出産費貸付制度とは?制度利用方法と利用上の注意点

出産費貸付制度とは、出産等にかかる費用を一時的にまかなうことができる制度です。

妊娠や出産は病気やケガと異なるため、健康保険が適用されず40万円〜60万円と高額な費用がかかります。自身で出産費を準備できればいいですが、状況によっては資金が足りないということもあるでしょう。出産費貸付制度は、そんな資金に余裕がないときに利用する出産・子育てサポート制度です。正しく利用できれば、とても助かる制度ですのでこれを機にチェックしておきましょう。

今回は、出産費貸付制度の条件や申請方法から受取り・返済、利用する上での注意点をお伝えします。

出産資金に余裕がない方は、ぜひ本記事をご一読ください。

出産費貸付制度とは

出産費貸付制度とは、出産することで受けとることができる※1出産育児一時金が支給されるまでの間、出産育児一時金の8割相当額を限度に無利子で貸し付ける制度のことです。基本的に妊娠・出産には健康保険は適用されないため一時的に高額な費用が手元から出て行きます。後々支給されるといってもある程度蓄えがないと資金は回りません。資金に余裕がない場合は出産費貸付制度を利用することで出産育児一時金支給までの期間をつなぐことができるのです。

※出産費貸付金は出産までの病院での支払いが対象になります。

※1:出産育児一時金とは、1児出産につき42万円が支給される手当制度です。

出産費貸付制度で借入できる金額

出産費貸付制度では、出産育児一時金の8割相当額を限度に無利子で借入するこができます。1万円単位での貸付になるため、実際に受け取れる金額は以下です。

 

出産費貸付制度の申請条件

出産費貸付制度の申請ができる対象条件は以下です。

①全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者又は被扶養者で出産育児一時金の支給が見込まれる方

②出産予日まで1ヶ月以内もしくは、妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、医療機関(病院・助産所等)に一時的な支払いが必要な方

※②はどちらか一方に該当する場合

 

出産費貸付制度を利用するには

実際に、出産費貸付制度を利用するには、指定の申込書に必要事項を記入し必要添付書類と共に申請先に提出します。以下にて

申請書類の入手先や提出先、返済までのj方法についてお伝えしていますので、出産費貸付制度の利用の参考にしてください。

出産費貸付制度の申請から返済までの流れ

まずは「出産費貸付金貸付申込書」を入手し記入する

まず、「出産費貸付金貸付申込書」に必要事項を記載します。出産費貸付金貸付申込書は全国健康保険協会窓口か全国健康保険協会のウェブページにて手に入れることができます。[全国健康保険協会大阪支部『出産費貸付制度について』]同サイトページに申請書記入の手引きも含まれていますので、そちらを参考に書類を完成させましょう。

 

記入した申請書を提出する

申請書の記入が完了したら、以下必要添付書類と共に、全国健康保険協会の各支部窓口に提出しましょう。提出方法は、窓口に直接持参でも郵送でもどちらでも受け付けてくれます。

【必要添付書類】

□出産費貸付金借用書

□被保険者証又は受給資格者票等(窓口提出の場合は原本提示・郵送の場合は写しで可)

□出産育児一時金支給申請書

□出産予定日あるいは妊娠4ヶ月(85日)以上であることが証明できる書類(母子健康手帳など)

□医療機関(病院や助産所等)が発行した出産費用の請求書

 

出産育児一時金を貸付金返済に充て返済完了

出産費貸付金の返済は、貸付申し込みと同時に行う出産育児一時金を利用して返済されます。この間に複雑な金銭の流れはなく、通常の場合、出産育児一時金42万円から、出産費貸付金33万円が引かれ差額の残り9万円が申請者の口座に振り込まれ返済は完了します。

[参考・引用:全国健康保険協会 滋賀支部『高額医療費と出産費の貸付制度』]

 

健康保険の資格喪失や保険料の滞納には注意を

出産費貸付制度の利用は会社が加入している健康保険に対し保険料を支払っている、もしくは国民健康保険に加入しているなど、なんらかの形で健康保険に加入していることが必須条件です。妊娠中に被保険者が資格喪失をしてしまう、または普段から保険料の支払いを滞納しているなどは出産育児一時金が受け取れない、貸付制度も利用できないという場合があるため、妊娠中に転職や退職、普段からの保険料滞納は損をする場合もあるため注意しましょう。

※健康保険の資格喪失する1年以上継続しての被保険者であり、その後半年以内に出産をした場合は出産育児一時金を受け取ることができます。

以上を注意した上で、出産費貸付制度を上手に利用し安心・安全な出産・子育てにしましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。