車の水没・浸水に対する保険は?自然災害に備えるために

豪雨や洪水などで車が水没や浸水となってしまったら保険でカバーできるのでしょうか?

近年、日本では台風や豪雨、それに伴う洪水など自然災害が増え、それに比例し車の浸水や水没などの被害も増加しているため、もしもの時の備えは重要となってきました。高額である車に被害が出てしまっては大きな経済損失となってしまいます。

今回は、車の水没や浸水など自然災害による車への被害をカバーしてくれる保険についてお伝えします。

自然災害による車への損害をカバーしてくれる保険とは

車を購入した際に加入する保険の一つに、個人の意思で判断して加入する自動車保険(任意保険)があり、その補償の一つに自動車の修理費等を補償する「車両保険」というものがあります。

自動車保険(任意保険) 概要
対人賠償 他人を死傷させてしまった場合の補償
対物賠償 他人の車やガードレール・電柱などのモノを壊してしまった場合の補償
人身傷害 自分や搭乗者が死傷した場合の治療費などの補償
車両保険 契約車両の修理費の補償
弁護士特約 もらい事故などで相手に賠償請求する場合の補償

そもそも自動車保険は「事故の備え」というイメージがあるため、「事故を起こした場合の修理費への備え」として車両保険に入る方が多いのではないでしょうか。保険会社の車両保険案内の補償対象例では以下のような「事故が原因で発生した修理費用」を連想させる案内が多く存在します。

・車同士の接触事故で、車両が壊れた

・ガードレールに車体をこすった

・電柱に車をぶつけてフロントが凹んだ

しかし事故が原因の修理費補償だけでなく、自然災害による車の浸水や水没も車両保険の補償対象に入るのです。

車両保険のカバー範囲

保険会社により補償内容や加入方式等異なりますが、主に以下の内容が車両保険での補償対象となります。

補償対象 概要
車同士の事故 交差点や走行中に、他の車と衝突または接触した場合の補償
盗難 契約車両が盗難または車両の部品が盗難、盗難に伴う損額等を補償
当て逃げ 当て逃げなどの相手不明の事故による損害の補償
単独事故 ガードレールや電柱に衝突した際の補償
火災・台風など 契約車両が、火災・爆発・台風・竜巻・洪水・高潮・ひょう・落下物・落書き・いたずら・走行中の飛び石などの補償

 

今や車は事故だけが敵じゃない

車両保険は加入者の年齢や契約車両の車種、補償内容などにより年間の保険料が大きく変動します。通常年額5万円以上と、その高めの保険料から自動車保険の中でも車両保険加入率は約40%と言われており、加入者数は多くありません。車両保険のイメージから事故をしなければ大丈夫と思っている方が多いのかもしれませんが、今や車の敵は事故だけにあらず。自然災害にも備える必要があります。車両保険に加入しておけば台風や洪水での浸水・水没による損害もカバーされますので、台風が発生しやすい地域、河川が氾濫しやすく浸水が多い地域の方は保険加入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。