NISAのデメリットとは?知らぬ間に損をしない為のNISA活用術

NISAのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

2014年より日本でスタートしたNISA(ニーサ)は、年間120万円まで(2014年開始当初は100万円)の投資額で得られた利益が最長5年間非課税になるという、「非課税口座」として投資家の間で話題となりました。元々日本人の投資行動を促進する目的で導入された制度というのもあり金融機関は「投資運用益が非課税になる」というNISAのメリットばかり主張し、いかにもデメリットがほとんどないように宣伝していますが実はそうではありません。

NISAにはメリットに隠れた大きなデメリットもあり、場合によっては結果的に損をしてしまうこともあるのです。非課税ばかりに目がいってしまい、よく調べないうちにとりあえずNISA口座を開設して投資を試みた方も多いかと思いますが、非課税口座といえど上手く使えなければ、振り回されて損をして終わってしまうでしょう。NISAを始める前にNISAのデメリットである部分もしっかり確認することが損をしないために大切です。

今回はNISAのデメリットから、NISA利用による損失を出さないためのポイント、そしてNISAを上手に活用で切る方法をお伝えします。

NISAのデメリットとは

基本的に、株式投資や投資信託などの売買や運用で利益がでると、その利益に対して約20%の税金がかかってくるので、仮に10万円の利益が出たとしたら2万円の税金を支払わなければならないため、最終的に手元には8万円しか残りません。しかしNISAが日本に導入されたことによって、NISA口座を利用して株式や投資信託の取引を行えば、年間120万円までの投資額で得られた利益が最長5年間非課税になったため、前述例に合わせると得られた利益10万円が丸々手元に残るようになったのです。しかしこのNISA最大の特徴である非課税の裏には、場合によって損をしてしまうデメリットが幾つか存在します。NISAの利用を検討されているのであれば、後々後悔しないよう以下NISAのデメリットも理解しておきましょう。

NISAに潜む3つのデメリット

NISAのデメリット①. 損失を利益と相殺する損益通算ができない

NISA最大のデメリットは損益通算ができない点です。口座で損益通算とは、各所得金額を計算し、その上で生じた損失額を他の所得と合算することができ、所得金額から控除できるというものです。少し解りづらいので例を挙げて解説していきます。

例えば山田さんという投資家は株取引が好きで現状A社とB社、全部で2社の株式を保有し株取引をしていたとします。株取引の結果、A社では100万円の利益を出すことができました。通常であれば投資で得た利益には約20%の税金がかかります。そのため普通に考えると、この場合20万円の税金を支払わなければなりません。しかし一方で山田さんはB社の株取引には失敗してしまい50万円の損失を出してしまいました。B社の株は損失なので税金はかかりません。ここまででは、山田さんは20万円の税金を納めなければならないと思うかもしれませんが、実はこれらは確定申告時にはA社株での利益とB社株での損失を合算して考えることができるのです。

つまり、山田さんが得たA社株での利益100万円と、B社株で出した50万円の損失は山田さん個人単位での資産の動きから見ると(+100万円)+(−50万円)=+50万円で結果的に50万円増えたということになります。したがってこの場合にかかってくる税額は50万円の約20%なので10万円となるのです。このような考え方を“損益通算”と言い、損益通算には利益が出た場合、もう一方で損失が出ていれば、利益と損失で互いを相殺し、結果的に支払う税金額を減らすことが可能になるというメリットがあります。

このように損益通算は節税目的で使用されることが多いのですが、NISA口座での取引では損益通算が適用されません。したがってNISA口座での取引で損失を出してしまっても、利益相殺には回せず本当に損失でしかないのです。ゆえにNISA最大のデメリットとして損益通算が挙げられます。

 

NISAのデメリット②. 損失の繰越控除ができない

NISAでは損失の繰越控除も対象から外れているため繰越控除できません。損失の繰越控除とは前項の損益通算と似たようなものですが厳密に言うと異なります。損失の繰越控除は本年(損失出した年)分の損失を控除できない際に、その損失を翌年に繰越て翌年以降の利益から損失を差引くことができるという制度です。

基本的にNISAでも取り扱いがある上場株式などで損失を出した場合は、最長3年間の繰越控除が可能で、翌年以降の利益から損失を控除することができます。つまり損失の繰越控除ができるのであれば、翌年以降3年間にわたって利益の控除が可能になるため、場合によっては利益を減らすことによって3年間支払う税金額を減らすことができるようになるのです。

損失の繰越控除も通常節税目的で行われることが多いのですが、NISAでは損失が出ても繰越控除の対象外なため、損失を有効に活用することができません。

 

NISAのデメリット③. 代用有価証券として使用できない

こちらは信用取引に興味がある、信用取引を検討している方のみに関係があることですが、通常株式は信用取引において担保(代用有価証券)として使用できるのに対し、NISA口座で保有している株式は担保(代用有価証券)として使用できません。信用取引をしたい方は、注意が必要です。

※信用取引とは

信用取引とは、現金や株などを担保として証券会社に預け、証券会社からお金を借りて株式売買をなどの取引を行うこと。信用取引では最大約3倍までの取引が可能です。つまり信用取引には自分が持っている資金以上の取引ができるため投資できる額が最大約3倍、取引結果がよければ通常取引の約3倍が利益となります。

 

NISAのデメリットによって損失を出さないためには

前章ではNISAのデメリットについて解説しましたが、デメリットがあるからといって非課税メリットがあることに変わりはありません。やはり投資運用で出来る限り効率的に損をせず儲けを出したいと思うのは全ての投資家に共通することです。デメリットを理解した上で、NISAを活用し損失を出さないようにするには、どのようなことを徹底すればいいのでしょうか。以下具体的に解説していきます。

NISAのデメリットで損失を出さないための方法

損失拡大前に損切りをする

NISA口座外での取引のように、損益通算や、損失の繰越控除ができるのであれば損失を有効活用できるのですが、NISAのデメリットにて解説しましたように、NISA口座での損失は損失でしかありません。したがって損失が大きくなればなるほど状況は厳しくなる一方なので、損失が拡大しすぎてしまう前に勇気をだして損切りをするようにしましょう。ただし、状況に応じてというのが前提です。損切りの判断は非常に難しく、取引の玄人でも難しいところですが、場合によっては一時的な損失であり、後々それが戻る場合も考えられるので、しっかりと状況を分析した上で判断するようにしましょう。

 

ロールオーバーして再び運用

ロールオーバーとは「乗り換え」を意味しますが、NISAでのロールオーバーとは、NISA口座で非課税期間5年間運用した際に、翌年以降既存のNISA口座内にある商品を新しい投資枠に移管することを指します。NISA口座では非課税期間である5年が経過すると、NISA口座以外の一般口座や特別口座に払い出すか、ロールオーバーするかの選択が求められます。この時点で保有している商品が値下がりし損失が出ていた場合、他口座に払出ししてしまうと損失として確定してしまいますが、ロールオーバーをすることによって翌年以降、変動の仕方によっては損失が小さくなるか、もしくは利益がでて損失を結果的に回避することができるのです。ただし、この方法は2023年までしか使用できないので注意しましょう。

 

注意すべきはデメリットだけじゃない

NISAにはデメリット以外に、利用する上で注意しなければならないポイントがあります。以下ポイントに注意し口座開設・取引ができれば問題ないですが、以下の場合にはまってしまうと非課税のはずなのに課税されたり、目的に合った投資運用ができなかったり、余計にお金を支払うことになったりなど、せっかく投資運用で利益を出せても利益が目減りしてしまうこともあるので、NISA利用開始前に以下ポイントを理解し、陥らないように注意しましょう。

NISAのデメリット以外に注意すべき点

配当金受取方式には注意

株式の配当金の受取方法には、「株式数比例配分方式」「配当金領収証方式」「個別銘柄指定方式」「登録配当金受領口座方式」の4種類があります。すべてを覚える必要はありませんが、NISA口座で保有している株式の配当金の受取方式は必ず「株式数比例配分方式」にする必要があります。前述しました4種類の受取方式のうち非課税扱いとなるのは株式数比例配分方式のみ。他の受取り方式では課税対象となってしまうため税金が発生してしまいます。受取方式は株式数比例配分方式と覚えておきましょう。

 

取り扱い銘柄や手数料の違いに注意

NISAでは、NISA口座を開設する金融機関によって非課税となる対象の金融商品取り扱いが異なります。NISAで非課税となる金融商品は基本的に証券取引所に取引を認められた上場株式、株や債券に投資をする株式投資信託、取引所に上場している投資新信託(ETF,上場投資信託)、複数人の投資家から集めた資金でオフィスビルやマンション、商業施設などを購入し得られた利益を投資した投資家に分配するREITなどがありますが、金融機関により、国内株式にしか対応していないところや、前述した金融商品すべてに対応しているところなどバラバラです。

また、金融機関によって手数料も大きく異なります。株式の売買手数料が一律無料の金融機関も存在すれば、10万円以下の取引では100円前後、30万円以下の取引では200円前後、50万円以下の取引では400円前後、120万円以下の取引では800円前後と金融機関によってそれぞれの手数料が設定されており、手数料が高ければ単純にその分が利益から減ることになるのです。

2015年以降は手続きをすればNISA口座を開設後でも取り扱い金融機関の変更ができるようになりましたが、原則NISA口座は一人一口座しか開設できず、変更手続きも手間なので後々後悔しないよう出来る限り最初のうちに違いを吟味し自分にあった金融機関を選択しましょう。

 

NISAを上手に活用するには

NISAには大きく分けて二つの使い方があります。一つは大きなリスクをとって大きな利益を狙うハイリスク/ハイリターンな使い方、もう一方は大きなリスクは避けコツコツ堅実に利益を増やすローリスク/ローリターンな使い方です。この2パターンは投資家としてのタイプ、つまりどのような運用方針を設定しているかによって活用法が変わってきますので、自分の状況にあった適切な活用法で検討してみてください。

NISAのデメリットで損をNISAの上手な活用法

短期リターンは少ないが安全なローリスク長期投資

資金に余裕がなく、投資初心者で投資に不安を抱えている、または投資家としての運用方針が堅実に積み重ねるものであれば、ローリスクな長期投資としての活用が良いのではないでしょうか。NISAの取り扱い金融商品には投資信託というものがあります。

投資信託とは、投資信託とは、投資家から集めた資金を元に運用のプロが主に株式や債券などに投資し運用をする金融商品の一つで、一言で言うなれば投資をプロに委託し運用してもらう投資運用の手法です。投資信託だからといってリスク極端に低いというわけでもないのですが、投資信託の中には“積立型”というものがあります。積立型の投資信託は数百円から投資ができ、給与口座からの自動引き落としなども設定可能なので、ローリスクな投資をしたいという方以外にも、まとまった投資資金を準備することが難しい方にもオススメできます。さらに積立型にすることにより投資タイミングをずらすことができるため、投資タイミングにより高値で購入してしまうなどのリスク回避ができるようになるのでリスク分散も可能になります。

資金に余裕がない・投資初心者でしたら、コツコツ堅実に積み重ねて利益を出せる積立型投資信託にてNISAを利用すると望んだ投資ができるでしょう。

またNISAには、「つみたてNISA」というものが存在します。これは2018年1月からスタートした非課税制度で、一年間で新規投資できる額は40万円までと一般のNISAよりは低いですが、最長20年間(2037年)に渡り非課税となるので、コツコツ堅実な投資運用を望んでいる方はこちらもお勧めです。

 

リスクが許容できるのであればメリットは最大限活用したハイリターン投資

ローリスクな投資とは逆に、資金が潤沢で大きなリスクも許容できるのであればハイリスクな分、利益も大きくなるハイリターン投資も良いでしょう。

NISA最大のメリットは、非課税枠年間120万円以内の投資であればいくら利益を出しても課税されないという点です。つまり元で120万円以内であれば、何倍の利益を出そうとも無制限に非課税となります。したがってハイリスク/ハイリターンな投資はNISAのメリットを最大限享受できる投資手法といえるでしょう。

NISAを活用して大きな利益を狙うのでしたら、株式取引またはアクティブ型投資信託への投資でしょう。株式は国内株式、外国株式がありますが、国内株式でも成長株であれば大きく値上がりする可能性もありますし、外国株式でも特に新興国への株式投資はかなり大きな利益を期待できます。

また、投資信託の中でもアクティブ型投資信託も大きな利益を狙うことができます。アクティブ型の投資信託とは積極的運用方針で高い利益を目的とする投資信託のことです。投資信託を購入しプロに委託することで資産運用ができるので、自ら直接する株式取引に自信がない方はアクディブ型投資信託の利用も検討してみてください。ただし運用をプロに委託することとなるため、基本的には手数料が発生しますので、そのあたりの確認はしっかりと事前に行うようにしましょう。

損失を出してしまうと、最初に解説しましたデメリットに陥ってしまいますので、ハイリスク/ハイリターン投資を行う場合は、それらを踏まえた上でNISAを利用しましょう。

 

NISAのデメリットを理解した上で正しい判断を

NISAにはメリットに隠れたデメリットや注意しなければならないポイントが複数存在しますが、それでも年間120万円、5年間で合わせて600万円までの投資額で得られた利益が、上限額なしで無制限で非課税になり丸々手元に残るため、NISA口座で利益を出せば出すほど節税として非常に魅力的です。この魅力を最大限享受するためにも、どのようなところに落とし穴があるのか、どこで多くの人は躓いてしまうのかなど、後々後悔しないようデメリットや注意点を理解した上でNISAを上手に活用しましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。