契約などの事務手続きはオフィスにいる人間に頼まないといけないのだが、孤立しているため毎回仕事を頼むたびにストレスを感じている。週の半分オフィスで過ごす際も居づらく感じてしまい職場にいくのが非常に億劫になっている。

分析・改善

この場合、週の半分をオフィス外ですごしていることから全体的なコミュニケーション量や頻度が足りないことが要因と言えます。通常、人間関係を形成する上でコミュニケーション量や頻度は必要不可欠で、コミュニケーションをしっかりとることにより職場の雰囲気や空気感を感じ取れるようになり仲に入ることができるのですが、コミュニケーションの量や頻度が少ないと仲に入るのは当然難しくなります。

新しい人が入社した際、既存の社員は新人のことをほとんど知らないので、どう扱っていいのか当然わかっていません。そのままコミュニケーションをとらずに時間が経ってしまうと、どんどんコミュニケーションは取りづらくなり孤立していくのです。したがって、職場の雰囲気や空気感の理解はとても重要で、これらを理解できていない、またはできない人の多くは職場で孤立してしまう傾向にあります。

また、初めは意識して印象を良くしようとしても、そのうち「無意識な自分」というのが現れてきます。孤立してしまう人は、この無意識に過ごしているときにある特徴が出てしまうため孤立します。その特徴とは無意識に出てしまう言動や態度のことで、当人からしたら普通の対応でも相手にとったら「そっけない態度」、自分は失礼の無いように丁寧に敬語で話しているだけのつもりが相手からすると「壁を作らてる感じがする」と捉えられることがあります。このような場合も孤立してしまう傾向にあります。

上記例は営業職でオフィスにいる時間が短いゆえコミュニケーションが取れずに孤立でしたが、事務職で常にオフィスにいるにもかかわらず孤立してしまうというケースも良くあります。このパターンも同じで絶対的なコミュニケーション量が足りていないもしくは、周囲の人間がとっつきづらいような言動や態度を無意識にしてしまっていることが可能性として挙げられます。他にも孤立しやすい特徴はありますので当てはまっていないか確認してみてください。

職場で孤立しやすくなる要因
①人に気を使いすぎ、一歩踏み込めない
②職場の空気や雰囲気を感じとることができない
③人により態度をコロコロと変える
④感情を抑えることができず、嫌な反応を露骨に出す
⑤自分の仕事以外で協力しない
⑥「自分はできる人間」と思い込んでいる
⑦人に敬意を払わない
⑧細かなことでも見逃せない神経質

 

職場でいじめられる

Case.上司に人前で怒鳴られるのがストレス…。

入社して3年目、職場の上司に人前で怒鳴られるのがかなりのストレス。もともと人を見下す癖が上司にはあったので苦手だったがある仕事でミスをしてからというもの目をつけられ、頻繁に怒鳴られるように…。普通にミスに対して怒鳴られるくらいなら我慢できるが、謝っているにもかかわらず他の社員にわざと聞こえるように怒る。このこともあってか、職場にいくのが怖くて過剰に緊張するようになり、今までしなかったようなミスもするようになってしまった。ミスをするとまた怒られるので非常にストレスがたまり仕事に行きたくない…。

分析・改善

業務のミスに対して注意すること、されること自体は上司部下の関係において通常ですが、上記例の場合は、その注意が本来の注意の枠に収まらず当人に対して過剰な圧力をかけています。このような状態が続くと、どんな人間であっても自己を肯定することができなくなり、自信をなくし仕事が嫌になるのは当然です。上司が自身の不適に気づき変わってくれるといいのですが、他人が変わるには時間がかかるばかりか気づいてくれる保証はどこにもないので期待できません。

実はこのような場合、自分を見直し対応を変えることによって現状を改善することもできるのです。職場でいじめを受ける人には①おとなしい性格, ②自己主張をするのが苦手, ③落ち込みやすい人, ④依存心が強い人, などの共通した特徴があります。

このような特徴を持っているからといって決して悪いわけではありません。私の個人的な意見ですが、よく「いじめられる側にも問題はある」と言いますが、これは間違いで、明らかにいじめる側に問題があります。上記のような特徴をいじめられる側の問題と勘違いして指摘する人がいますが、これらは個性であり『問題』ではないのです。もちろん個性によっては社会に浸透しづらい個性もあり改善が必要な時もあります。どちらにせよ、これらの特徴を自身で認識しつつ対応を変えることで現状は改善され今後が楽になるでしょう。

 

上司や先輩との人間関係

Case.気分によって態度が違うのでどう接したらいいかわからない…。

入社当初は仕事関連のことがまだよくわからなかったため怒られたり、嫌な態度をとられても自分が悪いのか?と思っていたため我慢できたが、しばらく付き合っていると上司の態度が本人の気分によってコロコロ変わるということがわかり、ストレスを感じるようになった。上司の気分が悪い時は、特にミスをしなくても何かしら指摘して怒ってくる。こんな日々が毎日続くので毎朝会社にいくのが緊張する、なによりどう接していいかがわからないので非常にストレスがかかる。

分析・改善

その時の気分によって態度が違う人間と付き合うのは、非常に面倒です。こちらは普段通りに接していたとしても、相手の気分や態度が悪かったらこちらまで不快に感じてしまい嫌な気持ちで仕事をすることになります。立場が同じなら指摘することもできますが、上司や先輩となるとそうはいきません。

このような場合は、接触頻度を抑えることが改善の鍵になります。抑えるといっても適度な頻度です。面倒だと思っても無視をしてしまうと余計に状況が悪化するため無下に扱うわけにはいきません。人間関係を悪化させない程度に、なおかつ自分が被害を受けない程度の一定の距離感を保つことが重要なので「無視をしない程度になおかつ自分が辛くならない最低限の接点を持つ」ことを意識しましょう。

苦手な人でも接点を減らすと、自然に嫌悪感も減っていきます。初めは意識しなければいけませんが、慣れてくればそれば当たり前になるので試みてみましょう。

 

同僚との人間関係

Case.仕事ができない同僚にイライラしてストレスが溜まる毎日…。

同じタイミングで入社した同僚、入社して1年経つが、あまりの仕事のできなさかげんに毎日イライラ。大事な共有すべき内容も共有せず、通常2〜3日あれば十分な資料作成なども1週間以上かけ、仕事中に余計なことを話しかけてくる。おかげでこちらも集中できず仕事が後ろ倒しになってしまう毎日がストレス。同じタイミングでの入社だが年上で指摘しづらく余計にイライラがつのる毎日。

分析・改善

上記例のような同僚との関係も非常に難しいものです。職場の同僚との関係は、仕事を円滑にすすめるためにも非常に重要で、良好な人間関係を築くことはかかせません。このような場合、相手が自身の欠点に気づき改善し仕事ができるようになればいいのですがそう簡単にはいきません。このような場合は、同僚との距離感を意識し適度な距離感を保つのがおすすめです。

ここでいう適度な距離感とは、相手に対して必要以上に意識せず干渉しない距離感のことです。あまり距離を遠ざけ過ぎてしまうと、業務の流れがより一層悪くなる恐れがあり、おすすめできません。かといって相手を許容しようと距離を縮めすぎるのも相手の悪点がより明確になりイライラが増大するだけなのでおすすめしません。

明日から急に突き放したように、接する態度を冷たくするのは人間関係が悪くなってしまいますが、最低限のコミュニケーションで相手を意識せず、黙々と仕事に打ち込む姿勢を貫くことで自然に適度な距離感を保てるようになります。

 

女性特有の人間関係

Case.女性が多い職場で毎日余計な気を使う日々…。

転職して半年。職場には2人のベテラン社員がいて、それぞれが派閥を作っている。仕事のミスを責任転嫁したり、互いの悪口を言ったりし互いに互いの足を引っ張っている。私はそんな派閥争いが面倒なので、どちらにも属していなかったのだが、その結果どちらからも無視されるようになり職場に居る時間がとんでもなくストレスになっている。

分析・改善

職場での派閥争いは女性に非常に多い人間関係模様です。女性が多い職場では珍しくないのですが、上記のような場合では職場の連携もとれず仕事の進みにも影響が出てしまうのでそのまま放置しておくわけにもいきません。この場合は、個人での対処で解決できる可能性は皆無で、ベテラン社員以上の上司の協力が必要不可欠です。

上司の力を使えたとしても、こじれた人間関係なので派閥をいきなりなくすことはできませんが、現状を変えることはできます。そのためには派閥争いによって起きている仕事への弊害をできる限り具体的に伝えましょう。上記例では、

・仕事のミスを責任転嫁していること

・互いの悪口をいうことにより職場の雰囲気が悪くなっていること

・派閥に属していないがために、無視され仕事が円滑に進まないこと

これらをまず具体的に伝えてみましょう。上司の働きかけにより現状が改善されるかもしれません。さらに確実なのは、伝える際に、他部署への異動、配置転換、勤務時間の調整など社内で派閥と関わらなくていい状態になるよう要望を伝えることです。それが難しいようでしたら転職を視野にいれるのもいいと思います。

 

退職は最終手段で

前章では職場の人間関係ストレスを5つのパターンに分けて、それぞれを分析し改善策を挙げました。ですが職場の人間関係によるストレスはそう簡単に拭えないのが現実です。もちろん退職して新しい職場に移るという選択肢もあるのですが、初めから転職を視野に入れてしまうと「転職すること」しか目に入らなくなり「現状なぜストレスを感じているのか?」、「なぜ人間関係がうまくいかないのか?」を考えなくなってしまいます。

転職すること自体は簡単です。しかし、全てのパターンに当てはまるわけではないですが、人間関係が嫌だから転職するといったネガティブな理由での転職は、転職先でも同じ悩みに囚われる傾向にあり、向き合って改善しない限りはいつまでもストレスにつきまとわれることになるのです。今のストレスにきちんと向き合い考えることができればストレスは軽減され、今後の仕事が楽になるでしょう。

 

悩みを客観的視点でとらえることが改善へつながる

以上が職場の人間関係ストレスの例と改善策です。職場における人間関係の悩みは、主観が強く入るためどうしても視野が狭くなり、ついつい周囲のせいにしてしまいがちですが一度こらえて冷静になり、客観的視点をもつことによって改善の糸口が見えてきます。

向き合った結果、転職するという決断になったとしても周りに迷惑をかけない「円満退社」を意識してください。繁忙期で人手が足りない時に突然退職届けを提出したり、きちんとした引継ぎをせず辞めたりなど「どうせ退職するからどう思われてもいいや」という気持ちもわからなくはないですが、残っている社員にとっては非常に迷惑です。

最後の最後で印象を悪くしては今までの苦労が水の泡になります。せっかくここまで耐えてきたわけですから、最後まできちんとやり遂げ胸を張れる円満退社を目指しましょう。

 

仕事の悩みをカンタンに解決するなら

現状の悩みを解決する手段の一つに、転職をするという選択肢もあります。いままでやりたいと思っていた仕事、自分の個性とピッタリ合う仕事、職場の良好な人間関係、働きがいのある雇用条件など、転職には人生を充実させるための魅力が満載です。

以下は、数百種類存在する転職サービスの中でも特におすすめの転職サービスですので、これから転職を検討されている方、転職サービス選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

転職サービス名 総合評価 サービス特徴 公式ページ
DODA ★★★★★
  • 取扱求人数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
DODA公式ページへ
ビズリーチ ★★★★☆
  • 9万5000件以上のハイクラス求人
  • スカウト機能あり
  • キャリアアップ転職に強い
ビズリーチ 公式ページへ
パソナキャリア ★★★★☆
  • 求人数4万件以上
  • 25万人分の転職ノウハウ
  • 転職後年収アップ率67%以上
パソナキャリア 公式ページへ

上表にまとめた転職サービスは一般的に多くの方に当てはまるおすすめですが、転職を120%満足いくものにするには、自分の状況にあった最適な転職サービスを選ぶ必要があります。以下記事では、状況別に転職サイト、転職エージェントサービスをまとめてご紹介していますので、転職成功率を上げたい方はぜひ以下記事もご参照ください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。

1 個のコメント