履歴書職歴欄の書き方は?状況別の書き方と注力すべき作成点

履歴書の職歴欄は、採用側の判断材料としても重要な項目です。

しかし、職歴は人により大きく異なる為、状況によっては採用側が受ける印象も変わり、職歴によってはマイナスイメージを抱かれることもあります。しかし、だからといって職歴をごまかしては経歴詐称となってしまうためリスクが大きくなり現実的ではありません。どのような職歴であっても、それぞれの状況に対して採用側にマイナスイメージを採用側に与えず、問題なく合格できる履歴書を作成することは可能なのでしょうか?

今回は、履歴書職歴欄の正しい書き方と状況に応じた書き方、注力すべき作成ポイントについてお伝えします。

履歴書の職歴欄の記入でお困りの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

履歴書の職歴欄の正しい書き方

履歴書の職歴欄には、学歴・職歴・賞罰の3つの項目を記入します。「学歴」には、学業上の経歴を、「職歴」には、職業・職務に関する経歴を、「賞罰」には、これまでの受賞経験と犯罪歴を記入するのですが、ただただそれらの情報を適当に羅列すればいいというわけではありません。

書き方が個人によって異なるようでは、採用側の読解に負担がかかるので、それぞれ書き方の決まりを守って記入する必要があるのです。以下では、職歴欄を正しく書くための書き方をお伝えしていますので参考にしてください。

①年月

履歴書の職歴欄に記入する日付は、西暦・和暦どちらでも構いませんが、履歴書に記入する日付すべてに統一する必要があります。したがって、和暦に合わせるのであれば、履歴書上部にある提出日記入欄にも和暦、生年月日も和暦、資格・免許取得も和暦で統一しましょう。西暦でも同様です。

 

②学歴

経歴欄には、まず学歴から記入します。一行目には「学歴」と欄の中央に記入し、その下欄から学歴を記入していきましょう。原則として学歴は中学校(卒業)から記入し、それに続いて、高等学校(入学)、高等学校(卒業)、大学(入学)、大学(卒業)と記入していきます。「年」には、日付同様西暦もしくは和暦どちらかで記入、「月」にはその月の数字のみを記入しましょう。学校名は正式名称で記入するのが基本なので、高校と略さず「○○県立○○高等学校」、大学の場合は「○○大学○○学部○○学科」と学部・学科まで正確に記入します。そして学校名に続き、一文字分のスペースを空けて入学もしくは卒業と記入しましょう。

 

③職歴

学歴を記入し終わったら、一行空けて、空けた下欄に「職歴」と欄の中央に記入し、その下欄から職歴を記入していきます。会社名も学歴同様省略せず(株)は株式会社のように正確に記入しましょう。部署がある場合は部署名も併せて記入します。また職歴は、これまでの経験を採用側へアピールする項目でもありますので「○○の開発を担当」などを社名の下欄に記入することもできます。

そして企業に在職しながらの転職では、現在勤めている企業の下欄に「現在に至る」と記入し締めましょう。

アルバイト歴の記入は原則必要なし

提出された履歴書を確認すると、丁寧にアルバイト歴も記入される方がいますが、原則アルバイト歴の記入は必要ありません。もし、アルバイトで経験したことで、どうしてもアピールしたいものがあるのであれば、自己PR欄等の自由記入欄に含めましょう。ただし、正規雇用と正規雇用の間にアルバイトを挟んでいるのであれば、ブランクを問題視されることもありますので、記入してください。

 

④賞罰

賞罰とは、受賞歴や犯罪歴のことを指し、これらの経歴がある場合も学歴・職歴欄に記入する必要があります。記入する順番は、これまでお伝えしてきました通りで、「学歴→職歴→賞罰」の順番で記入しましょう。始まりはこれまでと同じく、最終職歴の下を一行分空けて、その下欄の中央に「賞罰」と記入し、その下欄から記入していきます。

賞の場合は、国際大会レベルでの受賞や全国大会優勝レベルを基準に記入し、罰の場合は、これまでの犯罪歴を全て正確に記入します。記入対象は基本的に刑法犯からなので、交通違反程度または少年犯罪程度は記入しません。この場合も犯罪歴を隠してしまうと経歴詐称となり、後々発覚することもありますので省略せずに記入しましょう。

特筆すべき賞罰がない場合は、記入した賞罰欄の下に「賞罰なし」と記入しましょう。

 

【状況別】履歴書職歴欄の書き方

冒頭にて前述しましたように、人によっては転職回数が多い、社内異動が多い、など様々な状況があるため、場合によってはフォーマット通りに記入することが困難な場合があります。転職回数などは、多すぎるとマイナスイメージを抱かれやすいこともあるため、できれば少なく表記したいものです。正しい職歴の書き方通りに書けない場合は、どう対処するのが正解なのでしょうか?

以下では、状況別に履歴書職歴欄の書き方をお伝えしておりますので、ご自身の状況に近いものを参考にしてください。

転職回数が多い場合

転職回数が多くて記入欄が足りず書ききれない場合は、①学歴を最終学歴のみの記入、つまり前述しました学歴始まり部分を「最終学歴」と書き、その下欄に「○○大学○○学部○○科 卒業」と記入し、職歴欄を多く確保するやり方や、②アルバイトや試用期間のみの雇用は記入しないなどのやり方がありますが、仕事と仕事の合間に数ヶ月でもブランクがあれば問題視されることもありますので①の方法をおすすめします。

 

過去、研修期間内での退職歴がある場合

過去、研修期間内(3ヶ月以内等)での退職等、短期間の退職歴がある場合でも、在籍した企業は記入するようにしましょう。短い在籍期間だとマイナスに見られるということもあるため、短期間の職歴を記入しない方がいますが、転職回数や職歴を偽るのは“経歴詐称”とみなされる可能性があり、採用されても経歴詐称が後から発覚すると懲戒処分の対象にもなりかねませんので、職歴を偽ることは止めましょう。

手続き上で経歴詐称が発覚する可能性のある書類は以下4点です。

・年金手帳

・雇用保険被保険者証

・離職票

・源泉徴収票

現状、そこまで深く経歴を遡って調査する企業は少ないですが、これらに短期間の在籍企業記録が残っていれば、発覚する可能性がありますので注意が必要です。

 

派遣社員として働いていた場合

派遣社員として働いていた経歴がある場合、履歴書には登録していた派遣会社のみを記入します。ですが、これは必ずというわけでなく、職歴欄に余裕があるのであれば、派遣先の企業名や業務内容も含めて記入してかまいません。

ただし、職歴欄に余裕がなく、その他職歴が書けなくなる場合は、履歴書には登録派遣会社のみを記入し、派遣先の企業名や業務内容等は、職務経歴書に記入しましょう。

 

個人事業主・家業・自営業として働いていた場合

過去に、個人事業主・家業・自営業として働いていた場合は、設立または独立年月と商号・屋号を記入し、次欄に解散や廃業と記入します。家業にて仕事をしていた場合は「家業(○○○○商店)に従事」を記載し、その下にどのような事業・業務内容だったかを簡単に記入しましょう。

【法人】

【個人事業主】

【家業】

 

採用されるために注力したい職歴作成ポイント

応募先企業の採用担当は、履歴書の職歴欄に記載されたこれまでの経歴から、「この応募者は自社にとって有益な人材か」をチェックします。募集企業にとって有益な人材とは、自社に何かしらの形で利益をもたらしてくれる人材。つまり、不利益となりそうな要素があれば採用に至らないわけですが、職歴からは、①自社に活躍できそうな経歴であるか,②入社後すぐに辞めないか,③困難な状況でも現状改善の努力が見られるか,等の点を読み取り採用の判断材料とします。

これまでにお伝えしてきました内容通り、履歴書を作成していただければ何も問題ありません。ただ、これまでもお伝えしました通り、職歴を良く見せようと偽るのは経歴詐称となるので、注意しましょう。

 

経歴詐称には注意を

以上が、履歴書の職歴欄の正しい書き方と状況別の書き方、そして採用されるために注力したい作成ポイントでした。基本的には、これまでお伝えしてきましたルールを守って職歴欄を埋めていただければ問題なく正しい職歴を作成することができます。

状況によっては、採用に不利となりそうな職歴を誤魔化したいと思われるかもしれませんが、職歴または、その他経歴を偽ることは、経歴詐称となり採用されたとしても解雇される可能性もあり、解雇されてしまえば社会的信用を失ってしまうこともあるため、安易に偽らないようにしましょう。

履歴書には、本当のことを書くことに意味があるのでルールを守りきちんと作成しましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。