割に合わない仕事に多い悩み7選!条件や制度の変更は可能?

割に合わない仕事をするのは本当にストレスですよね?

「こんな給料じゃ割に合わない!」「業務量の割に給料がやすい!」「今日もサービス残業か…。」「会社の評価制度がストレスだ…。」会社員として働いていると、ほとんどの方がこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

割に合わない給料や長時間労働、サービス残業、不適正な評価など、雇用条件等で割に合わない仕事は未だに多く存在します。どうすれば、このような現状の不満を改善することができるようになるのでしょうか?

今回は、割に合わない仕事に多い悩みの改善策をまとめました。

今の仕事に不満がある、割に合わない仕事に嫌気がさしているという方は、ぜひ本記事をご一読ください。

そもそも現状を改善することは可能なのか?

多くの方が勤めている会社に不満を抱いているのではないでしょうか?しかし、不満を抱いている方の数に対して、現状を改善させるため実際に行動しているという方の数は圧倒的に少ないと言えるでしょう。行動を起こさない方には「どうせ会社にいっても何も変わらないから無駄」や「上司に言ったら評価を下げられ今より待遇がひどくなる」、「そもそも多勢に無勢で、組織を相手に個人の意見など通らない」と最初から諦めている方が多い傾向にあります。

気持ちはわかりますが、最初から諦める必要はありません。これからご紹介する内容は、「給料が安くて割に合わない」や「労働時間が長すぎて割に合わない」という、何かしらの理由で割に合わないという現状の不満を改善する方法です。職場悩みの改善は、まったくもって不可能というわけではないので、以下を参考に不満に応じた対策をとりましょう。

 

割に合わない仕事への不満を改善するには

仕事の不満に応じた改善法まとめ

給料が安い…。

「業務量の割に給料が安い…。」「労働時間が長すぎて、時間給に換算したら給料がバイト以下…。」このように現状の給料に不満を抱えている社会人は多く存在するのではないでしょうか。

現在、日本の平均年収は約420万円と言われており、平均年収ピーク時と比べると40万円以上の差があります。しかし年収が下がったからといって業務量や労働時間が減っているわけではありません。現実は年収平均低下に反し、業務量は変わらず、もしくは一人あたりの業務量が増え、さらには個人に求められる責任の大きさも増えつつあり、多くの会社員の悩みの種といえます。

このような現状の中、給料がやすいという悩みを解決するにはどうしたら良いのでしょうか。単純な発想ではありますが、給料を上げることが悩みを根本的に解決する策となるでしょう。

以下記事では、給料または年収が低い理由から、年収をあげる方法を解説しています。ご一読いただき、内容を実践していただければ年収を上げることができるでしょう。

年収を上げる確実な方法とは?人生が満たされる高所得者入門

 

給料を減らされた…。

減給は労働問題の代表といっても過言ではないくらい発生件数が多いのですが、理由はなんであれ減給されたご経験はありませんか?

在籍している企業規模や経営状態によって異なりますが、規模が小さくなればなるほど売上低下による経営への影響は直接的で、その打撃は会社から社員へと伝わります。日本にある企業の9割以上が中小企業で、さらにそのほとんどが小規模企業。その数は数百万社にものぼりますが企業数から考えても相当数の方が給料の減額を一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

給料の減額が代表的な労務問題に挙がるということは、減額を受けた社員側は納得していないということ。業務内容や業務量が変わらないにもかかわらず、減給となるのは納得がいかなくて当然です。そもそも、給料の減額は法的に問題ないのでしょうか。

以下記事では、減給の法的な知識から、違法にあたる減給の例、逆に減給されても違法にならない例、そして減給処分をうけた場合の対処法を解説しています。

もし会社からの減給処分にお困りのようでしたら、是非ともご一読ください。

給料の減額は違法?減給された場合の法的判断例と対処法

 

きちんと評価してもらえない…。

「こんなに頑張って働いているのに、全然評価されない!」仕事をしていてこのように感じたことはありませんか?

真面目に仕事に取り組むサラリーマンにとって「仕事で適正に評価されない」というのは非常に切実な悩みです。「上司の指示通りに仕事をしているのに…」「成績も悪いわけではないのに…」、「後から入ってきたヘラヘラしているやつの方が先に昇給した…」など評価をされないといっても様々なパターンがあります。

一体なぜこのようなことがおこるのでしょうか?

以下記事では評価されない理由と、されない人とされる人との違い、そしてこのような場合は転職すべきなのか残って改善すべきかパターン別の行動選択を解説しています。

もし評価してもらえないことに不満を抱いており、転職をお考えでしたら是非ご一読ください。

仕事で評価されない?評価されない理由とされるための方法

 

労働時間が長い…。

「長時間労働」「過労死自殺」などの労働時間の長さに起因する労働問題が話題となっていますが、ほとんどの会社勤めの方は長時間労働をご経験されているのではないでしょうか。会社からは「早く帰れ」といわれても仕事が溜まっていく一方で、なかなかうまく労働時間を調整することができず、しまいには会社に残っていることがばれないよう仕事を持ち帰ったり、または残業していると会社にばれないようにタイムカード打刻後にも残って仕事をしたりと、労働時間問題はとても複雑化しています。

ほとんどの企業が労働時間問題を解決できていませんが、これは諦めるしかないのでしょうか。しかし、長時間労働の問題が改善されれば日々のストレスは大幅に軽減すること間違いありません。

以下記事では、日本企業から長時間労働がなくならない理由と、個人でできる長時間労働の対策を解説しています。

長時間労働への対策とは?知っておきたい国の政策と個人で出来る対策

 

年功序列制度が嫌だ…。

会社の年功序列制度にイライラしたことはありませんか?

年功序列は年功賃金や年功序列型賃金ともよばれ、年齢や勤続年数を重視して昇給・昇格させる制度です。現在では年功序列を廃止する企業が増えており、年齢や勤続年数だけにとらわれない個人の能力や人物評価を中心に評価する能力主義、業務の成果を給料に反映させる成果主義などの賃金制度が主流になってきました。

過去、日立やパナソニックなど日本を代表する大手企業が年功序列制度を廃止したのは話題を呼び、大手企業の動向を中心に多くの企業が能力評価や成果評価を導入していますが、社会的に一般化してきたといっても年功序列制度は無くなりません。

年功序列には、社員同士の連帯感が強固になったり、長期間継続して務める社員が増加したり、会社から社員への人事評価が楽などのメリットが存在しますが、社員の士気があがらずぶらさがり社員が増え、その影響で能力や労働意欲の高い若者の意欲が低下してしまうというデメリットも存在します。

年功序列制度は、昔ながらの家族経営や社歴の長い企業などでは根強く残っており、制度に納得できない、評価制度が気に食わないといった理由から退職してしまう若手社員が増加するなど一部で問題となっているのは事実です。年功序列制度に限らず、社員の提案により賃金制度を変えることは可能なのでしょうか。

以下記事では、年功序列制度のメリット/デメリットをあらため、制度改定を会社に提案するポイント、そして制度改定時の注意点について詳しく解説しています。年功序列制度の廃止、または現状の制度の不満があるようでしたら是非ご一読ください。

年功序列を廃止して新しい制度を会社に提案する方法と注意点

 

残業代が出ない…。

近年では「サービス残業」や「残業代未払い」が問題として多くのメディアに取り上げられていますが、話題としてあがっているのはほんの一部で、社会人なら誰しもこのような経験があるのではないでしょうか。特に「管理職は管理職者手当があるから、残業代はつかないよ」と広く言われていることから、残業代を諦めている管理職者は多く存在します。

しかし実は日本企業に深く根付いている「管理職者は残業代がでない」という常識は間違いで、管理職者であっても会社には労働に対する正当な対価を支払う義務があるためきちんと残業代を支払わなければなりません。場合によっては違法にあたることもあるため管理職の残業代について改めて正しい理解をしておきましょう。

以下記事では、管理職でも残業代を受け取れる理由と現状を変え残業代を手に入れる方法を解説しています。

管理職は残業代なし?残業代の真実と未払い分を取り戻す方法

 

会社がブラック企業だった…。

ブラック企業は表をきれいに取り繕っているかつ、日本企業の9割以上がブラック企業といわれていることから、入社するまで気付かず、入社後しばらくして「あれ、うちの会社ってもしかしてブラック企業?」ということがよくありますが、社会人なら誰もがブラックではなくホワイト企業に勤めたいと思いますよね?

あまり知られていませんが、ブラック企業やホワイト企業は入社する前でも見分けることができるのです。以下記事ではブラック企業の特徴から、引っかからないための求人票での見分け方、在籍企業がブラック企業だったときに取るべき行動、ブラック企業を辞める際の注意点、ホワイト企業の特徴と見分け方等を解説しています。

企業に勤めるという同じ行為でも、在籍先がブラック企業かホワイト企業によって人生の質は大きく変わります。もし現状在籍している企業がブラック企業でしたら、自分の人生のためにも前向きに対策を検討してください。

ブラック企業の見分け方とは?就職前に判断できる見極め術

仕事の悩み 記事リンク
給料が安い 記事詳細
給料を減らされた 記事詳細
きちんと評価してもらえない 記事詳細
労働時間が長い 記事詳細
年功序列制度が嫌だ 記事詳細
残業代が出ない 記事詳細
会社がブラック企業だった 記事詳細

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。