精神的に楽な仕事24選と自分にとっての楽な仕事の見つけ方

精神的に楽な仕事とはどのような仕事のことを指すのでしょうか?仕事は毎日多くの時間を費やすものなので、仕事でのストレスが大きければそれほど大きいほど精神的な疲労は蓄積され、心のダメージは大きなものとなります。しかし、何がストレスと感じるのか、何が精神的に楽と感じるのかは人それぞれで、人によって仕事に求めるものも異なるため、真に精神的に楽な仕事を見つけるには、自分の適正に合った楽な仕事を見つけることが重要ポイントです。

今回は、精神的に楽な仕事のご紹介と自分にとっての楽な仕事の見つけ方についてお伝えします。

今の仕事が辛い、自分にとって真に精神的に楽な仕事を見つけたいという方は、ぜひ本記事をご一読ください。

精神的に楽な仕事とはどのような仕事か?

“本当に楽な仕事”というのは冒頭でお伝えした通り「自分の特性に合った適正な仕事」なのですが、それをお伝えする前に、一般的にはどのような仕事が楽と言われているのかを見ていきましょう。以下では精神的に楽な仕事の要素から、具体的な職業名をお伝えしていきます。

“精神的に楽な仕事”の要素

人によって何が辛くて何が楽かという線引きが異なるため正確にまとめることはできませんが、一般的に“精神的に楽な仕事”と言われる仕事を見ると以下の要素いずれかを満たしていることがわかります。

納期に追われない 転勤や出張の心配がない
残業がない 面倒な人間関係がない
相応の見返りがある 給料が安定している
休暇申請がしやすい 会社や自分の将来が安心できる
職場の雰囲気が和やか 日々やりがいを感じられる

上図の例で全てというわけではありませんが、精神的に楽な仕事とはこれらいずれかの要素が仕事に含まれていることです。納期に追われることがなければ、日々の仕事を自分のペースで行うことができ、残業がなければプライベートの時間をしっかりと確保することもできます。相応の見返りがあれば、仕事で頑張った甲斐があり仕事へのモチベーションアップにつながりますし、職場の雰囲気が和やかで、人間関係に余計な気を使う必要がなければ出社ストレスも少なくて済みます。

 

精神的に楽と言われている職業

それでは前項でお伝えしました要素を兼ね備えている“精神的に楽と言われている職業”をご紹介します。数ある職業から、精神的に楽と言わる仕事を特徴別に分類しました。以下でご紹介しているものが全てというわけではありませんが、これからの職業選びのきっかけ程度にはなるかと思いますので是非参考にしてください。

ルーティンワークで対人ストレスも少ない職業

清掃作業員 配送仕分け・倉庫入出庫
トラックドライバー 配送業
バスドライバー 工場勤務
図書館司書 農家

これらの職業に共通していえるのは「ルーティンワークで対人ストレスが少ない職業」ということです。基本的に業務内容は単調で、異動や配置転換などもほとんどありません。新しいことをするのに抵抗があり、毎日同じこと安心してやりたいという方には非常に向いているでしょう。

またこれらの職業は対人との接点が少ないため、多くの職場で悩まれている人間関係によるストレスが少なくすむということです。組織で働く以上、最低限のコミュニケーション能力は必要ですが、人との関わりが少ないためコミュニケーションが苦手な方でもストレス少なく働くことができます。

これらの職業には、このようなメリットがありますが、逆にルーティンワークが苦手な人、ある程度の人間関係がないとつまらないという方にはかなりのストレスになりますので、自分の特性を見極めて適切な判断を行いましょう。

 

時間に追われることのない、ゆったりとした職業

警備員 ビルメンテナンス
マンション管理 受付
生産管理 在宅ワーク関連
タクシードライバー 事務職

こちらでご紹介しています警備員やビルメンテナンス、マンション管理、生産管理などは人の目での管理や監視が仕事ですので、実際に手を動かしてせかせか働くというというものではなく、当然ノルマが存在するわけでもないので、数ある仕事の中でも比較的時間にゆとりをもって仕事ができる職業です。

また大まかにご紹介していますが、自宅で仕事をする在宅ワークも、自分で好きに時間調整できるものが多いため、時間に追われる感覚が少なく働くことができます。在宅ワークには、Webライターや、イラストレーター、デザイナー、在宅プログラマーなど、近年のクラウドシステム発展に伴い、在宅でかつ報酬の高い職業も増えていますので、受ける仕事によっては金銭的な不安からのストレスも少なく済みます。

このように時間調整がしやすい、時間の流れがゆっくりに感じる仕事は、のんびり働きたいという方には向いているかもしれませんが、「忙しいほうが時間が早く流れるから楽」と感じる方にとっては時間が経つのが遅く感じ、苦痛となるでしょう。

 

将来不安の少ない職業

大学職員 公務員
インフラ系 プログラマー
医師 看護師
薬剤師 技術系専門職

仕事はどのような会社に属するかによって、自分の将来や会社の将来に不安を感じ、仕事のモチベーションや成長意欲を大きく低下させます。

こちらでご紹介しています大学職員や公務員、電気・ガス・水道その他インフラを抑えている企業等は、その他の企業に比べ比較的安泰であり、なおかつ医師・看護師・薬剤師や、特別な技術を持った技術系専門職等は、有資格者が足りていないという点や、特別なスキルを持っていることから、職場を自由に選びやすいというメリットがあり安定した、なおかつ高水準な報酬を受けることができます。

しかし一方で、試験を通らなければならない、資格を有していなけれならない、など一般職と比べ就職のハードルが上がるというデメリットがあります。

また同じような資格職であっても、有資格者数が多いものや、業界全体的に飽和状態にあるもの、国の制度上、これまでの業態が成り立たなくなるような職業は、資格をとっても資格ならではのメリットを十分に享受できないこともあるため、資格取得の行動前に、何の資格なら将来的にみても安泰かという点を考え十二分に検討しましょう。

 

自分にとっての楽な仕事を見つけるには?

自分にとっての楽な仕事、つまり、「自分の特性に合った適正な仕事」を見つけるには、まず“自分を知る”ことから始めなければなりません。当たり前ですが、自分の特性を知らないと、自分の特性に何が合っているのかなどわかるはずがなく、自分をわかっているからこそ合ったものがわかります。

本当の意味での精神的に楽な仕事を見つけたいのであれば、本当の自分、つまり自分の特性、何が自分には向いていて何が自分には向いていないのかを第一に見極めて考えれば、自分にとってストレスフリーでなおかつ楽しめる仕事を見つけることができます。以下でお伝えしているのは自分の特性、いわば仕事においての向き不向きを見極める方法なので、まずは自分の特性から考えていきましょう。

自分の特性、仕事における向き不向きの見極め方

仕事の向き不向きは目に見えない曖昧な部分なので、意外にも自分で判断するのは難しいものです。仕事の向き不向きを見極めるための基準は①仕事の上達スピードや②仕事から得られる満足感や達成感、③仕事に対する成長意欲や④仕事の時間以外の行動習慣が挙げられますが、さらに細かく見極めるためにも次の問いかけを今の自分にしてみてください。

①やりがいは感じるか ④成果はでているか
②達成感は感じるか ⑤特性と合っているか
③成長は感じられるか ⑥仕事を頑張った先に人生目標を達成できる未来はあるか

さらに自分の特性や向き不向きを考えることは、仕事以外にも大変役に立ちます。特性・向き不向きを見極めるには、これまでの自分を見つめ直すひつようがありますので、仕事だけでなく人生の軸も整えることができ、ありとあらゆるストレスの耐性ができます。したがって特性や向き不向きを見極めるだけでも、ストレスに対して強くなれますので、ぜひこれを機に考えてみてください。

 

ストレスフリーな適正職業分類表

自分の特性、仕事における向き不向きの見極め方が明確になったら、より具体的に何が自分にあっているのかを実際に考えてみましょう。

職業を調べてみると、これまで知らなかった職業や、知っていたつもりでも思っていた内容と違った職業など、新しい発見を伴います。転職の際はこれまでの経験を活かした方が圧倒的に有利と言われており、これはまったく間違っていないのですが、これまでの職業が自分にとって不適正だった場合はこの限りではありません。

不適正なものを1年継続するのと、適正のあるものを1年継続するのとでは1年後の結果が大きく異なり、本人が感じるストレス度合いも違ってきます。そのためこれから考える転職は同業界同職種だけにとらわれず、異業界異職種も視野にいれ柔軟な転職を考えてみましょう。

以下では、それぞれの性格別に適正のある職業を分類した表になります。適職や天職の判断には多くの要素が絡まってくるため、一概に言えない部分がほとんどですが、自分の適職や天職を考えるきっかけもしくは参考程度にはなるかと思いますので、是非ご参照ください。

几帳面タイプ 大雑把タイプ 真面目タイプ
・財務/会計

・薬剤師

・医師

・プロジェクトマネージャー

・事務/管理(バックオフィス)

・通訳/翻訳

・現場(店舗)管理者

・セールスエンジニア

・Webディレクター

・アートディレクター

・生産管理

・測量/積算

・財務/会計

・投資/運用

・マーケティング

柔軟思考タイプ 根性情熱タイプ 理論的思考タイプ
・イベント企画

・映像制作

・デザイナー

・ゲームクリエイター

・コンサルタント

・不動産営業

・保険営業

・建設関連/施工管理

・配送ドライバー

・鉄道/航空/船舶

・システムエンジニア

・プログラマー

・建築設計

・薬剤師

・秘書

 

自分を知り特性を把握するのが楽に働くための最高で最短の道

これまでお伝えしてきましたように、世間一般に言われる難易度の低い精神的に楽な仕事というのは間違いなく存在しますが、それらの職業が自分にとって楽かどうかはまた別の話です。「比較的忙しくない時間がゆったりと流れる仕事が楽」と感じる人もいれば、逆に「忙しく過ごせる方が、時間が経つのが早く感じるので楽」と答える方もいます。つまり特性や考え方によって楽な仕事は変わるということが言えるのです。

精神的に楽な仕事とはストレスがたまらない仕事と言い換えることができ、ストレスがたまらない仕事というのは、楽しく好きな仕事と言い換えることができます。自分にとっての楽な仕事を見つけるためにも、一番始めに“自分を知る”ことから始めて、その次に何が自分に合っているかを考え、自分に合った最高の仕事を見つけてみましょう。

一見遠回りにも思えますが、精神的な苦痛から解放されるには最高で最短の道です。「現状をいちはやく変えたい、そしてもう合わない仕事はやりたくない」と思っているのであれば自分を知り特性を把握することから始めてみましょう。

 

ライタープロフィール

 EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。