会社を休む理由で現実的かつ確実なものを選出!罪悪感なく休むには?

「今日は、やる気が出ないから会社行きたくない…。」「○日は好きなアイドルのライブあるから休みを取りたいんだけど、職場の人数は少ないし他の人に迷惑をかけるから…。何より、ライブに行くのでお休みをください、なんて上司に言いづらい…。」会社員をしていると連休明けやふとした時、または会社には言いたくないプライベートの用事などで休みを取りたい時ってありますよね?

本来、社員が休みを取得する場合、つまり有給休暇を取得する場合、有休は社員にとっての休む権利なので、休みを申請するにあたって、会社を休む理由を会社に報告しなければいけないという義務はありません。したがって基本的には理由を言わなくてもいいのですが、現実的には、当日欠勤や当日以前の休み申請では、コミュニケーションの一貫も含め、職場の人間にフォローをしてもらわなければいけないため理由を求められたり、何気なく聞いてきたりするので答えなければいけません。または会社によっては就業規則に「休みを申請する際には理由と共に申請すること」などの規定が申請されていることもあるようで、避けられない状況もあるようです。

また、休める休めない関係なく、本当に体調が悪くて休むのなら致し方ありませんが、嘘の理由を会社に告げて休むのは大なり小なりある程度の罪悪感を伴うものです。罪悪感があっては休んでも気持ちよく休めませんし、次に出勤するときも楽ではありませんよね?

今回は、当たり障りなく会社を休める理由と、常識的に休んでいい理由とダメな理由、そして罪悪感なく休む事ができる方法などをお伝えします。本記事をご一読いただければ、会社への休み申請には困らなくなるでしょう。

当たり障りなく会社を休む理由

当たり前ではありますが、当日急に休みたい時と、1ヶ月後に休みを取るのとでは同じ休みを取るという行為でも状況が異なるため、会社を休む理由は会社に休みを伝えるタイミングによって変えなければなりません。以下では「当日欠勤」・「前日申請」・「一週間以上前申請」に分けてお伝えしますので、ご自身の状況に合ったものを選び、会社を休む理由の参考にしてください。

会社を休む理由:当日欠勤

「今日はだるいから会社に行きたくない…。」「眠いから会社休んじゃおうかな…。」このように病気にかかったわけでもないのに、朝起きたら行きたくない気持ちが強いときってありますよね。そのような時は以下の理由を使ってみてください。頻発して使うことはできませんが、年に1回〜3回程度は使えるでしょう。

自分が一時的な病気になった

・ひどい風邪を引いて熱があるので休ませてください。

・腹痛が酷くて下痢がとまらないので今日は出勤できません。

・昨日の夜から嘔吐が止まらなくて、出勤しても迷惑をかけてしまうのでお休みさせてください。

・生理痛が酷くて仕事をするのが困難なのでお休みさせてください。

このように例を挙げ出したらきりがありませんが、自分が何かしらの一時的な病気になったという理由は会社側としても指摘しようがありません。会社側も病気の社員が無理に出勤し、「職場で感染が拡大したら…。」というリスクを考えると、むしろ「出勤してほしくない」ので休んでほしいと思います。

ただし、自分が病気になったという理由の場合、病気の種類によっては診断書の提出を求められる場合がありますので注意が必要です。その代表的な病気が“インフルエンザ”であり、インフルエンザの場合は、その感染力から「病気休暇」「インフルエンザ休暇」「インフルエンザによる出勤停止」など就業規則に規定されている特別な休暇が適用されることがあり、基本的には医師の診断書(証明書)の提出が必要となります。

そのため、安易に「病院に行ったらインフルエンザと診断されて…。」と会社に報告してしまうと、会社側が気をきかせ「インフルエンザなら特別休暇が適用されるので、後日診断書を提出してください。」と求められてしまうことがあり嘘がバレてしまうので、診断書の提出が必要なく特別休暇ではない通常の有給休暇が適用されるような箇条書きで例を挙げたような一時的な病気を理由に休みを申請しましょう。

 

周囲の人間に病気や不幸があった

・子供が熱を出したので、看病のためにお休みさせてください。

・子供が怪我をしてしまって病院につれていかなければいけないので休ませてください。

・妻が体調を崩し一人にしておくには心配なので、お休みさせてください。

・母が倒れてしまったので、看病のため本日は休ませてください!

結婚をしていて子供がいるなら子供を理由に、夫婦であるならどちらかの体調不良を理由に休みを申請することができます。また独身でしたら親や兄妹などを理由に休みを申請するもの可能です。

ここでの注意点は、突発的な休みの理由に「親族に不幸」を利用しないこと。よく「身内に不幸があったので休ませてください」という申請理由を聞きますが、親族の不幸は、その親族との親等により忌引休暇が適用され、会社によって日数等が異なったりします。そのため、忌引休暇となる可能性の理由を使用してしまうと、詳細を求められることがあるばかりか、休暇使用後に本当に不幸があった場合に対応しづらい、年始挨拶のタイミングでボロがでてバレてしまうということも考えられますので、突発的な休みの理由には使用しないようにしましょう。

 

会社を休む理由:前日申請

「明日会社行くの面倒だから休みたいな〜。」「急に明日のイベントに誘われて、参加したいから明日会社休みたいな…。」このように休日明け前や、急な用事が入った際も休み申請をしたいところですが、ほとんどの場合、休みで発生する仕事の引き継ぎ等で本当の理由を言っては休むことなどできません。どうすれば前日申請でも当たり障りなく休むことができるのでしょうか。

自分の体調不良

・今日の昼くらいから熱が出初めて、治れば出勤しますが、引かなかったらまた明日連絡します。

・今朝から体調悪かったんですけど、それが悪化してきて…。ですので明日は休ませてください。

・ここ数日体調悪くて、先ほどからめまいがするので明日は休ませてください。

このように基本は前項でご紹介しました当日申請の際の理由と変わりませんが、伝え方次第で前日申請も可能となります。休日も勤め先が稼働しているのであれば、前日の夜に連絡を入れ、その連絡で休みを申請することもできますし、二度手間にはなりますが、前日一報を入れた翌朝にと実の一報をいれると、出勤する意思があることが会社側に伝わりますので信憑性も増します。しかしこのパターンを多様すると、逆に疑われるので使用頻度には注意しましょう。

 

遠方の身内が病気や怪我に

・田舎の親が倒れてしまって田舎に帰りますので、急で申し訳ないですが明日は休ませてください。

・田舎にいる妹が事故にあったみたいで、明日は休ませてください。

・主人が主張先で酷い体調不慮で動けないみたいなので、看病に向かうため明日は休ませてください。

このように、田舎や出張先など生活しているエリアから距離が離れている状況を休日理由に入れ込むと前日でも休みが取りやすくなります。田舎から上京したわけでもなく、結婚して配偶者がいるわけでもない方は、友人の置き換えた理由で申請すると良いでしょう。

 

会社を休む理由:一週間以上前申請

「半年後にあるフェスに参加したいけど、見たいグループが出るのは金曜か…。こんな理由じゃ休みを申請しづらいな…。」「海外に旅行に行きたいけど、プライベートを会社に言いたくないし…。」先の予定が決まっていて休みを申請したいけど、プライベートを会社に明かしたくない、または、こんな理由を会社にいうのは恥ずかしいという時もありますよね?そんな時に当たり障りなく休日申請したい時は以下の理由をお使いください。

結婚式に出席します

・友人の結婚式が○○県であるので移動のためお休みさせていただきます。

・弟が結婚して式に参加するのでお休みさせてください。

よく冠婚葬祭は休みの理由に使用されますが、その中でも結婚式は非常に有効です。しかし結婚式が行われる日は、世間が休日である時が多いため基本的には土日です。そのため結婚式と合わせて、移動の必要性を理由に練り込みましょう。遠方での結婚式参加であれば、土日の前後に移動のための休日を取ることも多々ありますので、会社を休む理由には十分に使えます。

 

立合いや公的手続き等の理由

・家の修繕立合いがあるので、この日はお休みさせてください。

・過去に取得した資格更新の手続きがあるので、お休みさせてください。

家の修繕立合いが理由であれば、それ以上聞かれたとしても、修繕個所や金額等なので、少し調べて確認しておくだけで後腐れなく休みを申請し、休むことができるでしょう。また資格の更新等、公的な手続きによる理由も有効です。公的手続きの場合は休日受付しているところが未だ少ないことから、休みが取りやすいのが特徴です。しかし同じ公的手続きでも運転免許の更新を理由にした休み申請は注意しましょう。

運転免許の更新は数年に一回ですし、何より誕生日の前後1ヶ月しか利用できません。会社には生年月日情報も伝わっているはずで、ふとした瞬間に辻褄があわずにバレてしまうこともありますので注意が必要です。

 

罪悪感なく休むには

仕事を休むというのは、どのような理由であれ職場の人間に多少なりとも迷惑をかけることとなるため、どうしようもない理由以外での休日申請は罪悪感が残るものです。罪悪感があれば、せっかく休んでも気が楽でないため、自分にとって全力で休んだことにはなりません。

どのような理由であっても罪悪感なく休むにはどうすればいいのでしょうか?

罪悪感なく休む為のポイント

日頃から職場で協力関係を築いておく

罪悪感なく休む唯一の方法は、日頃から職場で協力関係を築き、休みやすい環境を築いておくというのが重要で、これを築くことができれば、周囲は休みに喜んで協力してくれますので、自分も一切の罪悪感なく休みを取得することができます。

職場の環境や人間関係にもよるので一概には言えませんが、日頃から自分の業務以外の業務も快く手伝ったり、それこそ休む人の業務を引き受けたりと日常的に周囲に対してサポートをしておきますと、「普段お世話になっているから」という理由で周囲は喜んであなたの休日をサポートしてくれるでしょう。

あなた自身も「普段協力しているから」という理由ができるため、罪悪感なく休日申請ができますし、全力で休日を楽しむことができます。

 

ズル休みは、逃げ癖がつくので多用はしないこと

本当に体調不良で休むのはやむを得ないため問題ありませんが、「気分が乗らない」「面倒だから休みたい」程度の理由で休んでしまうと、逃げ癖(休み癖)がついてしまい精神的に頑張れなくなってしまいます。逃げ癖がついてしまうと頑張るべきとき、頑張らなければならないときにも、踏ん張れなくなってしまうため結果的には自分が一番困るようになってしまうのです。

「合格したい試験があるのに、言い訳を自分に言い聞かせて勉強をサボってしまう」、「目標を達成しなくてはいけないのに、辛いことがあるとすぐに諦めてしまう」など逃げ癖がつくことにより、会社だけでなく目標達成にも影響がでるため達成感を得ることが難しくなり、日々の充実も実感しづらくなるでしょう。

一度なくなってしまった精神力を取り戻すには、非常に大変で多くの方が取り戻せずに挫折し苦しんでいます。そうならないためにも、前述のような一時的な気分の上がり下がりで休んでしまうのは、できる限り避けましょう。ただし頑張りすぎもNG。会社が原因で精神的に辛いときは、無理をせずしっかりと休みを取るようにしてください。

 

もし現状に不満があるなら転職も一つの選択肢

もし、現状の仕事や職場に不満があり会社を休む理由をお考えであれば、転職をしてしまうという解決策もあります。いままでやりたいと思っていた仕事、自分の個性とピッタリ合う仕事、職場の良好な人間関係、働きがいのある雇用条件など、転職には人生を充実させるための魅力が満載です。

以下は、数百種類存在する転職サービスの中でも特におすすめの転職サービスですので、これから転職を検討されている方、転職サービス選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

転職サービス名 総合評価 サービス特徴 公式ページ
DODA ★★★★★
  • 取扱求人数10万件以上
  • スカウト機能あり
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
DODA公式ページへ
ビズリーチ ★★★★☆
  • 9万5000件以上のハイクラス求人
  • スカウト機能あり
  • キャリアアップ転職に強い
ビズリーチ 公式ページへ
パソナキャリア ★★★★☆
  • 求人数4万件以上
  • 25万人分の転職ノウハウ
  • 転職後年収アップ率67%以上
パソナキャリア 公式ページへ

上表にまとめた転職サービスは一般的に多くの方に当てはまるおすすめですが、転職を120%満足いくものにするには、自分の状況にあった本当に最適な転職サービスを選ぶ必要があります。以下記事では、状況別に転職サイト、転職エージェントサービスをまとめてご紹介していますので、転職成功率を上げたい方はぜひ以下記事もご参照ください。

≫ 自分に合った転職サイト選びはコチラ

≫ 転職目的が叶う転職エージェント選びはコチラ

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。