営業に向いてない?本当に向いてないかの見極めと成果を出す方法

「営業に向いてない…。」自社商品の販売、契約の取得など営業職は他の職種と性質が異なり、目に見える結果を出さなければならないため非常に大変ですよね?

営業職と一言でいってもその働き方は企業によって様々ですが、大半の企業は営業である以上成果を出さないと意味がないという考え方があり、周囲からもそう思われていることが多いのではないでしょうか。

このような中、営業で成果を出すことができなければ「営業に向いていないのでは?」と思ってしまうのは当然です。しかし、成果がでないからといって営業に向いてないと決めつけてしまって良いのでしょうか。

今回は、自分は本当に営業に向いていないのか?その判断と営業に向いてないと感じる人でも成果を出せる方法についてお伝えします。

自分は本当に営業に向いてないのか

営業に限った話ではありませんが、何事も事が上手く運ばなければ「自分は向いていないのかもしれない…。」と感じるのは当然です。

・まわりは上手くいっているのに自分だけが上手くいかない。

・努力しているのに一向に上手くいかない。

・もう数ヶ月続けているけど成果がでない。

・なぜ結果がでないのかわからない。

・このまま続けるのは無駄な努力なのか?

このように「結果がでない」という事実がある以上向いていないのか?と思ってしまい、現状をこれからも継続することに意味があるのかなど色々と考えてしまいますが、今の仕事、つまり本稿のテーマでは本当に自分には営業が向いてないのかどうかの判断は難しいものです。

物事を始めたタイミングや、取り組み方、取り組む環境など、物事を上手く運ばせるには複数の要素が絡み合い成り立っているため、潜在的な向き不向きの判断はすぐにできるものではありません。この判断を間違えると物事を中途半端に終えることになってしまい逃げ癖がつき、今後仮に相性のいい仕事に巡り合ったとしても障壁が立ちはだかった時に嫌になってしまい困難を乗り越えづらくなってしまいます。

そうなってしまっては、永遠と同じ悩みに苦しむことになってしまうので、そうならないためにも今一度「本当に自分にとって営業は向いてないのか」を考える必要があるのです。

以下では、営業に向いていない人の特徴、そしてその特徴からどう向き不向きを判断するのかなど、判断を間違えないための考え方をお伝えします。

営業に向いてない人の特徴

コミュニケーションが苦手

営業職は顧客とのコミュニケーションの上に成り立っていると言えるため、そもそも対人コミュニケーションが苦手であれば営業職が向いていない可能性があります。しかし一概には言えなく、コミュニケーションが苦手だからこそ一歩引いたコミュニケーションとなり、人をよく観察することができ相手のニーズを把握することができるということもあるため、場合によっては営業にプラスに働くことがあるのです。

また、コミュニケーションが苦手という方の中には、実は苦手でもないのに営業で成果がでないことから苦手と思い込んでいる方もいます。そのような方は他に成果がでない要因がある可能性があるため、安直にコミュニケーション能力のせいにして終わらず、他に原因を追求してみましょう。

 

人の話を聞き入れることが苦手

営業に向いてない人の特徴として、プライドが高く人の話を聞き入れることが苦手ということがあります。営業職は、個人にもともと備わっている営業センスも成功の要素として大切ですが、それ以上に営業で成功している上司や先輩等の意見を聞き入れ、自分の行動に反映させることも非常に重要なのです。

間違っているのに、合っていると勘違いし指摘されても聞き入れず改善しない。しないというよりは自覚無自覚関係なくプライドが邪魔して改善できないという方が正しいかもしれませんが、成功している先駆者の意見は成功への道とも言えるのです。

そのアドバイスを聞き入れることができず、どうしても自分のやり方になってしまう人は営業が向いてない可能性が高いと言えます。

 

主体性がない

「主体性」とは、与えられた状況等、どのような状況であっても自らの意思や思考を元に判断し責任をもって行動する性質または能力のことです。前項でお伝えしましたような上司や先輩からのアドバイスを聞き入れるのは大切ですが、自ら考えて判断し行動するという能力は営業職には欠かせません。全てが言われるがまま、指導されなければ動けないというような主体性がないのであれば営業が向いていない可能性があります。

目的や目標を明確にし、どうすれば、なにをすれば目的・目標を達成できるかを自ら考え判断し行動することが営業には必要です。

 

真面目すぎる

真面目な性格は周囲にとっていいかもしれませんが、真面目すぎるとストレスを人一倍に受けてしまうため精神の疲労が人よりもたまってしまいます。営業職では様々なストレスにさらされるので、すぐに切り替えられるストレスを流せる人が向いていると言えるので、ストレスが溜まりやすい真面目すぎる人は営業が向いていない可能性があるのです。

 

向き不向きを見極める方法

前項にて前述しました内容も向き不向きを見極めるための判断基準となりますが、他にも実際に仕事をしてみての上達スピードや、満足感・達成感、仕事に対する成長意欲、仕事時間以外の行動習慣(仕事の時間以外に営業上達法の本を読んで勉強するなど)等も向き不向きを見極める判断基準となります。上達スピードが早ければ向いている向いている可能性が高いですし、また、仕事をしていて満足感や達成感が得られるのであれば向いている可能性があります。成長意欲や行動習慣も同様ですが、逆に成長しない、成果を出しても満足感・達成感が得られない、そもそも成長したいと思っていない、プライベートでは仕事のことなど一切考えたくないというのであれば向いていないかもしれません。

・今の仕事にやりがいを感じているか?

・今の仕事で達成感は感じられるか?

・今の仕事で成長を感じるか?

・今の仕事で成果は出ているか?

・自分の個性と仕事の性質はマッチしているか?

・今の仕事で成長した先に、人生の目標を達成できる未来は見えるか?

これらを自身が置かれている状況にあてはめて考え、向き不向きを判断してみてください。

 

成果を出すことができれば営業は楽しい

結果を求められる営業職は、幸か不幸かどちらにせよ結果がわかりやすいということが言え、悪い時は沈みますが、結果がでれば結果がでたと明確に成績として表れるため、不向きでなければ楽しいと感じることができます。

そもそも、同じ商材を扱っているのになぜタイミング異なり売れる人と売れない人がでてくるかというと、売れる営業マンはもともと育ってきた環境などでコミュニケーション力やトークスキル、ヒアリング力などベースのスキルを磨いてきたからということが言えます。これは意識的に行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は友達との会話や部活動でのチームでのコミュニケーション等で知らず知らずのうちに磨いているのです。

売れる営業マンも売れない営業マンも、お客様にサービスまたは商品を売るまでに踏まなければいけないステップは変わらないため、売れるまでのスピードが違うと感じたら過去育ってきた環境による違いだと考えましょう。違うからといって諦める必要はなく、コミュニケーション能力は後々からでも十分に鍛えることができますので能力を求めるのであればしっかりと身につければいい話なのです。

次章ではより具体的に、どうすれば成果をだせるようになるのか?についてお伝えします。

 

営業に向いてないと思っても成果は出せる

本当に営業に向いてないのであれば成果を出すことは難しいかもしれませんが、実は向いている、もしくは向いているとまではいかなくとも向いていないわけでもない、営業に向いてないと思っているだけであるなら成果を出すことが可能です。具体的にどうすれば営業で成果をだすことが可能なのでしょうか?

営業で成果を出す方法

ヒアリングと提案能力を磨く

営業職として成果をだすには成約率を上げる必要があるのですが、成約率を上げるためにはお客様のニーズを引き出すヒアリング力と、ヒアリングを元にお客様な最高のものを最高の形でお届けする提案力がかかせません。

お客様との会話から潜在的なニーズを捉え、そのニーズをもとにお客様の状況にあった最善の提案をすることによってお客様の納得を得ることができ成約、そのプロセスを経て営業職として結果を残すことができるのです。

成約につながるヒアリングとは、お客様の潜在的なニーズを表面化しお客様自身にそのニーズを認識してもらうことです。一見、欲しいものは自分が一番よくわかってそうですが、多くの場合お客様は自身が本当に欲しいと思っているものを認識していません。これが認識できればお客様自ら欲しいと言ってくれるようになるのですが、この「欲しい」を引き出すのが成約につながるヒアリングなのです。

「欲しい」を言わせるにはそこに至るまでの過程が大切で、まずお客様の警戒を解いて信頼を築き、信頼を築くことができたら、お客様自身が認識している現状の課題を聞き出します。そして、その課題を解決するためにお客様はどのように対策したのかを確認し、何が難しくて課題解決に至らないのかを確認しましょう。ここまで確認することができたら、これまでの情報に絡めて自社商材に興味あるかを確認し、確認することができればお客様の抱える課題が解決され喜んでもらえるよう、提示された予算内での提案をします。お客様の声にしっかりと耳を傾けお客様のニーズに最大限応えた自信に満ち溢れる提案ができれば成約し、営業職としての成果を上げることができるようになるでしょう。

 

やりたくないなら別の道を選ぶのも一つの選択

いかがでしたでしょうか?これまでもお伝えしてきましたが、営業に向いてないと感じても状況や環境による勘違いということもあり、感情に任せて退職の道を選んでしまうと逃げの退職となり中途半端になってしまうことからその時の感情のみで判断してしまうことのないように注意しましょう。

ただし本当に向いてないと判断することができたなら、営業以外の別の道を選ぶのも一つの選択肢です。別の道を歩み向いている仕事に就くことができれば、人生の充実度は大きく変わり毎日が楽しくなりますので、安易な判断は禁物ですが後悔のない判断であるなら別の道を真剣に探してみましょう。

ただし、どんな形であれ努力したことは経験値となり自分の価値を高めてくれますので、向いていないわけではなく成果を出したいのであれば、今一度見直して正面から営業にぶつかってみてください。苦労したことは必ず人生の糧となります。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。