仕事と人生9つの悩み| 良い人生となる仕事との付き合い方

社会人誰もが仕事と人生で悩みを抱えているのではないでしょうか?

1日の労働時間は基本8時間ですが、多くの方は10時間、はたまた12時間と1日の半分ほどを仕事に費やしており、人生の大半が仕事といっても過言でありません。人生の多くをせっかく仕事につぎ込むわけですから、日々の仕事を楽しみ充実したものにしたいのですが、現実はそうはいかず、多くの方は毎日の仕事に苦痛を感じたり、モチベーションを保てずに挫折しかけたりして悩んでいるのだと思います。

他の社会人は仕事と人生に対し、どのような悩みを抱えどのように乗り切っているのでしょうか。今回は、日々の仕事が辛い、仕事で失敗して…、仕事に自信がもてない、向き不向きがわからない、やりがいがない、やりたい仕事がわからない、仕事が合わない、仕事を辞めたいが言えない、仕事に疲れたなど、仕事と人生に関連する悩みとその改善策をまとめました。

ご自身が悩んでいる項目がありましたら、是非ご一読ください。

仕事と人生に関する9つの悩みとその改善策

仕事が辛い…。

日々の仕事が辛いから辞めたいと思ったことはありませんか?でも仕事が辛いから辞めたいというのは甘え?という葛藤もあるのではないでしょうか。

それぞれの置かれている状況によって仕事に辛さを感じる程度や原因は異なりますが、なんにせよ毎日行う仕事、人生の大半を費やす仕事ですから、仕事への辛さはとてつもなく大きなストレスとなります。状況によってはうつ病になってしまう可能性もあるため、何とかしたいけど何ともできずに苦しんでいるという状況の方は、早めの対処が必要です。

以下記事では、仕事が辛くて辞めたいと思うことは甘えなのか?など仕事への辛さを感じる原因を理解しどう対処すればいいのか、さらにはどう行動すれば実際に改善することができるのかなどを解説しています。ご一読いただき内容を実践していただければ、必ず現状の辛い状態から改善されるでしょう。

仕事が辛い…辞めたい。そんな現状が180度かわる対処法

 

仕事で失敗して怖いし不安…。

仕事で失敗をして、仕事に行くのが怖かったり、仕事をするのが不安と思ったことはありませんか?

仕事での失敗は、程度や頻度によって時に大きな精神的ダメージを負います。一度失敗をしてしまうと、また失敗してしまうのではないかと思い、出社するだけでも緊張しストレスが溜まるものです。このように仕事で常に失敗しないよう緊張してしまうと、萎縮し受け身になってしまう傾向があり、場合によっては職場の人間関係にも影響がでてしまいます。「誰でも失敗はするから」と同僚に励まされても、なかなか立ち直れません。

このように、仕事で失敗することにより精神状態が不安定になり多くに影響をもたらしますが、どうすれば低迷している気分を脱し、今後このようなことがないようにできるのでしょうか。

以下記事では、仕事で失敗してしまい落ち込んでしまった時の立ち直り方と、もう仕事で失敗しない3つの原因と対処法を解説しています。仕事で失敗し気分が低迷、仕事に行くのに緊張してしまう方は、是非熟読し、自分の中に落とし込んでみてください。

仕事で失敗したら?二度と失敗しないための対処法と立直り方

 

仕事に自信がもてない…。

仕事で失敗してしまった時や自分の能力が劣っていると感じたとき、仕事に自信がもてなくなってしまったという経験はありませんか?

「仕事に失敗はつきもの」「失敗できるうちは失敗しておいた方がいい」など、仕事で失敗をして先輩や上司からこのような言葉で慰められると、気持ちは嬉しく大変ありがたいのですが、仕事での失敗が続いたり、普段口酸っぱく言われていることや、自分の責任範囲外の失敗を犯してしまうと仕事に対して自信がなくなってしまいますよね。

仕事への自信については、仕事が順調な時はとくに考えもしませんが、自信がない状態に陥ってしまい、それが長期間続いてしまうと、プライベートでも仕事のことが頭から消えなかったり、後ろ向きになってしまい仕事に躊躇してしまったり、必要以上に考えすぎてしまい、それが逆効果となり苦労する反面悪い結果が出るようになったり、自分の短所にばかり目がいってしまい達成しても喜びを感じられなくなってしまう、などの悪影響が出てしまい、前進するのに必要なエネルギーが精神に溜まらず毎日がネガティブに包まれてしまいます。

時間の経過とともに、自信がないことでのネガティブな感情というのは薄れていくものですが、だからといって放っておくと、再度何かしらの原因で自信がなくなった時に対処ができないばかりか、同じステージから抜け出せず、いつまでも負の状態を引きずることとなるのです。以下記事では、仕事での何かしらの失敗が原因で仕事に自信が持てなくなった方へ、ご一読いただくだけで心が楽になる立ち直れる考え方をお伝えしています。

仕事に自信がない…自信を取戻すために絶対必要な考え方

 

今の仕事が自分に向いているのか、向いていないのかわからない…。

仕事をしている人であれば、誰しも一度くらいは仕事の向き不向きに悩んだことがあるのではないでしょうか。

単調な毎日に苦痛を感じる、人とコミュニケーションを取るのが苦手、仕事で評価されない、頑張っているのに良い成績がでない、同僚ばかりが先に出世していく、など仕事の向き不向きについて悩むきっかけは人それぞれですが、仕事で思い通りにいかなかったときに人は向き不向きについて考えます。

「思い通りにいかない=不向き」という単純な形であれば悩むことはありませんが、実際仕事が思い通りにいかない原因には様々な要因があるため非常に見極めが難しいものです。思い通りにいかない全ての原因を、向き不向きのせいだけにしてしまえば、間違って中途半端に終わってしまうこともあり、それは場合によっては逃げとなり甘えとなります。そうなってしまっては悪い習慣がついてしまい将来的に良い結果にはなりません。

しかし個人個人に様々な個性があり、個性に相性があるように、個人と仕事にも相性が存在します。相性が良い仕事に出会えていれば、毎日が素晴らしいものになりますが、気づかず相性の悪い仕事についていれば、結果が出づらく辛い毎日に悩まされることでしょう。

そこでどうすれば仕事の向き不向きを見極め適性のある仕事を見つけることができるのか、以下記事では仕事での向き不向きの基準から見極め方向いている仕事の見極め方を解説しています。ご一読いただき、方法を実践していただければ、今悩んでいる現状から脱することができ仕事が充実したものになるでしょう。

仕事の向き不向きを見極めるには?判断基準と見極め方

 

仕事にやりがいがない…。

毎日の仕事の繰り返しに、やりがいを感じないと思ったことはありませんか?

仕事にやりがいがないと毎日が退屈かつ苦痛です。精神にも大きな影響を与える仕事へのやりがいは、感じるか感じないかによって人生の質も大きく変わります。直感的に好きな仕事がわかり、やりがいを感じ毎日が充実している人が羨ましいですが、なりたくてもなかなかそんな風にはなれません。

そのような人からアドバイスを受けても「好きな事を仕事にすればいい」と言われがちですが、そもそも「好きな事がわからないから、やりたいことも特にない」というのが悩ましいポイントです。どうすれば好きな仕事を見つけることができ、やりがいを感じる毎日にすることができるのでしょうか。以下記事では仕事に対してのやりがいとは何なのかというところから、やりがいを感じ毎日が楽しくなる具体的な行動を解説しています。

日々の仕事にやりがいを感じていない方は、是非ご一読ください。

仕事にやりがいがない?やりがいを持て毎日が楽しくなる方法

 

やりたい仕事がわからない…。

やりたい仕事が見つからないために、もやもやとした日々を過ごしていませんか?

「自分の本当にやりたいことって何だろう…?やりたいことが見つからない…。」。これは誰しもが人生で一度は必ずぶつかるといってもいい悩みですが、困ったことに正解が非常にわかりづらいため本能的にすぐ見つかる人もいれば、見つけられずに一生を終える方も多くいます。

「やりたいこと」とは漠然とした悩みではありますが、多くの方は仕事上でのやりたいことで悩まれているのではないでしょうか。仕事は人生において、時間と労力の大半を費やす非常に重要なもの。したがって仕事を充実させることは人生の充実に直結しているといっても過言ではないのです。そのため多くの方が、やりたいことを仕事にしようと試みますが、なかなか「本当にやりたいこと」がわからず、人生を迷走します。

やりたいことが見つからずに悩んでいると「好きだと思うことをやればいい」と多くの方がこのようなアドバイスをしてきますが、悩んでいる側からすれば「本当に好きなことがわからないから困っているんだ」と言いたくなります。なぜ一見簡単そうな、自分の好き、つまりやりたいことがわからないという現象が起きるのでしょうか。

以下記事では、やりたいことがなかなか見つからない方でも、やりたいこと見つかるような考え方と見つけるための具体方法、やりたいことを見つけるための重要なポイントについてお伝えしています。

やりたいことが見つからないと諦める前に試して欲しい発見法

 

仕事が合わない…。

「今の仕事が合わない…」このように感じる時は、様々な思考や感情が渦巻いて辞めて転職するのが正解なのか、はたまたこのまま我慢して今の仕事を継続するのが自分の未来にとって正解なのか非常に悩むポイントだと思います。

このような場合、相談すると相手によって、「もう少し頑張って続けてみたら?」という返答や「今の仕事が合わないのだったらすぐ辞めて他に転職したほうがいいよ」など違った答えが返ってきますが、これらは一般的な答えであって、相談者にとっての正解ではありません。

「仕事が合わない」と感じるにはきちんとした原因があり、その原因や置かれている状況を整理することにより、辞めて転職活動を始めるのが正解なのか、覚悟を決めて継続するのが正解なのかを適正に判断することができるようになります。

以下記事では、「仕事が合わない」と感じる原因から、仕事を辞めるか続けるかを適正に判断するための判断基準、3年以内で辞めることはリスクになるのか、また退職することは悪いことなのかを解説しています。

仕事が合わないと感じたら!辞めるか続けるかが決断できる完全ガイド

 

仕事を辞めたいが言えない…。

「仕事を辞めたいけどなかなか言えない」というのは誰しも経験があるのではないでしょうか。給料が安いから転職したい…。職場の人間関係が悪いので退職したい…。退職の理由は人により様々ですが、退職を伝えることに勇気が必要なのは全員共通しています。

「同僚がいい人間ばかりだから逆に言い出しづらい」「人手不足だから言い出しづらい」「責任があるからなかなか言えない」。退職を言い出せない要因は人によって状況ごとに変わりますが、実は退職がなかなか言えない原因は1つなのです。

以下記事では、なぜ退職を言い出せないのか、その原因を知ることによる伝えることが可能になる方法を解説しています。本心では退職したいのになかなか言い出せないという状況の方は、是非ご一読ください。

「仕事を辞めたい」が言えない…伝えた後の反応と上手な伝え方

 

仕事に疲れた…。

「仕事ばかりで精神的に疲れた…。」日々の仕事が忙しかったり、忙しくないにしても単調な仕事を続けていたりすると精神的な疲労がたまるものです。働いているほとんどの方は一度は経験があるのではないでしょうか?

休めば回復する肉体的な疲労に対して、心が疲れる精神的疲労は簡単に回復させることができません。精神的に疲れた時は、何をしても楽しくありませんし、生きること自体が嫌になってしまうこともあります。極度に溜まった精神的な疲れは、出口が見えない迷路に迷ったかのような感覚に陥り、程度によっては本当に辛い毎日を送ることになるため、どうにかして抜け出したいものです。精神的に疲れてしまった時は、どうすれば回復し、どうすれば現状を脱することができるのでしょうか。それには現状悩んでいる原因を知り、回復しながらも根本を取り除く必要があります。

以下記事では、精神的に疲れる原因から精神的に疲れた時に実践したい心の回復法、そして根本の原因を取り除く方法を解説しています。ご一読いただき内容を実践していただければ精神的な疲れから解放されるでしょう。

精神的に疲れた時に実践したい心の回復方法と原因解決法

 

辛い人間関係を解消するなら転職もおすすめ

辛い人間関係を解消する解決策の一つとして転職をしてしまうという選択肢もあります。いままでやりたいと思っていた仕事、自分の個性とピッタリ合う仕事、職場の良好な人間関係、働きがいのある雇用条件など、転職には人生を充実させるための魅力が満載です。

以下は、数百種類存在する転職サービスの中でも特におすすめの転職サービスですので、これから転職を検討されている方、転職サービス選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

転職サービス名 総合評価 サービス特徴 公式ページ
DODA ★★★★★
  • 取扱求人数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
DODA公式ページへ
ビズリーチ ★★★★☆
  • 9万5000件以上のハイクラス求人
  • スカウト機能あり
  • キャリアアップ転職に強い
ビズリーチ 公式ページへ
パソナキャリア ★★★★☆
  • 求人数4万件以上
  • 25万人分の転職ノウハウ
  • 転職後年収アップ率67%以上
パソナキャリア公式ページへ

上表にまとめた転職サービスは一般的に多くの方に当てはまるおすすめですが、転職を120%満足いくものにするには、自分の状況にあった最適な転職サービスを選ぶ必要があります。以下記事では、状況別に転職サイト、転職エージェントサービスをまとめてご紹介していますので、転職成功率を上げたい方はぜひ以下記事もご参照ください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。