児童手当とは?受給のタイミングと利用上の注意点

児童手当とは、小さなお子さんをお持ちの養育者(父母)に対して支払われる、児童の健やかな成長を目的とした経済サポート制度です。

制度の認知度は高いようですが、制度の特性上利用に戸惑う方が多いようなので、本記事では児童手当の基礎から受給までの流れ・利用上の注意点についてお伝えします。

お子さんの年齢が0歳から中学校修了までであれば制度の対象範囲内となりますので、その年齢幅のお子さんをお持ちで制度利用をご検討されているようでしたら是非本記事をご一読ください。

児童手当とは

児童手当とは、0歳から中学校修了までのお子さんをお持ちの養育者(父母)に対して、生活の安定と、児童の健やかな成長を目的に支給される国の手当金制度です。元は平成22年から23年にかけて「子ども手当」と呼ばれていましたが、平成24年以降「児童手当」に改名され今でも児童手当と呼ばれ広く認知されています。

児童手当の対象者

児童手当は以下の条件に該当することによって受取ることができます。

□日本国内に居住しているかつ、(一定条件の留学は除く)0歳から15歳(15歳に達した後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

・父母のみが海外に居住している場合は、日本国内にて児童と同居し生計を同じくする人が父母から指定された場合

「父母指定者」として支給対象となる)

・父母が離婚協議中の場合は、児童と同居している方に支給

・単身赴任等での別居の場合は、※生計を維持する程度が高い者に支給

・児童が養護施設等に入所した場合は施設設置者に支給

・里親等に委託された場合、里親に支給

※「生計を維持する程度が高い者」とは原則として収入額が高い方

[参考・引用:児童手当 東京都福祉保健局]

 

児童手当の支給金額

児童手当の支給金額は対象年齢によって変動します。0歳から3歳未満のお子さんをお持ちの方には一律1万5,000円、3歳から小学校卒業前のお子さんをお持ちの方は、二人目までは1万円、三人目以降は1万5,000円、中学生のお子さんをお持ちの方には一律1万円の児童手当が支給されます。

対象年齢 支給額(月額)
0歳〜3歳未満 一律15,000円
3歳〜小学校修了前 第2子まで10,000円

第3子以降15,000円

中学生 一律10,000円
所得制限額以上 一律5,000円

ただし平成24年6月から児童手当には所得制限が設けられるようになりました。児童手当における所得制限とは、児童の扶養人数に伴い収入がある一定金額を越えると、特例給付の対象となり一律5,000円の支給額になるというものです。

扶養人数 所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

※扶養人数が一人増えるごとに38万円が加算されます。

 

特例給付について

特例給付については「当面の間」という形で、これまでは支給されていますが、今後もしかすると特例給付による支給がなくなる可能性もあります。また所得制限への対処は、各自治体により多少異なるところがあるため所得制限に当てはまりそうな方は、自身の住所を管轄している自治体に問い合わせて確認をしてください。

 

児童手当はどうすれば受給できるのか

児童手当は、どこにどのような申請をすれば受給できるようになるのでしょうか。以下では、児童手当の申請方法と実際に受給できるタイミングについてまとめていますので申請時の参考にしてください。

児童手当の申請から受給までの流れ

事前に自治体のホームページ等にて内容と申請方法を確認する

まず、出産前に住所のある自治体の児童手当の内容や申請に必要なものを確認し把握しておきましょう。国の制度ということもあり各自治体それぞれ大きな違いはありませんが、多少異なることがあるため事前の確認をお勧めします。

 

住所のある自治体の窓口にて申請する

まず、住所を管轄している自治体の窓口に申請書類等の必要書類を提出します。給付申請に必要な主な書類は以下です。

【必要書類・物】

・養育者の健康保険証のコピー

・養育者の名義が確認できる振込口座情報(預金通帳など)

・住民税課税(非課税)証明書

・印鑑(朱肉を使用するタイプ)

上記は各自治体で主に共通している必要書類・物ですが、自治体によって必要書類がさらに増える場合もあるのでお住まいの住所を管轄している自治体に問い合わせ事前に確認してください。

 

申請した約2ヶ月後に初受給

児童手当は申請した月の翌月からが支給対象月となるため、6月に出産し6月中に申請した場合は、7月からが支給対象月となり8月に7月分が指定した口座に振り込まれます。そして以降は4ヶ月分まとめての支給になるため8月から11月までの金額が12月に振り込まれるといったサイクルが繰り替えされます。

 

1年に1度「現況届」を提出する

「現況届」とは児童手当を引き続き受ける要件を満たしているか6月1日の状況を1年に1度確認するための書類で時期になると郵送され手元に届きます。この現況届を同封されている返信用封筒で返送するか窓口に提出するかをしないと児童手当を受けることできなくなりますので必ず提出しましょう。通常は6月上旬に送付され6月末までに提出しなければなりませんが、自治体により提出期限は異なりますので事前に確認しておきましょう。

 

 

児童手当の申請・現況届提出忘れには注意を

児童手当は過去にさかのぼって申請することができません。申請した翌月からが支給対象月となりますので、出産したらできるだけ早く出産月中に申請を行うようにしましょう。

また、児童手当支給のスケジュールについて毎月支給されると勘違いする人が多いですがそうではありません。前述しましたように、基本的には4ヶ月に1回の支給になりますのでそのつもりでいてください。そして1年に1回「現状届」を提出しないと児童手当を受給することができなくなるので必ず忘れずに提出しましょう。

児童手当は子育てをする上で非常に助かる手当制度なので、受給対象にあてはまる方は必ず活用し安心な子育て生活を送りましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。