仕事ストレスで辞めたい!限界前に試すべき18の原因別対策

多くの方が仕事にストレスを感じているかと思います。しかし、その大半がそれらの解消をあきらめ我慢しているのが現実です。我慢には限界があり、病気になってしまうこともあり得ますので、そうならないよう発散または根本解決をしましょう。

今回は、18の仕事ストレス原因別にそれぞれ対策をまとめています。また、仕事のストレスが溜まりすぎた時の精神科の利用は有効で適切なのか?という点も併せて解説していますので参考にしてください。

仕事のストレスの原因は?

今回の仕事のストレスにかかわらず、何事も問題を改善するには原因を把握することが必須です。冒頭で簡単に触れましたように、多くの方は「自分が感じているストレスの原因は何か?」という問いに対して答えを持っていると思います。しかしストレスの原因が複数、または目に見えない人間関係等になってくると原因がはっきりしなかったり、場合によっては、自分以外の人間や物事がストレスの原因だと思っていたけれども、実は自分が原因だったということもあるので、ここで今一度自分が感じているストレスの原因を明確にしておきましょう。

仕事のストレス原因まとめ

上図のように仕事のストレス原因は大きく6つに分けることができます。人間関係でのストレスでは、上司や先輩などからのパワハラや、セクハラ等のハラスメント行為、職場いじめや、社内での派閥、また女性社員特有の余計な気遣い等。雇用条件や労働条件では、昨今話題となっている低賃金や長時間労働、業務内容では、業務量の配分や、業務内容でも単純作業でやりがいを感じづらい内容等。他にも社内のピリついた雰囲気や、意味のわからない社内文化の強要。さらには自分の能力の問題や、仕事に対する適正、会社や自分の将来への不安が挙げられます。

上図は仕事のストレスで多い原因ですが、上図以外にもまだまだ存在しますので、改善策を講ずる前に、まず「自分は何が原因でストレスを感じているのか?」を明確にして把握しましょう。

 

仕事ストレスから解放されるには

ストレスが溜まったらストレスを発散するのが一般的ですが、一番効果的なのは当然ストレスの元凶を断つことです。しかしわかってはいても、ストレスの原因となっているものの大半は自分でコントロールができないものばかりなので、元凶を断つことが非常に困難。むしろ元凶をなかなか断てないからこそ、ストレスになっているといってもいいでしょう。

前項の「仕事のストレスの原因」でも触れましたが、ストレスの元凶が上司や先輩などの目上の立場だったり、職場の雰囲気や文化など、ストレスの原因が自分ではなく周囲の環境によるものであれば、自分一人で解決が困難となりますが、そんな時は専門の相談機関なども活用できますので、どんどん利用していきましょう。

ストレスの元凶に立ち向かうとうのは並大抵の勇気ではできませんが、一度元凶を断ってしまえばストレスは溜まらなくなり仕事を楽しめるようになります。逆に全力で逃げるというのも元凶を断ち現状を変える立派な策の一つです。恐れずに元凶に立ち向かうか、全力で逃げるか自分次第ですが、放置だけはせずなんとかストレス回避をできるようにしましょう。

以下は、多くの方が頭をかかえる仕事のストレスに対する改善・対策法をストレスの原因別に解説しているものです。ご自身がかかえるストレスに合うものがあれば、ぜひご一読ください。

仕事ストレスの原因 詳細記事リンク
職場の人間関係が面倒くさい…。 詳細記事へ
上司がパワハラをしてくる…。 詳細記事へ
セクハラをしてくる…。 詳細記事へ
先輩や上司が理不尽…。 詳細記事へ
上司が嫌い! 詳細記事へ
仕事できない上司が邪魔! 詳細記事へ
職場のコミュニケーションが苦手…。 詳細記事へ
職場でいじめられる…。 詳細記事へ
給料が安い…。 詳細記事へ
きちんと評価してもらえない…。 詳細記事へ
労働時間が長い…。 詳細記事へ
残業代が出ない…。 詳細記事へ
仕事が辛い…。 詳細記事へ
仕事の向き不向きがわからない…。 詳細記事へ
仕事にやりがいがない…。 詳細記事へ
やりたい仕事がわからない…。 詳細記事へ
仕事が合わない…。 詳細記事へ
仕事に疲れた…。 詳細記事へ

 

日々仕事ストレスを溜めないためには

前項でお伝えしました内容は、仕事のストレスの元凶を断つというものでした、こちらでは日々のストレスを発散する方法をご紹介します。ストレスの元凶を断つにはそれなりの時間がかかり、その間にもストレスは溜まりますので、日々溜まっていくストレスを上手に発散させることが重要です。独自のストレス発散法がすでにあるならいいですが、ストレス発散法がわからないというのであれば是非以下のストレス発散法をお試しください。

ストレス発散法

毒を吐く

“毒を吐く”つまり愚痴を言ったり、他人の悪口を言うということですが、これはストレス発散法の定番です。しかし定番でありながらも環境が限られていることもあるせいか意外にも多くの方が毒を吐き切れていないようです。

毒の吐き方は人それぞれで、本人に聞こえるか聞こえないかギリギリの声量で悪口をいったりするものから、仲のいい友達同士で毒を吐く日を決めて好きに言い合ったりと、限られた環境のなかで試行錯誤し工夫をこらしながらストレス発散をしているようです。

毒を吐くという行為自体の印象は悪いかもしれませんが、ストレス発散法の定番であるだけ非常にスッキリできますので自分なりの他人に迷惑がかからない毒吐きを探してみてはいかがでしょうか。

 

食事・睡眠・運動でストレスを発散

睡眠・運動・食事は身体の疲労を回復するだけでなく、心の疲れも癒してくれるため結果的にストレスの発散になります。

睡眠は身体を休めるだけでなく、一日の記憶を整理してくれるなど脳も休めてくれます。その働きによって一日あった嫌な出来事を忘れさせようとしてくれるのです。嫌なことがあり寝たら忘れないにしても嫌な感情が落ち着いていたりしていた経験はありませんか?この反応が睡眠による記憶の整理。また、入眠から3時間中に多く分泌されると言われる成長ホルモンには気力回復など精神面に良い影響を及ぼす効果があると言われていることもあり、良質な睡眠をとることは精神的疲労の回復につながるといえるのです。

そして運動も代表的なストレス発散法の一つです。適度な運動にはもちろん身体疲労の回復を促す効果がありますが、運動によって分泌が増加する脳内ホルモンであるエンドフィンやセロトニンが精神の回復をサポートします。エンドルフィンやセロトニンは幸福感を高めるホルモンとして広く知られており、うつ病などの精神疾患にも効果があると言われているのです。

もう一つの食事も正しい食事法をとることで精神的な疲労回復を促進してくれると言われています。好きなものを食べるだけでも幸福感を感じることができ精神回復につながりますが、ビタミンCやビタミンB1を意識して摂ることでストレス耐性が上がり疲れにくい精神を作ることができると言われています。ビタミンCはアセロラ・レモン・ピーマン・ゴーヤなどに多く含まれており、ビタミンB1は豚肉・うなぎ・牛肉などに多く含まれているので、これらを意識して摂ることにより疲労回復からのストレス解消につながります。

 

仕事のストレスに心療内科は有効?

ストレスがたまりすぎて辛くなった場合に思い浮かべるのが心療内科や精神科ですが、精神的な悩みで病院に通うのに抵抗はありませんか?心療内科や精神科に通い精神疾患が認められてしまうと企業からの評価に影響がでるとのことで、未だに抵抗がある方が多いようです。

あってはならないことですが確かに現実では、採用時や評価の際に精神疾患の有無を判断材料に入れる企業は存在します。

しかし、だからといって辛いと叫んでいる自分の心を押し殺してはいけません。早めに心療内科や精神科にかかれば、うつ病の手前で予防することもできるので、早めの受診をお勧めします。

診療内科や精神科では、はじめに問診という形でセルフチェックをしたり、ドクターに質問をされ答える程度です。そして問診や会話の結果、相談してカウンセリングで治療を行うか、薬を使って治療を行うか今後の治療方針を決めます。

仕事の悩みで心療内科や精神科に相談する社会人の数は年々増加しており相当数となっているため、ドクターも仕事のストレスや解決には非常に詳しい方が多いです。

受診した結果、何も診断されないこともざらにありますので、手遅れにならないためにも勇気をだして相談してみましょう。

 

仕事ストレス限界前に転職もしくは休職を

これまでもお伝えしてきましたが、仕事でのストレスは仕方がないものといって諦めて放置してはいけません。日々、ストレスに対して柔軟な対応ができればいいですが、もしそれができないのであれば限界が訪れる前に対策をとりましょう。

精神的な限界がきて、仮にうつ病になってしまったら、それは生涯に渡って引きずる病気となってしまいます。うつ病の再発率は非常に高いので一旦治ったとしても、ふとしたきっかけで再発してしまうということが多いにあり得るのです。そうなっては仕事どころではなく、人生がめちゃくちゃになってしまうので、限界を迎える前に対策をとりましょう。

ご紹介させていただいた、問題に向き合って元凶を断つことも対策の一つですが、本当に心に余裕がないときは問題に立ち向かうのも一苦労です。そんなときは退職や転職、今の仕事を辞めたくなければ一旦離れるという意味で休職を視野にいれてください。あなたの人生はあなたのものであり会社のものではありません。自分を大事にしてこれからを楽しく生きられるよう、仕事のストレスに負けないでください。

 

転職をするなら自分に合ったサービス選びを

前章でもお伝えしましたが、仕事のストレスを一変させる解決策の一つとして、転職という選択肢もあります。いままでやりたいと思っていた仕事、自分の個性とピッタリ合う仕事、職場の良好な人間関係、働きがいのある雇用条件など、転職には人生を充実させるための魅力が満載です。

以下は、数百種類存在する転職サービスの中でも特におすすめの転職サービスですので、これから転職を検討されている方、転職サービス選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

転職サービス名 総合評価 サービス特徴 公式ページ
DODA ★★★★★
  • 取扱求人数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
DODA公式ページへ
ビズリーチ ★★★★☆
  • 9万5000件以上のハイクラス求人
  • スカウト機能あり
  • キャリアアップ転職に強い
ビズリーチ 公式ページへ
パソナキャリア ★★★★☆
  • 求人数4万件以上
  • 25万人分の転職ノウハウ
  • 転職後年収アップ率67%以上
パソナキャリア公式ページへ

上表にまとめた転職サービスは一般的に多くの方に当てはまるおすすめですが、転職を120%満足いくものにするには、自分の状況にあった最適な転職サービスを選ぶ必要があります。以下記事では、状況別に転職サイト、転職エージェントサービスをまとめてご紹介していますので、転職成功率を上げたい方はぜひ以下記事もご参照ください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。