転職先におすすめの業界とは?満足のいく転職先の選び方

転職先におすすめの業界とはどのような業界なのでしょうか?

同じような仕事をしていたとしても、業界が変わるだけで収入の基準が大きく変化することもあります。現状よりも大きく稼ぐことを目的に転職を検討されているのでしたら、おすすめの業界から転職先を選び、転職を満足度の高いものにしましょう。

今回は、転職におすすめの業界情報に加え、満足のいく転職先の選び方、そして転職志望先が異業種だった場合の転職活動における注意点、今回のケースに適した登録しておくべき転職サービスについてお伝えします。

転職先としておすすめの業界とは

満足のいく転職、つまり転職成功の定義は人によって異なりますが、根拠あるおすすめの情報を取得し転職先選定に反映させることは満足度の高い転職に直結します。

これからご紹介する転職先としておすすめの業界は以下の条件に当てはめて選びました。

①将来に渡り需要のある業界

②労働基準を守れている業界

③参入ハードルが低い業界

④時代の変化に左右されない主要な業界

転職を成功させるにあたり考えるべきポイントは、その業界の成長性と健全性です。収入が横ばい、収入が上がっても業務時間が長く残業が多い、基本給が良くてもサービス残業せざるを得ない、転職時は良かったが流行の業界で飽和傾向にある、そもそも参入ハードルが高すぎて転職できない、仮に転職が成立したとしても、転職後の状態がこのような状態では、決して転職成功とは言えません。

以下では、上記条件を満たした本当におすすめの転職先業界をご紹介しています。

転職先におすすめの業界

IT業界

一般的にIT業界はブラック企業が多いことで知られていますが、全ての企業がブラックというわけではありません。時代の最先端を行く業界だけあり、自由な働き方や、これまでの日本で考えられなかった社風など企業の在り方は短期間で大きく変化しています。

また、IT業界は人手不足で、なおかつ資格がないとできない仕事というわけでもないため、未経験者を歓迎している例も非常に多く参入ハードルが低くいというメリットもあります。腕のたつシステムエンジニア職に就くことができれば引く手数多で長い将来に渡り仕事、そして収入に困ることはなくなるでしょう。

さらに、IT業界で積むキャリアは汎用性が非常に高いという特徴もあります。一度キャリアを築いてしまえば転職先に困ることなく、また仮に独立をしたとしても、案件の獲得の難易度が低いため仕事に困りづらいと言えます。

このように、IT業界は将来に渡り需要があり、なおかつ会社を選べば労働基準も守られており、参入ハードルが低く、この先も主要な業界でなくなることがないことからIT業界は転職先として特におすすめの業界と言えます。

 

営業職

営業職には達成すべき厳しいノルマがあり、ストレスの多い業界というイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。営業職にも、モノ・サービスを販売する営業や、提携先を開拓する営業、営業先が法人なのか個人なのかなど様々です。

しかし、それら様々な営業の中でも転職するからにはモノ・サービスを販売する営業に転職されることをおすすめします。業界により営業ターゲットが異なっても、やはり営業職の役割は「売り上げを作ること」です。売り上げを作ることができる能力は、企業運営のための酸素となるため、世の中すべての企業でも欲しがっています。そのため販売実績を一度積むことができれば、引く手数多でキャリアアップに非常に有利な仕事と言えます。

営業職も汎用性が高いため、営業スキルを有していれば転職先、そして独立後も食いっぱぐれることは少ないといえるでしょう。

 

不動産業界

不動産業界と一言でいっても内容は多種多様ですが、職業によっては転職ハードルが高くなく、比較的稼げる職種が多く存在します。賃貸マンション・アパートの仲介、分譲マンションの売買仲介、戸建の販売等、基本的に取り扱うモノの金額が大きいため大きく稼ぐことが可能です。

経済的に不況となっても人が移動をすればお金が入る業界であることから時代に左右されにくい比較的安定した業界と言えます。

 

満足のいく転職先を見つけるには

転職業界を絞ることができても、やはり大切なのは転職先企業です。業界が良くても勤め先がブラック企業であれば意味がありませんし、稼げない報酬形態・評価制度を採用している企業では転職成功とは言えないでしょう。

転職先の情報は、転職前にわかるものもありますが、多くは転職後にわかるものばかりです。転職後にわかるのでは、せっかくの転職が台無しになってしまうので、事前に見極められる転職先の見つけ方についてお伝えします。

転職先を入社前に見極める選び方

転職を満足のいくものにするためにも、転職後ではなく転職前の情報収集の段階で志望先がブラックなのかホワイトなのかの見極めは重要です。ブラック企業・ホワイト企業には以下見極めポイントがありますので選択の参考にしてください。

企業種別 特徴
ブラック企業 常に求人募集をしている

相場よりも給料が圧倒的に高い

応募基準が低い

ビジョンを過剰に語っている

アットホームな職場雰囲気を過剰に押している

ネット上に悪評がある

ホワイト企業 常に求人募集をしていない

ネット上に高評価が多い

社員がイキイキと仕事をしている

社員の意見を取り入れる体制が整っている

男女平等を実現する体制が整っている

今では、企業の口コミや評判がネット上にアップされているため、転職前に多くの情報が取得できる時代となりました。上記各企業の特徴は、それら企業に共通する特徴であるため一概に判別できるものではありませんが、意識して見ることで見極めの精度が上がりますので、ぜひ転職活動時の情報収集に役立ててください。

 

異業種に転職する場合に注意すべきこと

転職先が同業種同職種であれば問題ありませんが、転職したい先が異業種など、これまでの経歴とはまったく関係のない先であれば一般的な同業種同職種転職よりもリスクが大きくなります。未経験であればあるほど雇用条件が厳しくなるというリスクが目立ってありますが、それ以外の業務内容等でも知らないが故に「こんなはずじゃなかった…。」と後悔することが多くあるのです。

そうなっては転職失敗と言わざるを得なくなってしまうので、そうならないためにも具体的に転職後をイメージできるよう情報収集を十二分に意識して行いましょう。

企業によっては「入社前インターン」という数日程度の体験入社ができる制度を設けているところもあるため、異業種転職のミスマッチを減らすための対策として積極的に活用してみてください。

 

異業種に転職するなら登録しておくべきサービス

転職したい先が異業種である場合は、第二新卒や未経験求人、異業種転職に特化した転職サービスの利用がおすすめです。自分の状況と合っていないサービスを利用しても悲惨な転職結果となってしまうので、転職活動の基礎となるサービス選びは徹底しておきましょう。

以下にてご紹介している転職サービスは、異業種に転職をするなら、とりあえずでも登録しておいた方がいいサービスなので転職活動時にぜひご利用ください。

転職サービス名 評価 サービス特徴
DYM就職 ★★★★★
  • 未経験転職に強い
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで企業面接可能
doda ★★★★☆
  • 求人件数10万人以上
  • スカウト機能あり
  • 業界特化キャリアコンサル
ワークポート ★★★★☆
  • マンツーマンアドバイス
  • 転職状況進捗管理機能
  • 業界特化型転職サポート

DYM就職」は、第二新卒の転職に特化した転職エージェントサービスです。第二新卒に特化しているため、取り扱い求人には未経験歓迎の転職案件が多く、さらには書類選考なしで企業との面接ができるという特徴があるため、異業種転職であっても転職成立のハードルが大きく下がります。今回のような業界をまたぐ転職には非常に適していると言えるでしょう。

doda」は、求人件数10万件以上の総合転職サービスです。異業種転職に特化しているわけではありませんが、取り扱い求人数が圧倒的であることから、転職活動における幅広い情報収集が可能となり、理想に近い転職先との遭遇率が大きくアップします。「doda」は転職するならとりあえず登録しておくべきサイトと言えるでしょう。

ワークポート」はIT・インターネット業界の転職を強みとしていますが、総合的に業種を網羅しており、さらには志望先の業界に特化したサポートを受けられるため、異業種への転職も安心して行えます。

転職サービスは一つだけの利用ではなく、最低3つ以上のサービスを並行して利用した方が転職成功率が上がりますので、ご紹介しました「DYM就職」「doda」「ワークポート」を利用してみてください

上記に関連して、転職を成功させるには自分の状況にあった転職サービス選びが必須です。以下記事では、ご自身の状況にあった転職サイト・エージェントの選び方を解説していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。