同僚が嫌い!転職せず今の職場でできちゃう5つの対処法

「顔も見たくないほど同僚が嫌い!」

どの職場に勤めても人が多く集まる場では、嫌いな人や苦手な人の1~2人はいるものです。ですが、だからといって我慢するのは非常にストレス。嫌いな程度によってもストレスの溜まり方は異なりますし、同じプロジェクトチームのメンバー等の理由で嫌でも関わらなくてはいけないのであれば余計に距離のコントロールが難しくストレスは溜まる一方です。

しかし、たかが1人のために今の会社を辞めるなんて非現実的。同僚は嫌いでも会社のことが好きであれば余計に退職・転職などはできません。

それでは、今の環境を変えない前提で、どうすれば嫌いな同僚に対処できるのでしょうか?

今回は、嫌いな同僚が原因でストレスを溜めすぎないために、今の職場でできる嫌いな同僚への対処法についてお伝えします。

職場を変えずに嫌いな同僚へ対処するには

多くの方が嫌いな同僚に対してこれといった対処をしているわけではなく、ただただ我慢の毎日を送っています。我慢ができる程度であればいいかもしれませんが、我慢には限界があるため嫌いな同僚との関係を持たざるを得ない状況の方は、ぜひ早めに対処してください。

以下では、職場を変えずに嫌いな同僚に対処をする方法をご紹介しています。イライラ対策の参考としてご覧ください。

今の職場でできちゃう嫌いな同僚への5つの対処法

職場に味方を増やす

嫌いな同僚と嫌いでない同僚の比率を考えると、嫌いな同僚の割合は圧倒的少数であることがほとんどです。職場に味方を増やすことによって、心強く感じるようになり嫌いな同僚の存在が気にならなくなります。また、愚痴を言い合えストレスの発散にもなりますし、困った時の相談にも乗ってくれるようになり味方を増やすことでいいことしかおきません。

それでは、職場に味方を増やすにはどうすればいいのでしょうか?

それは、こまめに周囲に働きかけて協力的であることです。毎日の挨拶や雑談はもちろんのこと、周囲の同僚が何かしらに困っていることがあれば面倒くさがらずにサポートしてあげましょう。日々の細かな積み重ねで大変ではありますが、職場に味方を増やすことは嫌いな同僚が気にならなくなりストレスフリーになる以上にメリットがあります。

 

上司に相談する

嫌いな同僚のタイプによってこちらへの影響は異なりますが、嫌いな同僚が原因で仕事に支障がでる、またはストレスが溜まりすぎて精神的・身体的に病んでしまうというような状況の方は、上司に相談してしまいましょう。

中には、「同僚が嫌いだからどうにかしてほしい」ということを上司に相談するのは単なるわがままではないか?と思い相談をしない方がいますが、仕事にまで影響が出ている、精神に影響が出そうなときは一度相談をしてみることで配置転換などの対処をしてもらえることがあります。我慢も限界を超えると鬱になったりしますので注意しましょう。

 

他部署・他チームに異動する

もし、所属している会社に複数の部署またはチームが存在し、今の部署やチームに固執しないのであれば上司に相談し他部署・他チームに異動を願い出てみるのも一つの対処法です。多少業務内容が変わってしまうという不便さはあるかもしれませんが、転職よりもはるかに経済的または精神的負担は軽く、現状改善策としては非常に有効なので、自分が異動するというのも一つの選択肢として検討してみてください。

 

感情を動かさないことに徹底する

嫌いな人や苦手な人間と接すると、イライラしたり気分が下がったりとどうしても感情が動いてしまいます。感情が動くとストレスに直結してしまうので、意識的にスルーして感情を動かさないことに徹底してみましょう。

受け流すのがどうしてもできない場合は、他に意識を集中させると嫌いな同僚に動じなくなるため感情を動かさず余計なストレスも溜まらなくなります。

 

あえて距離を縮める

「嫌い」というネガティブな感情は我慢すればするほど強くなり、また嫌いな対象から逃げよう、避けようとすればするほど自分の中で苦手意識は強くなります。

本来、嫌いな人との距離は一定以上置きたいものですが、あえて距離を縮め嫌いな同僚とのコミュニケーションをとり相手を理解することによって、強かった苦手意識が薄れ徐々に嫌いという感情が消失してきます。

最初はストレスを感じて当然であるためデメリットを強く感じますが、長期的に捉えると長く勤めたい職場であればあるほどメリットは大きくなるでしょう。

 

どうしても現状を変えられないなら上手なストレス発散を

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介しました方法は、今の職場を辞めずしてできる現状改善法ですが、中には、なかなか上司に相談しづらい方や、異動もできない、異動させることもできない、相手のことをよく知った上で嫌い、どうしても関わらなければいけないのでスルーすることができない、など現状改善が難しい方もいらっしゃるかと思います。

だからといって諦めストレス溜める日々になってしまっては、いつか限界がきて鬱病などの精神疾患になってしまう可能性があるため、他でストレス発散をして過度な我慢をしないようにしましょう。

趣味をしてリフレッシュするのもストレス発散になりますが、いちばんのストレス発散法は、食事・睡眠・運動で健康的に身体の疲労を改善し、同時に精神疲労も回復させることです。

食事は、好きなものを食べるだけで幸福感を感じることができ精神回復につながりますし、ビタミンC

やビタミンB1を意識して摂取することでストレス耐性が上がり疲れにくい精神をつくることができます。

睡眠も身体の回復だけでなく、1日の記憶を整理してくれる働きもあるため、その日あった嫌な出来事を忘れさせてくれようとします。また、入眠から3時間中には成長ホルモンが多く分泌され気力回復を促してくれるためしっかりと睡眠をとることも大切です。

運動も代表的なストレス発散法であり、きつすぎる運動ではなく適度な運動をすることで身体と精神の回復を促せます。

これらは多く存在するストレス発散法のほんの一部ですが、うまく利用してストレスが溜まりすぎないようコントロールしましょう。

上手な発散法と、可能であれば根本を改善する方法で、嫌いな同僚に対処してください。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。