看護師転職は転職サイトを使うべき?転職サービスの選び方

看護師の転職では、転職サイト等の転職サービスを使わない方がいいとの意見がありますが、実際はどうなのでしょうか?効率よく多くの情報収集が可能なサービス利用は、一見メリットしか見当たりません。

メリットの理解も大切ですが、後悔しないためには転職サービスのことをしっかりと理解した上で、自分に合った転職サービスを選ぶ必要があります。

今回は、看護師の転職で失敗しないよう看護師転職に対する転職サービス利用のメリット・デメリットから、自分に合った転職サービスの選び方、おすすめの転職サイト等についてお伝えします。

看護師の転職では転職サイトを使うべきか

一般職の転職に対し、専門職である看護師の転職における転職サイト利用には賛否両論がありますが、転職サイトを利用しない場合とした場合にはどのような違い、そして利用することで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

転職サイトを利用しない場合と利用した場合の違い

転職サイトを一切利用せず転職活動をした場合、以下のような活動内容となります。

  1. ハローワークや求人誌などの求人票をチェックして転職先を選定する。
  2. 転職志望先が見つかったら自分で応募をして、面接を申し込む。
  3. 履歴書・職務経歴書などの応募書類を作成し提出、書類選考通過後に面接を受ける。
  4. 面接に給与・休暇・働き方等の希望を伝え交渉する。
  5. 内定後、退職日・入社日を確定させ転職する。

転職サイトや転職エージェントなどの転職サービスを利した転職の場合は、以下のような活動内容となります。

  1. 転職サイトに登録し、希望条件等を担当に伝え、求人先を提案してもらう。
  2. 提案された求人に興味があれば担当に伝え申し込んでもらい、面接日程調整・希望条件の提示等を代行して行ってもらう。(求人先によっては事前見学等あり)
  3. 履歴書・職務経歴書の添削等、応募書類作成のサポート・面接の対策サポートを受けられる。
  4. 面接を受け内定が出たら、退職・入社準備をする。(退職時・入社時のアドバイスも受けられる)

これら転職サービスを利用しない場合と利用した場合の転職活動の違いを見ると、利用したほうが様々なサポートを受けられることがわかります。情報収集の取得可能量や、多くの情報を取得できることによる理想に近い転職先が見つかる可能性の広がり、応募書類作成や面接対策サポートによる転職精度アップ等、転職サイト・転職エージェント等のサービスを利用することで多くのメリットが享受できます。

しかし、転職サービスの利用にはデメリットも存在します。

  • 求職者の転職市場価値が低い場合、求人オファーが得られない場合がある。
  • 企業と求職者の間に担当者が入り転職活動を進めるため、転職期間が比較的長くなる。
  • 担当者の能力によってサービスの質に差が出る
  • 担当者が求職者主体ではなく自分主体であった場合、転職に失敗してしまう可能性がある

上記のように、求職者の経歴や能力が浅く転職市場価値が低い場合は、担当者に希望条件を伝えたとしても見合う求人がないということで、求人の提案やオファーを受けられない場合があります。極端な例ではありますが、これまで年収額が400万円だった方が、希望条件として年収1000万円を提示しても、経歴や有する能力が年収1000万円に満たない場合は見合う求人がないと判断され提案されません。

このように自分に問題がある場合もありますが、サービスを提供する担当者の質によっても転職の精度が大きく変わってきます。社会人としての基礎的な能力を身につけていることは前提ですが、求職者を食い物にするような意識で担当をしているエージェントに当たってしまうと、転職失敗の可能性が大きくなると言えるでしょう。

対策の詳細は後述しますが、失敗しないために大切なことは受け身になりすぎず主体的に転職を進めることです。対策ができれば、転職サービスは非常に便利なもので多くのメリットを享受できるので利用しての転職をおすすめします。

 

自分に適した看護師転職サイトを選ぶには

転職が一般的に浸透してきた現代では、転職関連サービスが国内だけでも数百種類存在しています。そんな中、看護師に特化した転職サイトも数多く存在しますが、残念ながら数が多すぎてどこに登録すればいいのかわからないというのが正直なところです。自分に合ったより良いサービスを選び、転職を成功させるためにも、自分に適した転職サービスの選び方を知っておきましょう。

自分に適した看護師転職サイトの選び方

自分に適した看護師転職サイトを選ぶには、以下条件に当てはめて考え選ぶことです。

  1. 取扱求人数は多いか?
  2. 利用者の口コミや評判はいいか?
  3. 十分な実績があるか?
  4. 転職サイトの強みと自分の転職理由がマッチしているか?

これら条件を全て満たせるサービスは少ないため、いいとこ取りをするようなイメージで各社サービスを複数利用(最低3社以上)し、転職の成功率を上げましょう。

以下にて上記条件を詳しく解説します。

取扱求人数は多いか?

転職サービスにより取扱求人数は大きく異なります。当然、取扱求人数が少なければ、その母数の中からしか選べないため自分に合った求人に出会う可能性は低くなり、逆に取扱求人数が多ければ多いほど、選べる先の数が多くなるため、自分に合った求人に出会える可能性が高くなります。

 

利用者の口コミや評判はいいか?

転職サイト利用のデメリットで簡単に触れましたが、転職関連サービスは担当者の能力や人間性によってサービスの質が大きく上下します。正直なところ、どんな担当者かは担当がついてみないとわからないのですが、担当がついた後に質が悪かったでは時間の無駄にもなりますので、事前にその可能性をできるだけ下げるためにもインターネットで検索し、利用者の口コミや評判を確認するようにしましょう。「サイト名+口コミ」や「サイト名+評判」等のキーワードで検索をすると情報が出てきます。

 

十分な実績があるか?

転職サービスの実績も重要です。各転職サービスにより「就職率◯%」「○万人の転職実績」等、実績が素晴らしいものであればあるほど、その事業には転職ノウハウが蓄積されています。十分な実績があるほど当然サポートの精度が上がりますので利用者の転職成功率も高くなります。

 

転職サイトの強みと自分の転職理由がマッチしているか?

転職サイトや転職エージェントなどの転職サービスを選ぶにあたり、最も大切といえる基準は、転職サービスが謳う強み・特徴と、「給料を上げたい」「クリニックに勤めたい」「総合病院に勤めたい」等の転職理由・目的がマッチしていることです。マッチしていないと望んだ求人に出会いづらくなってしまうので、マッチするサービスを選びましょう。

 

看護師の転職におすすめの転職サイト

看護師転職特化型のサービスには主に以下のサービスがあります。(※掲載サービスは現存するサービスの一部であり全てではありません。)

転職サービス名 特徴 公式リンク
看護のお仕事
  • 月間利用者数20万人以上
  • コンサル対応満足度No.1
  • 取扱非公開求人数が業界最大級
公式ページ
ナースではたらこ
  • 取扱求人数9万件以上
  • 90%以上の医療機関情報
  • 取材による現場の独自情報あり
公式ページ
マイナビ看護師
  • 新卒者95%以上が就活に利用
  • 利用者満足度90%以上
  • ブラックな求人は紹介しない
公式ページ
ナースJJ
  • 取扱情報量業界No.1
  • 好条件求人は掲載前に登録者に優先通知
  • 転職支援金キャンペーンあり
公式ページ
ナースパワー
  • 看護師専門紹紹介所運営30年以上の実績
  • 全国に15拠点
  • 利用者の採用率90%以上
公式ページ
ナース人材バンク
  • 全国に16拠点
  • 取扱求人数6万件以上
  • 年間11万人以上の看護師が利用
公式ページ
ナースエージェント
  • 5万5千件以上の求人情報
  • 電話による転職の相談やサポートサービス
  • 新着情報をメールで案内してくれる
公式ページ
ジョブデポ看護師
  • 取扱求人件数8万件以上
  • 転職祝い金あり
  • コンサルによる転職完全サポート
公式ページ
ナースジョブ
  • 利用者満足度96%以上
  • 業界最大級の地域求人数
  • 非公開求人の質の高さが好評
公式ページ
ジョブメドレー
  • 利用者満足度92%以上
  • 全国25万件以上の正社員・バイト等情報掲載
  • 医療介護従事者経験者が運営する求人サイト
公式ページ

上記サービスは数多く存在する看護師転職サイトの中でも優良なサービスですが、各サービスによって微妙に特徴が異なりますが、どのサービスも取扱求人数の多さや利用者の満足度の高さなどを押していて、これから利用する人にとってイマイチ違いがわかりません。

そのため、以下にておすすめを選出しました。

看護師転職をするならとりあえず登録しておくべきサイト

サービス名 サービスの質 求人の情報量・質 総合評価
ナース人材バンク ★★★★★
ナースではたらこ ★★★★☆
看護のお仕事 ★★★★☆

ナース人材バンク

ナース人材バンク」は、医療・介護分野の事業に特化した東証一部上場企業でもある株式会社エス・エム・エスグループの子会社である株式会社エス・エム・エスキャリアが運営する転職サイトです。エス・エム・エスキャリアは「ナース人材バンク」以外にも、国内最大級の看護師・看護学生コミュニティサイト「ナース専科 」や「ナース専科 求人ナビ」、その他採用側に向けた採用の現状把握から戦略策定・実行までをトータルサポートする「SOLソリューション」など、独自に積み上げてきたノウハウをサービスとして提供し、高い実績を積み上げてきたことから医療転職サービスの老舗とも呼ばれています。

そんな、エス・エム・エスキャリアが運営する「ナース人材バンク」は、取扱求人が6万件以上、そして全国に本社を含めた16拠点あり、転職の相談・アドバイス等のサポートをしてくれるキャリアパートナーが地域専任であることから、全国のどのエリアでも質の高いサポートが受けられるためおすすめです。

 

ナースではたらこ

ナースではたらこ」は、バイト情報サイト「バイトル」や社員求人サイト「バイトルNEXT」、転職サービス「はたらこねっと」など複数の求人サービスを運営するディップ株式会社が運営する看護師の転職に特化した求人サイトです。全国90%以上の医療機関情報を取り扱っているため他社サービスよりも情報母数が非常に多く、また「ナースではたらこ」に登録をすると、医療機関内部の細かい情報を把握しているキャリアコンサルタントが専任としてついてくれ、転職の相談から提案、そして内部の情報を取得していることから求人先の職場の良し悪しも伝えてくれるため転職のミスマッチが少なく、転職後も仮にトラブルがあった際にアフターサポートとして相談にのってくれるため安心して利用できます。

 

看護のお仕事

看護のお仕事」は、ITと人材に特化したレバレジース株式会社の子会社であるレバレジーズメディカルケア株式会社が運営する看護師特化型の転職サイトです。月間利用者数20万人以上と、他社サービスと比較して利用者数が圧倒的に多く、なおかつキャリアコンサルタントの対応満足度がNo.1と広く注目を集めている転職サイトです。

 

複数併用がおすすめ

ナース人材バンク」「ナースではたらこ」「看護のお仕事」を中心にご紹介しましたが、転職サービスは1つだけの利用ではなく、最低3つ以上の複数併用利用がおすすめです。求人情報取得の母数を増やすことで理想の企業が見つかる可能性を増やすという意味でもありますが、一見取扱情報量が多く見えても、住んでいるエリアによっては数が少なかったりもしますし、担当してくれるキャリアコンサルタントとの相性もありますので、転職成功の可能性を底上げするために転職サービスは複数併用しましょう。

以下は「ナース人材バンク」「ナースではたらこ」「看護のお仕事」の公式ページURLです。登録の参考にしてください。

ナース人材バンク:https://www.nursejinzaibank.com

ナースではたらこ:https://iryo-de-hatarako.net

看護のお仕事:https://kango-oshigoto.jp

看護師の転職を成功させるには情報収集が重要

看護師の転職に限らず、その他職種の転職にも同じことが言えますが、転職を成功させる最大のポイントは事前の情報収集です。転職失敗で多い理由が、転職前と転職後のギャップ、つまり「こんなはずじゃなかった…」と後悔することですが、このような後悔は情報収集を徹底すればするほど回避することができます。

インターネット上に落ちている口コミや評判、キャリアコンサルタントから聞ける企業の内部イメージ、事前に可能な病院・施設の見学等、情報収集は面倒かもしれませんが後悔せず転職を成功させるには非常に重要なことなので妥協せず情報収集を徹底しましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。