児童扶養手当とは?手当金の支給月と利用上の注意点

児童扶養手当とは、父母の離婚等が理由で一人親となってしまった児童が生活する家庭を経済的にサポートしてくれる制度です。

条件に該当すれば受けることができ、大きな支えにもなりますので、チェックしておきましょう。

今回は、児童扶養手当の基礎と利用方法・利用上の注意点についてお伝えします。

児童扶養手当とは

児童扶養手当とは、父母の離婚等で一人親になってしまった児童が生活する家庭を生活の安定と自立を目的に支給される手当金制度です。

児童扶養手当の対象条件

児童扶養手当の対象となる条件は以下です。

□以下の項目いずれかに当てはある※18歳に達する日以降の最初の3月31日までにある児童を監護している父または母、もしくは父母に変わってその児童を養育している方に支給されます。

※一定以上の障害の状態にある場合は20歳未満

・父母が離婚した後に、父または母と生計を同じくしていない児童

・父または母が脂肪した児童

・父または母が※政令で定める障害の状態にある児童

※父障害の場合、受給資格者は母または養育者、母または養育者、母障害の場合、受給資格者は父または養育者

・父または母の生死が不明である児童

・父または母が母または父の申し立てにより保護命令を受けた児童

・父または母から引き続き1年以上遺棄(置き去りに)されている児童

・父または母が法令により引き続き1年以上拘禁(逮捕されている)されている児童

・婚姻によらないで生まれた児童

・父母が不明な場合(棄児等)

[参考・引用:東京都福祉保健局『児童扶養手当』]

※政令で定める障害とは、以下のことを指します。

[出典:児童扶養手当法施行令別表第2]

 

児童扶養手当で受け取れる金額

児童扶養手当の支給額は所得に応じて全額支給もしくは一部支給という形で支給額が決まります。所得制限も設けられているため、場合により受給することができないこともあります。以下が2018年4月以降の児童扶養手当支給額です。

扶養人数 月額支給額

(所得制限未満)

1人 42,500円
2人 52,540円
3人 58,560円
4人 64,580円
5人 70,600円

※2人目は1人目の月額支給額に10,040円を加算、3人目以降は2人目の支給額に6,020円を加算した額です。

※一部支給の場合、全額・全部支給額から10円単位で所得に応じて変動します。

 

【所得制限】

扶養人数 受給資格者本人 扶養義務者・配偶者・孤児等の養育者
全部支給 一部支給
平成30年7月まで 平成30年8月以降
0人 19万円 49万円 192万円 236万円
1人 57万円 87万円 230万円 274万円
2人 95万円 125万円 268万円 312万円
3人 133万円 163万円 306万円 350万円

※一人増えるごとに38万円が加算されます。

[参考・引用:東京都福祉保健局『児童扶養手当』]

 

児童扶養手当を利用するには

児童扶養手当を利用するには、自治体への必要書類提出が必要です。以下では、児童扶養手当の申請から受取までの流れをまとめていますので、制度利用の参考にしてください。

児童扶養手当の申請から受取までの流れ

まずは自治体のホームページにて申請方法を確認する

基本的に児童扶養手当の申請窓口は各自治体の受付窓口です。自治体によって申請方法や申請に必要な書類が異なることがあるため事前に確認しておきましょう。

 

各自治体の申請窓口にて必要書類を提出し申請

各自治体により必要書類は異なりますが、主に以下の書類が必要になります。

【必要書類】

・請求者と対象児童が含まれている戸籍謄本

・請求者と対象児童が含まれている住民票の写し

・請求者名義が確認できる口座情報(預金通帳等)

・年金手帳

・所得証明書

・印鑑(朱肉を使用するタイプ)

 

申請翌月から支給開始

申請が完了し、認定を受けると申請をした翌月分から支給が開始されます。児童扶養手当は毎月支給ではありません。4ヶ月分まとめての支給が年に3回あると覚えておきましょう。基本的に支給月は12月、4月、8月です。

 

児童扶養手当の申請忘れには注意を

児童扶養手当はさかのぼって請求できません。支給対象は申請した月の翌月からになるため、離婚をしたらできる限り早めに申請するように注意しましょう。

支給される額はそこまで大きくありませんが、家庭を経済的に支えてくれる大切な制度の一つなので正しく理解し有効に活用してくだい。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。