製造業の事業計画書作成ポイント

製造業は、飲食店や小売店などとは違い一般顧客の目に触れにくい業種で、そのため事業計画書の作成も通常とは少し異なるポイントに重きを置いて作成する必要があります。

製造業の事業柄、特に設備費や製造コストまた販路がなければ在庫を抱えてしまうなどのリスクが大きいにもかかわらず競争が激しいため強力な営業力と、革命的な製品でなければ企業生存は厳しいといわれているのが現実です。そのため事業を運営するには綿密な事業計画が必要不可欠です。

今回は、製造業を始めるにあたっての事業計画書作成のポイントについてお伝えします。

これから製造業で独立・開業をお考えの方は、ぜひ本記事をご一読ください。

製造業で事業計画書を作成するには

製造業で事業を開始する際、製造業の特性上、多額の費用が必要になるため多くの方が金融機関から融資を受けてスタートするかと思います。このとき金融機関に融資申請を行い資金調達を実現するには作り込まれた事業計画書が必須です。製造業は、他の業種と特性が違うため事業計画書作成時に他とは異なるポイントに重きをおく必要があります。

事業計画書を作成する際、多くの方がインターネット上に出回っている事業計画書のテンプレートを使用するのではないでしょうか?もちろん事業計画書を作成したことがない人にとってテンプレートは非常にありがたいのですが、テンプレートをそのまま利用してしまうと形式的な事業計画書になってしまい、自身の事業が活きなくなってしまうため事業計画書作成におけるメリットを十分に得ることができません。ポイントを抑えて自分の事業のための事業計画書を作成することは事業成功の第一歩となりますので以下のポイントを参照し優秀な計画書作成しましょう。

製造業での事業計画書作成ポイント

仕入先や販路、販売先を明確にしたビジネスモデルを考える

ビジネスモデルとは、「稼ぐ仕組み」のことを指します。一番シンプルな例は「モノを販売して利益を上げる」というビジネスモデルです。ほとんどの事業の場合、ビジネスモデルは事業の命運を左右するため優れたビジネスモデルを考える必要があるのですが製造業に関しては「モノを製造して販売する」という流れが決まっているため突飛なビジネスモデルは必要ありません。しかし、製造業と一言でいっても機械部品から木製品、ゴム製品や食料品製造まで多岐にわたります。製造業におけるビジネスモデルの軸は以下の3パターンが一般的ですが、それと合わせて仕入先や販路、販売先も明確にすることが重要なポイントです。

①開発・製造・販売全てを自社で行う

②開発・製造のみを行い販売は外注する

③他社で開発された設計をもとに製造のみを請け負う

 

徹底したマーケティングを行う

製造業の場合は、他業種よりも綿密で徹底されたマーケティングを行う必要があります。というのも他業種の場合は基本的に最終消費者が直接顧客となるため分析する対象の層や属性が表面にでていて明確なため比較的容易ですが、製造業の場合は直接顧客が最終消費者ではなく開発業者であったり、卸売業者であったり、小売店であったりとパターンによって様々です。この場合、通常の営業方法とは異なるため一般的な消費者ニーズではなく、営業先である企業のニーズを探らなければいけません。

企業に対する調査や営業は、最終消費者に向けての調査・営業よりも比較的難易度が高く、競争率も高いため通常のマーケティングよりも、さらに徹底されたマーケティングが必要となります。その為には特に以下のポイントを抑えたマーケティングを行いましょう。

①市場・顧客ニーズの把握

②業界のポジショニング

③競合優位性

④マーケティングに基づいた営業戦略

 

 綿密な財務計画を立てる

製造業は、他の業種と比べても設備に投資する金額が非常に大きく自己資金のみでのスタートが特に困難な事業です。そのため多くの方が金融機関などから融資を受け事業をスタートします。必要金額が大きいだけあり、場合によってはリスクの高い事業となることもあるのですが、その為リスクを極限まで緩和し継続して運営し続ける為にも初期投資額の明確化はもちろん、売上計画や損益計画などの財務計画を綿密に立てておくことが必要不可欠です。特に以下のポイントに注意して財務計画を立てましょう。

項目 内容
初期投資額 家賃/保証金・設備・運転資金等など開業に必要な費用
売上・損益計画 開業後の損益の見込みを記載した計画書
資金計画 資金調達・支払い・返済計画を軸にした計画

 

他人が見てわかる事業計画作りを意識すること

事業計画書は、これから起業・開業してスタートする事業の内容や、経営方針、戦略、財務計画など自社や事業の概要や、3〜5年後の事業展開をまとめた資料です。その主な役割は、「自社の強みや弱みを把握し、今後の戦略展開などを整理すること」「金融機関からの資金調達の実現」「事業開始後の評価指標」で、作成することによって得られるメリットは他にも多々あります。

事業計画書は特に書式や様式が決まっているわけではないので自由に項目を設定して作成することができますが、自由な反面、入込む項目を間違え、本来事業計画書を作成することで得られるメリットが、十分に得られないということもあります。したがって事業計画書作成におけるメリットを十分に得るには、しっかりと作り込む必要があるのです。

優秀な事業計画書とは自分の事業に特化した情報が網羅されており、なおかつ第三者がわかりやすいというのが前提になります。作成時にインターネット上に出回っている事業計画書のテンプレートを利用する方は多いと思いますが、それをそのまま利用したのでは型にはまったどこにでもある事業計画書になってしまい事業計画書本来のメリットが発揮されにくくなります。全業種に共通する事業計画書に入込むべき項目を抑えつつ業種別さらには自社に特化した事業計画書作成を目指しましょう。

 

ライタープロフィール

EL-LAB編集部

金融、経営コンサル、人材紹介、WEBメディア業界出身者が集まり、キャリアチェンジ(起業マニュアル/転職マニュアル)、ワークライフ(仕事人生の悩み)、マネーライフ(お金と人生の悩み)というテーマを軸に、各々の専門分野に特化した有益で信頼性の高い情報を発信。