履歴書学歴欄の書き方は?状況別の書き方と作成のポイント

履歴書の学歴欄は、一般的な学歴であれば問題ありませんが、留学をしていた場合、ブランクがある場合、留年していた場合、休学していた場合など、特別な場合は書き方を間違えると採用側に悪い印象となります。

それでは、履歴書の学歴欄はどのように書けば採用側に好印象を与えることができるのでしょうか?

今回は、履歴書学歴項目の正しい書き方と、状況に応じた書き方、そして採用側に良い印象を与える学歴作成のポイントについてお伝えします。

履歴書の学歴欄はどのように作成すれば良いのか

履歴書の学歴・職歴欄には、学歴・職歴・賞罰の3つの項目を記入します。「学歴」には、学業上の経歴を、「職歴」には、職業・職務に関する経歴を、「賞罰」には、これまでの受賞経験と犯罪歴を記入するのですが、ただただそれらの情報を適当に羅列すればいいというわけではありません。

書き方が個人によって異なるようでは、採用側の読解に負担がかかるので、それぞれ書き方の決まりを守ってある程度統一した上で記入する必要があるのです。以下では、学歴・職歴欄の学歴項目の正しい書き方をお伝えしていますので、参考にしてください。

履歴書学歴欄の正しい書き方

①年月

履歴書の学歴項目に記入する日付は、西暦・和暦どちらでも構いませんが、履歴書に記入する日付すべてに統一する必要があります。したがって、和暦に合わせるのであれば、履歴書上部にある提出日記入欄にも和暦、生年月日も和暦、学歴以外の職歴や賞罰にも和暦、資格・免許取得も和暦で統一しましょう。西暦でも同様で、日付に関してはどちらかに統一するのがルールです。

 

②学歴職歴欄の一行目中央に「学歴」と記入

学歴は、学歴・職歴欄の最初に書きます。まず学歴・職歴欄の一行目に「学歴」と行の中央に記入し、その下欄から学歴を記入していきましょう。

 

③原則は、中学校(卒業)から記入

学歴の書き方は、これから初めて就職をする新卒者と、転職者で書き方が微妙に異なります。

  • 新卒者の場合

新卒者の場合は、原則として学歴は中学校(卒業)から記入し、それに続いて、高等学校(入学)、高等学校(卒業)、大学(入学)、大学(卒業)と記入していきます。

  • 転職者の場合

転職者の場合は、高等学校(卒業)からの記入が原則ですが、転職回数が多く、学歴・職歴欄に余裕がない場合は、一行目の中央に記入する学歴を「最終学歴」として、その下欄には最終学歴である「○○大学○○学部○○学科 卒業」と記入しましょう。

学歴作成時の注意点

学校名は正式名称で

前述しましたが、学校名の省略はNGです。学校名は原則、正式名称で記入するので、「○○高校」と略さず「○○県立○○高等学校」、大学の場合は「○○大学○○学部○○学科」と学部・学科まで正確に記入します。

また、中学・高校と同じ学校名であっても、「同上」と省略してはいけません。面倒であっても学校名は正式名称で記入してください。

 

塾や予備校は記入しない

受験のために通っていた塾や、浪人した際に通っていた予備校は学歴扱いになりません。これらの記入は必要なく、逆に学歴が見辛くなってしまうので、マイナスポイントとなりかねません。よって塾や予備校は学歴に記入しないでおきましょう。

 

学歴を偽らない

学歴コンプレックスのある方に多い例ですが、実際は高校を出ていない中学卒であるにもかかわらず、「○○高等学校卒業」と記入したり、学歴をより良く見せるために、卒業した大学を偽り難関大学の大学名を書くなど、学歴は絶対に偽らないようにしましょう。学歴を偽ることは、経歴詐称となり、仮に採用されたとしても、採用後に発覚したら懲戒解雇の可能性もあり、そうなっては学歴云々以前に社会的信用を失ってしまうので、絶対に学歴を偽ることはしないでおきましょう。

 

特別な学歴の場合はどう対処すればいいか

冒頭でも簡単に前述しましたが、学歴と一言でいっても様々な状況が考えられます。ひと昔前と比べれば、転校する学生や留学する学生は増えているでしょう。他にもいくつか状況はありますが、これら特殊な状況では、どのように履歴書に記入するのが正しいのでしょうか?

以下では、その状況別に履歴書学歴項目の正しい書き方をお伝えしています。ご自身に該当する状況がありましたら是非作成の参考にしてください。

【状況別】履歴書学歴欄の書き方

転校した場合

学校が途中で変わった時は、入学学校の下行に転校先の学校名を書き、その横に「転入学」と記入し、その下行に転校先の学校名+卒業と記入しましょう。

 

留学した場合

学校在籍中に留学した場合は、入学と卒業の行間に①留学期間(〜まで),②留学先国, ③留学先学校名を記入しましょう。留学といっても期間がありますが、履歴書の学歴欄には1年以上の長期留学のみを記入しましょう。数ヶ月間の短期留学の場合は、履歴書もしくは職務経歴書等の自己PR欄に記入しアピール材料の一つとして活用してください。

留年した場合

1~2年の留年をした場合は、学歴項目に特段記入する必要はありません。学歴と学歴の間にブランクがあった場合は、採用側も気がつきます。しかし、1~2年を超える留年は悪い印象を採用側に与えかねないので、理由がある場合は、備考欄に理由を記入しましょう。

 

休学した場合

何かしらの理由で休学をしていた場合は、休学期間を入学と卒業の行間に記入します。病気や怪我で入院等をして休学した場合、仕事に差し支えがないのであれば、誤解を生まないよう休学理由とともに「現在は完治」などを記入しておきましょう。

中途退学した場合

中途退学は正式な学歴ではないため最終学歴には含まれませんが、採用側に変な誤解をされないように「学校名+中途退学」と明記しましょう。中途退学の理由は様々ですが、一般的な印象はあまりよくありません。そのため、親の介護や健康上の理由等、中途退学という選択が致し方なかったという理由を合わせて記入しておくと、採用側に悪印象を抱かれづらくなります。

一度就職した後に学生となった場合

一度就職した後に退職し、再び学生となった場合は、職歴項目に学歴を混ぜて書くのではなく、学歴項目と職歴項目で分けて書きましょう。分けて書いても学歴・職歴と照らし合わせ確認するので問題ありません。学校に入学するために退社した場合も、退社理由は「一身上の都合により退社」で大丈夫です。

採用側に好印象を与えるには

好印象を与えるための作成ポイント

丁寧かつ読みやすさを心掛けて作成する

学歴項目に限定せず履歴書全体に言えることですが、履歴書は、たかが一枚の紙切れといえど、採用側には履歴書に書かれていること以上に多くの情報を与えます。文字を雑に書けば、採用側に粗暴な印象を与えますし、逆に丁寧な字で履歴書を作成すれば、知的で優秀な印象を与えます。文字だけでなく文章でも、その人の人柄をイメージすることができますし、写真一枚でも清潔感があるかないかなど、履歴書一枚で作成者の人間性をイメージすることができるのです。

履歴書は、基本的に採用担当者に会う前に提出するものですから履歴書から受ける印象が採用者にとっての第一印象となります。

第一印象には、後々あなたのことを知っていったとしても、人は一番始めの印象をなかなか変えることができないという「初頭効果」と呼ばれる法則が当てはまるため、第一印象の印象が悪ければ、それをカバーする内容を話してもその後も悪いままですし、逆に良い印象であれば、後々悪いことがあってもそこまで悪印象にはなりません。第一印象を覆すには相当な時を要するので、数十分程度の面接で覆るものではないのです。そうなっては、あなたがどんなに素晴らしい人間であっても理解される前に可能性が極端に低くなってしまうため損でしかありません。

したがって、履歴書を手書きで作成するのであれば、バランスのとれた丁寧な文字で、手書きではなくパソコンで作成する場合は、フォント設定をフォーマルに見やすいサイズで指定し採用側が読みやすいように配慮して丁寧に作成しましょう。

【Word・Excel作成おすすめのフォント設定】

フォント「明朝体」・フォントサイズ「10.5pt~11pt」・フォントカラー「ブラック」

 

誤解を招かないよう、長期ブランク等は理由を明記する

未だ日本は学歴社会であるため、大手であればあるほど学歴を重視してきます。学校で応募枠を制限している場合は何もできませんが、学歴で募集を制限していない企業であっても、やはり学歴は気になるためきちんと目を通します。目を通した時に不自然なブランク等があると、応募者側にきちんとした理由があっても、採用側は悪い印象を想像して、面接の前の書類選考の段階で落としてしまうということもあり得なくありません。

それでは非常にもったいないので、誤解を招かないようにブランクは理由を明記、その他誤解されそうな点があれば正確に補足しましょう。誤解を招かないよう正確に記入すれば、書類を丁寧に作り込んだことに対して好印象に取られます。

 

学歴は偽らないよう注意、正しい丁寧な作成を

いかがでしたでしょうか?履歴書の中でも学歴はあまり重要な要素でないと思われていたかもしれませんが、学歴も採用人材を見極めるための重要な判断材料です。履歴書に記入するすべての項目は意味があっての項目なので重要でない箇所はありません。そのため学歴も手を抜かずしっかりと作成しましょう。

また、「学歴作成の注意点」でもお伝えしましたが、合格率を上げるためによく見られようと、学歴を偽ることは絶対にしないようにしましょう。採用後、詐称が発覚し、採用に影響がでる詐称と判断された場合は懲戒処分の対象となり、解雇され社会的信用を失ってしまうこともあるので絶対にしないようにしましょう。

正しく丁寧に作成すれば、好印象を感じてもらえますので手を抜かず丁寧な作成を心掛けてください。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。