高校生等奨学給付金とは?制度の利用法と利用上の注意点

高校生等奨学給付金とは、授業料以外の学校活動に必要な費用を給付金という形で経済的にサポートする国と自治体が連携して行う制度です。

高校生等奨学給付金は、主に低所得世帯を対象にした制度で、高校生のお子さんをお持ちで授業料以外の費用捻出に悩んでいる方が制度の対象となるので心当たりのある方は是非チェックしてください。

今回は、給付金制度の内容全般から奨学支援金との違い、利用上の注意点等についてお伝えします。

高校生等奨学給付金とは

高校生等奨学給付金とは、高校生活で必要な授業料以外にかかる経済的な負担をサポートするために国と都道府県が連携して実施している返済不要の給付金制度です。学校活動でかかる費用中の授業料はほんの一部で、他にも教科書費や教材費、入学学用品費、学用品費、通学用品費、郊外活動費、生徒会費、PTA会費など多くの費用がかかるため家庭には相当な経済的負担になります。これらに必要な費用を経済的に支援するために高校生等奨学給付金制度は平成26年度から開始されました。

高校生等奨学給付金の受給条件

高校生等奨学給付金の対象は、主に低所得の世帯です。給付金受給に関する条件は一応、国が補助基準として設けていますが、実施自体は各都道府県に任せられているため都道府県により具体的な要件や給付額、手続き方法が異なります。以下は国の補助基準ですが参考程度にしていただき、詳しくはお住まいの都道府県のホームページにて確認してみてください。

対象世帯種別 対象者 支給額(年額)
生活保護受給世帯

【全日制等・通信制】

国立・公立高等学校在学者 3万2,300円
私立高等学校等在学者 5万2,600円
非課税世帯

【全日制等】

(第一子)

国立・公立高等学校在学者 8万800円
私立高等学校等在学者 8万9,000円
非課税世帯

【全日制等】

(第二子以降)

国立・公立高等学校在学者 12万9,700円
私立高等学校等在学者 13万8,000円
非課税世帯

【通信制】

国立・公立高等学校等在学者 3万6,500円
私立高等学校等在学者 3万8,100円

 

<h3>高校生等奨学給付金と高等学校等奨学支援金の違い

高校生を支援する制度は主に、本記事で解説しています確固高校生奨学給付金』と、『高等学校等奨学支援金』という二つの制度があります。この二つは制度名が非常に似ているため、混同して認識する方が非常に多いのですが内容が全く違う別の制度ですので注意が必要です。それではどのような点が違うのか以下の表で比較しました。

項目 高校生等奨学給付金 高等学校等奨学支援金
制度の主旨 授業料以外の補助 授業料のみの補助
支給額 年額3万2,000円~13万8,000円

※対象世帯により変動

※国の補助基準

月額400円~9,900円

※学校種別により変動

対象 低所得世帯

(生活保護・非課税等)

在学・在住・所得要件を満たすもの

こうしてみると、適用される対象が違うため一目瞭然です。高校生等奨学給付金は、授業料のみにしか適用されない高等学校等奨学支援金の補助制度として平成26年度より始まりました。

 

高校生等奨学給付金を利用するには

高校生等奨学給付金を利用するには書類の提出が必要です。以下にて、高校生等奨学給付金の利用方法をまとめていますので制度利用の参考にしてください。

高校生等奨学給付金の申請手順

まずは申請書を入手し必要事項を記入する

高校生等奨学給付金を受けるには、各都道府県が用意している申請書に必要事項を記入しそれを程提出します。申請書はお子さんが在学している学校から配布されます。

 

必要書類を添付し申請書類を提出する

申請書の記入が終わったら申請書類と共に指定された必要書類を添付し、お子さんが在学している学校に提出期限内に提出します。必要書類も各都道府県により異なりますが、主に以下の書類が必要です。

【必要書類】

・申請書

・在学証明書

・健康保険証の写し

・生活保護受給証明書(生活保護を受給している場合のみ)

・課税証明書(非課税世帯のみ)

 

認可された場合に受給できる

必要書類をすべて提出し審査が通れば、指定した口座に給付金が振り込まれます。審査状況や都道府県により振込時期は変動しますが11月以降が多いようです。

以下は都道府県別の高校生等奨学給付金問い合わせ先です。都道府県ごとに制度の最新詳細ページを閲覧することができますので是非活用してください。

[文部科学省『高校生等奨学給付金のお問い合わせ一覧』]

 

各都道府県の申請方法の違いに注意を

高校生等奨学給付金は各都道府県によって金額や申請方法等が多少異なりますが、国立・公立高校と私立高校でも申請方法が違います。そのため必要書類等も変わる場合があるので事前の確認が必要です。

高校生活には授業料以外にも多くの費用がかるので受給対象に当てはまる人は是非活用してください。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。