転職エージェントとは?転職成功のためのエージェント活用法

転職エージェントとは、転職先を紹介してくれる人材紹介サービスの名称です。

転職における転職先の紹介等はもちろん、転職成功の精度を上げるためのコンサルや履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成サポートなど、求職者は転職エージェントサービスを利用することで転職が成立しやすくなるというサービスで、今では転職には欠かせないサービスとなりました。

しかし、サービスが浸透する一方で「質の悪い転職先を紹介された」など良くない噂を聞きますが、どうすれば効率・精度良く転職を成功させることができるようになるのでしょうか?

今回は、転職エージェントサービスの全容に加え、エージェントサービスの上手な活用法と信用できるエージェントの選び方についてお伝えします。

転職を成功させるにはサービス選びが非常に重要なので、エージェントサービスの利用を検討されている方は、ぜひ本記事をご一読ください。

転職エージェントとは

冒頭でもお伝えしましたが、転職エージェントとは転職先を転職者に紹介してくれ転職成立をサポートしてくれる人材紹介サービスです。

転職エージェントサービスを提供する運営会社によって細かなサービス内容は異なりますが、一般的には “キャリアアドバイザー”や”キャリアコンサルタント”と呼ばれるエージェントが、求職者に対し面談という形で転職に関する悩みや希望等のヒアリングを行い、転職成功に向けて転職先の紹介や面接のセッティング、その他、応募書類の作成や面接などのサポート、応募企業との給与交渉等、転職成功に向けて様々なサポートを行ってくれます。

一見、求職者に対して非常に便利に感じるサービスですが、

それでは以下にて、より具体的に転職エージェントのサービスや仕組み、利用の流れ等について確認していきましょう。

転職エージェントのサービス内容

各社運営の転職エージェントサービスによって細かなサービス内容は異なりますが、一般的には以下のようなサポートサービスを受けることができます。

①キャリアアップやキャリアチェンジ、その他転職関連の悩み等のキャリア相談

②求人紹介・提案

③履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削

④面接のセッティング

⑤面接の対策

⑥企業との給与交渉

「転職にあたり給与を上げたい」「異業種・異職種へ転職したい」「現状には満足していないからなんとなく転職を考えているが次にどんなところに転職すればいいのかわからない」などのキャリアアップやキャリアチェンジ、転職関連の悩みなどに対するキャリア相談から始まり、求人の紹介や提案、応募書類である履歴書や職務経歴書の添削、企業との面接セッティング、面接を通過するための対策、企業と求職者の間に入っての給与交渉など、通常求職者本人が行う転職活動嬢面倒なことを転職エージェントは代行して行なってくれます。

 

転職エージェントの利用料金と仕組み

転職エージェントサービスの利用料金は無料です。したがって転職活動にあたり転職エージェントを利用して前項目のようなサービスを利用しても利用者である求職者には一切請求がきません。(※一部有料プランを含むエージェントサービスもあります。)

それでは、転職エージェントはどこから報酬を得ているのかという話になるのですが、結論からお伝えしますと、転職エージェントは企業と求職者がマッチングした後、企業から紹介料という形で報酬を受け取るため求職者は1円も支払うことなくサービスを利用できるのです。

企業が求人を募る際の方法として、ひと昔前までは求人サイトや求人誌に求人広告を掲載する手法が一般的でしたが、この手法の問題点として広告料が高い点と、高額なコストをかけても応募がこないこともあったことから、よりマッチング率を上げ、ミスマッチを減らし、無駄なコストが削減できる転職エージェントサービスが浸透し、今では一般的なサービスとなり転職サイトと平行して運営する人材紹介会社が増えました。

 

転職エージェントを利用するメリット

自分の転職市場価値を判断してもらえる

転職における自分の市場価値とは、世間的に見た自分への評価のことを指します。企業に勤めているのであれば、その企業から受け取っている年収額が市場価値の基準値となりますが、A社で年収500万円受け取っていた人がB社で500万円となるかといえば必ずしもそうなるわけではありません。

求職者がこれまで積んできたキャリアによって市場価値は判断されるので、転職をすることで収入が上がる場合もあれば下がる場合もあるのです。そのため、転職において今の自分の市場価値はどれくらいなのかを正しく判断することは重要であり、自分ではなかなか判断が難しいため、第三者からの評価として転職エージェントを利用することで適正な市場価値が判断でき、転職した方がいいのかしない方がいいのか、能力に相応の企業はどういったところなのか、転職成功に向けたベースの判断をしてもらえます。

 

キャリアに関する悩み相談を受けてくれる

転職エージェントの大きな役割としキャリア相談がありますが、やりたいことが明確になっていない、キャリアアップには何が必要なのか、現状の不満を解決できる転職先があるのか等、キャリアに関する様々な悩みの相談にのってくれます。

転職に対し不安が大きい方にとっては、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

 

求人サイトや求人誌に掲載されていない非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントが紹介してくれる求人情報は、基本的に「非公開求人」です。つまり、転職サイトや誌面に公開されていない求人を指すのですが、転職エージェントサービスを利用することで、転職先の幅が広がり、より自分にマッチした転職が実現する可能性が高まります。

 

自分にあった企業や仕事を紹介してもらえる

転職エージェントに登録すると、一般的に何らかの形でヒアリングが行われます。どのような転職を望んでいるのか、どのような先を希望するのか等、自分にあった企業や仕事を紹介・提案してくれるため転職のミスマッチが少なくなります。

 

求職者が企業に対してしづらい交渉を代わりに行なってくれる

転職エージェントは、求職者が企業に対してしづらい給与の交渉や休みの交渉など、求職者が提示する条件交渉を間に入り行ってくれます。一方的な条件は当然通りづらくなりますが、常識の範囲内の交渉であれば代わりに行ってくれるため、求職者はストレスなく企業に条件を提示できます。

 

転職エージェントのデメリット

転職市場価値が一定水準に達していない場合断られる場合がある

転職市場価値が一定水準に達していない、つまり市場価値が低すぎる場合は、転職成立が困難と判断されサービスの利用を断わられることがあります。

 

質の悪い営業マンが担当になると営業マンのための転職となる場合がある

残念ながら、転職エージェントの質は一定ではありません。担当者となるエージェントの能力や人間性によっては希望にそぐわない、キャリアに合っていない企業を勧めてきたりと、自分の利益に走り求職者のためではなく、転職エージェントのための転職となってしまう場合があります。

後ほど、失敗しない転職エージェントの選び方について後述します。

 

転職エージェントの登録から入社までの流れ

①転職エージェントサービスに登録

まず初めに転職エージェントサービスに登録します。転職エージェントサービスの選び方については後述しますが、基本的には自分の転職状況に合ったサービスを選び登録することが転職サービス選びのポイントとなります。

登録はウェブ上で行うことが一般的で、その際プロフィール登録を行います。必要事項をフォームに入力し、入力した情報を送信すれば完了です。登録するプロフィールを適当ではなくしっかりと入力することで担当者が求職者をより明確にイメージでき、求人紹介の精度が上がります。

 

②面談日程の調整

転職エージェントサービスに登録をすると、担当者から電話もしくはメールにて連絡がきますので、エージェントとの面談日程を調整します。基本的には対面での面談となりますが、お住いの住所、スケジュール等でどうしてもまとまった時間が取れない方は電話での面談も可能です。

 

③面談・求人紹介

面談では、転職に関する求職者の希望条件のヒアリングや仕事に関する悩み相談などが1時間程度で行われます。転職活動にあたり不明な点や不安な点等があればその際に確認しましょう。また、希望条件に合う求人があれば面談の際にその場で求人紹介をしてもらえます。

 

④応募・面接

興味のある求人があれば応募となり面接です。一般的な流れとしては、応募書類である履歴書・職務経歴書を提出し書類選考となり、書類選考が通過できたら面接となります。

履歴書・職務経歴書の添削、面接の対策も転職エージェントがサポートしてくれるので書類作成・面接共に高い精度で臨むことができます。

 

⑤内定・入社

書類選考・面接を通過することができれば内定・入社となります。一般的には内定後に条件交渉等を行いますが、その際の交渉も転職エージェントが間に入り行ってくれますので、遠慮なく条件交渉が可能となります。

その他、退職日が予定よりも遅れそうな場合等のトラブルも、エージェントが企業との間に入ってくれ調整を行ってくれますので、もしもの時の対応も行ってくれます。

 

転職エージェントを上手に活用して転職を成功させるには

転職エージェントサービスは、残念ながらただ登録して受け身の姿勢でいれば転職が成功するというものではありません。サポートをしてくれるエージェントも人間ですし、転職をするのは求職者本人なのである程度積極的に動く必要があります。

また、各社提供の転職エージェントサービスにはそれぞれ強みがあり、逆に弱みもあるため、そのあたりを把握した上で自分の転職状況に合ったサービスを選ぶ必要があるのです。

また、1社だけの登録では、担当者との相性、取り扱い求人の可能性共に可能性が狭くなってしまいますので、複数同時登録し並行して利用し成功の可能性を高めましょう。

まとめると、転職エージェントサービスを上手に活用して転職を成功させるためには、

①エージェントを上手に使うこと

②自分に合った転職エージェントサービスを選択すること

③複数のサービスを同時活用する

これら3点が成功につながる重要なポイントとなります。

以下にて上記3点の詳細をお伝えします。

転職エージェントの上手な使い方

結論からお伝えしますと、転職エージェントを上手に使ためには担当のエージェントにとって「優良求職者」と位置づけさせることです。悪いお客と良いお客、接客対応するならどちらがいいかと聞かれたら多くの方が良いお客と答えるでしょう。それと同じで、担当の転職エージェントにとって、求職者が良いお客であればエージェントも積極的にサポートしてくれ、さらには優良案件を優先的に紹介してもらえる可能性まで出てきます。優良求職者と位置づけさせるには以下の点を意識し担当エージェントと接しましょう。

転職に対して積極的かつ主体的である様子をアピールする

転職サービスを利用すると、どうしても受け身になりがちになってしまうため、積極性がないと判断されてしまうと担当エージェントの中でランクの低い顧客となってしまいます。エージェントは複数の顧客を同時並行で担当しているため、積極的かつ主体的で、短期間で転職が成立しそうな求職者を優先度高くサポートします。そのため、転職意欲の高さをアピールするのは担当エージェントを上手に活用するために重要なポイントと言えるでしょう。

 

サポートアドバイスを素直に受け入れる

転職エージェントサービスに登録をすると、キャリア相談や応募書類添削・面接対策等、様々な場面で担当エージェントからサポートアドバイスが入ります。アドバイスをされるということは、現時点で結果を出すための目標ラインに達していない、もしくは、さらなる高みを目指せるということであり、それら担当エージェントが受ける印象は、企業が受ける印象でもあります。

アドバイスを受け入れず改善されないようであれば、エージェントのモチベーション低下にもつながります。逆に言えばアドバイスを素直に受け入れ改善意欲が見られるようであれば担当エージェントのモチベーションも上がるので、優良求職者となるためにも、サポートアドバイスは素直に受け入れるよう意識しましょう。

 

転職エージェントサービスの選び方

転職エージェントサービスは、今では数多く存在しますが、どのサービスを利用しても同じというわけではありません。したがって、各サービスの強み・弱み、それらを把握した上で自分の転職状況に合ったサービスを選ぶ必要があります。

サービスの強み・弱みとは、サービス自体の評判もありますが、それ以外にも、どの業種職種に特化しているかが重要です。取り扱い求人母数が多く全ての業種職種をバランスよく網羅している総合型もありますが、○○の業種に強いといった業種職種特化型もあります。

基本的には求人サイトと転職エージェント、そして総合型と特化型のサービスを組み合わせて活用し、幅位広い情報収集ができることが転職成功の可能性をアップします。

次章では状況に合った転職エージェントサービスをご紹介していますので、サービス選びの参考にしてください。

 

転職成功の可能性を高める複数登録

求人サイトも同様ですが、転職支援サービスを利用し転職をするのであればサービスの複数登録が必須です。転職成功には、これまでお伝えしてきましたような状況別に特化サービスを選ぶなどのポイントもありますが、それ以外にも取り扱い求人や担当者との相性、情報収集量など、様々な要素が絡み合ってきます。

大手含め完璧なサービスは存在せず、どのサービスも強みを持っていますので、可能性の幅を広げるという意味で少なくとも3社以上は登録し同時並行利用で転職活動を行うようにしましょう。

 

状況別で選ぶ転職エージェントサービス

本稿での状況別とは、それぞれの転職理由を指します。転職成功の基準は人により異なりますが、成功には転職理由を満たすことが前提条件です。転職理由が給料の低さであるなら、収入アップが転職成功の前提条件となり、在籍中の企業の将来が不安で転職を検討しているなら、安定した大企業に転職することが成功の前提条件と言えます。

これまでお伝えしてきましたように、各転職エージェントサービスは特徴が異なりますので、自身の転職理由を高確率で満たしてくれるサービスを選び、少なくとも3社以上のサービスに登録し、担当との相性、情報量等を確認し自分に合った形でサービスを組み合わせ活動しましょう。

以下は、数ある転職エージェントサービスの中から選出した登録しておきたい転職エージェントサービスを状況別に分類したものです。サービス選びの参考にしてください。

収入を増やしたい

サービス名 評価 特徴
パソナキャリア
  • 求人数40,000件以上
  • 25万人の転職ノウハウ
  • 年収アップ率67%以上
ビズリーチ
  • エグゼクティブ特化求人
  • 9万件以上の公開求人数
  • スカウト機能あり
JACリクルートメント
  • ハイクラス特化型求人
  • 満足度93%転職コンサル
  • 幅広い年代にも対応

パソナキャリア(PASONA CAREER)」は、求人数常時4万件以上取り扱いのある大型転職サービスです。「パソナキャリア」の転職エージェントサービスは、転職後年収アップ率67%以上と高いアップ率を出していますが、その実績以上に多くの利用者から高評価を獲得しています。

ビズリーチ(BIZREACH)」は、公開求人数10万件以上の大型ハイクラス転職サービスです。一般的な転職エージェントサービスは無料ですが、「ビズリーチ」には有料プランが存在し有料だけあってしっかりとしたサポートを受けられます。(登録は無料です。)キャリアアップに適した転職サービスと言えますが、キャリアがある程度ないとあまり相手にされないため、キャリアなしの方であればあまりおすすめできません。一方でハイクラス転職がコンセプトであるだけ高収入求人は豊富なので収入を増やしたいのであれば登録必須です。

JACリクルートメント(JAC Recruitment)」は、転職サイトとエージェントサービスを掛け合わせたトータルサポートサービスです。取り扱い求人は管理職・専門家・エグゼクティブを中心にハイクラスだけでなくミドル求人も取り扱いがあり幅広い情報収集が可能です。

現時点での収入が年収800万円以上であり、さらなるキャリアアップを目指すのであれば「ビズリーチ」もしくは「JACリクルートメント」を、年収が500万円未満もしくは前後であれば「パソナキャリア」の登録がおすすめです。

以下、上表にてご紹介しましたサービスのURLですので登録の参考に公式ホームページをチェックしてみてください。

 

大企業に転職したい

サービス名 評価 特徴
doda
  • 求人件数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • 業界特化キャリアコンサル
リクルートエージェント
  • 求人件数10万件以上
  • 転職支援実績40万件以上
  • マンツーマンサポート
パソナキャリア
  • 求人数40,000件以上
  • 25万人の転職ノウハウ
  • 年収アップ率67%以上

doda(デューダ)」は、公開・非公開求人含め10万件以上の求人を取り扱う大型転職サービスです。様々な業界を網羅しており、さらには各業界に特化したキャリアコンサルタントによる転職コンサルが高評価で多くの求職者から評価されている転職サービスです。

リクルートエージェント」は、転職支援実績40万件以上であり、豊富な転職ノウハウをもった大型エージェントサービスです。取り扱い求人の80%以上が非公開求人であり総数10万件以上の求人の中には大企業求人も多く含みます。

パソナキャリア(PASONA CAREER)」は、求人数常時4万件以上取り扱いのある大型転職サービスです。「パソナキャリア」の転職エージェントサービスは、キャリアアップ転職を強く推していますが、キャリアアップを謳っていることもあり取り扱い求人の多くは大企業です。

doda」「リクルートエージェント」ともに取り扱い求人数の多さが圧倒的なことから、情報収集の幅を広げる意味でも登録しておいて損はない転職サービスです。大企業への転職とキャリアアップを兼ねて「パソナキャリア」を利用するのもおすすめです。

以下、上表にてご紹介しましたサービスのURLですので登録の参考に公式ホームページをチェックしてみてください。

 

異業種・異職種に転職したい

サービス名 評価 特徴
ワークポート
  • マンツーマンアドバイス
  • 転職状況進捗管理機能
  • 業界特化型転職サポート
DYM就職
  • 未経験転職に強い
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで企業面接可
ハタラクティブ
  • 20代未経験転職に強い
  • 未経験求人常時1,500件
  • プロの転職サポート

ワークポート(WORKPORT)」は、IT・インターネット業界の転職を強みとしていますが、実際はあらゆる業界の求人案件を取り扱った総合型の転職サービスと言えます。「ワークポート」の”転職コンシェルジュ”サービスはそれぞれ業界に特化しており専門性が非常に高いため、異業種・異職種への転職相談もでき、転職者の状況を考慮した最適なキャリアビジョン・プランをアドバイスしてくれます。

DYM就職」は、第二新卒の転職に特化したエージェントサービスです。他社と比較すると取り扱い求人数は少ないものの、96%という非常に高い就職率を誇っています。未経験分野への転職もサポートしてくれるので現状の業界・職種とは異なる異業種・異職種への転職に適していると言えるでしょう。

ハタラクティブ」は、20代に特化した未経験からの正社員就職をサポートしてくれる転職サービスで、社会人経験ゼロ・未経験歓迎求人が常時1,500件以上あるため、異業種・異職種への転職を希望される方には非常に心強いサービスです。

20代での異業職種転職であれば「DYM就職」または「ハタラクティブ」を、30代または、業種や職種を変えたいけど明確に決まっていないという場合は「ワークポート」の利用がいいでしょう。

以下、上表にてご紹介しましたサービスのURLですので登録の参考に公式ホームページをチェックしてみてください。

 

転職目的が明確になっていない

サービス名 評価 特徴
パソナキャリア
  • 求人数40,000件以上
  • 25万人の転職ノウハウ
  • 年収アップ率67%以上
doda
  • 求人件数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • 業界特化キャリアコンサル
アイデムスマートエージェント
  • キャリアプランサポート
  • 豊富な転職関連イベント
  • マンツーマンサポート

パソナキャリア(PASONA CAREER)」は、求人数常時4万件以上取り扱いのある大型転職サービスであるため情報量が多く、転職目的が明確になっていない場合に適しています。

doda(デューダ)」も、公開・非公開求人含め10万件以上と多くの求人情報を取得することが可能です。様々な業界を網羅しており、さらには各業界に特化したキャリアコンサルタントによる転職コンサルが高評価で多くの求職者から評価されており、キャリアビジョンが明確でない場合に相談に乗ってくれます。

アイデムスマートエージェント(Aidem Smart Agent)」は、求人サイト以外にも、求人フリーペーパーや新聞折込などで求人媒体企画を40年以上にわたって行っている求人業界でも歴史ある人材紹介会社です。企業ネットワークは25万社以上で、多種多様な企業ネットワークを保有しているからこそ、求職者に幅広い提案ができ、長年培われてきた転職ノウハウによって、「なんとなく転職したい」という転職ニーズが漠然とした方でも、安心して転職ができます。

パソナキャリア」「doda」「アイデムスマートエージェント」3つのサービスは、取り扱い情報量が他社と比較しても非常に多いため、キャリアの悩みに広く対応してくれます。

以下、上表にてご紹介しましたサービスのURLですので登録の参考に公式ホームページをチェックしてみてください。

 

転職を成功させるには自分に合ったサービス選びから

転職を成功させるには、転職活動のベースとなるサービス選びが非常に重要となってきます。一般的におすすめされているサービスも悪くはないのですが、高い確率で成功させるには自分の状況に合った転職サービスを組み合わせて複数同時に利用するのが一番です。

以下記事では、転職状況別に状況に適した転職サービスの組み合わせをご紹介していますので複数登録の参考にしてください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。