転職におすすめの職種?満足転職のために知っておくべき情報

転職先におすすめの職種とはどのような職種なのでしょうか?

職種によって働き方や収入、職種との相性による満足度は大きく違ってきます。おすすめの転職先職種を知ることも大切ですが、最も重要なのは自分の適正に合った職種を選びより良い転職先に転職することです。満足のいく転職を実現させるためにも本記事を参考にしてくだい。

今回は、転職におすすめの職種を始め、満足のいく転職を成功させる方法についてお伝えします。

転職先におすすめの職種とは

職種の選び方は以下条件に当てはめて考えます。

①将来に渡り需要のある職種

②参入ハードルが低く制限が少ない職種

③キャリアプランを描ける職種

④自分の特性に合った相性のいい職種

将来に渡り、システムやロボットにとって変わられてしまい需要がなくなってしまうような職種、参入ハードルが高く、数年資格学校に通い卒業し試験を合格しないと就けない職種、どんなに頑張ってもキャリアアップが難しい、または昇進しても大して稼げない職種、自分の特性にあっておらず仕事をしていてストレスが過剰に溜まる職種は、避けるべき職種であり、満足のいく転職とは程遠いものとなってしまいます。したがって、上記①~④の条件に当てはめて職種を選ぶのがポイントです。

以下では、転職のプロがおすすめする職種ですが上記④の条件だけは人により様々であるため選定条件には含めていません。自身の特性に合った職種の選び方は後述しますので、以下ではおすすめの職種として職種選びの参考にしてください。

転職先におすすめの職種

プログラマー/システムエンジニア

システムのプログラムを構築するプログラマー、プログラマーに指示をだしシステムを作るシステムエンジニアは、現段階では将来に渡り需要のある職種で、なおかつ資格職ではなく未経験歓迎の求人も多数あり、キャリアプランも描けキャリアを積み重ねれば大きく稼げる可能性のある職種であることから非常におすすめの職種です。

人手不足と一般的には言われていますが、実際はそうではなく、人の数はいても専門性の高いプログラマー/システムエンジニアが不足しているということで、キャリアを積み重ねれば仕事に困ることはありません。

また、仮に会社員を辞め独立したとしても案件を獲得しやすい職種とも言えますので柔軟性の高い非常におすすめな職種です。

 

営業職

営業職といっても多種多様ですが、会社の売り上げを作る営業マンはこれからの時代も多くの企業から求められます。特に金融・不動産系の営業ともなれば、営業の難易度は高くなりますが、取り扱い商品・サービスの単価が高額であることから営業に支払われる報酬も非常に高額となるため大きく稼ぐことが可能となります。

また、営業職は業界・職種未経験でも採用されやすい傾向にあるため転職ハードルが低いというのも特徴です。

営業職でキャリアを積み重ねれば、会社員としても独立し個人事業主または経営者となっても十二分に知識・経験・実績を活かすことができるため、転職先におすすめの職種と言えます。

 

コンサルタント職

「コンサルタント」というと参入ハードルが高そうなイメージが浸透していますが、実はそうでもありません。当然、コンサルタントというだけあって有しているべき知識や経験の幅は広く、それなりに深くなければいけませんが、これまで経験してきた業界と同業種であれば比較的容易に転職できます。

コンサルタントも多種多様なため一概には言えませんが、数ある職種の中でも平均年収額は高い傾向にあり、コンサルタントとして得た経験は会社員・個人事業主・経営者どのような局面でも活用できるため、経験しておいて損のない職種と言えます。

 

自分にとって満足のいく職種を見つけるには

職種を選ぶ条件で簡単に触れましたが、選定条件として「自分の特性に合った相性のいい職種」というのは満足な転職を実現する上でも最も大切な条件と言えます。その為、自分の特性を適切に判断する必要があるのです。

自身の特性を理解するには、まず自分の向き不向きを考えます。人と話をするのが得意で向いている、逆に話をするのは苦手だが細かい作業は向いている等、向き不向きによって職種の方向性を大まかに決めることができます。

向き不向きがわかれば、次は理想とする働き方や仕事環境を考えます。出歩く働き方が理想なのか、オフィスでパソコンに向かって仕事をするのが理想なのか、パソコンさへあればどこにいても仕事ができる環境が理想なのか、職種によって働き方や環境は大きく異なる為、これらも忘れずに選定の要素に入れましょう。

向き不向き、そして理想の働き方や職場環境を考え明確にすることができたら、これらを踏まえた上で職種と照らし合わせて選ぶことで自分にとって満足のいく職種を見つけることができます。

 

異職種に転職する場合に考えるべきこと

自分の状況に合った職種を探すということは、ほとんどの方がこれまで経験してきた職種ではなく、異職種への転職となるのではないでしょうか。

転職先が同業種同職種であれば、これまでのキャリアを十分に活かせるため問題ありませんが、転職したい先が異業種または異職種など、今まで積み重ねてきた経歴とはまったく関係のない先であれば、当然同業種同職種転職よりもリスクが大きくなります。未経験であればあるほど雇用条件が厳しくなるというリスクが目立ち、それ以外の業務内容等でも未経験が故に「こんなはずじゃなかった…。」と後悔することが多くあるのです。

異業種異職種転職では、ミスマッチによる転職失敗が比較的多いので、そんなミスマッチを減らすための対策として、特性の見極めと適性の判断、情報収集を十二分に意識して行うようにしましょう。

 

異職種転職をするなら登録しておくべきサービス

転職したい先が異職種である場合は、第二新卒や未経験求人、異業種転職に特化した転職サービスの利用がおすすめです。自分の状況と合っていないサービスを利用しても悲惨な転職結果となってしまうので、転職活動の基礎となるサービス選びは徹底しておきましょう。

以下にてご紹介している転職サービスは、異職種に転職をするなら、とりあえずでも登録しておいた方がいいサービスなので転職活動時にぜひご利用ください。

転職サービス名 評価 サービス特徴
DYM就職 ★★★★★
  • 未経験転職に強い
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで企業面接可能
doda ★★★★☆
  • 求人件数10万人以上
  • スカウト機能あり
  • 業界特化キャリアコンサル
ワークポート ★★★★☆
  • マンツーマンアドバイス
  • 転職状況進捗管理機能
  • 業界特化型転職サポート

DYM就職」は、第二新卒の転職に特化した転職エージェントサービスです。第二新卒に特化しているため、取り扱い求人には未経験歓迎の転職案件が多く、さらには書類選考なしで企業との面接ができるという特徴があるため、異職種転職であっても転職成立のハードルが大きく下がります。職種や業界が変わる転職には非常に適していると言えるでしょう。

doda」は、求人件数10万件以上の総合転職サービスです。異職種転職に特化しているわけではありませんが、取り扱い求人数が圧倒的であることから、転職活動における幅広い情報収集が可能となり、理想に近い転職先との遭遇率が大きくアップします。「doda」は転職するならとりあえず登録しておくべきサイトと言えるでしょう。

ワークポート」はIT・インターネット業界の転職を強みとしていますが、総合的に業種を網羅しており、さらには志望先の業界に特化したサポートを受けられるため、異業種異職種への転職も安心して行えます。

転職サービスは一つだけの利用ではなく、最低3つ以上のサービスを並行して利用した方が、転職成功率が上がりますので、ご紹介しました「DYM就職」「doda」「ワークポート」を利用してみてください

上記に関連して、転職を成功させるには自分の状況にあった転職サービス選びが必須です。

以下は、上記3サービスの公式ページURLです。サービス登録の参考にしてください。

DYM就職:https://www.dshu.jp

doda:https://doda.jp

ワークポート:https://www.workport.co.jp

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。